役割ベースの認証資格でさらなる道を切り開きます。 Certify with Confidence 合格のチャンスを与えます。

試験
70-339

sSharePoint

  • 配信開始:
    2016年6月20日
  • 言語:
    英語、スペイン語、中国語(簡字体)、中国語(繁字体)、フランス語、ドイツ語、日本語、ポルトガル語(ブラジル)
  • 対象者:
    IT プロフェッショナル
  • テクノロジ:
    Microsoft SharePoint Server 2016
  • 対応資格:
    MCSE

Managing Microsoft SharePoint Server 2016

* 価格には、Microsoft Imagine Academy プログラム メンバー、マイクロソフト認定トレーナー、およびマイクロソフト パートナー ネットワーク プログラム メンバー向けのプロモーション内容や価格割引は反映されません。価格は予告なく変更されることがあります。価格には適用される税は含まれていません。試験の予約をする前に、試験提供者に正確な価格をご確認ください。

2017年5月1日より、既存のキャンセポリシーが次のポリシーに全て置き換わります、 ポリシー:登録した試験日より5営業日以内のキャンセルもしくは日程変更には料金がかかりますスケジュールされていたアポイントメント時より24時間以内に現れなかった、もしくはキャンセルしたか日程変更した場合、全額がかかります。

スキルの評価

この試験では、次の一覧に示す技術タスクを遂行する能力を評価します。パーセンテージは、試験の各主要トピック領域の相対的な重みを示します。パーセンテージが高いほど、試験でこのコンテンツ領域に関する質問の数が多くなる可能性があります。Microsoft の試験のさまざまな種類の質問 さまざまな種類の質問に関するビデオチュートリアルをご覧ください。

箇条書きテキストで記述されているトピックに関する質問が出題されますが、これらに限定されるものではないことに注意してください。

この試験で評価されるスキルの妥当性に関するフィードバックをご提供いただける方は、マイクロソフトまでコメントをお送りください。すべてのフィードバックは確認されており、認定資格プロセスの有効性および信頼性を依然として維持しながら、必要に応じて反映されます。マイクロソフトからは、皆様のフィードバックに直接返信されないことにご注意ください。マイクロソフト認定資格プログラムの品質確保のために、皆様からのご意見をお待ちしております。

この試験に関する特定の質問への懸念があれば、提出してください。試験チャレンジ.

マイクロソフト認定資格試験のフィードバック、その他の認定資格プログラム、登録、プロモーションや質問がある場合は連絡してください Regional Service Center

SharePoint インフラストラクチャの設計 (15-20%)
  • 情報アーキテクチャを設計する
    • サイト間ナビゲーションの分類の設計、サイト列とコンテンツ タイプの設計、キーワード、シノニム、プロモーションの結果、マネージド プロパティ、継続的リンク、およびドキュメント ライブラリのアクセシビリティの設計、情報管理ポリシーの計画、ドキュメント フィンガープリンティング、アイテム レベルの暗号化などのコンプライアンス機能の計画、機密情報のコンテンツおよび機密情報ではないコンテンツに対する検索の計画、管理対象のサイト構造の計画、用語セットの計画、OpenDocument 形式 (ODF) のサポートの計画、モバイル ナビゲーションの計画
  • 論理アーキテクチャを設計する
    • アプリケーション プールの計画、Web アプリケーションの計画、ソフトウェアの境界の計画、コンテンツ データベースの計画、ホスト ヘッダー サイト コレクションの計画、迅速なサイト コレクション作成の計画、領域と代替アクセス マッピングの計画
  • 物理アーキテクチャを設計する
    • MinRole (ユーザー ロール、ロボット サービス ロール、キャッシュ サービス ロール) を使用したサーバー ファーム トポロジ (従来/効率化/ハイブリッドのトポロジ) の設計、中央管理の展開の設計、ReFS を含むストレージアーキテクチャの設計、基本的な依頼管理の構成、個々のサーバーの要件の定義、サービス トポロジの定義、サーバーの負荷分散の計画、ネットワーク インフラストラクチャの計画、大きなファイルのサポートの計画、アプリ ホスティング モデルの計画
  • インストールの計画
    • インストールの前提条件の特定と構成、スクリプト化された展開の実装、アクセス サービスの展開の計画、プロジェクト サーバーのインストールの計画、更新プログラムのスリップストリームの実装、言語パックの計画とインストール、サービス接続ポイントの計画と構成、インストールの追跡と監査の計画、Office Online Server の計画とインストール、Office 365 移行の管理パスの実装、SharePoint ハイブリッド クラウド設定の構成
  • ハイブリッド クラウド環境の計画
    • Office Onlineの展開の計画、サーバー間の認証の構成、OAuthの構成、検索、OneDrive for Business、チーム サイト、拡張可能なアプリランチャー、およびハイブリッド ピッカー ツールを含めるための対象ユーザーおよびハイブリッド機能の構成
認証およびセキュリティの計画 (15-20%)
  • 認証を計画および構成する
    • Windows 認証の計画と構成、匿名認証の計画と構成、接続の暗号化 (TLS、SMTP) の計画、ID フェデレーションの計画と構成、クレーム プロバイダーの構成、サイト間 (S2S) のサーバー内および OAuth 認証の構成、アクセス制御サービスへの接続の構成、ハイブリッド クラウド展開の認証の構成
  • 承認を計画および構成する
    • SharePoint ユーザーおよびグループの計画と構成、ユーザー選択ウィンドウの計画と構成、共有の計画と構成 (ヒント、ワン クリック、作成と共有)、権限の継承の計画と構成、匿名アクセスの計画と構成、Web アプリケーション ポリシーの計画
  • プラットフォームおよびファームのセキュリティの計画と構成
    • セキュリティの分離、サービスのロックダウン、およびウイルス対策設定の計画と構成、証明書管理の計画と構成、サービス アプリケーションの Kerberos サポートの計画、Information Rights Management (IRM)、委任されたファーム管理、および委任されたサービス アプリケーション管理の計画と構成、管理アカウントの計画と構成、ブロックされるファイルの種類の計画と構成、WOPI サポートを含む Web パーツのセキュリティの計画と構成
  • User Profile Service (UPA) アプリケーションを作成および構成する
    • UPA アプリケーションの構成、ソーシャル権限の構成、MIM 2016同期の同期接続の計画と構成、プロファイル プロパティの構成、UPA とのクレーム統合の構成
  • サイトとサイト コレクションのセキュリティを管理する
    • サイト アクセス要求の管理、アプリの権限の管理、匿名アクセスの管理、権限の継承の管理、アクセス許可レベルの構成、HTML フィールドのセキュリティの構成
  • Web アプリケーションを準備および構成する
    • 管理パスの作成、代替アクセス マッピング (AAM) の構成、SharePoint Designer の設定の構成
ワークロード最適化の計画 (15-20%)
  • サイト コレクションを作成および管理する
    • 迅速なサイト コレクション作成のプロビジョニング、ホスト ヘッダー サイト コレクションの構成、セルフサービス サイト作成の構成、サイト所有者の管理、サイト クォータの管理、サイト ポリシーの構成、チーム メールボックスの構成、サイト ページのピン留めの計画
  • SharePoint の高可用性と障害復旧に関するソリューションの設計
    • サービス配分の計画、サービス インスタンス構成の計画、物理サーバーの分散の計画、ネットワーク冗長性の計画、サーバー負荷分散の計画、SQL Server エイリアスの計画、SQL Server クラスタリングの計画、SQL Server AlwaysOn 可用性グループの計画、SQL Server ログ配布の計画、ストレージの冗長性の計画、ログインのレプリケーションの計画
  • バックアップと復元の計画
    • SharePoint のバックアップ スケジュールの確立、SQL Server のバックアップ スケジュールの確立、非運用環境のコンテンツ更新の計画、ファーム構成の回復の計画、サービス アプリケーションの回復の計画、コンテンツの回復の計画、Azure で実行している SQL データベースによる復旧ソリューションとその他の Azure バックアップ ソリューションの構成
  • ソーシャル ワークロードの計画と構成
    • コミュニティの計画、個人用サイトの計画、OneDrive リダイレクトの計画、ソーシャル権限の計画、ユーザー プロファイルの計画、アクティビティ フィードの計画、接続の計画、Yammer 設定の構成
  • Web コンテンツ管理 (WCM) ワークロードの計画と構成
    • チャネルの計画と構成、製品カタログおよびトピック ページの計画と構成、デザイン マネージャーの計画と構成、コンテンツ展開の計画と構成、表示テンプレートの計画と構成、バリエーションの計画と構成
  • エンタープライズ コンテンツ管理 (ECM) の計画と構成
    • 電子情報開示の計画と構成、ドキュメント ルーティングの計画と構成、共同編集の計画と構成、継続的リンクの計画と構成、レコードの廃棄と保持の計画と構成、大きなドキュメント リポジトリの計画、ソフトウェア境界の計画と構成、データ損失防止の計画と構成、インプレース保持、およびドキュメント削除機能
生産性ソリューション (15-20%) の計画
  • コンテンツとカスタマイズの評価
    • 移行の事前確認タスクの実行、コンテンツ データベースのテスト結果の分析、アップグレード用の Web アプリケーション認証の構成、孤立オブジェクトの解決、不足しているファイル システム コンポーネントの解決、構成の競合問題の解決
  • アップグレード処理の計画
    • ローテーションされているサーバーの削除の計画、並列アップグレードの構成、コンテンツに対する読み取り専用アクセスの構成、アップグレード ファームの構成、アップグレード パフォーマンスの測定、インストール シーケンスの計画、内部設置型 SharePoint から SharePoint Online またはハイブリッド トポロジの計画と移行
  • アプリ管理の作成と構成
    • アプリ ストアの作成と構成、サブスクリプションの作成と構成、Marketplace 接続の構成、DNS エントリの構成、ワイルドカード証明書の構成
  • 生産性サービスの作成と構成
    • Office Online Server、Microsoft Access サービス、Microsoft Visio サービス、Microsoft Word Automation サービス、Microsoft PowerPoint Conversion サービス、および Translation Services の作成と構成、プロファイル リダイレクトおよび拡張可能なアプリ ランチャーによるハイブリッド OneDrive for Business の構成、Office Online Server、SharePoint Insights、および SharePoint Server Telemetry の機能の計画とインストール
  • Business Connectivity Service (BCS) および Secure Store アプリケーションの作成と構成
    • BCS モデルのインポートと構成、BCS モデルのセキュリティの構成、検索のための BCS の構成、Secure Store マスター キーの生成、Secure Store ターゲット アプリケーションの権限の管理、Secure Store ターゲット アプリケーションの作成、ハイブリッド BCS の構成
  • SharePoint ソリューションとアプリケーションの管理
    • サンドボックス ソリューションのクォータの管理、サンド ボックス ソリューションの管理の構成、ファーム ソリューションの展開、ファーム ソリューションのアップグレード、アプリの展開、アプリのアップグレード
検索機能の管理 (10-15%)
  • エンタープライズ検索の作成と構成
    • 検索トポロジの計画と構成、コンテンツ ソースの計画と構成、クロール スケジュールの計画と構成、クロール ルールの計画と構成、クロールのパフォーマンスの計画と構成、セキュリティによるトリミングの計画と構成、ハイブリッド検索の選択と構成
  • Managed Metadata Service (MMS) アプリケーションを作成および構成する
    • 管理されるサービス アプリケーションのプロキシ設定の構成、コンテンツ タイプ ハブ設定の構成、用語セットの共有の構成、コンテンツ タイプの伝達スケジュールの計画と構成、カスタム プロパティの構成、用語ストアの権限の構成、Managed Metadata Service (MMS) インポートの構成
  • 検索を管理する
    • 検索先の管理、クエリ ルールの管理、表示テンプレートの管理、検索エンジンの最適化 (SEO) 設定の管理、結果の種類の管理、検索スキーマの管理、Delve および Office Graph との統合を含むフェデレーション検索の管理
  • 分類を管理する
    • サイト コレクションの用語セットへのアクセスの管理、用語セットのナビゲーションの管理、トピック カタログ ページの管理、カスタム プロパティの構成、絞り込み条件の構成、リストの絞り込みの構成
  • 検索ワークロードの計画と構成
    • 検索結果の妥当性の計画と構成、インデックスの新しさの計画と構成、検索先の計画と構成、エンド ユーザー エクスペリエンスの計画と構成、検索スキーマの計画と構成、検索分析レポートの分析
クラウド サービス (5–10%) の計画と構成
  • BI インフラストラクチャの計画と構成
    • Performance Pointの計画と構成、レポーティングサービスの計画と構成、PowerPivotの計画と構成、Excel サービス (Office オンラインのみ)の計画と構成、PowerViewの計画と構成、BIセキュリティ計画と構成
  • Work Management の作成と構成
    • Exchange への接続の構成、Microsoft Project Server 2016 への接続のアクティブ化と構成、信頼の管理、電子情報開示用 Exchange 構成の計画
  • クラウドおよびフェデレーション ハイブリッド検索の計画と構成
    • Office 365 の検索インデックスにコンテンツを転送する場合のオンプレミスおよび Office 365 の検索および暗号化メタデータの計画と構成、ユーザー固有のクエリと、受信/送信または双方向ハイブリッド トポロジの構成
SharePoint 環境の監視と最適化 (10-15%)
  • SharePoint 環境を監視する
    • 監視要件の定義、パフォーマンス カウンターのキャプチャの構成、ページ パフォーマンスの監視の構成、利用状況および正常性プロバイダーの構成、記憶域の必要性の監視と予測、SharePoint ハイブリッド クラウド展開の監視
  • SharePoint 環境を調整および最適化する
    • SQL の最適化の計画と構成、データベース メンテナンス ルールの実行、容量のソフトウェア境界の計画、記憶域要件の見積もり、キャッシュおよびキャッシュ戦略の計画と構成、ネットワーク パフォーマンスの調整、ゼロ ダウンタイムのパッチ適用の計画と構成
  • SharePoint 環境のトラブルシューティングを行う
    • ベースライン パフォーマンスの確立、クライアント側トレースの実行、サーバー側トレースの実行、利用状況データの分析、開発者ダッシュボードの有効化、診断ログの分析、SharePoint ハイブリッド クラウドの問題のトラブルシューティング

受験対象者

この試験は、データセンターおよびクラウドで SharePoint 2016 のインストール、構成、展開、および管理を行う経験豊富な IT プロフェッショナルを対象としています。受験者として対象となるのは通常、SharePoint および SharePoint が依存するその他のコア テクノロジ (Windows Server 2008 R2 以降、インターネット インフォメーション サービス (IIS)、Microsoft SQL Server 2008 R2 以降、Active Directory、ネットワーク インフラストラクチャ サービスなど) の計画と管理について 4 年を超える経験のある方です。

また受験者には、認証およびセキュリティのテクノロジに関する経験に加えて、データ バックアップ、復元、高可用性を含むビジネス継続性管理の経験が必要です。PowerShellの経験が強く推奨されます。

この試験で次に対象となるのは、SharePoint 2016 を使用する内部ビジネス顧客と基幹業務 (LOB) プロジェクトの管理に積極的に携わるビジネス アプリケーション管理者 (BAA) です。

試験に関する追加情報

試験のための準備

試験のスケジュールを検討する際は、この試験準備ガイド全体を確認し、 Web サイト上のリソースをよく理解することをお勧めします。次の を参照して、 Microsoft Certification exam overview 登録、よくある問題形式の動画、その他の準備リソースをご参照下さい。試験方針や採点については、次を参照 Microsoft Certification exam policies and FAQs

注意

この準備ガイドは、Microsoft の判断に従っていつでも予告なく変更されることがあります。マイクロソフトの試験には、適応型テストの技術およびシミュレーション アイテムが含まれる場合があります。試験の提供形式は特定しません。試験の形式に関係なく、準備にはこの準備ガイドを使用してください。この試験の準備に役立つよう、Microsoft はこの製品に関する実地経験を積むこと、および指定されたトレーニング リソースを使用することをお勧めします。これらのトレーニング リソースは、「スキルの評価」 セクションの一覧に示されたトピックすべてに必ずしも対応しているわけではありません。