「再受験無料のExam ReplayバウチャーとPractice Testの購入はこちら」

試験
70-342

Microsoft Exchange logo

  • 配信開始:
    2013年1月15日
  • 言語:
    英語、中国語 (簡体字)、フランス語、ドイツ語、日本語、ポルトガル語 (ブラジル)
  • 対象者:
    IT プロフェッショナル
  • テクノロジ:
    Microsoft Exchange Server 2013
  • 対応資格:
    MCP、MCSE

Microsoft Exchange Server 2013 の高度なソリューション

* 価格には、Microsoft Imagine Academy プログラム メンバー、マイクロソフト認定トレーナー、およびマイクロソフト パートナー ネットワーク プログラム メンバー向けのプロモーション内容や価格割引は反映されません。価格は予告なく変更されることがあります。価格には適用される税は含まれていません。試験の予約をする前に、試験提供者に正確な価格をご確認ください。

2017年5月1日より、既存のキャンセポリシーが次のポリシーに全て置き換わります、 ポリシー:登録した試験日より5営業日以内のキャンセルもしくは日程変更には料金がかかりますスケジュールされていたアポイントメント時より24時間以内に現れなかった、もしくはキャンセルしたか日程変更した場合、全額がかかります。

スキルの評価

この試験では、次の一覧に示す技術タスクを遂行する能力を評価します。パーセンテージは、試験の各主要トピック領域の相対的な重みを示します。パーセンテージが高いほど、試験でこのコンテンツ領域に関する質問の数が多くなる可能性があります。Microsoft の試験のさまざまな種類の質問 さまざまな種類の質問に関するビデオチュートリアルをご覧ください。

箇条書きテキストで記述されているトピックに関する質問が出題されますが、これらに限定されるものではないことに注意してください。

この試験で評価されるスキルの妥当性に関するフィードバックをご提供いただける方は、マイクロソフトまでコメントをお送りください。すべてのフィードバックは確認されており、認定資格プロセスの有効性および信頼性を依然として維持しながら、必要に応じて反映されます。マイクロソフトからは、皆様のフィードバックに直接返信されないことにご注意ください。マイクロソフト認定資格プログラムの品質確保のために、皆様からのご意見をお待ちしております。

この試験に関する特定の質問への懸念があれば、提出してください。試験チャレンジ.

マイクロソフト認定資格試験のフィードバック、その他の認定資格プログラム、登録、プロモーションや質問がある場合は連絡してください Regional Service Center

2014年7月からこのテストに関する質問には、Microsoft Exchange Server 2013 Service Pack 1に関する内容が含まれています。

注意:2017年11月10日現在の試験の更新があります。これらの変更の詳細と測定されたスキルにどのように影響するかを知るために、ダウンロードしてください。 Exam 342 change document.

ユニファイドメッセージングの構成、管理、および移行(20〜25%)
  • ユニファイドメッセージング(UM)を構成する
    • IPゲートウェイを設定する; UMコールルーターを構成する; 自動受付を作成して構成する; 通話応答ルールを設定する; 高可用性のためにUMを設計する; ダイヤルプランを作成する
  • ユニファイドメッセージングの管理
    • ユーザーにダイヤルプランを割り当する; ダイヤルプラン間でユーザーを移動する; ユーザーのUM機能を有効または無効にする; 保護されたボイスメールを設定する; UMメールボックスポリシーを構成する; UM言語パックを管理する
  • ユニファイドメッセージングのトラブルシューティング
    • 相互トランスポート層セキュリティ(MTLS)のトラブルシューティングと構成; コールおよびコール統計を監視する; QoSのトラブルシューティングと設定 SIP通信のトラブルシューティング
  • ユニファイドメッセージングの移行
    • 移行の準備をする; 移行戦略を計画する; 共存戦略を立てる; サイト間でUMメールボックスを移動する; SIPゲートウェイをExchange Server 2013にリダイレクトする; レガシーシステムを廃止する
サイトの復元性の設計、構成、および管理(20〜25%)
  • サイト回復力のあるデータベース可用性グループ(DAG)の管理
    • データセンターアクティベーション調整(DAC)の計画と実装する; クォーラムオプションを推奨する; クロスサイトDAG構成を計画する; DAGネットワークを構成する; Microsoft Azure仮想マシンを監視サーバーとして計画する
  • サイト回復力のあるCASソリューションの設計、展開、および管理
    • サイトの復元力のある名前空間を計画する; サイト復元性のある名前空間URLを構成する; サイト*の手順を実行する; サイトフェイルオーバーの証明書要件を計画する; *overの間のクライアントの行動を予測する
  • トランスポートのサイト回復力の設計、展開、および管理
    • フェールオーバーシナリオ用にMXレコードを設定する; 再送信を管理し、キューを再ルーティングする; サイトの復元力のために送受信コネクタを計画して構成する;トランスポート*overのためのステップを実行する
  • サイトの復元力の問題のトラブルシューティング
    • クォーラムの問題を解決する; プロキシリダイレクトの問題のトラブルシューティング; クライアント接続のトラブルシューティング; メールフローのトラブルシューティング; データセンターのアクティブ化のトラブルシューティング; DAGレプリケーションのトラブルシューティング
高度なセキュリティの設計、構成、および管理(20〜25%)
  • 適切なセキュリティ戦略を選択する
    • RBACを評価する; BitLockerを評価する; スマートカードを評価する; IRMを評価する; S / MIMEを評価する; ドメインセキュア/ TLSを評価する; ADFSクレームベースの認証を評価する
  • Active Directory Rights Management Services(AD RMS)を使用した情報権限管理(IRM)の展開と管理
    • AD RMSテンプレートを作成する; トランスポート保護ルールを作成する; Microsoft Outlookの保護ルールを作成する; トランスポート復号化を構成する; 検出のためにIRMを構成する; クライアントアクセスの事前ライセンス設定する
  • メールボックスおよび管理の監査の構成と解釈
    • メールボックス監査ログを構成する; 管理監査ログを構成する; メールボックスアクセスログを設定する; すべての監査ログを解釈する
  • セキュリティ関連の問題のトラブルシューティング
    • 証明書の有効性を判断する; 適切な証明書失効リスト(CRL)のアクセスと配置を確保する; 秘密鍵の可用性を確保する; 失敗したIRM保護のトラブルシューティング; RBACのトラブルシューティング
コンプライアンス、アーカイブ、およびディスカバリーソリューションの設定と管理(20〜25%)
  • アーカイブソリューションの設定と管理
    • オンラインアーカイブをセットアップする(Microsoft Office 365); アーカイブポリシーを作成する; オンプレミスのアーカイブをセットアップする; アーカイブソリューションのストレージを計画する。
  • データ漏えい防止(Data Loss Prevention)ソリューションの設計と構成
    • 事前に構築されたルールを設定する; カスタムルールを設定する; ビジネス要件を満たすDLPソリューションを設計する; カスタムポリシーを設定する
  • メッセージレコード管理(MRM)の構成と管理
    • デザイン保持ポリシー; 保持ポリシーを設定する; カスタムタグの作成と設定 ユーザーにポリシーを割り当てる; 管理フォルダーアシスタントを構成する; タグを除去し削除する
  • eDiscoveryを実行する
    • eDiscoveryのためのRBAC役割の計画と委任する;法的/訴訟の保留を有効にする; クエリベースのInPlace保留を実行する; ジャーナリングの設計と構成する; Exchange管理センター(EAC)で複数のメールボックスの検索を実行する; InPlaceフェデレーション検索をMicrosoft SharePointと統合する方法を評価する
  • コンプライアンスソリューションの実装
    • 倫理的な壁のための輸送規則を設計する;メールチップを設定する; メッセージ分類の作成、構成、および展開する; 特定のコンプライアンス要件を満たすトランスポートルールの設計し構成する
共存、ハイブリッドシナリオ、移行、フェデレーション(15-20%)の実装と管理
  • Exchange Onlineとの共存を確立する
    • ハイブリッド構成の展開と管理する; ハイブリッド構成ウィザードの制限を評価する; シングルサインオン(SSO)の要件を設定する; Active Directoryフェデレーションサービス(AD FS)の設計と構成する
  • Exchange Federationの展開と管理
    • Microsoft Federationゲートウェイを使用してフェデレーションの信頼を管理する; ハイブリッド展開を管理するOAuthベースの認証; 共有ポリシーを管理する; 設計証明書とファイアウォール要件; 組織の関係を管理する
  • レガシーシステムとのオンプレミス共存の実装
    • 共存のための名前空間を計画する; プロキシリダイレクトを設定する; 共存のためのファイアウォール構成を計画する; メールフロー要件を計画する
  • フォレスト間の共存ソリューションをセットアップする
    • フォレスト間の可用性を設定する; 設計証明書とファイアウォール要件する; クロスフォレストのメールフローを設定する; AutoDiscoverの設計と構成; 共有名前空間を設定する
  • レガシーシステムの移行
    • Exchange Server 2013への移行パスを決定する; パブリックフォルダをExchange Server 2013およびOffice 365に移行する; メールボックスを移行する; ポリシーをアップグレードする; 中止された機能を考慮する計画する; サーバーの役割の移行と廃止
  • ハイブリッドシナリオ、共存、移行、およびフェデレーションに関連するトラブルシューティング
    • メールフローのトラブルシューティング; Exchange Federationの信頼関係と組織の関係をトラブルシューティング; クライアントアクセスのトラブルシューティング; SSO / AD FSのトラブルシューティング; AADConnectのトラブルシューティング; フォレスト間の可用性のトラブルシューティング

試験対策

インストラクター指導のトレーニング
試験準備用ビデオ

Microsoft 認定資格PREP Talk:試験 342

準備のためのヒントのこのエピソードでは、認定専門家と言う認定プランナーのJames Seymourと認定プランナーのMartin Coetzerが、試験342で測定されるスキルの関連性について議論します。

演習テスト

Take a Microsoft Official Practice Test for Exam 342

コミュニティから
書籍

試験番号 70-342:Microsoft Exchange Server 2013(MCSE)の高度なソリューション
発行日:発行日:2015年1月29日

試験70-342を準備し、Exchange Server 2013の高度なソリューション設計、構成、実装、管理、サポートを実践していることを実証してください。この本は資格をさらに向上する能力のある経験豊富なITプロフェッショナル向けに作られており、MCSEレベルで成功するために必要な批判的思考と意思決定の洞察力に焦点を当てています。

Microsoft Press Store で、この書籍を購入

受験対象者

この試験の受験者は、管理者チームのテクニカルリーダーであるシニア管理者です。候補者は、Exchange受信者管理者とExchange Server管理者の間の第3レベルのサポートとして働いています。

候補者は、エンタープライズ環境でExchangeサーバーとExchangeメッセージングを管理するのに最低3年間の経験が必要です。

試験に関する追加情報

試験のための準備

試験のスケジュールを検討する際は、この試験準備ガイド全体を確認し、 Web サイト上のリソースをよく理解することをお勧めします。次の を参照して、 Microsoft Certification exam overview 登録、よくある問題形式の動画、その他の準備リソースをご参照下さい。試験方針や採点については、次を参照 Microsoft Certification exam policies and FAQs

注意

この準備ガイドは、Microsoft の判断に従っていつでも予告なく変更されることがあります。マイクロソフトの試験には、適応型テストの技術およびシミュレーション アイテムが含まれる場合があります。試験の提供形式は特定しません。試験の形式に関係なく、準備にはこの準備ガイドを使用してください。この試験の準備に役立つよう、Microsoft はこの製品に関する実地経験を積むこと、および指定されたトレーニング リソースを使用することをお勧めします。これらのトレーニング リソースは、「スキルの評価」 セクションの一覧に示されたトピックすべてに必ずしも対応しているわけではありません。