「再受験無料のExam ReplayバウチャーとPractice Testの購入はこちら」

試験
70-347

Microsoft Office 365 logo

  • 配信開始:
    2014年2月17日
  • 言語:
    英語、中国語 (簡体字)、中国語 (繁体字)、フランス語、ドイツ語、日本語、ポルトガル語 (ブラジル)、スペイン語
  • 対象者:
    IT プロフェッショナル
  • テクノロジ:
    Office 365
  • 対応資格:
    MCP、MCSA

Office 365 サービスの有効化

* 価格には、Microsoft Imagine Academy プログラム メンバー、マイクロソフト認定トレーナー、およびマイクロソフト パートナー ネットワーク プログラム メンバー向けのプロモーション内容や価格割引は反映されません。価格は予告なく変更されることがあります。価格には適用される税は含まれていません。試験の予約をする前に、試験提供者に正確な価格をご確認ください。

2017年5月1日より、既存のキャンセポリシーが次のポリシーに全て置き換わります、 ポリシー:登録した試験日より5営業日以内のキャンセルもしくは日程変更には料金がかかりますスケジュールされていたアポイントメント時より24時間以内に現れなかった、もしくはキャンセルしたか日程変更した場合、全額がかかります。

Microsoft Ignite 2017から試験準備セッションを見る

スキルの評価

この試験では、次の一覧に示す技術タスクを遂行する能力を評価します。パーセンテージは、試験の各主要トピック領域の相対的な重みを示します。パーセンテージが高いほど、試験でこのコンテンツ領域に関する質問の数が多くなる可能性があります。Microsoft の試験のさまざまな種類の質問 さまざまな種類の質問に関するビデオチュートリアルをご覧ください。

箇条書きテキストで記述されているトピックに関する質問が出題されますが、これらに限定されるものではないことに注意してください。

この試験で評価されるスキルの妥当性に関するフィードバックをご提供いただける方は、マイクロソフトまでコメントをお送りください。すべてのフィードバックは確認されており、認定資格プロセスの有効性および信頼性を依然として維持しながら、必要に応じて反映されます。マイクロソフトからは、皆様のフィードバックに直接返信されないことにご注意ください。マイクロソフト認定資格プログラムの品質確保のために、皆様からのご意見をお待ちしております。

この試験に関する特定の質問への懸念があれば、提出してください。試験チャレンジ.

マイクロソフト認定資格試験のフィードバック、その他の認定資格プログラム、登録、プロモーションや質問がある場合は連絡してください Regional Service Center

2017年6月より、この試験はアップデートされました。これらの変更の詳細と測定されたスキルにどのように影響するかを知るために、こちらへ download and review the exam 70-347 change document

クライアントおよびエンド ユーザー デバイスの管理 (20-25%)
  • ユーザー駆動型のクライアント展開の管理
    • Office 365 ProPlus のセルフ プロビジョニングの制限、Windows ストア アプリとモバイル アプリ、アクティブ化/アクティブ化の取り消し、Office for Mac
  • Office 365 ProPlus の IT 展開の管理
    • デプロイの管理;ストリーミングアップデートの管理;Officeデプロイツールを使用してのデプロイの管理;デプロイのカスタマいす;デプロイチャンネルの管理;Office 365 ProPlusアップデートをテストするためのパイロットグループを作成
  • テレメトリとレポートのセットアップ
    • グループ ポリシーによるテレメトリの有効化、テレメトリ サービスのセットアップ、テレメトリ ダッシュボードでレポートされた問題の解釈、レガシ Office クライアントへのテレメトリ エージェントの展開
  • Office クライアントの計画
    • Outlookと Skype for BusinessクライアントとOffice Onlineの設定;クリックして実行対MSI;Office365クライアント用のモダンな認証の実装

準備用リソース

SharePoint Online サイト コレクションのプロビジョニング (20-25%)
  • 外部ユーザー共有の構成
    • Web UI と Windows PowerShell を使った外部ユーザー共有のグローバルな有効化、サイト コレクションごとの有効化、外部ユーザーとの共有、外部ユーザー アクセスの削除
  • SharePoint サイト コレクションの作成
    • Web UI と Windows PowerShell を使った SharePoint オンライン サイト コレクション管理者の設定、リソース クォータと警告レベルの設定、サイト コレクションのサイズの自動調整、サイト コレクションの記憶域クォータの設定、サイト コレクションの名前と URL の構成
  • コラボレーション ソリューションの計画
    • Yammer.com の構成、共同編集、Office 365 グループ、複数のクライアント デバイスに散在するファイルへのアクセス、OneDrive for Business へのファイルの移行、Web UI および Windows PowerShell を使用したエンタープライズ電子情報開示の実装、Office 365 ビデオの実装、コラボレーションへの Delve の使用、データ損失防止の構成

準備用リソース

エンドユーザー向けにExchange Online とSkype for Business Onlineを設定(20–25%)
  • ユーザーの追加電子メール アドレスの構成
    • Web UI と Windows PowerShell を使った既定の電子メール アドレス/返信先電子メール アドレスの変更、新しいドメインの一括追加/削除、セカンダリ電子メール エイリアスの管理、SIP アドレス
  • 外部連絡先、リソース、およびグループの作成と管理
    • Web UI と Windows PowerShell を使ったリソース メールボックスの作成と管理、共有メールボックスの作成、外部連絡先の作成、連絡先への追加電子メール アドレスの割り当て、配布リストとメンバーの作成と管理、アクセス許可の委任
  • 個人アーカイブ ポリシーの構成
    • Web UI と Windows PowerShell を使ったメールボックスの個人アーカイブの有効化、カスタム アイテム保持ポリシーの作成、保持タグの作成、メールボックスへのアイテム保持ポリシーの適用、既定のアイテム保持ポリシーの確認と変更
  • Skype for Business Online のエンド ユーザー通信設定の構成
    • Web UI と Windows PowerShell を使ったコンプライアンスのためのアーカイブされていない機能の無効化、プレゼンスの構成、利用可能なサービスの構成、ユーザーごとの外部通信の構成

準備用リソース

Exchange Online とSkype for Business Online をプランニング(20–25%)
  • マルウェア対策およびスパム対策ポリシーの管理
    • 隔離してリリース;スパム設定を設定;リストを設定;Web UIとWindows PowerShellを使用して通知を設定; Advanced Threat Protectionの実装
  • メールボックスの移行戦略の推奨
    • Web UI と Windows PowerShell を使ったリモート移動、段階的、カットオーバー、または IMAP からの適切な移行方法の選択、データ移行用のインポート サービスの使用
  • Exchange Online の計画
    • アーカイブする為のクライアント要件をプランニング;Office 365 Protection Security とCompliance Centerを管理;Legal保持を有効化;OWAアクセスの設定;Web UIとWindows PowerShellを使用してActiveSync およびMobile Device Management を設定;Data Loss Preventionを設定;Advanced Threat Protection (ATP)を設定;マルウェアとスパム保護をカスタマイズ;パートナー向けに外部メールフロートポロジーを有効化
  • Manage Skype for Business
    • Web UI と Windows PowerShell を使った外部アクセスの有効化、ドメインの管理、Skype コンシューマー IM 接続の管理、会議の出席依頼のカスタマイズ、プッシュ通知サービスの無効化、クラウド PBX、PSTN 会議、Skype 会議メディアの構成
Office 365 サービスの設定とセキュリティ強化(20–25%)
  • Microsoft Teamsの実装
    • ライセンスの管理;チームの管理;チームとOffice 365b Connectorsを設定
  • OneDrive for Businessを設定して管理
    • ファイルをOneDrive for Businessにマイグレーション;警告を設定;パーミッションを設定;ドキュメント削除ポリシーを設定;ファイルアクティビティレポートを設定;ネットワーク帯域をコントロール;OneDrive管理センターを使用してOneDrive for Businessを管理;ストレージの設定;デバイスアクセスの設定;クライアントのデプロイ
  • Microsoft Flow とPowerAppsの実装
    • フローを作成、フローアクションを作成、PowerAppsを作成
  • Microsoft StaffHubを設定、管理
    • チームを管理、メンバーとアカウント提供を管理
  • Office 365 サービスのセキュリティとガバナンスを設定
    • eDiscoveryの設定;高度なeDiscoveryの設定の実行;高度なデータガバナンスの実装; Secure Storeの有効化と設定;Office 365コンプライアンスとセキュリティセンターを使用してデータの保護とデータコンプライアンスの強制化

試験対策

オンライントレーニング
インストラクター指導のトレーニング
試験準備用ビデオ

Microsoft 認定資格PREP Talk:Exam 347

こちらの認定資格エキスパートによる試験対策用ビデオでは、James Seymour (シニア コンテンツ パブリッシャ) と Alistair Spiers (Office 365 製品グループのシニア オペレーション プログラム マネージャー) が、Exam 347 で評価するスキルの関連性について説明しています。



70-347:Office 365 サービスの有効化

自己ペースのトレーニング
演習テスト
コミュニティから
書籍

試験参照番号70-347 Office 365のアイデンティティと要件の管理、
第版発行:2018年1月30日

Microsoft試験 70-347 の準備であり、あらゆる環境で Microsoft Office 365 サービスを安全かつ効率的に提供するのに必要な、実際の知識を確認するのに役立ちます。このExam Refは資格をさらに向上する能力のある経験豊富なITプロフェッショナルのために作られており、MCSEレベルで成功するために必要な批判的思考と意思決定の洞察力に焦点を当てています。

Microsoft Press Store で、この書籍を購入

受験対象者

この試験の受験者としては、依存関係、要件、サポート テクノロジも含めた Office 365 サービスの評価、計画、展開、操作を担当する IT プロフェッショナルを対象としています。受験者は、Office 365 管理センターに関する経験があり、Microsoft Exchange Online、Skype for Business Online、SharePoint Online、Office 365 ProPlus、Microsoft Azure Active Directory について理解している必要があります。これには、サービスの説明、構成オプション、組織のビジネス要件をサポートするための既存の ID 管理および内部設置型インフラストラクチャとのサービスの統合に関する経験が含まれます。

試験に関する追加情報

試験のための準備

試験のスケジュールを検討する際は、この試験準備ガイド全体を確認し、 Web サイト上のリソースをよく理解することをお勧めします。次の を参照して、 Microsoft Certification exam overview 登録、よくある問題形式の動画、その他の準備リソースをご参照下さい。試験方針や採点については、次を参照 Microsoft Certification exam policies and FAQs

注意

この準備ガイドは、Microsoft の判断に従っていつでも予告なく変更されることがあります。マイクロソフトの試験には、適応型テストの技術およびシミュレーション アイテムが含まれる場合があります。試験の提供形式は特定しません。試験の形式に関係なく、準備にはこの準備ガイドを使用してください。この試験の準備に役立つよう、Microsoft はこの製品に関する実地経験を積むこと、および指定されたトレーニング リソースを使用することをお勧めします。これらのトレーニング リソースは、「スキルの評価」 セクションの一覧に示されたトピックすべてに必ずしも対応しているわけではありません。