で試験日の自信が持てるようにしてください Exam Replay or an Exam Replay with Practice Test

試験
70-355

Windows

  • 配信開始:
    2015 年 10 月 13 日
  • 言語:
    英語
  • 対象者:
    開発者
  • テクノロジ:
    Windows 10
  • 対応資格:
    MCP、MCSD

Universal Windows Platform – App Data, Services, and Coding Patterns

* 価格には、Microsoft Imagine Academy プログラム メンバー、マイクロソフト認定トレーナー、およびマイクロソフト パートナー ネットワーク プログラム メンバー向けのプロモーション内容や価格割引は反映されません。価格は予告なく変更されることがあります。価格には適用される税は含まれていません。試験の予約をする前に、試験提供者に正確な価格をご確認ください。

2017年5月1日より、既存のキャンセポリシーが次のポリシーに全て置き換わります、 ポリシー:登録した試験日より5営業日以内のキャンセルもしくは日程変更には料金がかかりますスケジュールされていたアポイントメント時より24時間以内に現れなかった、もしくはキャンセルしたか日程変更した場合、全額がかかります。

スキルの評価

この試験では、次の一覧に示す技術タスクを遂行する能力を評価します。マイクロソフト試験の variety of question types について、ビデオ チュートリアルを参照してください。

箇条書きテキストで記述されているトピックに関する質問が出題されますが、これらに限定されるものではないことに注意してください。

この試験で評価されるスキルの妥当性に関するフィードバックをご提供いただける方は、マイクロソフトまでコメントをお送りください。すべてのフィードバックは確認されており、認定資格プロセスの有効性および信頼性を依然として維持しながら、必要に応じて反映されます。マイクロソフトからは、皆様のフィードバックに直接返信されないことにご注意ください。マイクロソフト認定資格プログラムの品質確保のために、皆様からのご意見をお待ちしております。

試験に特定の質問がある場合は、提出してください exam challenge

マイクロソフト認定資格試験のフィードバック、その他の認定資格プログラム、登録、プロモーションや質問がある場合は連絡してください Regional Service Center

特定の設計パターンの認識と適用
  • アーキテクチャ、設計パターン、およびフレームワークの関係を説明する
    • 一般的なアーキテクチャとその使用事例の認識、一般的な設計パターンと、プログラミング タスクをさらに高速かつ容易にする目的でパターンを 適用できる事例の認識
  • 従来の Microsoft .NET 設計パターンを説明する
    • 作成パターン、構造パターン、動作パターンなど、ギャング オブ フォー (GoF) 設計パターンの説明、3 層/N 層パターンの説明、 エンタープライズ パターンの説明、クラウド設計パターンの説明、ヘッド ファースト パターンの説明、リポジトリ パターンの説明、 作業単位パターンの説明
  • Model-View-ViewModel (MVVM) Prism パターンを適用する
    • 懸案の切り分け、MVVM アプリ用のビューの開発、MVVM アプリ用のビュー モデルの開発、MVVM アプリ用のモデルの開発、 MVVM アプリ用のクラス インタラクションとデータ バインディングの開発
アプリやビジネス ロジック、他の基幹業務 (LOB) アプリとのインターフェイスとして機能するコード、LOB サーバー サービス (AD、SP) の開発
  • アプリケーション固有のプロセスおよび計算用のコードを開発する
    • 非同期メソッド/プロセスの作成、非同期メソッドからの戻り値の管理、非同期メソッド用のデバッグとエラー処理、 オブジェクト用のストーリーボードとカスタム アニメーションの開発、コード オブジェクトとしての 3D モデルの表現、 3D オブジェクトの 2D プロジェクションの管理
  • バックグラウンド タスクを実装する
    • バックグラウンド タスクの作成、バックグラウンド タスクの登録、トリガーの設定と応答、バックグラウンド タスクのデバッグ、ロック画面アプリの実装、 アプリとバックグラウンド タスク間のデータ/イベントの共有、バックグラウンド タスクの直接呼び出し
  • アプリ ライフサイクル イベントを管理する
    • 中断の準備、中断または強制終了からの再開、拡張スプラッシュ スクリーンの実装、拡張機能の実行、 中断エラーの監視
  • 他のアプリとのインタラクションを実装する
    • 共有コントラクトの統合による別のアプリとのコンテンツの共有、連絡と予定機能の統合、 マッピングとナビゲーションの実装 (位置情報、ジオフェンス、Bing 地図)、結果を取得するためのアプリの起動など、アプリ間のデータ/ファイルの交換、 ドラッグ アンド ドロップの使用
  • 通知と Windows プッシュ通知サービス (WNS) を実装する
    • 通知の実装と管理、トーストやバッジなど、ライブ タイル更新のサポート、アクション センターと セカンダリ タイルのサポート
  • デバイスとのインタラクションを実装する
    • 写真、ビデオ、オーディオなど、カメラとマイク用のコードの開発、画面の取り込みの実装、印刷とリモート再生の実装、 HoloLens のセンサーとサービスの統合、ワイヤレス通信のサポート
  • クラス ライブラリ (コード ライブラリ、DLL) を開発する
    • クラス ライブラリ内のアセンブリ、名前空間、タイプ、およびメンバーの名前付け、静的クラスと抽象クラス、インターフェイス、列挙、 構造、その他のタイプの使用、プロパティ、メソッド、コンストラクター、フィールド、イベント、演算子、およびパラメーターの設計と使用、 サブクラスなど、拡張メカニズムの実装、イベント、仮想メンバー、およびコールバックの使用、例外の設計、スロー、 およびキャッチ
セキュアなクラウド データ サービスとストレージを実装するためのコードの開発
  • データ ローミングを設計および実装する
    • ユーザー設定と基本設定のローミング、アプリ セッション情報のローミング
  • RESTful データ ソリューション (oData、JSON) を設計および実装する
    • ASP.NET Web API の使用、JSON シリアル化の実装、プロジェクトへのサービス参照の追加、Windows.Web.Http.HttpClient オブジェクトの使用
  • Azure とクラウド データ ソースを設計および実装する
    • オフライン データ同期の実装、キャッシュの実装、OneDrive 統合のサポート、ファイル アクセスと管理の実装 (ファイル ピッカーなど)、 Azure ストレージへのイメージのアップロード
  • Azure データ サービスを統合する
    • クライアントからのカスタム クラウド サービス API の呼び出し、モバイル サービスでのバックエンド ジョブのスケジュール設定
  • リムーバブルおよび埋め込み型のローカル データ ソースを設計および実装する
    • SD カード ストレージのサポート、モバイル デバイスでの SQLite の実装
認証要件とビジネス セキュリティ要件を実装するコードの開発
  • 認証と ID を管理するコードを実装する
    • Web 認証ブローカー、Azure 認証、ID を管理するコードの実装、Windows Hello など、生体認証による ID 認証の実装、 資格情報保管ボックスの実装、シングル サインオンの実装
  • 認証とリソースへのアクセスを管理するコードを実装する
    • 認証要求の実装、ユーザーとアプリの認証、認証 ID の管理、データ、ファイル、フォルダー、デバイスなど、 リソースへのアクセスの制限
  • アプリ内の暗号化を実装する
    • 暗号化キー、ハッシュ、および符号内容の作成、メッセージ認証コードの作成、データの暗号化と暗号化解除
  • エンタープライズ セキュリティの考慮事項をサポートする
    • セキュリティ透過性の実装、コード アクセス セキュリティの実装、ロール ベース セキュリティの実装
クラウド サービスと Azure App Service サービスの統合
  • サービスを用いてネイティブなクロスプラットフォーム アプリを構築する
    • 既存のモバイル アプリ内での Azure App Service モバイル アプリ機能の統合、モバイル サービスでの .NET クライアントの使用、 クライアントからのカスタム API の呼び出し
  • サービスを用いてエンタープライズ システムに接続する
    • 既存の SQL データベースを使用するサービスの構築、ハイブリッド接続を用いた Azure モバイル サービスから内部設置型 SQL Server への接続、 Azure SQL データベースを基盤とするモバイル サービスのスケーリング、Active Directory Authentication Library シングル サインオンによるアプリの認証、 Azure Active Directory によるモバイル サービスへのロールベース アクセス制御の追加、ユーザーの代理としての Microsoft SharePoint へのアクセス、 モバイル サービスのバックエンド ジョブのスケジュール設定、モバイル サービスの .NET バックエンドのトラブルシューティング
  • サービスを用いて SaaS API に接続する
    • サード パーティ ID プロバイダー提供の資格情報を用いたシングル サインオンの実装、MongoDB をデータ ストアとして使用する サービスの構築
  • サービスを用いて同期によるオフライン対応アプリを構築する
    • 接続を利用できない状況での従業員のオフライン作業の実現、デバイスがオンラインに復帰した時点でのエンタープライズ バックエンド システム との同期、障害時の復旧
  • サービスを用いてユーザーにプッシュ通知する
    • アプリへのプッシュ通知の追加、認証済みユーザーへのプッシュ通知の送信
アプリのバージョン管理、互換性、および共存をサポートする、保守性に優れたコードの開発
  • バージョン管理 (TFVC または Git) を用いてコードを開発する
    • 標準化されたコーディング規則を用いたコードの開発、アセンブリ バージョン管理のためのベスト プラクティスの実装
  • アセンブリと side-by-side 実行のためのベスト プラクティスを実装する
    • バージョン、カルチャ、パブリッシャーなど、厳密な名前のアセンブリの使用、GAC によるバージョン対応ストレージの提供、分離実行される アプリの作成
  • アセンブリ配置と GAC のためのベスト プラクティスを実装する
    • アプリ構成ファイルの使用、コードベースの使用、バインディング コンテキストの提供

受験対象者

この試験では、他のサービスやデバイスを利用するアプリや、保守性を高めるためにコーディングのベスト プラクティスを使用するアプリの 実装についての知識とスキルを受験者が有していることを検証します。

この試験の受験者には、他のアプリ、デバイス、およびサービスとのインターフェイスによって画面機能を拡張するとともに、 設計パターンの利用によって保守性を高めたエンタープライズ LOB アプリの設計と実装について、 1 年以上の経験が必要です。また、C# と XAML を使用した開発について、最低でも 1 ~ 2 年の経験が必要です。

試験に関する追加情報

試験のための準備

試験のスケジュールを検討する際は、この試験準備ガイド全体を確認し、 Web サイト上のリソースをよく理解することをお勧めします。次の を参照して、 Microsoft Certification exam overview 登録、よくある問題形式の動画、その他の準備リソースをご参照下さい。試験方針や採点については、次を参照 Microsoft Certification exam policies and FAQs

注意

この準備ガイドは、Microsoft の判断に従っていつでも予告なく変更されることがあります。マイクロソフトの試験には、適応型テストの技術およびシミュレーション アイテムが含まれる場合があります。試験の提供形式は特定しません。試験の形式に関係なく、準備にはこの準備ガイドを使用してください。この試験の準備に役立つよう、Microsoft はこの製品に関する実地経験を積むこと、および指定されたトレーニング リソースを使用することをお勧めします。これらのトレーニング リソースは、「スキルの評価」 セクションの一覧に示されたトピックすべてに必ずしも対応しているわけではありません。