これで試験日の自信を高める Exam Replay or an Exam Replay with Practice Test

試験
70-357

Visual Studio

  • 配信開始:
    2016 年 7 月 22 日
  • 言語:
    英語、スペイン語、中国語 (簡体字)、中国語 (繁体字)、フランス語、ドイツ語、日本語、ポルトガル語 (ブラジル)、ロシア語
  • 対象者:
    開発者
  • テクノロジ:
    Visual Studio コミュニティ
  • 対応資格:
    MCP、MCSA

Developing Mobile Apps

* 価格には、Microsoft Imagine Academy プログラム メンバー、マイクロソフト認定トレーナー、およびマイクロソフト パートナー ネットワーク プログラム メンバー向けのプロモーション内容や価格割引は反映されません。価格は予告なく変更されることがあります。価格には適用される税は含まれていません。試験の予約をする前に、試験提供者に正確な価格をご確認ください。

2017年5月1日より、既存のキャンセポリシーが次のポリシーに全て置き換わります、 ポリシー:登録した試験日より5営業日以内のキャンセルもしくは日程変更には料金がかかりますスケジュールされていたアポイントメント時より24時間以内に現れなかった、もしくはキャンセルしたか日程変更した場合、全額がかかります。

Microsoft Ignite 2017から試験準備セッションを見る

スキルの評価

この試験では、次の一覧に示す技術タスクを遂行する能力を評価します。パーセンテージは、試験の各主要トピック領域の相対的な重みを示します。パーセンテージが高いほど、試験でこのコンテンツ領域に関する質問の数が多くなる可能性があります。Microsoft の試験のさまざまな種類の質問 さまざまな種類の質問に関するビデオチュートリアルをご覧ください。

箇条書きテキストで記述されているトピックに関する質問が出題されますが、これらに限定されるものではないことに注意してください。

この試験で評価されるスキルの妥当性に関するフィードバックをご提供いただける方は、マイクロソフトまでコメントをお送りください。すべてのフィードバックは確認されており、認定資格プロセスの有効性および信頼性を依然として維持しながら、必要に応じて反映されます。マイクロソフトからは、皆様のフィードバックに直接返信されないことにご注意ください。マイクロソフト認定資格プログラムの品質確保のために、皆様からのご意見をお待ちしております。

この試験に関する特定の質問への懸念があれば、提出してください。試験チャレンジ.

マイクロソフト認定資格試験のフィードバック、その他の認定資格プログラム、登録、プロモーションや質問がある場合は連絡してください Regional Service Center

アダプティブ UI の XAML ページ レイアウトの作成 (10 - 15%)
  • ページ レイアウトの作成
    • RelativePanel レイアウトの構成、UI 要件に基づく適切な XAML レイアウト パネルの選択、適切な列および行プロパティでのグリッドの構成、配置/余白/パディングの構成
  • レスポンシブ UI の動作とアダプティブ UI の動作の実装
    • レスポンシブ UI の動作とアダプティブ UI の動作の区別、VisualStateManager と AdaptiveTriggers を使用したレスポンシブ UI とアダプティブ UI の作成、要素プロパティと添付プロパティの設定構文の実装
  • アダプティブ UI 内のカスタム コントロールの作成と使用
    • カスタム コントロールを作成する状況の評価、カスタム コントロールの作成、スタイル/テーマ/リソース ディクショナリの実装、Generic.xaml を使用したカスタム コントロールへのスタイルの適用
  • ページ レイアウトの最適化
    • パフォーマンス向上のために複雑さの軽減、不要な入れ子の削減
ページ ナビゲーションとライフサイクル イベントの実装 (10 - 15%)
  • アプリに対する適切なナビゲーション構造の選択
    • ハブ、マスター/詳細、タブとピボット、ナビゲーション ウィンドウのナビゲーション パターンを実装する状況の評価、カスタム ナビゲーション パターンを実装する状況の評価
  • ナビゲーション ウィンドウのナビゲーションの実装
    • Frame.Navigate を使用したページ コンテンツの読み込み、ナビゲーション ウィンドウのパターンを使用したページ ナビゲーションの実装、ナビゲーション ウィンドウとして使用するための SplitView 制御の実装、キー ベースのナビゲーション、UI オートメーション、ナレーターを実装することによるナビゲーション内のアクセシビリティ要件のサポート、さまざまな Windows 10 デバイス ファミリの [戻る] ボタンの動作の処理
  • アプリのアクティブ化の管理
    • アプリの起動、スタートアップ時のアプリのアクティブ化、ディープ リンクからのアクティブ化の実装、検索の統合に基づくアクティブ化の実装、セカンダリ タイルからのアクティブ化の実装
  • アプリの中断と再開の管理
    • アプリの中断に向けた準備、中断または終了からの再開、実行の延長、中断エラーの監視
データ アクセスとデータ バインディングの実装 (20 - 25%)
  • Entity Framework (EF) を使用したデータへのアクセス
    • SQLite と共に EFCore を使用したデータへのアクセス、ローカル SQLite データベースの実装
  • {Binding} 拡張の実装
  • {x:Bind} 拡張の実装
  • Mvvm クラスとクラスの対話の実装
    • コマンド パターンを適用することによるイベント バインディングの実装、非同期の戻りデータで UI スレッドを更新するディスパッチャーの実装
  • アプリ間の通信の実装
    • コンテンツを別のアプリと共有するための共有コントラクトの統合、ドラッグ アンド ドロップの統合、結果用アプリの起動、アプリの拡張機能の実装、アプリ サービスの実装
  • Rest Web サービスの実装
    • JSON およびデータ シリアル化の実装、HttpClient を使用したクラウド データと Web API へのアクセス
  • ファイル システム アクセスの実装
    • StorageFile、StorageFolder、StorageItem を使用したストレージの管理、FilePicker を使用したファイルの場所へのアクセス、データ ローミングとローミング フォルダーの実装
アダプティブ コーディング用の機能検出の実装 (10 - 15%)
  • アダプティブ コード内の API 検出の実装
  • 適応型コード内のタイプ検出の実装
  • サポートされている機能の実装
    • マイクのサポートを実装する、Web カメラのサポートを実装する、位置情報のサポートを実装する、エンタープライズ認証のサポートの実装
ユーザー入力とユーザーのカスタム操作の管理 (10 - 15%)
  • コマンド バー、ポップアップ、ダイアログの実装
    • コマンド バーと AppBarButton ボタンの実装、コンテキスト メニューとメニュー ポップアップの実装、コンテンツ ダイアログの実装、ToolTipService を使用したヒントの表示、ポップ アップ メニューの表示、アプリ設定に対する制御の実装
  • 従来型デバイスとタッチ入力デバイスのサポートの実装
    • タッチ入力のサポート、マウス入力のサポート、キーボードと仮想キーボード入力のサポート
  • 音声認識コマンドと音声コマンドの実装
    • 音声合成のサポート、音声認識のサポート、Cortana 統合のサポート、パーソナル アシスタント起動機能のサポート、音声コマンドのサポート
  • 代替の入力形態の実装
    • 手書き入力の実装、カメラ入力の実装、位置情報サービスと GPS 入力の実装
認証と ID の管理 (10 - 15%)
  • Web 認証ブローカーを使用した認証の実装
    • Web サービス認証の実装、OAuth の実装、Azure Active Directory 認証の実装
  • 資格情報保管ボックスによる資格情報の安全な管理
  • 2 要素認証の実装
    • Microsoft Passport を使用した 2 要素認証の実装、Windows Hello を使用した 2 要素認証の実装
通知、バックグラウンド タスク、再利用可能なコンポーネントの実装 (15 - 20%)
  • クラス ライブラリと Windows ランタイム コンポーネントの作成と利用
    • Windows ランタイム コンポーネントの開発、クラス ライブラリの開発、クラス ライブラリや Windows ランタイム コンポーネントの統合
  • タイル通知とトースト通知の実装
    • アダプティブ トースト通知と対話型トースト通知の実装、ローカル タイル通知の実装
  • バックグラウンド タスクの作成と登録
    • バックグラウンド タスク プロジェクトの作成とプロジェクト内でバックグラウンド タスクの参照、バックグラウンド タスク イベントのトリガーと条件の実装
  • バックグラウンド タスクの実装と管理
    • バックグラウンド タスクの進捗状況と完了の監視、タスクのライフサイクルの管理、アプリとそのバックグラウンド タスクの間でのデータとイベントの共有、バックグラウンド タスクの直接の呼び出し
  • Universal Windows Platform (UWP) アプリ サービスを作成と利用
    • AppService 拡張機能の指定、バックグラウンド タスクとしてのアプリ サービスの実装、アプリ サービス プロバイダーの展開、アプリ サービスの呼び出し

受験対象者

この試験の受験者は、Windows ストアまたはビジネス向け Windows ストアのいずれかに展開するために Windows 10 アプリを設計および開発する経験豊富な開発者の方です。

受験者は通常、WPF または Silverlight for Windows Phone の経験に加えて、C# と XAML を使用した Windows アプリの開発について 2 年を超える経験のある方です。また受験者には、認証テクノロジと共に Model-View-ViewModel (MVVM) デザイン パターンと Entity Framework に関する経験が必要です。Visual Studio 2015 の経験が強く推奨されます。

試験に関する追加情報

試験のための準備

試験のスケジュールを検討する際は、この試験準備ガイド全体を確認し、 Web サイト上のリソースをよく理解することをお勧めします。次の を参照して、 Microsoft Certification exam overview 登録、よくある問題形式の動画、その他の準備リソースをご参照下さい。試験方針や採点については、次を参照 Microsoft Certification exam policies and FAQs

注意

この準備ガイドは、Microsoft の判断に従っていつでも予告なく変更されることがあります。マイクロソフトの試験には、適応型テストの技術およびシミュレーション アイテムが含まれる場合があります。試験の提供形式は特定しません。試験の形式に関係なく、準備にはこの準備ガイドを使用してください。この試験の準備に役立つよう、Microsoft はこの製品に関する実地経験を積むこと、および指定されたトレーニング リソースを使用することをお勧めします。これらのトレーニング リソースは、「スキルの評価」 セクションの一覧に示されたトピックすべてに必ずしも対応しているわけではありません。