で試験日に自信が持てるようにしてください Exam Replay or an Exam Replay with Practice Test

試験
70-448

SQL Server

  • 配信開始:
    2008 年 9 月 30 日
  • 言語:
    英語
  • 対象者:
    IT プロフェッショナル
  • テクノロジ:
    Microsoft SQL Server 2008
  • 対応資格:
    MCP、MCSA

Microsoft SQL Server 2008ビジネス インテリジェンスの開発および管理

この試験は終了しました

現在可能なオプションについては、この Microsoft Certification exam list

スキルの評価

この試験では、次の一覧に示す技術タスクを遂行する能力を評価します。パーセンテージは、試験の各主要トピック領域の相対的な重みを示します。パーセンテージが高いほど、試験でこのコンテンツ領域に関する質問の数が多くなる可能性があります。マイクロソフト試験の variety of question types について、ビデオ チュートリアルを参照してください。

箇条書きテキストで記述されているトピックに関する質問が出題されますが、これらに限定されるものではないことに注意してください。

この試験で評価されるスキルの妥当性に関するフィードバックをご提供いただける方は、マイクロソフトまでコメントをお送りください。すべてのフィードバックは確認されており、認定資格プロセスの有効性および信頼性を依然として維持しながら、必要に応じて反映されます。マイクロソフトからは、皆様のフィードバックに直接返信されないことにご注意ください。マイクロソフト認定資格プログラムの品質確保のために、皆様からのご意見をお待ちしております。

試験に特定の質問がある場合は、 exam challenge

マイクロソフト認定資格試験のフィードバック、その他の認定資格プログラム、登録、プロモーションや質問がある場合は Regional Service Center

SSIS ソリューションの実装 (15 ~ 20%)
  • 制御フローを実装する
    • チェックポイント、制御フローのデバッグ、トランザクション、問題解決のための適切な制御フロー タスクの実装、データ プロファイルと品質
  • データ フローを実装する
    • データ フローのデバッグ、適切なデータ フロー コンポーネントの実装
  • プロパティ式を使用した動的パッケージ動作を実装する
  • 変数を使用してパッケージ ロジックを実装する
    • システム変数、ユーザー変数、変数のスコープ
  • パッケージ構成を実装する
  • 監査、ログ記録、イベント処理を実装する
    • 監査用のシステム変数の使用、イベント ハンドラーの使用、イベントの伝達、ログ プロバイダーの使用、データ プロファイル
  • .NET コードを使用して SSIS パッケージを拡張する
    • スクリプト タスクの使用、スクリプト コンポーネントの使用、カスタム アセンブリの使用

準備用リソース

SSIS の構成、配置、および保守 (15 ~ 20%)
  • SSIS コンポーネントをインストールおよび管理する
    • SSIS の障害復旧を実装する
  • SSIS ソリューションを配置する
    • DTUTIL を使用した SSIS の配置、配置ユーティリティを使用した SSIS パッケージの配置、SQL またはファイル システムの場所への SSIS パッケージの配置
  • SSIS パッケージの実行を管理する
    • SQL Server エージェントを使用したパッケージ実行のスケジュール設定、DTEXEC を使用したパッケージの実行、SQL Server Management Studio を使用したパッケージの実行、SSIS .NET API を使用したパッケージの実行
  • SSIS セキュリティ設定を構成する
    • MSDB データベース ロール、パッケージの保護レベル
  • SSIS ソリューションの配置に関連する問題を特定および解決する
    • 配置されたパッケージの検証、パッケージの配置とサーバー間の依存関係

準備用リソース

SSAS ソリューションの実装 (20 ~ 25%)
  • キューブにディメンションを実装する
    • 変換、属性のリレーションシップ、階層
  • キューブにメジャーを実装する
    • メジャー グループ
  • データ ソース ビューを実装する
    • 名前付き計算、名前付きクエリ
  • キューブでのディメンションの使用法を構成する
    • 参照ディメンションの実装、多対多のリレーションシップの実装、ファクト リレーションシップの実装、ロールプレイング リレーションシップの実装、粒度の定義
  • MDX を使用してキューブにカスタム ロジックを実装する
    • アクション、主要業績評価指標 (KPI)、計算されるメンバー、計算
  • データ マイニングを実装する
    • データ マイニング構造とモデルの実装、DMX を使用したデータ マイニング構造のクエリ、データ マイニング ビュー
  • キューブにストレージ デザインを実装する
    • 集計、パーティション、ストレージ モード、プロアクティブ キャッシュ

準備用リソース

SSAS の構成、配置、および保守 (15 ~ 20%)
  • SSAS でアクセス許可とロールを構成する
    • サーバー ロール、SSAS データベース ロール、キューブ ロール、クライアント アプリケーション アクセスの有効化、データへのカスタム アクセスの実装
  • SSAS データベースおよびオブジェクトを配置する
    • 配置ウィザード、BIDS、SSMS、SSIS Analysis Services による DDL タスクの実行
  • SSAS インスタンスをインストールおよび管理する
    • 障害復旧
  • パフォーマンスの問題を診断および解決する
    • SQL Profiler の使用、パフォーマンス モニター カウンター、DMV、使用量ベースの最適化ウィザード
  • 処理オプションを実装する

準備用リソース

SSRS ソリューションの実装 (10 ~ 15%)
  • レポート データ ソースおよびデータセットを実装する
    • クエリの種類、動的データ ソース、場所のフィルター処理 (データセットとクエリ)
  • レポート レイアウトを実装する
    • 条件付き書式の適用、ページの構成、ヘッダーおよびフッター
  • コードを使用して SSRS ソリューションを拡張する
    • カスタムの .NET アセンブリ、プライベート コード
  • SSAS データ ソースを使用して SSRS レポートを作成する
    • SSRS レポートでの MDX、SSRS レポートでの DMX
  • レポート パラメーターを実装する
    • データバインド パラメーター、複数の値を持つパラメーター
  • レポートに対話機能を実装する
    • ドリルダウン、ドリルスルー、対話的な並べ替え
  • レポート アイテムを実装する
    • マトリックス、テーブル、グラフ、イメージ、リスト、グループ
  • カスタム アプリケーションに SSRS レポートを埋め込む
    • Windows フォーム レポート ビューアーの使用、Web フォーム レポート ビューアーの使用、SSRS Web サービスの使用

準備用リソース

SSRS の構成、配置、および保守 (13%)
  • レポートの実行と配布を構成する
    • サブスクリプション、レポート キャッシュ、スケジュール、スナップショット履歴
  • SSRS インスタンスをインストールおよび構成する
    • SSRS Web ファームの配置
  • レポート ソリューションに認証と承認を構成する
    • サーバー レベルおよびアイテム レベルのロール ベース セキュリティの構成、Windows 認証およびカスタム認証の構成
  • SSRS ソリューションを配置する
    • RS.exe スクリプト、レポート ビルダー、BIDS
  • SSRS の可用性を構成する
    • キーの管理、SSRS データベースの移行

準備用リソース

試験対策

講師によるトレーニング
お近くのマイクロソフト ラーニング パートナーの検索
演習テスト

試験 448 用マイクロソフト公式演習テストを受験してください

コミュニティから

@MSLearning および @sqlserver をフォロー

書籍

MCTS Self-Paced Training Kit (Exam 70-448): Microsoft SQL Server 2008 – Business Intelligence Development and Maintenance
配信開始: 2009 年 4 月 15 日

MCTS Exam 70-448 で評価されるスキルと業務で使用するスキルの準備に最適です。自分のペースで一連のレッスンおよび復習を実施してください。これらは、各試験の目標に完全に対応しています。次に、実際のケース シナリオと練習問題を通じて、学習した内容を強化および応用します。この Microsoft 公式スタディ ガイドは、学習時間を最大限に活用できるように設計されています。

この書籍を購入 (Microsoft Press Store)

受験対象者

この試験の受験者は、自身の組織のために SQL Server 2008 を使用してビジネス インテリジェンス (BI) ソリューションを作成する責任を負います。受験者は、Reporting Services、Analysis Services、Integration Services を含む、SQL Server 2008 のすべての BI テクノロジーの使用経験を持っているのが一般的です。

この試験は、SQL Server 2008 BI ツール スイートを使用してソリューションを開発するプロフェッショナル向けです。この試験の対象となる受験者は通常、次の条件を満たしています。

  • Microsoft .NET Framework について 1 ~ 2 年の使用経験がある
  • SQL Server 2005 BI コンポーネントについて 2 ~ 3 年の使用経験がある
  • SQL Server 2008 について 6 か月~ 1 年の使用経験がある
  • SQL Server 2008 Business Intelligence Development Studio (BIDS) の使用経験がある
  • Microsoft SQL Server Management Studio (SSMS) の使用経験がある
  • リレーショナルおよび多次元のデータベース スキーマについて知識がある
  • SQL Server Analysis Services (SSAS) でキューブの作成と配置の経験がある
  • SSAS でデータ マイニング モデルの作成と配置の経験がある
  • リレーショナルおよび多次元のデータベース クエリを記述した経験がある
  • SQL Server Reporting Services (SSRS) レポートの作成と配置の経験がある
  • SQL Server Integration Services (SSIS) パッケージの作成と配置の経験がある
  • BI ソリューションのデバッグ、モニタリング、およびトラブルシューティングの経験がある

試験に関する追加情報

試験のための準備

試験のスケジュールを検討する際は、この試験準備ガイド全体を確認し、 Web サイト上のリソースをよく理解することをお勧めします。次の を参照して、 Microsoft Certification exam overview 登録、よくある問題形式の動画、その他の準備リソースをご参照下さい。試験方針や採点については、次を参照 Microsoft Certification exam policies and FAQs

注意

この準備ガイドは、Microsoft の判断に従っていつでも予告なく変更されることがあります。マイクロソフトの試験には、適応型テストの技術およびシミュレーション アイテムが含まれる場合があります。試験の提供形式は特定しません。試験の形式に関係なく、準備にはこの準備ガイドを使用してください。この試験の準備に役立つよう、Microsoft はこの製品に関する実地経験を積むこと、および指定されたトレーニング リソースを使用することをお勧めします。これらのトレーニング リソースは、「スキルの評価」 セクションの一覧に示されたトピックすべてに必ずしも対応しているわけではありません。