Exam Replay または Exam Replay with Practice Test で試験日に自信が持てるようにしてください。

試験
70-461

Microsoft SQL Server logo

  • 配信開始:
    2012 年 6 月 11 日
  • 言語:
    英語、中国語 (簡体字)、フランス語、ドイツ語、日本語、ポルトガル語 (ブラジル)
  • 対象者:
    IT プロフェッショナル
  • テクノロジ:
    Microsoft SQL Server 2012/2014
  • 対応資格:
    MCP、MCSA、MCSE

Querying Microsoft SQL Server 2012/2014

* 学生の方には、学割価格が適用される場合があります (インドまたは中国では利用できません)。詳細については、試験のポリシーと FAQ を参照してください。価格には、Microsoft Imagine Academy プログラム メンバー、マイクロソフト認定トレーナー、およびマイクロソフト パートナー ネットワーク プログラム メンバー向けのプロモーション内容や価格割引は反映されません。価格は予告なく変更されることがあります。価格には適用される税は含まれていません。試験の予約をする前に、試験提供者に正確な価格をご確認ください。

video

Querying with Transact-SQL

スキルの評価

この試験では、次の一覧に示す技術タスクを遂行する能力を評価します。パーセンテージは、試験の各主要トピック領域の相対的な重みを示します。パーセンテージが高いほど、試験でこのコンテンツ領域に関する質問の数が多くなる可能性があります。マイクロソフト試験のさまざまな質問のタイプについて、ビデオ チュートリアルを参照してください。

箇条書きテキストで記述されているトピックに関する質問が出題されますが、これらに限定されるものではないことに注意してください。

この試験で評価されるスキルの妥当性に関するフィードバックをご提供いただける方は、マイクロソフトまでコメントをお送りください。すべてのフィードバックは確認されており、認定資格プロセスの有効性および信頼性を依然として維持しながら、必要に応じて反映されます。マイクロソフトからは、皆様のフィードバックに直接返信されないことにご注意ください。マイクロソフト認定資格プログラムの品質確保のために、皆様からのご意見をお待ちしております。

この試験の個々の質問に関して懸案がある場合は、試験への異議をご提出ください。

マイクロソフト認定資格試験や認定資格プログラム、登録、またはプロモーションに関するその他の質問やご意見があれば、認定プログラム事務局にご連絡ください。

2015 年 12 月に、この試験は SQL Server 2012 と SQL Server 2014 の両方に適用可能であると評価されました。試験の目的の更新は不要であると判断されました。

データベース オブジェクトの作成 (20-25%)
  • T-SQL 構文を使用してテーブルの作成と変更を行う (単純なステートメント)
    • 組み込みのツールを使用しないテーブルの作成、ALTER、DROP、ALTER COLUMN、CREATE
  • ビューを作成および変更する (単純なステートメント)
    • インデックス付きビューの作成、組み込みのツールを使用しないビューの作成、CREATE、ALTER、DROP
  • ビューを設計する
    • プロシージャ、ビュー、および関数 (インターフェイス) に対する一貫性のある署名によるコードのリグレッションの回避、セキュリティに与える影響
  • 制約を作成および変更する (単純なステートメント)
    • テーブルの制約の作成、制約の定義、一意の制約、既定の制約、主キーと外部キーの制約
  • DML トリガーを作成および変更する
    • 挿入されたテーブルと削除されたテーブル、入れ子になったトリガー、トリガーの種類、関数の更新、セッション内の複数の行の処理、トリガーがパフォーマンスに与える影響

準備用リソース

データの活用 (25–30%)
  • SELECT ステートメントを使用してデータのクエリを実行する
    • 単一のクエリで順位付け関数を使用した複数カテゴリからの上位 X 行の取得、シノニムや結合 (except、intersect) などの新しい (SQL 2005/8->) コード項目を使用したクエリの記述と実行、動的 SQL とシステム メタデータを使用するロジックの実装、技術的に複雑な SQL クエリの効率的な記述方法 (すべてのタイプの結合、派生テーブルの使用を含む)、提供されているテーブルに基づく実行されるまたは実行されないコードの特定、制約付きのテーブルからテーブルが読み込まれるステートメント セットの特定、各種データ アクセス テクノロジの使用と理解、case、isnull、coalesce の比較
  • サブクエリを実装する
    • クエリ プラン内の問題のある要素の特定、ピボットとピボット解除、演算子の適用、cte ステートメント、with ステートメント
  • データ型を実装する
    • 適切なデータの使用、各データ型の使用方法や制限について、GUID (newid、newsequentialid) がデータベース パフォーマンスに与える影響、列に使用するデータ型と使用するタイミングの特定
  • 集計クエリを実装する
    • 新しい解析関数、セットのグループ化、空間の集計、順位付け関数の適用
  • XML データをクエリおよび管理する
    • XML のデータ型とそれらのスキーマおよび相互運用性 (制限事項と制約事項を含む) について、XML スキーマの実装と XML データの処理、XML データ: SQL Server での管理方法と使用および使用しないタイミング (XML 名前空間を含む)、XML のインポートとエクスポート、XML インデックスの作成

準備用リソース

データの変更 (20–25%)
  • ストアド プロシージャを作成および変更する (単純なステートメント)
    • 指定の要件セットを満たすストアド プロシージャの記述方法、ロジックの分岐、ストアド プロシージャとその他のプログラマティック オブジェクトの作成、ストアド プロシージャの開発テクニック、ストアド プロシージャの各種結果、データ アクセス層のストアド プロシージャの作成、T-SQL によるストアド プロシージャ、トリガー、関数のプログラミング
  • INSERT、UPDATE、DELETE ステートメントを使用してデータを変更する
    • 既定値/制約/トリガーを使用したコード セットの指定、DDL セットの出力の特定、一般的な要件を満たすのに最も適した SQL ステートメントの特定、出力ステートメントの使用
  • データセットを結合する
    • UNION と UNION ALL の違い、case、isnull、coalesce の比較、MERGE ステートメントを使用したデータの変更
  • 関数を使用する
    • 確定関数と非確定関数について、スカラーとテーブル値、組み込みのスカラー関数の適用、ユーザー定義関数 (UDF) の作成と変更

準備用リソース

トラブルシューティングと最適化 (25–30%)
  • クエリを最適化する
    • 統計の理解、クエリ プランの読み取り、プラン ガイド、DMV、ヒント、統計 IO、動的クエリとパラメーター化クエリ、異なる結合の種類 (HASH、MERGE, LOOP) に関する説明と使用されるシナリオについて
  • トランザクションを管理する
    • トランザクションのマーキング、トランザクション、コミット、ロールバックの開始について、明示的なトランザクションと暗黙的なトランザクションの比較、分離レベル、スコープとロックの種類、TRANCOUNT
  • 行ベース演算とセット ベース演算の使用を評価する
    • カーソルの使用が必要な状況、スカラー UDF による影響、複数の DML 演算の組み合わせ
  • エラー処理を実装する
    • try/catch/throw の実装、行ベース ロジックではなくセット ベース ロジックの使用、トランザクション管理

準備用リソース

試験対策

講師によるトレーニング
お近くのマイクロソフト ラーニング パートナーの検索
試験対策用ビデオ

Microsoft Certification PREP Talk: Exam 461

こちらの認定資格エキスパートによる試験対策用ビデオでは、 James Seymour (認定資格プランナー) と Dandy Weyn (SQL サーバー製品グループのシニア プログラム マネージャー) が、Exam 461 で評価されるスキルの妥当性について説明しています。

Exam Prep: 70-461: MCSA: Querying Microsoft SQL Server 2012

この Exam Prep セッションでは、Exam 70-461: Querying Microsoft SQL Server に合格するために知っておくべきことについて説明します。このセッションの担当者はマイクロソフト認定トレーナー (MCT) である boB Taylor で、この試験の目的と一般的な受験のヒント、および SQL Server テクノロジを使用するためのベスト プラクティスについて説明します。

自習形式のトレーニング
演習テスト
コミュニティから
書籍

Training Kit (Exam 70-461): Querying Microsoft SQL Server 2012
配信開始: 2012 年 11 月

Microsoft Press の 2-in-1 のトレーニング キットで、マイクロソフト認定資格 Exam 70-461 の合格に向けて準備を整えましょう。自分のペースで各種レッスンや実用的な練習問題に取り組み、CD に収録された演習問題とカスタマイズ可能な各種テスト オプションで、スキルを確認しましょう。

この書籍を購入 (Microsoft Press Store)

受験対象者

この試験は、2 年以上の経験を持つ SQL Server のデータベース管理者、システム エンジニア、および開発者で、クエリ記述のスキルと知識を検証するユーザーを対象としています。

試験に関する追加情報

試験のための準備

試験のスケジュールを検討する際は、この試験準備ガイド全体を確認し、 Web サイト上のリソースをよく理解することをお勧めします。登録、通常の試験の質問形式のビデオ、およびその他の準備リソースの詳細については、マイクロソフト認定資格試験の概要を参照してください。 試験のポリシーと採点方法の詳細については、マイクロソフト認定資格試験のポリシーと FAQ を参照してください。

注意

この準備ガイドは、Microsoft の判断に従っていつでも予告なく変更されることがあります。マイクロソフトの試験には、適応型テストの技術およびシミュレーション アイテムが含まれる場合があります。試験の提供形式は特定しません。試験の形式に関係なく、準備にはこの準備ガイドを使用してください。この試験の準備に役立つよう、Microsoft はこの製品に関する実地経験を積むこと、および指定されたトレーニング リソースを使用することをお勧めします。これらのトレーニング リソースは、「スキルの評価」 セクションの一覧に示されたトピックすべてに必ずしも対応しているわけではありません。