役割ベースの認証資格でさらなる道を切り開きます。 Certify with Confidence 合格のチャンスを与えます。

試験
70-462

Microsoft SQL Server logo

  • 配信開始:
    2012年6月11日
  • 言語:
    英語、中国語 (簡体字)、フランス語、ドイツ語、日本語、ポルトガル語 (ブラジル)
  • 対象者:
    IT プロフェッショナル
  • テクノロジ:
    Microsoft SQL Server 2012/2014
  • 対応資格:
    MCSA、MCSE

Administering Microsoft SQL Server 2012/2014 Databases

* 価格には、Microsoft Imagine Academy プログラム メンバー、マイクロソフト認定トレーナー、およびマイクロソフト パートナー ネットワーク プログラム メンバー向けのプロモーション内容や価格割引は反映されません。価格は予告なく変更されることがあります。価格には適用される税は含まれていません。試験の予約をする前に、試験提供者に正確な価格をご確認ください。

2017年5月1日より、既存のキャンセポリシーが次のポリシーに全て置き換わります、 ポリシー:登録した試験日より5営業日以内のキャンセルもしくは日程変更には料金がかかりますスケジュールされていたアポイントメント時より24時間以内に現れなかった、もしくはキャンセルしたか日程変更した場合、全額がかかります。

video

Administering Microsoft SQL Server 2012 Jump Start

スキルの評価

この試験では、次の一覧に示す技術タスクを遂行する能力を評価します。パーセンテージは、試験の各主要トピック領域の相対的な重みを示します。パーセンテージが高いほど、試験でこのコンテンツ領域に関する質問の数が多くなる可能性があります。Microsoft の試験のさまざまな種類の質問 さまざまな種類の質問に関するビデオチュートリアルをご覧ください。

箇条書きテキストで記述されているトピックに関する質問が出題されますが、これらに限定されるものではないことに注意してください。

この試験で評価されるスキルの妥当性に関するフィードバックをご提供いただける方は、マイクロソフトまでコメントをお送りください。すべてのフィードバックは確認されており、認定資格プロセスの有効性および信頼性を依然として維持しながら、必要に応じて反映されます。マイクロソフトからは、皆様のフィードバックに直接返信されないことにご注意ください。マイクロソフト認定資格プログラムの品質確保のために、皆様からのご意見をお待ちしております。

この試験に関する特定の質問への懸念があれば、提出してください。試験チャレンジ.

マイクロソフト認定資格試験のフィードバック、その他の認定資格プログラム、登録、プロモーションや質問がある場合は連絡してください Regional Service Center

2016 年 2 月 18 日現在、この試験には SQL Server 2012 と 2014 の両方を対象としたコンテンツが含まれています。この試験には、SQL Server 2012 製品にのみ該当する機能に関する問題は含まれていません。詳細については、download and review this documentを参照してください。

インストールと設定 (20-25%)
  • インストールの計画
    • インストール要件を評価する。 SQL Server とそのコンポーネント (ドライブ、サービス アカウントなど) のインストールを設計する。 スケールアップとスケールアウトの基本を計画する。 縮小、拡張、自動拡張、およびモニタ拡張の監視を行うかどうか、いつ行うかなども含めて容量についてを計画する。 SQL アーキテクチャに影響を与えるテクノロジ (例えば、サービス ブローカー、フル テキスト、スケール アウトなど) を管理する。 新しいデータベース (ドライブ、ファイル グループ、パーティショニング) 用のストレージを設計する。 データベース インフラストラクチャを設計する。 レポート用に SQL Server スタンバイ データベースを構成する。 Windows レベルのセキュリティとサービス レベルのセキュリティ。 コア モードのインストール。 プロダクション環境 (SQLIO、Tests on SQL Instance) で使用する前にサーバーをベンチマークする。 適切なハードウェアを選択する
  • SQL Server と関連サービスをインストールする
    • 接続性をテストする。 機能を有効または無効にする。 SQL Server データベース エンジンと SSIS (SSRS と SSAS ではなく) をインストールする。 OS ディスクを設定する
  • マイグレーション戦略を実装する
    • 復元およびデタッチ / アタッチ。 セキュリティを移行する。 以前のバージョンから移行する。 新しいハードウェアに移行する。 他のソースからシステムとデータを移行する
  • 追加の SQL Server コンポーネントを構成する
    • すべての SQL Server コンポーネント (Engine、AS、RS、および SharePoint の統合) を複雑かつ安全性の高い環境でセットアップおよび構成する。 フルテキスト インデックス処理を設定する。 SSIS セキュリティ。 ファイルストリーム。 ファイルテーブル
  • SQL Server エージェントを管理する
    • ジョブを作成、維持、および監視する。 ジョブと警告を管理する。 複数のデータベースと複数のインスタンスにわたる自動化 (セットアップ、保守、監視) を行う。 「SQL Server Agent ジョブの管理」に送信する。

準備用リソース

インスタンスおよびデータベースの維持 (15-20%)
  • データベースを管理および設定する
    • 複数のファイルグループを設計する。 データベースの設定と標準化 (自動終了、自動圧縮、リカバリ モデル)。 新しいファイル グループの追加や、あるファイル グループから別のファイル グループへのオブジェクトの移動などの、ファイル スペースの管理を行う。 包含データベースを実装および設定する。 データ圧縮。 TDEを設定する。 パーティショニング。 ログ ファイルの増加を管理する。 DBCC
  • SQL Server インスタンスを設定するする
    • データベースを設定および標準化する (自動終了、自動圧縮、リカバリ モデル)。 デフォルト インスタンスと名前付きインスタンスをインストールする。 特定の CPU (アフィニティ マスクなど) のみを使用するように SQL を設定する。 サーバー レベル設定を構成する。 多数のデータベース / インスタンス、多数のインスタンス / サーバー、仮想化を構成する。 MSDTC を含むクラスタ化されたインスタンスを構成する。 メモリの割り当て。 データベース メール。 SQL Server エンジンを設定する (メモリ、FILL FACTOR、sp_configure、デフォルトオプション)。
  • SQL Server のクラスタ化されたインスタンスを実装する
    • クラスタをインストールする。 クラスタ上の複数のインスタンスを管理する。 サブネット クラスタリングを設定する。 障害が発生したクラスタ ノードから修復する
  • SQL Server インスタンスを管理する
    • インスタンスをインストールする。 インスタンスの相互作用を管理する。 SQL パッチ管理。 追加のインスタンスをインストールする。 Resource Governor を使用してリソース使用率を管理する。 サイクル エラー ログ

準備用リソース

最適化およびトラブルシューティング (15-20%)
  • 並列実行の問題を識別および解決する
    • トレース フラグを使用した SQL サーバー ログを使って、デッドロック問題を調べる。 レポート データベース インフラストラクチャ (複製データベース) を設計する。 DMV または他の MS 製品を介して監視する。 ブロック、ライブロック、デッドロックを診断する。 診断を待つ。 ビルトイン DMV を使用したパフォーマンス検出。 何がパフォーマンスに影響を及ぼすかを理解する。 すべてのリソースをブロックまたは要求しているプロセスを特定し、必要に応じて強制終了する
  • トラブルシューティング データを収集および分析する
    • プロファイラを使用して監視する。 システム モニタを使用してパフォーマンス データを収集する。 SQL Server Profiler を使用してトレース データを収集する。 トランザクション レプリケーションの問題を特定する。 データ アクセスの問題を特定してトラブルシューティングを実行する。 パフォーマンス測定基準を収集する。 サービスの中断を引き起こす前に潜在的な問題を特定する。 パフォーマンスの問題を特定し、XEvents および DMV を使用する。 サーバーの状態に関する重大なアラートを作成する。 監査およびその他の制御を作成し、データおよびサーバーのアクセスを監視する。 IO、メモリ、CPUのボトルネックを特定する。 Data Collector ツールを使用する
  • SQL Server インスタンスを監査するする
    • インスタンスを監査および管理するためのセキュリティ戦略を実装する。 監査を設定する。 サーバー監査を設定する。 オブジェクトを変更した人物を追跡する。 昇格された特権および求められていない接続を監視する。 ポリシー ベースの管理

準備用リソース

データの管理 (20-25%)
  • バックアップ戦略を設定および維持する
    • ポイントインタイム リカバリなど、さまざまなバックアップ モデルを管理する。 バックアップ メディアがなくなった場合でも顧客データを保護する。 バックアップの冗長性を含む適切な戦略に基づいて、バックアップ/復元を実行する。 破損したドライブから修復を行う。 マルチ TB データベースを管理する。 データベースの実装およびバックアップ戦略 (ユーザー データベースと tempdb 用の複数ファイル、データベース ファイルの拡張、バックアップ/復元) を実装およびテストする。 SQL Server 環境をバックアップする。 システム データベースのバックアップ
  • データベースを復元する
    • TDE で保護されたデータベースを復元する。 破損した DB からデータを修復する (DBCC checkdb の複数のエラー)。 ある時点の状態に復元する。 ファイル グループの復元。 ページ レベルの復元
  • インデックスを実装および維持する
    • インデックスの物理的特性を調べ、インデックス メンテナンスを実行する。 断片化したインデックスを識別する。 未使用のインデックスを識別する。 インデックスを実装する。 インデックスをデフラグ/再構築する。 インデックスおよび統計のためのメンテナンス戦略を設定する。 インデックス (フル インデックス、フィルタ インデックス) および統計 (フル、フィルタ) を最適化する。 キューを強制処理または修復する。 いつ再構築するか、または再編成およびインデックスを作成するか。 フル テキスト インデックス。 列ストア インデックス
  • データのインポートおよびエクスポート
    • データ転送、一括コピー、一括挿入

準備用リソース

セキュリティの実装 (15-20%)
  • ログインおよびサーバー ロールを管理する
    • サーバーセキュリティを設定する。 Windows アカウント / SQL Server アカウント、サーバー ロールを使用して SQL Server を保護する。 ログイン アカウントを作成する。 サーバー、SQL Server インスタンス、およびデータベースへのアクセスを管理する。 ユーザー定義のサーバー ロールを作成および管理する。 証明書ログインを管理する
  • データベース セキュリティを管理する
    • データベース セキュリティを設定する。 データベース レベル、権限。 オブジェクトが変更されないように保護する。 監査。 暗号化
  • ユーザーおよびデータベース ロールを管理する
    • 最小限の権限でサーバー / データベースへのアクセスを作成する。 ユーザーと管理者のセキュリティ ロールを管理する。 データベース ユーザー アカウントを作成する。 含まれるログイン
  • セキュリティのトラブルシューティングを実行する
    • 証明書とキーを管理する。 エンドポイント

準備用リソース

高可用性の実装 (5-10%)
  • AlwaysOn を実装する
    • AlwaysOn の可用性グループを実装する。 AlwaysOn フェールオーバー クラスタリングを実装する
  • レプリケーションを実装する
    • レプリケーションの問題をトラブルシューティングする。 適切なレプリケーション戦略を特定する

準備用リソース

試験対策

インストラクター指導のトレーニング
試験準備用ビデオ

Microsoft Certification PREP Talk:試験番号462

こちらの認定資格エキスパートによる試験対策用ビデオでは、James Seymour (認定資格プランナー) と Dandy Weyn (SQL Server 製品グループのシニア プログラム マネージャー) が、試験 462 で評価されるスキルの関連性について説明しています。

試験準備:70-462:MCSA:Microsoft SQL Server 2012 Databases の管理

この試験準備セッションは、試験 70-462 に合格するために必要な知識に焦点を当てています。Administering Microsoft SQL Server 2012 DatabasesMicrosoft Certified Trainer (MCT) の Bob Taylor によるセッションは、試験で取り上げられている目的について順を追って説明し、一般的な受験のヒントを示し、SQL Server テクノロジを使用するためのベスト プラクティスを紹介します。

自己ペースのトレーニング
演習テスト
コミュニティから
書籍

Training Kit (試験 70-462):Administering Microsoft SQL Server 2012 Databases
公開日:2012 年 6 月

この公式 Microsoft スタディ ガイドを利用して、試験 70-462 で評価されるスキル、仕事上のスキルの準備をします。一通りの学習を自分のペースで行い、各試験の目的を完全に網羅します。次に、実際のケース シナリオと実践演習を通して学習したことを強化および適用します。

Microsoft Press Store で、この書籍を購入

受験対象者

この試験は、インストール タスク、メンテナンス タスク、および構成タスクを実行するデータベース プロフェッショナルを対象としています。その他の業務として、データベース システムのセットアップ、それらのシステムが効率的に動作するかどうかの確認、定期的な保存やバックアップ、許可されていないデータ アクセスからのセキュリティ保護などが挙げられます。

試験に関する追加情報

試験のための準備

試験のスケジュールを検討する際は、この試験準備ガイド全体を確認し、 Web サイト上のリソースをよく理解することをお勧めします。次の を参照して、 Microsoft Certification exam overview 登録、よくある問題形式の動画、その他の準備リソースをご参照下さい。試験方針や採点については、次を参照 Microsoft Certification exam policies and FAQs

注意

この準備ガイドは、Microsoft の判断に従っていつでも予告なく変更されることがあります。マイクロソフトの試験には、適応型テストの技術およびシミュレーション アイテムが含まれる場合があります。試験の提供形式は特定しません。試験の形式に関係なく、準備にはこの準備ガイドを使用してください。この試験の準備に役立つよう、Microsoft はこの製品に関する実地経験を積むこと、および指定されたトレーニング リソースを使用することをお勧めします。これらのトレーニング リソースは、「スキルの評価」 セクションの一覧に示されたトピックすべてに必ずしも対応しているわけではありません。