役割ベースの認証資格でさらなる道を切り開きます。 Certify with Confidence 合格のチャンスを与えます。

試験
70-463

Microsoft SQL Server logo

  • 配信開始:
    2012年6月11日
  • 言語:
    英語、中国語 (簡体字)、フランス語、ドイツ語、日本語、ポルトガル語 (ブラジル)
  • 対象者:
    IT プロフェッショナル
  • テクノロジ:
    Microsoft SQL Server 2012/2014
  • 対応資格:
    MCSA、MCSE

Implementing a Data Warehouse with Microsoft SQL Server 2012/2014

* 価格には、Microsoft Imagine Academy プログラム メンバー、マイクロソフト認定トレーナー、およびマイクロソフト パートナー ネットワーク プログラム メンバー向けのプロモーション内容や価格割引は反映されません。価格は予告なく変更されることがあります。価格には適用される税は含まれていません。試験の予約をする前に、試験提供者に正確な価格をご確認ください。

2017年5月1日より、既存のキャンセポリシーが次のポリシーに全て置き換わります、 ポリシー:登録した試験日より5営業日以内のキャンセルもしくは日程変更には料金がかかりますスケジュールされていたアポイントメント時より24時間以内に現れなかった、もしくはキャンセルしたか日程変更した場合、全額がかかります。

video

Implementing a Data Warehouse with SQL Server Jump Start

スキルの評価

この試験では、次の一覧に示す技術タスクを遂行する能力を評価します。パーセンテージは、試験の各主要トピック領域の相対的な重みを示します。パーセンテージが高いほど、試験でこのコンテンツ領域に関する質問の数が多くなる可能性があります。Microsoft の試験のさまざまな種類の質問 さまざまな種類の質問に関するビデオチュートリアルをご覧ください。

箇条書きテキストで記述されているトピックに関する質問が出題されますが、これらに限定されるものではないことに注意してください。

この試験で評価されるスキルの妥当性に関するフィードバックをご提供いただける方は、マイクロソフトまでコメントをお送りください。すべてのフィードバックは確認されており、認定資格プロセスの有効性および信頼性を依然として維持しながら、必要に応じて反映されます。マイクロソフトからは、皆様のフィードバックに直接返信されないことにご注意ください。マイクロソフト認定資格プログラムの品質確保のために、皆様からのご意見をお待ちしております。

この試験に関する特定の質問への懸念があれば、提出してください。試験チャレンジ.

マイクロソフト認定資格試験のフィードバック、その他の認定資格プログラム、登録、プロモーションや質問がある場合は連絡してください Regional Service Center

2016 年 2 月 18 日現在、この試験には SQL Server 2012 と 2014 の両方を対象としたコンテンツが含まれています。この試験には、SQL Server 2012 製品にのみ該当する機能に関する問題は含まれていません。詳細については、download and review this documentを参照してください。

データ ウェアハウスの設計と実装 (10 ~ 15%)
  • ディメンションを設計および実装する
    • 共有/適合済ディメンションを設計する。 ゆっくりと変化するディメンションのサポートが必要かどうかを判断する。 属性を決定する。 階層を設計する。 スター スキーマとスノーフレーク スキーマのどちらが必要かを判断する。 ファクト テーブルとの関係の粒度を決定する。 監査または系統の必要性を判断する。 キーを決定する (業務上のトランザクション キーまたは独自のデータ ウェアハウス/代理キー)。 ディメンションを実装する。 ディメンション テーブルのデータ系統を実装する
  • ファクトテーブルの設計と実装
    • 多対多リレーションシップをサポートするデータ ウェアハウスを設計する。 ファクト テーブルに適切にインデックス付けする。 列ストア インデックスを使用する。 パーティションで区切る。 アディティブ法。 セミアディティブ法。 ノンアディティブ法。 ファクト テーブルを実装する。 ファクト テーブルの取り込み方法を決定する。 ファクト テーブルのデータ系統を実装する。 サマリー集計テーブルを設計する

準備用リソース

データの抽出と変換 (20-45%)
  • 接続マネージャーを定義する
    • 接続マネージャーの構成を計画する。 パッケージ レベルまたはプロジェクト レベルの接続マネージャー。 接続ストリングを定義する。 接続ストリングのパラメータ化
  • データ フローを設計する
    • データの送信元と送信先を定義する。 ブロッキング変換およびノンブロッキング変換を区別する。 データ ソースから変更されたデータをあらゆる方法で抽出する。 適切なデータ フロー コンポーネントを決定する。 Slowly Changing Dimensions (SCD) をサポートする必要性を判断する。 SQL JOIN または SSIS LOOKUP を使用をするかどうか決定する、あるいは JOIN 変換を統合する。 バッチ処理と行ごとの処理。 特定のタスクに使用する適切な変換を決定する。 ID マッピングと重複排除の必要性およびその方法を決定する。 あいまい参照変換、あいまいグループ化変換、および Data Quality Services (DQS) 変換。 カスタム データ ソース、デスティネーション、および変換の必要性を判断する。 誤りのある行をどうするかを決定する。 監査ニーズを決定する。 ウェアハウスのメタデータを含む信用/信頼できるデータ ソース。 変更された行のみを抽出する
  • データ フローを実装する
    • データ フローをデバッグする。 適切なデータ フロー コンポーネントを使用する。 SQL / SSIS データ変換。 ゆっくりと変化するディメンションをサポートする SSIS パッケージを作成する。 SSIS の検索タスクを使用する。 SSIS あいまい検索を使用して ID マッピングを行う (上級)。 データの送信元と送信先を指定する。 データ フローを使用する。 さまざまなカテゴリの変換。 データの読み取り、変換、読み込み。 特定のビジネス タスクを達成するためにどの変換を使用すべきかを理解する。 データ補正変換。 SSIS データ フローのパフォーマンス チューニングを行う。 実行速度を上げるために Integration Services パッケージを最適化する。 良好なデータ フローを含むデータの完全性を維持する
  • SSIS パッケージの実行を管理する
    • SQL Server Agent を使用してパッケージ エグゼキューションの予定を決定する。 DTEXEC を使用してパッケージを実行する。 SQL Server Management Studio を使用してパッケージを実行する。 パッケージ エグゼキューションを実装する。 パッケージ エグゼキューション戦略を計画および設計する。 PowerShell を使用してスクリプトを実行する。 Management Studio を使用して実行を監視する。 DTEXECUI を使用する。 ETLの再起動性
  • SSIS でスクリプト タスクを実装する
    • スクリプト タスクを使用するのが適切かどうかを判断する。 制御フローの機能を拡張する。 制御フロー中に (すべての行に対してではなく) 必要に応じてカスタム アクションを実行する

準備用リソース

データの読み込み (25-30%)
  • 制御フローを設計する
    • 制御フローを決定する。 必要なコンテナとタスクを決定する。 優先順位の制約を決定する。 ロールバック、ステージング、およびトランザクション制御を使用して SSIS パッケージ戦略を設計する。 1つのパッケージか複数のパッケージかを決定する。 イベント ハンドラを決定する。 変数を決定する。 パッケージおよびプロジェクト レベルでパラメータを決定する。 接続マネージャーを決定し、それらがパッケージ レベルかプロジェクト レベルかの判断を行う。 カスタム タスクの必要性を判断する。 パッケージからどれだけの情報をログに記録する必要があるかを決定する。 チェック ポイントの必要性を判断する。 セキュリティ ニーズを決定する
  • SSIS 変数とパラメーターを使用してパッケージ ロジックを実装する
    • ユーザー変数 変数のスコープ、データ型。 変数を使用してプロパティのパラメータ化を実装する。 優先順位制約で変数を使用する。 SSIS システム変数を参照する。 動的 SSIS パッケージを設計する。 パッケージ設定 (ファイルまたは SQL テーブル)。 式。 パッケージとプロジェクトのパラメータ。 プロジェクト レベルの接続マネージャ。 変数。 動的なパッケージ動作を実装する。 SSIS でさまざまな環境、パッケージ設定 (xmlconfiguration ファイル、SQLServer テーブル、レジストリ エントリ、親パッケージ変数、環境変数) に合わせてパッケージを構成する。 パラメータ (パッケージおよびプロジェクト レベル)。 プロジェクト接続マネージャ。 プロパティ式 (接続マネージャに式を使用)
  • 制御フローを実装する
    • チェックポイント。 デバッグ制御フロー。 問題を解決するために適切な制御フロー タスクを実行する。 データ プロファイリング。 シーケンス コンテナとループ コンテナを使用する。 SSIS パッケージ内のトランザクションを管理する。 並列処理を管理する。 優先順位制約を使用してタスク実行シーケンスを制御する。 パッケージ テンプレートを作成する。 パッケージ実行タスクを使用する。
  • データ読み込みオプションを実装する
    • 完全なデータ読み込みと増分データ読み込み戦略を実施する。 リレーショナル データ マートの逐次更新を計画する。 インデックス付きテーブルへの読み込みを計画する。 適切な一括読み込みオプションを設定する。 適切な読み込み方法 (SSIS Destination と T-SQL) を選択し、パーティション テーブルを読み込む
  • SSIS でスクリプト コンポーネントを実装する
    • SCD コンポーネントを使用せずに SCD Type 2 の変更を処理する SSIS パッケージを作成する。 SSIS のスクリプト コンポーネントを操作する。 スクリプト コンポーネントと組み込みコンポーネントのどちらを使用するのが適切かを判断する。 ソース、変換、宛先コンポーネント。 ユースケース: Web サービスの送信元と送信先、エラーメッセージの取得

準備用リソース

SSIS ソリューションの構成と展開 (20-25%)
  • データ統合問題のトラブルシューティングを実行する
    • パフォーマンスの問題。 接続性の問題。 失敗したタスクまたは変換の実行。 ロジックの問題。 新しい SSIS ログ記録インフラストラクチャの認識を示す。 失敗したパッケージ エグゼキューションのトラブルシューティングを行い、失敗の根本原因を特定する。 無効なデータ型から SSIS パッケージの失敗をトラブルシューティングする。 ブレーク ポイントを実装する。 データ ビューア。 さまざまなツールを使用してデータをプロファイリングする。 バッチ クリーンアップ
  • SSIS コンポーネントをインストールおよび保守する
    • ソフトウェアをインストールする (IS、管理ツール)。 開発ボックスとサーバー。 リモート パッケージ実行のためのインストールの詳細。 インストールの計画 (32 ビットか 64 ビットか)。 アップグレード。 アカウントのプロビジョニング。 カタログを作成する
  • 監査、ログ記録、およびイベント処理を実装する
    • システム変数を使用してパッケージの実行を監査する。 イベントを伝播する。 ログ プロバイダを使用する。 SSIS の実行を記録する。 警告および通知メカニズムを作成する。 SSIS のイベント ハンドラを使用して ETL イベントおよびエラーを追跡する。 カスタム ロギングを実装する
  • SSIS ソリューションを展開する
    • SSIS カタログを作成および構成する。 展開ユーティリティを使用して SSIS パッケージを展開する。 SSIS パッケージを SQL またはファイル システムの場所に展開する。 展開されたパッケージを検証する。 パッケージを複数のサーバーに展開する。 カスタム コンポーネントおよびタスクのインストール方法。 DTUTIL を使用して SSIS パッケージを展開する
  • SSIS セキュリティ設定を構成する
    • SSIS カタログ データベースのロール。 パッケージ保護レベル。 ファイル システムに展開されているセキュアな Integration Services パッケージ。 セキュアな Integration Services のパラメーター、構成

準備用リソース

データ品質ソリューションを構築する(15-20%)
  • データ品質サービスをインストールおよび維持する
    • インストールの前提条件。 .msiパッケージ。 DQ ロールにユーザーを追加する。 データ ガバナンスを含む ID 分析
  • マスタ データ管理ソリューションを実装する
    • Master Data Services (MDS) をインストールする。 MDS を実装する。 モデル、エンティティ、階層、コレクション、属性を作成する。 セキュリティ ロールを定義する。 インポート / エクスポート。 サブスクリプション
  • クリーン データのためのデータ品質プロジェクトを作成する
    • Online Transaction Processing (OLTP) およびその他のソース システムをプロファイリングする。 データ品質ナレッジベース管理。 データ品質プロジェクトを作成する。 データ品質クライアントを使用する。 データ品質を向上させる。 ID マッピングおよび重複排除。 履歴とデータ品質を処理する。 データ品質 / クレンジングを管理する

準備用リソース

試験対策

インストラクター指導のトレーニング
試験準備用ビデオ

Microsoft Certification PREP Talk:試験番号463

こちらの認定資格エキスパートによる試験対策用ビデオでは、James Seymour (Certification Planner) と Matthew Roche (SQL Server 製品グループのシニア プログラム マネージャー) が、試験 463 で評価されるスキルの関連性について説明しています。

試験準備:試験番号 70-463:Implementing a Data Warehouse with Microsoft

Christopher Harrison と Susan Ibach によるこの認定資格準備セッションでは、SQL Server テクノロジの認定資格を取得する方法について説明します。

自己ペースのトレーニング
演習テスト
コミュニティから
書籍

Training Kit (試験 70-463):Implementing a Data Warehouse with Microsoft SQL Server 2012
公開日:2012 年 12 月

Microsoft Press が提供するこの 2-in-1 Training Kit を使用して、Microsoft 認定資格試験 70-463 の準備を進めましょう。一通りのレッスンと実践的なエクササイズを通して自分のペースで準備を進め、カスタマイズ可能な複数のテスト オプションが含まれるオンラインの演習テストでスキルを評価します。

Microsoft Press Store で、この書籍を購入

受験対象者

この試験は、ビジネス インテリジェンス (BI) ソリューションを作成する ETL およびデータ ウェアハウスの開発者であり、業務としてデータ クレンジング、抽出/変換/挿入、データ ウェアハウスの実装などに携わる方を対象としています。

試験に関する追加情報

試験のための準備

試験のスケジュールを検討する際は、この試験準備ガイド全体を確認し、 Web サイト上のリソースをよく理解することをお勧めします。次の を参照して、 Microsoft Certification exam overview 登録、よくある問題形式の動画、その他の準備リソースをご参照下さい。試験方針や採点については、次を参照 Microsoft Certification exam policies and FAQs

注意

この準備ガイドは、Microsoft の判断に従っていつでも予告なく変更されることがあります。マイクロソフトの試験には、適応型テストの技術およびシミュレーション アイテムが含まれる場合があります。試験の提供形式は特定しません。試験の形式に関係なく、準備にはこの準備ガイドを使用してください。この試験の準備に役立つよう、Microsoft はこの製品に関する実地経験を積むこと、および指定されたトレーニング リソースを使用することをお勧めします。これらのトレーニング リソースは、「スキルの評価」 セクションの一覧に示されたトピックすべてに必ずしも対応しているわけではありません。