Exam Replay または Exam Replay with Practice Test で試験日に自信が持てるようにしてください。

試験
70-465

Windows

  • 配信開始:
    2012 年 6 月 11 日
  • 言語:
    英語、中国語 (簡体字)、フランス語、ドイツ語、日本語、ポルトガル語 (ブラジル)
  • 対象者:
    IT プロフェッショナル
  • テクノロジ:
    Microsoft SQL Server
  • 対応資格:
    MCP、MCSE

Designing Database Solutions for Microsoft SQL Server

* 学生の方には、学割価格が適用される場合があります (インドまたは中国では利用できません)。詳細については、試験のポリシーと FAQ を参照してください。価格には、Microsoft Imagine Academy プログラム メンバー、マイクロソフト認定トレーナー、およびマイクロソフト パートナー ネットワーク プログラム メンバー向けのプロモーション内容や価格割引は反映されません。価格は予告なく変更されることがあります。価格には適用される税は含まれていません。試験の予約をする前に、試験提供者に正確な価格をご確認ください。

スキルの評価

この試験では、次の一覧に示す技術タスクを遂行する能力を評価します。パーセンテージは、試験の各主要トピック領域の相対的な重みを示します。パーセンテージが高いほど、試験でこのコンテンツ領域に関する質問の数が多くなる可能性があります。マイクロソフト試験のさまざまな質問のタイプについて、ビデオ チュートリアルを参照してください。

箇条書きテキストで記述されているトピックに関する質問が出題されますが、これらに限定されるものではないことに注意してください。

この試験で評価されるスキルの妥当性に関するフィードバックをご提供いただける方は、マイクロソフトまでコメントをお送りください。すべてのフィードバックは確認されており、認定資格プロセスの有効性および信頼性を依然として維持しながら、必要に応じて反映されます。マイクロソフトからは、皆様のフィードバックに直接返信されないことにご注意ください。マイクロソフト認定資格プログラムの品質確保のために、皆様からのご意見をお待ちしております。

この試験の個々の質問に関して懸案がある場合は、試験への異議をご提出ください。

マイクロソフト認定資格試験や認定資格プログラム、登録、またはプロモーションに関するその他の質問やご意見があれば、認定プログラム事務局にご連絡ください。

2016 年 2 月 18 日の時点で、この試験には SQL Server 2012 および 2014 の両方を対象とする内容が含まれています。この試験には、SQL Server 2012 製品にのみ存在する機能に関する質問は含まれていませんのでご注意ください。詳細については、このドキュメントをダウンロードして確認してください。

データベース構造の設計 (25-30%)
  • ビジネス要件に合わせて設計する
    • ビジネス ニーズのデータ構造への変換、SQL Server の機能 (インデックス付きビュー、分散パーティション ビュー、フィルター選択された非キー列インデックス、スナップショットを使用した実体化を含む) を使用したデータベースの非正規化
  • 物理データベースおよびオブジェクトの配置を設計する
    • 物理データベースの設計 (ファイルの場所、FILESTREAM、FILETABLE、ファイル グループ、RAID を含む)、システム データベース設定の構成
  • テーブルおよびインデックスのパーティション分割戦略を設計する
    • インデックス作成用の最適な戦略の開発、パーティションとテーブルを使用したアーカイブ、列ストア インデックスの設計、XML インデックスの設計
  • 移行、統合、アップグレードの戦略を設計する
    • 最小のダウンタイムでのアップグレード、クラスター間移行の設計、データベースの配置の計画 (Windows PowerShell、Server Core、包含データベースを含む)、クエリ プランの移行、分散再生コントローラーを使用した移行戦略の設計、SQL Server の仮想化戦略の設計
  • SQL Server インスタンスを設計する
    • 新しいインスタンス用のハードウェアの特定、CPU アフィニティの設計、Microsoft Distributed Transaction Control (MSDTC) を使用したクラスター化されたインスタンスの設計、インスタンスのメモリ割り当ての定義、インストール戦略の設計 (sysprep、slipstream、SMB ファイル サーバーを含む)、cross db ownership chaining の定義
  • バックアップと復元を設計する
    • ビジネス ニーズに基づくバックアップ戦略の設計 (差分、ファイル、ログ、ストライプを含む)、データベースのスナップショット戦略の設計、適切な復元モデルの設計、システム データベースのバックアップ戦略の設計、ログ末尾のバックアップの復元

準備用リソース

データベースとデータベース オブジェクトの設計 (30-35%)
  • データベース モデルをデザインする
    • 論理スキーマの設計、データ アクセスとデータ層アーキテクチャの設計、データベース スキーマの設計、セキュリティ アーキテクチャの設計、サーバー間インスタンス データベース モデルの設計 (リンク サーバー、セキュリティ、プロバイダー、分散トランザクション、分散パーティション ビュー、サービス ブローカーを含む)
  • テーブルをデザインする
    • テーブルの適切なデザイン (物理テーブル、一時テーブル、一時テーブル変数、共通テーブル式、列ストア インデックス、ユーザー定義テーブル型、FILESTREAM、FILETABLE、インメモリ OLTP を含む)、ビューとテーブル値関数の設計、圧縮戦略の設計 (行とページを含む)、適切なデータ型の選択、計算列の設計
  • 同時実行に対応できるように設計する
    • 同時実行機能を最大化するための戦略の開発、ロックと同時実行の戦略の定義、トランザクション分離の戦略の設計 (サーバー データベースおよびセッションを含む)、同時実行のトリガーの設計
  • T-SQL ストアド プロシージャをデザインする
    • ストアド プロシージャの作成、ストアド プロシージャを使用したデータ アクセス戦略の設計、適切なストアド プロシージャ パラメーター の設計 (入力、出力、テーブル値を含む)、エラー処理の設計、ストアド プロシージャ用のインメモリ OLTP の設計
  • 管理の自動化戦略を設計する
    • データ アーカイブ ソリューションの作成、自動化と監査の設計、 (ジョブ、警告、演算子、SSIS、CDC、監査、DDL トリガー、Windows PowerShell を含む)、複数のデータベースおよびインスタンス間の自動化、データのバッチ処理の設計、データベースのロード テストの設計、異なる環境への配置 (開発、ステージング、運用を含む)
  • トランザクションを設計する
    • トランザクションの管理 (時間、セーブポイント、マークを含む)、暗黙および明示的なトランザクションの設計、トランザクションを使用したデータの整合性の確保、トランザクション用のエラー処理の設計 (TRY、CATCH、THROW を含む)

準備用リソース

データベース セキュリティの設計 (10–15%)
  • セキュリティをサポートするアプリケーション戦略を設計する
    • セキュリティの設計 (セキュリティ ロール、署名入りストアド プロシージャ、暗号化、包含ログイン、EXECUTE AS、資格情報を含む)、スキーマおよびスキーマ セキュリティの実装、セキュリティ保守の設計 (SQL ログイン、統合認証、アクセス許可、ミラーリングを含む)
  • データベース、スキーマ、およびオブジェクトのセキュリティ権限を設計する
    • セキュリティ要件を満たすデータベース スキーマの設計、スキーマの所有権、組み合わせ所有権、複数データベースの組み合わせ
  • インスタンス レベルのセキュリティ設定を設計する
    • 別個のログイン ロールを使用した職務分掌の実装、認証の種類の選択 (ログオン トリガー、法的要件、証明書を含む)、データ暗号化の実装 (データベースのマスター キーと構成を含む)、データ記述言語 (DDL) トリガーの実装、セキュリティで保護されたサービス アカウントの定義

準備用リソース

トラブルシューティングおよび最適化ソリューションの設計 (25–30%)
  • データベース サーバーの保守戦略を設計する
    • 保守プランの設計、インデックスの保守の設計 (再構築、デフラグ、統計、オンライン再構築、オフライン再構築、しきい値を含む)、物理的および論理的な一貫性の維持 (DBCC)、データベース ファイルの管理 (LDF、MDF、インメモリ OLTP、ガベージ コレクションを含む)、保持ポリシーの定義
  • 同時実行の問題のトラブルシューティングと解決を行う
    • SQL Server のログとトレース フラグを使用したデッドロックを引き起こす問題の調査、レポート データベース インフラストラクチャの設計 (レプリケートされたデータベースを含む)、同時実行の監視 (動的管理ビュー (DMV) を含む)、ブロッキングの診断 (ライブ ロックとデッドロックを含む)、待機の診断、拡張イベントの使用、同時実行の増加のためのクエリ ヒントの実装
  • 高可用性ソリューションを設計および実装する
    • フェールオーバー クラスタリングの構成 (マルチサブネットを含む)、読み取り可能なミラーの設計、復元時間が短く可用性が高い構成の作成、稼働時間要件を確保するための設計 (監視とパッチを含む)、レプリケーション アーキテクチャの設計と実装、AlwaysOn 可用性グループと AlwaysOn フェールオーバー クラスターの実装
  • パフォーマンスと同時実行を監視するソリューションを設計する
    • パフォーマンス モニター カウンターの特定、パフォーマンスとボトルネックの監視 (待機の統計を含む)、クエリの監視および確認戦略の設計、統計の不足の監視
  • インスタンス レベルでの監視ソリューションを設計する
    • 監査戦略の設計 (拡張イベント、イベント トレース、SQL Audit、Profiler によってスケジュール設定されたメンテナンスまたはイベント ベースのメンテナンス、パフォーマンス モニター、DMV の使用を含む)、ファイルとテーブルの増加の監視の設定、パフォーマンス指標およびカウンターの収集、サーバーの状態を監視するジョブの作成、Windows ログを使用した監査

準備用リソース

試験対策

講師によるトレーニング
お近くのマイクロソフト ラーニング パートナーの検索
試験対策用ビデオ

Microsoft Certification PREP Talk: Exam 465

こちらの認定資格エキスパートによる試験対策用ビデオでは、James Seymour (コンテンツ パブリッシング マネージャー) と Mike Corkery (MCT、MVP) が、Exam 70-465 で評価されるスキルの妥当性について説明しています。

Exam Prep: 70-465: MCSE: Data Platform, SQL Server

この Exam Prep セッションでは、Exam 70-465: Designing Database Solutions for Microsoft SQL Server に合格するために知っておくべきことについて説明します。このセッションの担当者はマイクロソフト認定トレーナー (MCT) である Armando Lacerda で、この試験の目的と一般的な受験のヒント、および SQL Server テクノロジを使用するためのベスト プラクティスについて説明します。

自習形式のトレーニング

Designing Database Solutions for SQL Server

このコースは、Exam 70-465 の準備に役立ちます。エキスパートのチームが、SQL Server データ ソリューションの主な設計の考慮事項と推奨事項について説明します。SQL Server 環境の管理に注目するとともに、役立つツールについて学習します。データベース セキュリティ、バックアップおよび復旧ソリューション、および高可用性について確認します。データベースのトラブルシューティングと保守についても説明します。

コミュニティから

Exam 70-465 Wiki

Exam 70-465 フォーラム

@MSLearning および @sqlserver をフォロー

受験対象者

この試験は、組織でデータベース ソリューションの設計と構築に携わる、データベース プロフェッショナルを対象としています。業務としては、計画の作成やデータベースの構造、ストレージ、オブジェクト、サーバーの設計が含まれます。データベース ソリューションが実行される環境に関する計画を作成します。

試験に関する追加情報

試験のための準備

試験のスケジュールを検討する際は、この試験準備ガイド全体を確認し、 Web サイト上のリソースをよく理解することをお勧めします。登録、通常の試験の質問形式のビデオ、およびその他の準備リソースの詳細については、マイクロソフト認定資格試験の概要を参照してください。 試験のポリシーと採点方法の詳細については、マイクロソフト認定資格試験のポリシーと FAQ を参照してください。

注意

この準備ガイドは、Microsoft の判断に従っていつでも予告なく変更されることがあります。マイクロソフトの試験には、適応型テストの技術およびシミュレーション アイテムが含まれる場合があります。試験の提供形式は特定しません。試験の形式に関係なく、準備にはこの準備ガイドを使用してください。この試験の準備に役立つよう、Microsoft はこの製品に関する実地経験を積むこと、および指定されたトレーニング リソースを使用することをお勧めします。これらのトレーニング リソースは、「スキルの評価」 セクションの一覧に示されたトピックすべてに必ずしも対応しているわけではありません。