役割ベースの認証資格でさらなる道を切り開きます。 Certify with Confidence 合格のチャンスを与えます。

試験
70-475

Microsoft Azure

  • 配信開始:
    2015年10月27日
  • 言語:
    英語、中国語 (簡体字)、中国語 (繁体字)、フランス語、ドイツ語、日本語、ポルトガル語 (ブラジル)、スペイン語、ロシア語
  • 対象者:
    IT プロフェッショナル
  • テクノロジ:
    Microsoft Azure
  • 対応資格:
    MCSE

Big Data Analytics Solutions の設計と実装

この試験は 2019 年 6 月 30 日に廃止されます。代替試験を受けることができます。詳細については、当社のブログをご覧ください。https://www.microsoft.com/en-us/learning/community.aspx そして試験の廃止に関する投稿を確認ください。

* 価格には、Microsoft Imagine Academy プログラム メンバー、マイクロソフト認定トレーナー、およびマイクロソフト パートナー ネットワーク プログラム メンバー向けのプロモーション内容や価格割引は反映されません。価格は予告なく変更されることがあります。価格には適用される税は含まれていません。試験の予約をする前に、試験提供者に正確な価格をご確認ください。

2017年5月1日より、既存のキャンセポリシーが次のポリシーに全て置き換わります、 ポリシー:登録した試験日より5営業日以内のキャンセルもしくは日程変更には料金がかかりますスケジュールされていたアポイントメント時より24時間以内に現れなかった、もしくはキャンセルしたか日程変更した場合、全額がかかります。

Microsoft Ignite 2017から試験準備セッションを見る

スキルの評価

この試験では、次の一覧に示す技術タスクを遂行する能力を評価します。パーセンテージは、試験の各主要トピック領域の相対的な重みを示します。パーセンテージが高いほど、試験でこのコンテンツ領域に関する質問の数が多くなる可能性があります。Microsoft の試験のさまざまな種類の質問 さまざまな種類の質問に関するビデオチュートリアルをご覧ください。

箇条書きテキストで記述されているトピックに関する質問が出題されますが、これらに限定されるものではないことに注意してください。

この試験で評価されるスキルの妥当性に関するフィードバックをご提供いただける方は、マイクロソフトまでコメントをお送りください。すべてのフィードバックは確認されており、認定資格プロセスの有効性および信頼性を依然として維持しながら、必要に応じて反映されます。マイクロソフトからは、皆様のフィードバックに直接返信されないことにご注意ください。マイクロソフト認定資格プログラムの品質確保のために、皆様からのご意見をお待ちしております。

この試験に関する特定の質問への懸念があれば、提出してください。試験チャレンジ.

マイクロソフト認定資格試験のフィードバック、その他の認定資格プログラム、登録、プロモーションや質問がある場合は連絡してください Regional Service Center

2017年2月より、この試験はアップデートされました。これらの変更の詳細および測定されるスキルにどのように影響するかを知りたい方は download and review the exam 70-475 change documentこちらへ。

ビッグデータのバッチ処理と相互作用ソリューションのデザイン(30–35%)
  • バッチ処理と対話型処理のためのデータを取り込む
    • クラウド生まれまたはオンプレミスのデータの取り込み、Microsoft Azure Data Lake へのデータの格納、Azure BLOB Storage へのデータの格納、1 回限りの一括データ転送の実行、日常の継続的な小規模書き込みの実行
  • コンピューティング クラスターを設計およびプロビジョニングする
    • コンピューティング クラスターの種類の選択、ワークロードに基づくクラスター サイズの見積もり
  • データ セキュリティを設計する
    • Azureでの、個人特定可能情報(PII)データの保護、データの暗号化とマスク、ロールベースのセキュリティ、列ベースのセキュリティの実装
  • バッチ処理を設計する
    • 適切な言語とツールの選択、形式の識別、メタデータの定義、出力の構成
ビッグデータリアルタイム処理ソリューションのデザイン (30–35%)
  • リアルタイム処理用のデータを取り込む
    • データ取り込みテクノロジの選択、パーティション化スキームの設計、HBase のイベント テーブル行キーの設計
  • コンピューティング リソースの設計およびプロビジョニング
    • Azureでのストリーミングテクノロジーの選択、リアルタイムイベント処理テクノロジーの選択、リアルタイムイベントストレージ技術の選択、ストリーミングの単位の選択、クラスターサイズの選択、ビジネス上の要件に適した技術の選択、Hbaseクラスタの適切なリソースの割り当て
  • ラムダ アーキテクチャのための設計
    • Lambda アーキテクチャのアプリケーションの識別、ビジネスに対する洞察をリアルタイムで描くためのストリーミング データの利用、リアルタイムでデータの傾向を示すためのストリーミング データの利用、履歴表示を得るためのストリーミング データの利用とバッチ データへの変換、バッチ データで待ち時間を招かないような設計、より詳細なデータ分析のためのバッチ データの利用
  • リアルタイム処理のための設計
    • 待ち時間とスループットのための設計、参照データ ストリームの設計、ビジネス ロジックの設計、視覚化出力の設計
エンドツーエンドのクラウド分析ソリューションを操作可能にする(30-35%)
  • データ ファクトリの作成
    • データソースの定義、データ処理インフラストラクチャの認識と供給、パイプラインのデザイン、デプロイのためにVisual Studioを活用、Data Factory Jobsのデプロイ
  • データ ドリブン ワークフロー内のデータ処理アクティビティの調整
    • データスライスの概念の活用、データ依存関係と複数のアクティビティのチェーンの識別、データの依存関係に基づく複雑なスケジュールのモデル化、データ パイプラインのプロビジョニングと実行
  • データ ファクトリの監視と管理
    • 失敗と根本原因の認識、特定の条件でのアラートの作成、再ステートメントの実施、データファクトリーパイプラインの開始と停止
  • データの移動、変換、分析
    • データ処理のための Pig、Hive、MapReduce の利用、オンプレミスとクラウドの間のデータのコピー、クラウド データ ソース間のデータのコピー、ストアド プロシージャの利用、スコア付け/再トレーニング/リソース更新のための Machine Learning バッチ実行の利用、カスタム処理ステップによるデータ ファクトリの拡張、リレーショナル ストアへのデータのロード、Power BI を使用した可視化
  • エンド ツー エンド ソリューションの展開戦略の設計
    • デプロイのためにPowerShellをレバレッジ、プログラムを使ってデプロイの自動化、自動化のためにデプロイストラテジをデザイン

試験対策

オンライントレーニング
演習テスト

Take a Microsoft Official Practice Test for exam 475

2017 年 4 月より順次、スペイン語、中国語(簡字体),中国語(繁字体)、フランス語、ドイツ語、日本語、ポルトガル語(ブラジル)、ロシア語を含む複数の言語にて、実践テストが可能となります。この実践テストにおいて、特定の言語がいつ提供されるのかについては、前のページをチェックしてください。

試験準備用ビデオ

試験番号 70-475 の準備を進めますか?オンライン予習セッションを見ましょう。 here

コミュニティから

受験対象者

この認定試験は、データ管理プロフェッショナル、データ アーキテクト、データ サイエンティスト、Microsoft Azure でのビッグ データ分析ソリューションを設計するデータ開発者を対象にしています。この試験の受験者は、ビッグ データ分析ソリューションに関連した実務経験を身に付ける予定のある方です。

試験に関する追加情報

試験のための準備

試験のスケジュールを検討する際は、この試験準備ガイド全体を確認し、 Web サイト上のリソースをよく理解することをお勧めします。次の を参照して、 Microsoft Certification exam overview 登録、よくある問題形式の動画、その他の準備リソースをご参照下さい。試験方針や採点については、次を参照 Microsoft Certification exam policies and FAQs

注意

この準備ガイドは、Microsoft の判断に従っていつでも予告なく変更されることがあります。マイクロソフトの試験には、適応型テストの技術およびシミュレーション アイテムが含まれる場合があります。試験の提供形式は特定しません。試験の形式に関係なく、準備にはこの準備ガイドを使用してください。この試験の準備に役立つよう、Microsoft はこの製品に関する実地経験を積むこと、および指定されたトレーニング リソースを使用することをお勧めします。これらのトレーニング リソースは、「スキルの評価」 セクションの一覧に示されたトピックすべてに必ずしも対応しているわけではありません。