「再受験無料のExam ReplayバウチャーとPractice Testの購入はこちら」

試験
70-480

Windows

  • 配信開始:
    2012 年 8 月 20 日
  • 言語:
    英語、中国語(簡字体),中国語(繁字体)、フランス語、ドイツ語、日本語、ポルトガル語(ブラジル)
  • 対象者:
    開発者
  • テクノロジ:
    Microsoft Visual Studio 2012
  • 対応資格:
    MCP、MCSA

JavaScript および CSS3 を使った HTML5 でのプログラミング

* 価格には、Microsoft Imagine Academy プログラム メンバー、マイクロソフト認定トレーナー、およびマイクロソフト パートナー ネットワーク プログラム メンバー向けのプロモーション内容や価格割引は反映されません。価格は予告なく変更されることがあります。価格には適用される税は含まれていません。試験の予約をする前に、試験提供者に正確な価格をご確認ください。

2017年5月1日より、既存のキャンセポリシーが次のポリシーに全て置き換わります、 ポリシー:登録した試験日より5営業日以内のキャンセルもしくは日程変更には料金がかかりますスケジュールされていたアポイントメント時より24時間以内に現れなかった、もしくはキャンセルしたか日程変更した場合、全額がかかります。

video

CSSでスタイルを追加する

スキルの評価

この試験では、次の一覧に示す技術タスクを遂行する能力を評価します。パーセンテージは、試験の各主要トピック領域の相対的な重みを示します。パーセンテージが高いほど、試験でこのコンテンツ領域に関する質問の数が多くなる可能性があります。Microsoft の試験のさまざまな種類の質問 さまざまな種類の質問に関するビデオチュートリアルをご覧ください。

箇条書きテキストで記述されているトピックに関する質問が出題されますが、これらに限定されるものではないことに注意してください。

この試験で評価されるスキルの妥当性に関するフィードバックをご提供いただける方は、マイクロソフトまでコメントをお送りください。すべてのフィードバックは確認されており、認定資格プロセスの有効性および信頼性を依然として維持しながら、必要に応じて反映されます。マイクロソフトからは、皆様のフィードバックに直接返信されないことにご注意ください。マイクロソフト認定資格プログラムの品質確保のために、皆様からのご意見をお待ちしております。

この試験に関する特定の質問への懸念があれば、提出してください。試験チャレンジ.

マイクロソフト認定資格試験のフィードバック、その他の認定資格プログラム、登録、プロモーションや質問がある場合は連絡してください Regional Service Center

注意:2017年12月14日現在の試験の更新があります。これらの変更の詳細と測定されたスキルの影響については、これをダウンロードしてレビューしてくださいExam 480 change document

ドキュメントの構造とオブジェクトを実装し操作する (20-25%)
  • HTMLを使用して文書構造を作成する
    • Section、Article、Nav、Header、Footer、Asideなどの検索エンジンやスクリーンリーダーのマークアップなど、セマンティックマークアップを使用してUIを構造化する。 HTMLでレイアウトコンテナを作成する
  • UI コントロールと対話するコードを記述する
    • プログラムによる HTML 要素の追加と変更、メディア コントロールの実装、HTML5 キャンバスと SVG グラフィックの実装
  • HTML 要素にスタイルをプログラムで適用する
    • 要素の位置の変更、変換の適用、要素の表示と非表示
  • HTML5 の API を実装する
    • ストレージAPIとジオロケーションAPIを実装する
  • オブジェクトと変数のスコープを確立する
    • 変数のライフタイムの定義、オブジェクトのグローバル名前空間からの除外、「this」 キーワードを使用したイベント発生元のオブジェクトの参照、変数のローカル スコープおよびグローバル スコープの設定
  • オブジェクトとメソッドを作成および実装する
    • ネイティブ オブジェクトの実装、プロトタイプと関数を使用したネイティブ オブジェクトのカスタム オブジェクトとカスタム プロパティの作成、オブジェクトからの継承、ネイティブ メソッドの実装とカスタム メソッドの作成

準備用リソース

プログラムフローの実装 (25 - 30%)
  • プログラム フローを実装する
    • コレクションと配列項目の反復処理、switch ステートメント、if/then、および演算子を使用したプログラム決定の管理、式の評価
  • イベントを発生させる、イベントを処理する
    • DOM によって公開された共通イベントの処理 (OnBlur、OnFocus、OnClick)、バブリングされたイベントの宣言と処理、匿名関数を使用したイベントの処理
  • 例外処理を実装する
    • エラー コードの設定と応答、例外のスロー、null チェックの要求、try-catch-finally ブロックの実装
  • 非同期プログラミングの実装
    • HTML5 WebSocket APIからのメッセージの受信。JQuery を使用して AJAX 呼び出し。イベントの関連付け。匿名関数を使用したコールバックの実装。「this」というポインターの処理。
  • Web ワーカー プロセスを作成する
    • Web ワーカーの開始と停止、Web ワーカーへのデータの譲渡、Web ワーカーのタイムアウトとインターバルの構成、Web ワーカー用のイベント リスナーの登録、Web ワーカーの制限

準備用リソース

データのアクセスと保護(25〜30%)
  • HTML5 要素を使用してユーザー入力を検証する
    • 必要に応じて適切なコントロールの選択、HTML入力タイプとコンテンツ属性を実装してユーザー入力の収集。
  • JavaScript を使用してユーザー入力を検証する
    • 入力形式を検証する正規表現の評価、組み込み関数を使用して適切な種類のデータ型を取得の検証、コード インジェクションの回避
  • データを使用する
    • JSON と XML のデータの使用、Web サービスを使用したデータの取得、XMLHTTPRequest を使用した他のソースからのデータの読み込みまたは取得
  • データをシリアル化、逆シリアル化、および転送する
    • バイナリデータを処理する。 JSONやXMLなどのテキストデータを処理する。 JQueryのシリアライズメソッドを実装する。 FormでWebフォームを処理する。 データを解析する。 XMLHTTPRequestを使用してデータを送信する。 URI /フォームエンコーディングを使用して入力をサニタイズする。

準備用リソース

アプリケーションでのCSS3の使用 (25~30%)
  • HTML のテキスト プロパティのスタイルを設定する
    • テキストの外観にスタイルを適用する。 WOOF、@ font-face、size、およびunderstudyフォントを含むテキストフォントにスタイルを適用する。 テキストの配置、間隔、インデントにスタイルを適用する。 テキストハイフネーションにスタイルを適用する。 テキストドロップシャドウにスタイルを適用する。
  • HTML のボックス プロパティのスタイルを設定する
    • スタイルを適用して、サイズ、罫線、丸い角、アウトライン、パディング、余白などの外観属性を変更する。 透明度、不透明度、背景画像、グラデーション、シャドウ、クリッピングなどのグラフィック効果を変更するスタイルを適用する。 スタイルを適用して要素の位置を設定し、変更する。
  • 柔軟なコンテンツ レイアウトを作成する
    • 柔軟なボックス モデルを使用したレイアウトの実装、複数列を使用したレイアウトの実装、位置のフローティングと除外を使用したレイアウトの実装、グリッドの整列を使用したレイアウトの実装、領域、グループ化、および入れ子を使用したレイアウトの実装
  • アニメーション型および適応型 UI を作成する
    • CSS トランジションの適用によるオブジェクトのアニメーション化、3-D および 2-D 変換の適用、メディア クエリに基づく UI の調整 (出力形式、表示、処理形式に関するデバイスの適応)、コントロールの非表示または無効化
  • CSS セレクターおよび JQueryを使用して要素を見つける
    • 要素を参照する正しいセレクターを選択する。要素、スタイル、および属性のセレクターの定義をする。pseudo-elements および pseudo-classes を使用した要素の検索をする。
  • CSS セレクターを使用して CSS ファイルを構成する
    • 要素を正しく参照する。 継承を実装する。 !importantを使用して継承をオーバーライドする。 擬似要素と擬似クラスに基づいた要素をスタイルする。

準備用リソース

試験対策

インストラクター指導のトレーニング
試験準備用ビデオ

Microsoft 認定資格PREP Talk:試験番号480

こちらの認定資格エキスパートによる試験対策用ビデオでは、 James Seymour (認定資格プランナー) と Jeremy Foster (開発者エバンジェリスト) が、試験番号 480 で評価されるスキルの妥当性について説明しています。

自己ペースのトレーニング
  • Developing Windows Store Apps with HTML5 Jump Start

    このコースでは、HTML5、CSS3、および JavaScript の導入について簡単に説明し、HTML5/CSS3/JavaScript を使用したプログラミング スキルの基本を学習します。ここでは、HTML5/CSS3/JavaScript を使用して、プログラム ロジックの実装、変数の定義と使用、ループと分岐の実行、ユーザー インターフェイスの開発、ユーザー入力の取り込みと検証、データの格納について学習し、よく構成されたアプリケーションを作成することを目指します。このコースでは、Windows 8 で実行される Visual Studio 2012 を使用します。

    このコースは、6 か月以上のプロフェッショナルとしての経験があり、HTML5 と JavaScript、CSS3 の併用によるアプリケーション開発 (Windows ストア アプリまたは Web 用の IE10 のアプリ) に興味のある開発者を対象としています。HTML5 によるコーディング経験はなくても問題ありませんが、HTML4 によるコーディング経験が多少は必要です。

演習テスト

Take a Microsoft Official Practice Test for Exam 480

コミュニティから
書籍
Exam Ref 70-480: Programming in HTML5 with JavaScript and CSS3 cover

試験番号 70-480:JavaScriptとCSS3を使ったHTML5でのプログラミング
公開日:2014年8月15日

試験番号70-480 の準備用で、HTML5、JavaScript、CSS3 を使用したプログラミングに関する実際の知識を確認するのに役立ちます。この Exam Ref では、地位向上を目指す経験豊富なプログラマ向けに、MCSD レベルでの成功に必要な批判的思考法と意思決定能力について重点的に説明しています。

Microsoft Press Store で、この書籍を購入

Training Guide: Programming in HTML5 with JavaScript and CSS3 cover

トレーニングガイド:JavaScriptとCSS3を使ったHTML5でのプログラミング
公開日:2013年3月15日

このトレーニング ガイドでは、HTML5、JavaScript、および CSS3 を使用してアプリケーションを作成することに焦点をあて、経験豊富なプログラマに実社会の業務や職務に則したスキルアップの機会を提供します。一連のレッスン、演習、実演を通して実践的な専門知識を習得し、業務のパフォーマンスの最大化に寄与します。

Microsoft Press Store で、この書籍を購入

受験対象者

この試験の受験者は、オブジェクトベースのイベントドリブンプログラミングモデルでHTMLを開発し、JavaScriptを使用してさまざまなアプリケーションタイプ、ハードウェア、およびソフトウェアプラットフォームに必要なビジネスロジックをプログラミングする経験が少なくとも1年はある開発者です。

受験者は以下のことについても十分に理解しておく必要があります。

  • プログラムフローとイベントの管理
  • 非同期プログラミング
  • データの検証とJQueryを含むデータ収集の使用
  • エラーと例外の処理
  • 配列とコレクション
  • 変数、演算子、式の操作
  • プロトタイプとメソッドの操作
  • 決定と繰り返しステートメント

試験に関する追加情報

試験のための準備

試験のスケジュールを検討する際は、この試験準備ガイド全体を確認し、 Web サイト上のリソースをよく理解することをお勧めします。次の を参照して、 Microsoft Certification exam overview 登録、よくある問題形式の動画、その他の準備リソースをご参照下さい。試験方針や採点については、次を参照 Microsoft Certification exam policies and FAQs

注意

この準備ガイドは、Microsoft の判断に従っていつでも予告なく変更されることがあります。マイクロソフトの試験には、適応型テストの技術およびシミュレーション アイテムが含まれる場合があります。試験の提供形式は特定しません。試験の形式に関係なく、準備にはこの準備ガイドを使用してください。この試験の準備に役立つよう、Microsoft はこの製品に関する実地経験を積むこと、および指定されたトレーニング リソースを使用することをお勧めします。これらのトレーニング リソースは、「スキルの評価」 セクションの一覧に示されたトピックすべてに必ずしも対応しているわけではありません。