「再受験無料のExam ReplayバウチャーとPractice Testの購入はこちら」

試験
70-483

Visual Studio logo

  • 配信開始:
    2012 年 10 月 12 日
  • 言語:
    英語、中国語(簡字体),中国語(繁字体)、フランス語、ドイツ語、日本語、ポルトガル語(ブラジル)
  • 対象者:
    開発者
  • テクノロジ:
    Visual Studio 2012
  • 対応資格:
    MCP、MCSA

C# でのプログラミング

* 価格には、Microsoft Imagine Academy プログラム メンバー、マイクロソフト認定トレーナー、およびマイクロソフト パートナー ネットワーク プログラム メンバー向けのプロモーション内容や価格割引は反映されません。価格は予告なく変更されることがあります。価格には適用される税は含まれていません。試験の予約をする前に、試験提供者に正確な価格をご確認ください。

2017年5月1日より、既存のキャンセポリシーが次のポリシーに全て置き換わります、 ポリシー:登録した試験日より5営業日以内のキャンセルもしくは日程変更には料金がかかりますスケジュールされていたアポイントメント時より24時間以内に現れなかった、もしくはキャンセルしたか日程変更した場合、全額がかかります。

Microsoft Ignite 2017から試験準備セッションを見る

スキルの評価

この試験では、次の一覧に示す技術タスクを遂行する能力を評価します。パーセンテージは、試験の各主要トピック領域の相対的な重みを示します。パーセンテージが高いほど、試験でこのコンテンツ領域に関する質問の数が多くなる可能性があります。Microsoft の試験のさまざまな種類の質問 さまざまな種類の質問に関するビデオチュートリアルをご覧ください。

箇条書きテキストで記述されているトピックに関する質問が出題されますが、これらに限定されるものではないことに注意してください。

この試験で評価されるスキルの妥当性に関するフィードバックをご提供いただける方は、マイクロソフトまでコメントをお送りください。すべてのフィードバックは確認されており、認定資格プロセスの有効性および信頼性を依然として維持しながら、必要に応じて反映されます。マイクロソフトからは、皆様のフィードバックに直接返信されないことにご注意ください。マイクロソフト認定資格プログラムの品質確保のために、皆様からのご意見をお待ちしております。

この試験に関する特定の質問への懸念があれば、提出してください。試験チャレンジ.

マイクロソフト認定資格試験のフィードバック、その他の認定資格プログラム、登録、プロモーションや質問がある場合は連絡してください Regional Service Center

注意:2017年12月14日現在の試験の更新があります。これらの変更の詳細と測定されたスキルの影響については、これをダウンロードしてレビューしてくださいExam 483 change document

プログラム フローの管理 (25 - 30%)
  • マルチスレッド処理と非同期処理を実装する
    • Parallel.For メソッド, PLINQ, Tasksを含むタスク並列ライブラリを使用する。継続タスクを作成する。ThreadPoolを使用してスレッドを生成する。UIのブロックを解除する。 asyncとawait keywordsを使う。並行コレクションを使用してデータを管理する
  • マルチスレッドを管理する
    • リソースの同期、ロックの実装、長時間実行されるタスクのキャンセル、スレッドセーフなメソッドの実装による競合状態の処理
  • プログラム フローを実装する
    • コレクションと配列項目の反復処理、switch ステートメント、if/then、および演算子を使用したプログラム決定、式の評価
  • イベントとコールバックを作成および実装する
    • イベント ハンドラーの作成、イベントのサブスクライブとサブスクライブ解除、組み込みのデリゲート型を使用したイベントの作成、デリゲートの作成、ラムダ式、匿名メソッド
  • 例外処理を実装する
    • SQL例外、ネットワーク例外、通信例外、ネットワークタイムアウト例外を含む例外タイプを処理する。catchステートメントを使用する。例外の基本クラスを使用する。 try-catchfinallyブロックを実装する。 例外をスローする。 例外を再起する。 カスタム例外を作成する。 内側の例外を処理する。 集約例外を処理する。

準備用リソース

型の作成と使用 (25 - 30%)
  • 型を作成する
    • 値の型 (構造体、列挙型)、参照型、ジェネリック型、コンストラクター、静的変数、メソッド、クラス、拡張メソッド、オプションおよび名前付きパラメーター、インデックス付きプロパティの作成、オーバーロード メソッドとオーバーライド メソッドの作成
  • 型を使用する
    • ボックスまたはアンボックスによる値の型間の変換、型のキャスト、型の変換、動的な型の処理、アンマネージ コードの相互運用性の確保 (動的なキーワードなど)
  • カプセル化を強制実行する
    • プロパティ、アクセサー (public、private、protected)、および明示的なインターフェイスの実装によるカプセル化の強制実行
  • クラス階層の作成および実装
    • インターフェイスの設計と実装、基本クラスからの継承、IComparable、IEnumerable、IDisposable、および IUnknown インターフェイスに基づくクラスの作成と実装
  • リフレクションを使用して実行時に型を検索、実行、および作成する
    • 属性を作成して適用する。 属性を読み込む。 CodeDomとLambda式を使用して実行時にコードを生成する。Assembly、PropertyInfo、MethodInfo、Typeを含む System.Reflection名前空間の型を使用する
  • オブジェクトのライフサイクルを管理する
    • アンマネージ リソースの管理、IDisposable の実装 (終了処理との対話を含む)、Using ステートメントを使用した IDisposable の管理、終了処理とガベージ コレクションの管理
  • 文字列を操作する
    • StringBuilder、StringWriter、およびStringReaderクラスを使用して文字列を操作します。 検索文字列。 文字列メソッドを列挙する。 フォーマット文字列。 文字列補間を使う

準備用リソース

アプリケーションのデバッグとセキュリティの実装 (25 - 30%)
  • アプリケーションの入力を検証する
    • JSONデータを検証する。 適切なデータ収集タイプを選択する。 データの完全性を管理する。 正規表現を評価して入力フォーマットを検証する。 組み込み関数を使用してデータ型とコンテンツを検証する
  • 対称および非対称の暗号化を実行する
    • 適切な暗号化アルゴリズムの選択、証明書の管理と作成、キー管理の実装、System.Security 名前空間の実装、データのハッシュ、ストリームの暗号化
  • アセンブリを管理する
    • アセンブリのバージョン管理、厳密な名前を使用したアセンブリの署名、side-by-side ホスティングの実装、グローバル アセンブリ キャッシュへのアセンブリの追加、WinMD アセンブリの作成
  • アプリケーションをデバッグする
    • コンパイラ ディレクティブの作成と管理、適切なビルドの種類の選択、データベース ファイルとシンボルのプログラミングの管理
  • アプリケーションに診断を実装する
    • ログ記録とトレースの実装、アプリケーションのプロファイリング、パフォーマンス カウンターの作成と監視、イベント ログへの書き込み

準備用リソース

データ アクセスの実装 (25 - 30%)
  • I/O 操作を実行する
    • ファイルとストリームの読み取りと書き込み、System.Net 名前空間のクラスを使用したネットワークからの読み取りと書き込み、非同期 I/O 操作の実装
  • データを使用する
    • データベースからのデータの取得、データベース内のデータの更新、JSON と XML データの使用、Web サービスを使用したデータの取得
  • LINQ を使用してデータとオブジェクトをクエリおよび操作する
    • 演算子を使用したデータのクエリ (projection、join、group、take、skip、aggregate)、メソッドベースの LINQ クエリの作成、クエリを含む構文を使用したデータのクエリ、匿名型を使用したデータの選択、クエリの強制実行、LINQ to XML を使用したデータ構造の読み取り、フィルター、作成、および変更
  • データをシリアル化および逆シリアル化する
    • バイナリ シリアル化、カスタム シリアル化、XML シリアライザー、JSON シリアライザー、およびデータ コントラクト シリアライザーを使用したデータのシリアル化と逆シリアル化
  • コレクションにデータを格納およびコレクションからデータを取得する
    • ディクショナリ、アレイ、リスト、セット、およびキューを使用したデータの格納と取得、コレクション型の選択、コレクションへのアイテムの追加およびコレクションからのアイテムの削除、型指定および型が指定されていないコレクションの使用、カスタム コレクションの実装、コレクション インターフェイスの実装

準備用リソース

試験対策

インストラクター指導のトレーニング
試験準備用ビデオ

Microsoft 認定資格PREP Talk:Exam 483

こちらの認定資格エキスパートによる試験対策用ビデオでは、 James Seymour (認定資格プランナー) と Jerry Nixon (開発者エバンジェリスト) が、Exam 483 で評価されるスキルの妥当性について説明しています。



Programming in C# Jump Start

video

自己ペースのトレーニング
  • Programming in C# Jump Start

    この開発者向けのトレーニング コースは、マイクロソフトが管理する .NET Framework 用の C 言語である C# に関する内容を取り扱います。他の Jump Start と同様に、このセッションには受講者参加型の豊富なデモが用意されています。マイクロソフトのテクニカル エバンジェリストの Jerry Nixon と、Crank211 の共同設立者である Daren May が、実務に役立つ簡単なテクニックから難しいテクニックを数々のサンプルを活用して紹介します。

演習テスト

Take a Microsoft Official Practice Test for Exam 483

コミュニティから
書籍
Exam Ref 70-483: Programming in C# cover

試験番号 70-483:Programming in C#
公開日:2013 年 7 月 15 日

MCSD Exam 70-483 に対する準備と、C# を使用した実践的なプログラミング技術の習得をサポートします。Exam Ref では、地位向上を目指す経験豊富な IT プロフェッショナル向けに、MCSD レベルでの成功に必要な批判的思考法と意思決定能力について重点的に説明しています。

Microsoft Press Store で、この書籍を購入

試験番号 70-483: Programming in C#
公開日:2018年4月27日

Microsoftの試験70-483を準備し、現代のC#アプリケーションを構築するために必要なスキルを実践していることを実証してください。経験豊富なプログラマーが自分の地位を前進させるために設計されたこのExam Refは、MCSAレベルでの成功に必要な批判的思考と意思決定の鋭意に焦点を当てています。Microsoft MVPとベストセラーの著者Rob Milesによって作成された新しい第二版は、2017年中頃までにMicrosoftが公開したすべての更新された試験トピックを反映しています。

Microsoft Press Store で、この書籍を購入

Microsoftプレスの書籍および電子書籍は、書籍の発行日の90日以内に予約注文することができます。

受験対象者

この試験の受験者は、最低1年間のC#を使用するハードウェア/ソフトウェアプラットフォームで各種アプリケーションタイプのロジック、中核ビジネスのプログラミング経験を持っている必要があります。

受験者は以下のことについても十分に理解しておく必要があります。

  • プログラムフローとイベントの管理
  • 非同期プログラミングとスレッディング
  • データの検証とLINQを含むデータ収集の使用
  • エラーと例外の処理
  • 配列とコレクションの操作
  • 変数、演算子、式の操作
  • クラスとメソッドの操作
  • 決定と繰り返しステートメント

試験に関する追加情報

試験のための準備

試験のスケジュールを検討する際は、この試験準備ガイド全体を確認し、 Web サイト上のリソースをよく理解することをお勧めします。次の を参照して、 Microsoft Certification exam overview 登録、よくある問題形式の動画、その他の準備リソースをご参照下さい。試験方針や採点については、次を参照 Microsoft Certification exam policies and FAQs

注意

この準備ガイドは、Microsoft の判断に従っていつでも予告なく変更されることがあります。マイクロソフトの試験には、適応型テストの技術およびシミュレーション アイテムが含まれる場合があります。試験の提供形式は特定しません。試験の形式に関係なく、準備にはこの準備ガイドを使用してください。この試験の準備に役立つよう、Microsoft はこの製品に関する実地経験を積むこと、および指定されたトレーニング リソースを使用することをお勧めします。これらのトレーニング リソースは、「スキルの評価」 セクションの一覧に示されたトピックすべてに必ずしも対応しているわけではありません。