で試験日の自信が持てるようにしてください Exam Replay or an Exam Replay with Practice Test

試験
70-485

Visual Studio

  • 配信開始:
    2012 年 10 月 18 日
  • 言語:
    英語、中国語 (簡体字)、フランス語、ドイツ語、日本語、ポルトガル語 (ブラジル)
  • 対象者:
    パートナー、開発者
  • テクノロジ:
    Visual Studio 2012
  • 対応資格:
    MCP、MCSD

Advanced Windows Store App Development Using C#

この試験は終了しました

現在可能なオプションについては、この Microsoft Certification exam list

スキルの評価

この試験では、次の一覧に示す技術タスクを遂行する能力を評価します。パーセンテージは、試験の各主要トピック領域の相対的な重みを示します。パーセンテージが高いほど、試験でこのコンテンツ領域に関する質問の数が多くなる可能性があります。マイクロソフト試験の variety of question types について、ビデオ チュートリアルを参照してください。

箇条書きテキストで記述されているトピックに関する質問が出題されますが、これらに限定されるものではないことに注意してください。

この試験で評価されるスキルの妥当性に関するフィードバックをご提供いただける方は、マイクロソフトまでコメントをお送りください。すべてのフィードバックは確認されており、認定資格プロセスの有効性および信頼性を依然として維持しながら、必要に応じて反映されます。マイクロソフトからは、皆様のフィードバックに直接返信されないことにご注意ください。マイクロソフト認定資格プログラムの品質確保のために、皆様からのご意見をお待ちしております。

試験に特定の質問がある場合は、提出してください exam challenge

マイクロソフト認定資格試験のフィードバック、その他の認定資格プログラム、登録、プロモーションや質問がある場合は連絡してください Regional Service Center

2013 年 12 月 2 日より、この試験は Windows 8.1 および Visual Studio 2013 の内容を含むようになりました。

Windows ストア アプリの開発 (15 ~ 20%)
  • バックグラウンド タスクを作成する
    • Windows.applicationmodel.background クラスの実装、IBackgroundTask インターフェイスの実装
  • バックグラウンド タスクを使用する
    • タイミング トリガーとシステム トリガーの使用、コミュニケーション チャネルのオープン状態の維持、ロック画面へのアクセスの要求、ダウンロードを完了するための BackgroundTransfer クラスの使用
  • WinMD コンポーネントを作成および使用する
    • C# での WinMD コンポーネントの作成、WinMD コンポーネントの使用、WinMD の参照型の処理、WinMD コンポーネントの参照

準備用リソース

デバイスの検出およびデバイスとの対話 (15 ~ 20%)
  • カメラとマイクを使用してメディアを取り込む
    • CameraCaptureUI による画像やビデオの取り込み、MediaCapture による画像、ビデオ、またはオーディオの取り込み、カメラ設定の構成、メディア形式の設定、メディア取り込みイベントの処理、高度な写真機能 (シーケンス モード、サムネイル、フォーカス モードなど) の実装
  • センサーからデータを取得する
    • センサーの可用性の判断 (Windows.devices.sensors)、アプリ マニフェストへのセンサー要求の追加、センサー イベントの処理、センサー プロパティの取得、GPS による位置情報の確認、ジオフェンスの有効化
  • デバイスの機能を列挙および検出する
    • デバイス機能 (GPS、加速度計、近距離通信、カメラなど) の検出
  • デバイスのアクセスを実装する
    • USB、Bluetooth、ヒューマン インターフェイス デバイス (HID)、3D プリンターのサポート、店舗販売時点管理 (PoS) デバイス

準備用リソース

ユーザー操作のプログラミング (15 ~ 20%)
  • コントラクトとチャームを使用して印刷を実装する
    • 印刷コントラクトの実装、カスタム印刷テンプレートの作成、印刷プレビューの生成、印刷ページ付けの処理、アプリ内印刷の実装、アプリ内でのプリンター設定の表示
  • コントラクトとチャームを使用してリモート再生を実装する
    • リモート再生用のアプリの登録、PlayToManager によるメディア資産のストリーミング、PlayToReceiver としてのアプリの登録、プログラムによるリモート再生機能の実装
  • Windows プッシュ通知サービス (WNS) を使用してユーザーに通知する
    • WNS による認証、通知チャネルの要求/作成/保存、WNS の呼び出しとポーリング、Azure モバイル サービスを使用したプッシュ通知の構成と実装

準備用リソース

ユーザー インターフェイスの向上 (15 ~ 20%)
  • UI の応答性を設計および実装する
    • アプリ用の非同期戦略の選択、マルチプロセッサを活用するためのタスク並列ライブラリの実装、タスクへの非同期操作の変換
  • アニメーションと切り替え効果を作成する
    • アニメーション ライブラリからのアニメーションの適用、アニメーションと切り替え効果 (XAML の切り替え効果を含む) の作成およびカスタマイズ、ストーリーボードと変換の実装、コントロール用の組み込みアニメーションの活用
  • カスタム コントロールを作成する
    • カスタム コントロール テンプレートを作成するための適切な基本コントロールの選択、コントロール テンプレートによるコントロールのスタイル定義、ウィンドウ化モードの変化に応答するためのコントロール テンプレートの設計
  • グローバリゼーションおよびローカリゼーションを目的として Windows ストア アプリを設計する
    • テキストを翻訳するための .resw ファイルの実装、さまざまな読み方向をサポートするための照合順序とグループ化の実装、カルチャ固有の日付/時刻形式の実装

準備用リソース

データとセキュリティの管理 (15 ~ 20%)
  • データ キャッシュを設計および実装する
    • 要件に応じてキャッシュ内に永続化されるアプリ内アイテムの種類 (ユーザー データ、設定、アプリ データ) の選択、アイテムをキャッシュするタイミングの選択、アイテムをキャッシュする場所 (Windows Azure、Azure モバイル サービス、リモート記憶域) の選択、キャッシュ機構の選択、LocalStorage と SessionStorage によるデータの格納
  • ファイル システム内のファイルを保存および取得する
    • ファイル ストリームの処理、StorageFile クラスと StorageFolder クラスによるファイルの保存および取得、ファイルの拡張子と関連付けの設定、ファイル ピッカー クラスによるファイルの保存および取得、ファイル圧縮による領域の節約、ライブラリと KnownFolders ( 画像、ドキュメント、およびビデオを含む) へのアクセス、ファイル ピッカーの外観の管理、Windows Index による検索性の改善、OneDrive とアプリの統合、ファイルの比較、ライブラリの管理、アプリケーション データのセキュリティ保護
  • アプリ データのセキュリティを保護する
    • Windows.Security.Cryptography 名前空間を使用したデータ暗号化、証明書の登録および要求、証明書を使用したデータ暗号化、アクセス許可の削除
ソリューション配置の準備 (15 ~ 20%)
  • 試用版の機能を設計し、アプリ内に実装する
    • 時間制限のある試用版のセットアップ、機能ベースの試用版のセットアップ、アプリ内購入のセットアップ、試用版から完全版へのアプリの移行、アプリ内購入の実装
  • エラー処理を設計する
    • エラーと例外がユーザーに表示されないようにするアプリの設計、一括収集のためのアプリケーション クラス、デバイス機能エラーの処理、非同期エラーの処理
  • テスト戦略を設計および実装する
    • 機能テスト計画の推奨、コード化された UI テストの実装、信頼性テスト計画の推奨 (パフォーマンス テスト、ストレス テスト、スケーラビリティ テスト、耐久テスト)、アプリ内での単体テストの実装、アプリ内購入のシミュレート
  • 診断および監視の戦略を設計する
    • プロファイリング/トレース/パフォーマンス カウンター、監査証跡 (イベントと情報)、使用状況レポートの設計、イベント ログの記録場所の決定 (ローカルまたは一元レポート)
  • Windows ストア配置のための評価と構成を行う
    • ストアに送信するアプリ オプションの構成 (年齢制限、プライバシーに関する声明、権限、画像、連絡先情報など)、アプリケーション ファイル、リソース ファイル、およびアプリケーション バンドルの作成、Windows Application Certification Kit (WACK) によるアプリケーションの準備の検証

準備用リソース

受験対象者

この試験は、C# および XAML アプリケーションの開発経験が最低 2 ~ 5 年あり、Windows ストア アプリの設計および開発経験が 2 年以上ある開発者を対象としています。

試験に関する追加情報

試験のための準備

試験のスケジュールを検討する際は、この試験準備ガイド全体を確認し、 Web サイト上のリソースをよく理解することをお勧めします。次の を参照して、 Microsoft Certification exam overview 登録、よくある問題形式の動画、その他の準備リソースをご参照下さい。試験方針や採点については、次を参照 Microsoft Certification exam policies and FAQs

注意

この準備ガイドは、Microsoft の判断に従っていつでも予告なく変更されることがあります。マイクロソフトの試験には、適応型テストの技術およびシミュレーション アイテムが含まれる場合があります。試験の提供形式は特定しません。試験の形式に関係なく、準備にはこの準備ガイドを使用してください。この試験の準備に役立つよう、Microsoft はこの製品に関する実地経験を積むこと、および指定されたトレーニング リソースを使用することをお勧めします。これらのトレーニング リソースは、「スキルの評価」 セクションの一覧に示されたトピックすべてに必ずしも対応しているわけではありません。