で試験日の自信が持てるようにしてください Exam Replay or an Exam Replay with Practice Test

試験
70-486

Visual Studio

  • 配信開始:
    2012 年 10 月 4 日
  • 言語:
    英語、中国語(簡字体),中国語(繁字体)、フランス語、ドイツ語、日本語、ポルトガル語(ブラジル)
  • 対象者:
    開発者
  • テクノロジ:
    Microsoft Visual Studio 2013、ASP.NET MVC 5.1
  • 対応資格:
    MCP、MCSA

Developing ASP.NET MVC Web Applications

* 価格には、Microsoft Imagine Academy プログラム メンバー、マイクロソフト認定トレーナー、およびマイクロソフト パートナー ネットワーク プログラム メンバー向けのプロモーション内容や価格割引は反映されません。価格は予告なく変更されることがあります。価格には適用される税は含まれていません。試験の予約をする前に、試験提供者に正確な価格をご確認ください。

2017年5月1日より、既存のキャンセポリシーが次のポリシーに全て置き換わります、 ポリシー:登録した試験日より5営業日以内のキャンセルもしくは日程変更には料金がかかりますスケジュールされていたアポイントメント時より24時間以内に現れなかった、もしくはキャンセルしたか日程変更した場合、全額がかかります。

video

Developing ASP.NET MVC 4 Web Applications Jump Start

スキルの評価

この試験では、次の一覧に示す技術タスクを遂行する能力を評価します。パーセンテージは、試験の各主要トピック領域の相対的な重みを示します。パーセンテージが高いほど、試験でこのコンテンツ領域に関する質問の数が多くなる可能性があります。マイクロソフト試験の variety of question types について、ビデオ チュートリアルを参照してください。

箇条書きテキストで記述されているトピックに関する質問が出題されますが、これらに限定されるものではないことに注意してください。

この試験で評価されるスキルの妥当性に関するフィードバックをご提供いただける方は、マイクロソフトまでコメントをお送りください。すべてのフィードバックは確認されており、認定資格プロセスの有効性および信頼性を依然として維持しながら、必要に応じて反映されます。マイクロソフトからは、皆様のフィードバックに直接返信されないことにご注意ください。マイクロソフト認定資格プログラムの品質確保のために、皆様からのご意見をお待ちしております。

試験に特定の質問がある場合は、提出してください exam challenge

マイクロソフト認定資格試験のフィードバック、その他の認定資格プログラム、登録、プロモーションや質問がある場合は連絡してください Regional Service Center

2014年4月30日に開始し、この試験の問題が含むのはcontent covering Visual Studio 2013, MVC5, and updates to Microsoft Azure

アプリケーション アーキテクチャの設計 (15-20%)
  • アプリケーション層を計画する
    • データ アクセスの計画、関心の分離の計画、モデル、ビュー、およびコントローラーの適切な使用、クライアント側処理かサーバー側処理かの選択、スケーラビリティの設計
  • 分散アプリケーションを設計する
    • ハイブリッド アプリケーションの設計 (内部設置と外部設置、Windows Azure を含む)、分散環境におけるセッション管理の計画、Web ファームの計画
  • Windows Azure ロールのライフ サイクルを設計して実装する
    • 開始、実行、および停止イベントの特定と実装、スタートアップ タスクの特定 (IIS の構成 (アプリケーション プール) 、レジストリの構成、サード パーティ製ツール)
  • 状態管理を構成する
    • 状態管理メカニズムの選択 (プロセス内状態管理とプロセス外状態管理)、スケーラビリティの計画、Cookie またはローカル ストレージによる状態管理、web.config ファイルの構成設定の適用、セッションレス状態の実装 (クエリ文字列など)
  • キャッシュ方法を設計する
    • ページ出力のキャッシュの実装 (パフォーマンス重視)、データ キャッシュの実装、HTTP キャッシュの実装、Azure キャッシュの実装
  • Web ソケット方法を設計して実装する
    • 文字列やバイナリ データの非同期的な読み書き (実行時間の長いデータ転送)、接続切断方法の選択、WebSocket を使用するべき状況に対する方針の決定、SignalR の実装
  • HTTP モジュールと HTTP ハンドラーを設計する
    • 同期および非同期のモジュールとハンドラーの実装、IIS でのモジュールかハンドラーかの選択

準備用リソース

ユーザー エクスペリエンスの設計 (20-25%)
  • Web アプリケーションのユーザー インターフェイス デザインを適用する
    • CSS を使用したスタイルの作成と適用、HTML を使用したユーザー インターフェイスの構造化とレイアウト、デザインに基づく動的ページ コンテンツの実装
  • UI の動作を設計して実装する
    • クライアントの検証の実装、JavaScript と DOM を使用したアプリケーションの動作の制御、原型継承を使用したオブジェクトの拡張、AJAX を使用した部分ページの更新、JQuery を使用した UI の実装
  • アプリケーションの UI レイアウトを作成する
    • アプリケーションの各種領域で再利用する部分の実装、Razor テンプレートを使用したページの設計と実装 (Razor ビュー エンジン)、視覚的な構造を提供するためのレイアウトの設計、マスター/アプリケーション ページの実装
  • ブラウザー機能の検出に基づいてアプリケーションの動作とスタイルを拡張する
    • ブラウザーの機能の検出、複数のブラウザーやモバイル デバイスで実行される Web アプリケーションの作成、ベンダー固有の拡張機能 (CSS など) を使用したアプリケーションの動作とスタイルの拡張
  • アダプティブ UI レイアウトを計画する
    • 複数のデバイスのブラウザーでアプリケーションを実行するための計画 (画面の解像度、CSS、HTML)、モバイル Web アプリケーションの計画

準備用リソース

ユーザー エクスペリエンスの開発 (15-20%)
  • 検索エンジンの最適化とアクセシビリティを計画する
    • 分析ツールを使用した HTML の解析、ブラウザーのプラグインを使用した概念構造の表示と評価、スクリーン リーダーなどのアクセシビリティに対応したセマンティック マークアップ (HTML5 と ARIA) の記述
  • グローバリゼーションとローカライズを計画および実装する
    • ローカライズ戦略の計画、JavaScript リソースなどのリソースの作成と UI への適用、カルチャの設定、サテライト リソース アセンブリの作成
  • MVC コントローラーとアクションを設計して実装する
    • 承認属性、グローバル フィルター、および承認フィルターの適用、オーバーライド フィルターの指定、アクションの動作の実装、アクションの結果の実装、モデル バインドの実装
  • ルートを設計して実装する
    • URL パターンを処理するためのルートの定義、ルートの制約の適用、URL パターンの無視、カスタム ルート パラメーターの追加、領域の定義
  • MVC 機能拡張ポイントを使用してアプリケーションの動作を制御する
    • MVC フィルターとコントローラー ファクトリの実装、アクションの結果/ViewEngine/モデル バインダー/ルート ハンドラーを使用したアプリケーションの動作の制御
  • ネットワークの使用帯域幅を削減する
    • スクリプト (CSS と JavaScript) のバンドルと縮小化、データの圧縮化と展開 (gzip/deflate の使用、ストレージ)、Windows Azure CDN などのコンテンツ配信ネットワーク (CDN) 戦略の計画

準備用リソース

Web アプリケーションのトラブルシューティングとデバッグ (20-25%)
  • 実行時の問題の防止とトラブルシューティングを行う
    • パフォーマンス、セキュリティ、およびエラーのトラブルシューティング、トレース、ログ作成 (ログのための属性の使用を含む)、およびデバッグ (IntelliTrace を含む) の実装、コード コントラクトを使用した条件の適用、稼働状況の監視の有効化と構成 (パフォーマンス モニターを含む)
  • 例外処理戦略を設計する
    • 複数の層にわたる例外の処理、global.asax の使用、独自 HTTPHandler の作成、または web.config 属性の設定によるカスタム エラー ページの表示、first chance 例外の処理
  • Web アプリケーションをテストする
    • Assert クラスの使用やモックの作成など、単体テストの作成と実行、Web テストの作成と実行 (ブラウザー リンクの使用を含む)、複数のブラウザーとモバイル エミュレーターでの Web アプリケーションのデバッグ
  • Azure アプリケーションをデバッグする
    • Azure 診断 API を使用した診断情報収集とオンデマンドまたはスケジュール設定による適切な実装、ログの種類 (イベント ログ、パフォーマンス カウンター、クラッシュ ダンプなど) の選択、IntelliTrace、リモート デスクトップ プロトコル (RDP)、およびリモート デバッグを使用した Azure アプリケーションのデバッグ、サーバー エクスプローラーを使用したリモート Azure Web サイトとの直接対話

準備用リソース

セキュリティの設計と実装 (20-25%)
  • 認証を構成する
    • ユーザーの認証、認証設定の適用、Windows 認証、フォーム認証、およびカスタム認証の間の選択、Cookie を使用したユーザー セッションの管理、メンバーシップ プロバイダーの構成、カスタム メンバーシップ プロバイダーの作成、ASP.NET ID の構成
  • 承認を構成して適用する
    • ロールの作成、構成を使用したロールの承認、プログラムによるロールの承認、カスタム ロール プロバイダーの作成、WCF サービス承認の実装
  • 複数のフェデレーション ID ストアに対してクレーム ベース認証を設計して実装する
    • Azure アクセス制御サービスを使用したフェデレーション認証の実装、Windows Identity Foundation を使用したカスタム セキュリティ トークンの作成、SAML トークンと SWT トークンのトークン形式の処理 (oAuth、OpenID、Microsoft アカウント、Google、Twitter、Facebook など)
  • データ整合性を管理する
    • アプリケーション データへの暗号化の適用、アプリケーションの構成セクションへの暗号化の適用、改ざん防止のためのアプリケーション データへの署名
  • ASP.NET でセキュリティ保護されたサイトを実装する
    • SSL 証明書の適用による通信のセキュリティ保護、保存のためのパスワードの salt とハッシュの処理、HTML エンコードを使用したクロス サイト スクリプト攻撃の防止 (ANTI-XSS ライブラリ)、検証の遅延の実装と、検証されていない要求 (フォーム、クエリ文字列、URL など) の処理、クエリのパラメーター化による SQL インジェクション攻撃の防止、クロスサイト リクエスト フォージェリ (XSRF) の防止

準備用リソース

試験対策

講師によるトレーニング
お近くのマイクロソフト ラーニング パートナーの検索
試験対策用ビデオ

マイクロソフト認定資格取得に向けた対策用ビデオ: Exam 486

こちらの認定資格エキスパートによる試験対策用ビデオでは、 James Seymour (認定資格プランナー) と Jeremy Foster (開発者エバンジェリスト) が、Exam 486 で評価されるスキルの妥当性について説明しています。

自習形式のトレーニング
Developing ASP.NET MVC 4 Web Applications Jump Start

演習テスト

Take a Microsoft Official Practice Test for Exam 486

コミュニティから

Exam 70-486 wiki

Exam 70-486 forum

フォロー@MSLearning および@visualstudio

受験対象者

この試験は、Microsoft ASP.NET Web アプリケーションの開発経験が最低 3 - 5 年あり、MVC ベース ソリューションの開発経験が 2 年以上ある開発者を対象としています。

試験に関する追加情報

試験のための準備

試験のスケジュールを検討する際は、この試験準備ガイド全体を確認し、 Web サイト上のリソースをよく理解することをお勧めします。次の を参照して、 Microsoft Certification exam overview 登録、よくある問題形式の動画、その他の準備リソースをご参照下さい。試験方針や採点については、次を参照 Microsoft Certification exam policies and FAQs

注意

この準備ガイドは、Microsoft の判断に従っていつでも予告なく変更されることがあります。マイクロソフトの試験には、適応型テストの技術およびシミュレーション アイテムが含まれる場合があります。試験の提供形式は特定しません。試験の形式に関係なく、準備にはこの準備ガイドを使用してください。この試験の準備に役立つよう、Microsoft はこの製品に関する実地経験を積むこと、および指定されたトレーニング リソースを使用することをお勧めします。これらのトレーニング リソースは、「スキルの評価」 セクションの一覧に示されたトピックすべてに必ずしも対応しているわけではありません。