役割ベースの認証資格でさらなる道を切り開きます。 Certify with Confidence 合格のチャンスを与えます。

試験
70-487

Visual Studio logo

  • 配信開始:
    2012年10月17日
  • 言語:
    英語、中国語 (簡体字)、フランス語、ドイツ語、日本語、ポルトガル語 (ブラジル)
  • 対象者:
    開発者
  • テクノロジ:
    Microsoft Visual Studio 2017, Microsoft Azure
  • 対応資格:
    MCSD

Microsoft Azure とウェブサービスの開発

* 価格には、Microsoft Imagine Academy プログラム メンバー、マイクロソフト認定トレーナー、およびマイクロソフト パートナー ネットワーク プログラム メンバー向けのプロモーション内容や価格割引は反映されません。価格は予告なく変更されることがあります。価格には適用される税は含まれていません。試験の予約をする前に、試験提供者に正確な価格をご確認ください。

2017年5月1日より、既存のキャンセポリシーが次のポリシーに全て置き換わります、 ポリシー:登録した試験日より5営業日以内のキャンセルもしくは日程変更には料金がかかりますスケジュールされていたアポイントメント時より24時間以内に現れなかった、もしくはキャンセルしたか日程変更した場合、全額がかかります。

video

Developing Windows Azure and Web Services Jump Start

スキルの評価

この試験では、次の一覧に示す技術タスクを遂行する能力を評価します。パーセンテージは、試験の各主要トピック領域の相対的な重みを示します。パーセンテージが高いほど、試験でこのコンテンツ領域に関する質問の数が多くなる可能性があります。Microsoft の試験のさまざまな種類の質問 さまざまな種類の質問に関するビデオチュートリアルをご覧ください。

箇条書きテキストで記述されているトピックに関する質問が出題されますが、これらに限定されるものではないことに注意してください。

この試験で評価されるスキルの妥当性に関するフィードバックをご提供いただける方は、マイクロソフトまでコメントをお送りください。すべてのフィードバックは確認されており、認定資格プロセスの有効性および信頼性を依然として維持しながら、必要に応じて反映されます。マイクロソフトからは、皆様のフィードバックに直接返信されないことにご注意ください。マイクロソフト認定資格プログラムの品質確保のために、皆様からのご意見をお待ちしております。

この試験に関する特定の質問への懸念があれば、提出してください。試験チャレンジ.

マイクロソフト認定資格試験のフィードバック、その他の認定資格プログラム、登録、プロモーションや質問がある場合は連絡してください Regional Service Center

データへのアクセス(20〜25%)
  • データアクセス技術の選択
    • アプリケーション要件に基づいて、ADO.NET、Entity Framework、WCF Data Services、Azure Cosmos DBなどのデータアクセステクノロジを選択する
  • キャッシュ処理を実装する
    • 静的データをキャッシュし、ポリシー満了を含むキャッシュポリシーを適用する。 CacheDependencyを使用してキャッシュデータをリフレッシュする。 通知を問い合わせる。 Redisを使用してキャッシングを実装する
  • トランザクションを実装する
    • System.Transactions名前空間のAPIを使用してトランザクションを管理する。 SQL Azure上の分散トランザクションを含む分散トランザクションを実装する。 トランザクション分離レベルを指定する
  • Microsoft Azureでデータストレージを実装する
    • Windows Azureのデータストレージにアクセスする。 Microsoft Azureでデータストレージメカニズムを選択する。 テーブル、キュー、Azure SQL、Cosmos DBなど、 コンテンツ配信ネットワーク(CDN)とAzure File Syncを使用してデータを配信する。 再試行を使用して例外を処理する。 Azure SQLでElasticクライアントライブラリを使用する
  • WCFデータサービスの作成と実装
    • リソースを特定する。 フィルタリングを実装する。 クエリ式を作成する。 JSONを含むペイロード形式にアクセスする。 データサービスインターセプタとサービスオペレータを使用する。 データサービスをバージョンアップする。 データサービスプロバイダを実装する。 データサービスをホストする。 アクションを使用してサーバー側の動作を実装する

準備用リソース

Entity Frameworkを使用したデータのクエリと操作(20〜25%)
  • Entity Frameworkを使用してデータの照会と操作をする
    • DbContextを使用してデータを照会、更新、および削除する。 遅延実行を使用するクエリを作成する。 遅延読み込みと一括読み込みを実装する。 コンパイルされたクエリを作成して実行する。 Entity SQLを使用してデータを照会する。 グローバルクエリフィルタを作成する
  • Entity Frameworkのデータプロバイダを使用してデータをクエリし、操作する
    • System.Data.EntityClient名前空間のConnection、DataReader、およびCommandオブジェクトを使用してデータをクエリして操作する。 同期操作と非同期操作を実行する。 トランザクションを管理(API)する
  • LINQ to Entitiesを使用してデータを照会する
    • LINQ演算子(プロジェクト、スキップ、集計、フィルター、結合など)を使用してデータを照会する。 ログクエリ。 クエリの境界を実装する
  • ADO.NETを使用してデータを照会し操作する
    • Connection、DataReader、およびCommandオブジェクトを使用してデータを照会および操作する。 同期操作と非同期操作を実行する。 トランザクションを管理する
  • Entity Frameworkデータモデルを作成する
    • タイプごとのテーブル、クラスごとのテーブル、階層ごとのテーブルを使用してデータモデルを構造化する。 コードを最初に、モデルを最初に、データベースを最初に含めて、データモデルを管理するアプローチを選択して実装する。 POCOオブジェクトを実装する。 概念スキーマ定義、ストレージスキーマ定義、およびCSDL、SSDL、MSLなどのマッピング言語を使用してデータモデルを記述する
  • 第三者データベースを使用してEntity Frameworkを実装する
    • MySQLとSQLiteデータベースを使用してEntity Frameworkを実装する。 データベース機能の違いを管理する戦略を設計する。 Entity Frameworkを使用してON DUPLICATE KEYを含むデータベース固有のテクノロジを活用する

準備用リソース

Web APIベースのサービスの作成と使用(20〜25%)
  • Web APIの設計
    • HTTPアクションでHTTPリソースを定義する。 適切なURIスペースを計画し、ルーティングを使用してURIスペースをマップする。 要件を満たす適切なHTTPメソッドを選択する。 要件を満たすレスポンスに適したWeb APIフォーマットを選択する。 HTTPアクションをいつ非同期にするかを計画する
  • Web APIを実装する
    • JSON形式のデータを受け入れる。 コンテンツネゴシエーションを使用して異なるデータ形式をクライアントに配信する。 データバインディングを処理するアクションとパラメータを定義する。 より柔軟なアプリケーションを作成するために依存性の注入を実装する。 コントローラの実行を管理するアクションフィルタと例外フィルタを実装する。 非同期アクションと同期アクションを実装する。 ストリーミングアクションを実装する。 ミドルウェアを実装する
  • Web APIを保護する
    • 認証のためのアイデンティティを実装する。 ロール、クレーム、およびカスタム認可を使用して認可を実装する。 データ保護APIを実装する。 クロスドメイン要求(CORS)を有効にする。 クロスサイトリクエスト偽造(XSRF)を防止する。 アプリケーションへのアクセスを制御する認可フィルタを実装し拡張する。
  • Web APIのホストと管理
    • IISでWeb APIをホストする。 自分のプロセスでWeb APIを自己ホストする。 KestrelでWeb APIをホストする。 Windows Azure Web Appでサービスをホストする。 Dockerコンテナでサービスをホストする。 ストリーミングのためにホストサーバを設定する。 ホスティング環境と連携する
  • Web API Webサービスを使用する
    • HttpClientを使用してWeb APIサービスを使用する。 要求を異なる形式で送受信する。 再試行ロジックを処理する。 コンテンツネゴシエーションを実装する。 Urisとペイロードを構築するためにSwaggerを使用する。 AutoRestを使ってクライアントを構築する

準備用リソース

Webサービスの設計と実装(15-20%)
  • WCFサービスを使用する
    • SvcUtilを使用してプロキシを生成する。 サービス参照を作成してプロキシを生成する。 チャネルファクトリの作成と実装 構成設定を使用してWCFサービスを構成する。 WCFサービスのバインドを作成および構成する。 サービスバスエンドポイントを使用してAzureへのバインディングをリレーする。 Azureサービスバスリレーと統合する
  • サーバーレスのAzure Webサービスを実装する
    • Logic AppsやAPI Appsを含むApp Servicesを使用してWebサービスをホストする。 Azure機能ベースのサービスを設計し実装する。 Azureウェブジョブを設計し実装する。 サービスファブリックベースのWebサービスの設計と実装する。 サーバーレス環境でスケジュールベースの処理を実装する
  • Azureでトラフィック管理を実装する
    • スケーリングを含むAzure Load Balancerを実装する。 Azureアプリケーションゲートウェイを実装する。 Azure Traffic Managerを実装する。 複数リージョン用デザイン。 Azure CDNを利用してWebサービスをキャッシュする。 ログ分析を実装する
  • Azure API管理を実装する
    • 証明書、Azure Active Directory、およびOAuthを使用してWebサービスを保護する。 シークレット、キャッシング、外部サービス、監視およびスロットルを含むポリシーを定義し実装する。Azure PortalとSwaggerを使用してAPIインターフェイスを定義する。 ロギング、災害復旧、複数の地域を使用して実行中のサービスを管理する
  • Webサービスを監視する
    • Azure Event Hubを使用してログとメトリックを収集する。 Azure Event Hubs、Stream Analytics、およびMachine Learningを使用してログとメトリックを処理する。 Azure App Insightsを使用してWebサービスを監視およびトラブルシューティングする

準備用リソース

Webアプリケーションとサービスの展開(15-20%)
  • 展開戦略を設計する
    • Web Deployを使用して展開する。 Visual StudioでWeb公開を使用して展開する。 XCopyを使用してWebアプリケーションを展開する。 VSTSまたはTFSビルドサーバーからの展開を自動化する。 Webアプリケーションをコンテナにデプロイする。 継続的な展開パイプラインを設計する。 クラウド同期を使用して展開する
  • Azureの展開戦略を選択する
    • 適切なサービスを決定する。 インプレースアップグレードと展開スロットスワップを実行する。 ステージング環境を作成する。 アップグレードドメインを構成する。 入力エンドポイントと内部エンドポイントを作成と構成する。 オペレーティングシステムの構成を指定する。 ARMテンプレートを実装してデプロイメントをカスタマイズする。 サービスファブリックに展開する。 Azureスタックに展開する
  • デプロイするためにWebアプリケーションを設定する
    • 生産モードまたはリリースモードからデバッグモードに切り替える。 構成ファイルを変換する。 Azure設定を構成する。 アプリケーションシークレットのためにAzure Key Vaultを設定する。 Azure App Serviceのデプロイメント資格を設定する
  • NuGetを使用してパッケージを管理する
    • NuGetパッケージを作成して設定する。 既存のNuGetパッケージをインストールして更新する。 バージョン管理の競合の問題を解決する。 NuGet用のローカルリポジトリキャッシュに接続し、独自のパッケージリポジトリを設定する。 NuGetの依存関係を管理する
  • 複数のアプリケーションとサーバー間でアセンブリを共有する
    • 複数のサーバー間でアセンブリを使用する環境を準備する。 強い(一意性を保証された)名前を使用してアセンブリに署名する。 アセンブリをグローバルアセンブリキャッシュに展開する。 アセンブリのバージョン管理を実装する。 アセンブリマニフェストを作成する。 アセンブリバインディングのリダイレクトを構成する。 クロスプラットフォームライブラリのネットスタンダードをターゲットにする

準備用リソース

試験対策

オンライントレーニング
インストラクター指導のトレーニング
試験準備用ビデオ

Microsoft Certification PREP Talk:試験番号487

こちらの認定資格エキスパートによる試験対策用ビデオでは、 James Seymour (認定資格プランナー) と Jeremy Foster (開発者エバンジェリスト) が、試験番号 487 で評価されるスキルの妥当性について説明しています。

自己ペースのトレーニング

Developing Windows Azure and Web Services Jump Start

演習テスト

Take a Microsoft Official Practice Test for Exam 487

コミュニティから
書籍
Exam Ref 70-487: Developing Windows Azure and Web Services cover

Exam Ref 70-487:Windows AzureとWebサービスの開発
公開日:2013 年 11 月

Microsoftの試験70-487を準備し、実際にAzureとWebサービスを開発していることの実証に役立ててください。この 試験参照番号 では、地位向上を目指している経験豊富な IT プロフェッショナル向けに、Microsoft スペシャリスト レベルでの成功に必要な批判的思考法と意思決定能力について重点的に説明しています。

Microsoft Press Store で、この書籍を購入

受験対象者

この認定資格の受験者は、Visual Studio 2017およびMicrosoft®.NETコアフレームワークを使用してWebソリューションを設計および開発する専門的な開発者です。候補者は、最低3〜5年のASP.NET MVCベースのソリューションを開発した経験が必要です。さらに、候補者は次のことを実証出来るべきです。

  • Windows Azureを含むさまざまな(ローカルおよびリモートの)データとサービスにアクセスするWebアプリケーションの設計と開発の経験
  • データとサービスソリューションの完全なソフトウェア開発ライフサイクルの経験
  • Windows Azureを含む多層環境への開発と展開の経験
  • 非同期ソリューションの設計と開発経験
  • HTTPサービスの作成と使用経験

試験に関する追加情報

試験のための準備

試験のスケジュールを検討する際は、この試験準備ガイド全体を確認し、 Web サイト上のリソースをよく理解することをお勧めします。次の を参照して、 Microsoft Certification exam overview 登録、よくある問題形式の動画、その他の準備リソースをご参照下さい。試験方針や採点については、次を参照 Microsoft Certification exam policies and FAQs

注意

この準備ガイドは、Microsoft の判断に従っていつでも予告なく変更されることがあります。マイクロソフトの試験には、適応型テストの技術およびシミュレーション アイテムが含まれる場合があります。試験の提供形式は特定しません。試験の形式に関係なく、準備にはこの準備ガイドを使用してください。この試験の準備に役立つよう、Microsoft はこの製品に関する実地経験を積むこと、および指定されたトレーニング リソースを使用することをお勧めします。これらのトレーニング リソースは、「スキルの評価」 セクションの一覧に示されたトピックすべてに必ずしも対応しているわけではありません。