で試験日の自信が持てるようにしてください Exam Replay or an Exam Replay with Practice Test

試験
70-489

Windows

  • 配信開始:
    2013 年 11 月 20 日
  • 言語:
    英語、中国語 (簡体字)、フランス語、ドイツ語、日本語、ポルトガル語 (ブラジル)
  • 対象者:
    開発者
  • テクノロジ:
    Microsoft SharePoint Server 2013
  • 対応資格:
    MCP、MCSD

Microsoft SharePoint Server 2013 応用ソリューションの開発

* 価格には、Microsoft Imagine Academy プログラム メンバー、マイクロソフト認定トレーナー、およびマイクロソフト パートナー ネットワーク プログラム メンバー向けのプロモーション内容や価格割引は反映されません。価格は予告なく変更されることがあります。価格には適用される税は含まれていません。試験の予約をする前に、試験提供者に正確な価格をご確認ください。

2017年5月1日より、既存のキャンセポリシーが次のポリシーに全て置き換わります、 ポリシー:登録した試験日より5営業日以内のキャンセルもしくは日程変更には料金がかかりますスケジュールされていたアポイントメント時より24時間以内に現れなかった、もしくはキャンセルしたか日程変更した場合、全額がかかります。

スキルの評価

この試験では、次の一覧に示す技術タスクを遂行する能力を評価します。パーセンテージは、試験の各主要トピック領域の相対的な重みを示します。パーセンテージが高いほど、試験でこのコンテンツ領域に関する質問の数が多くなる可能性があります。マイクロソフト試験の variety of question types について、ビデオ チュートリアルを参照してください。

箇条書きテキストで記述されているトピックに関する質問が出題されますが、これらに限定されるものではないことに注意してください。

この試験で評価されるスキルの妥当性に関するフィードバックをご提供いただける方は、マイクロソフトまでコメントをお送りください。すべてのフィードバックは確認されており、認定資格プロセスの有効性および信頼性を依然として維持しながら、必要に応じて反映されます。マイクロソフトからは、皆様のフィードバックに直接返信されないことにご注意ください。マイクロソフト認定資格プログラムの品質確保のために、皆様からのご意見をお待ちしております。

試験に特定の質問がある場合は、提出してください exam challenge

マイクロソフト認定資格試験のフィードバック、その他の認定資格プログラム、登録、プロモーションや質問がある場合は連絡してください Regional Service Center

検索の設計と実装 (15 ~ 20%)
  • 検索にクエリを実行する
    • このトピックには次の内容が含まれています。ただし、これらの内容に限定されているわけではありません。FAST クエリ言語 (FQL) とキーワード クエリ言語 (KQL) を使用した検索クエリの作成、クライアント側オブジェクト モデル (CSOM)、Web サービス、および REST を使用した検索クエリの実行
  • 検索結果をカスタマイズする
    • このトピックには次の内容が含まれています。ただし、これらの内容に限定されているわけではありません。カスタム検索先の作成、表示テンプレートの作成、検索結果の種類の作成、カスタムの絞り込み条件定義の作成、クエリルールの実装
  • コンテンツ処理をカスタマイズする
    • このトピックには次の内容が含まれています。ただし、これらの内容に限定されているわけではありません。外部コンテンツ タイプのフィード、コンテンツ処理拡張機能 (エンティティ抽出) の実装、標準のコンテンツ処理の構成、コンテンツのマッピングの作成

準備用リソース

Business Connectivity Services (BCS) の実装 (10 ~ 15%)
  • モデルを作成する
    • このトピックには次の内容が含まれています。ただし、これらの内容に限定されているわけではありません。パフォーマンスと調整を目的としたクエリの最適化、名前付け規則の使用、バッチ処理の使用、フィルターの作成、メソッドの実装、関連付けの作成
  • 外部コンテンツ タイプを作成する
    • このトピックには次の内容が含まれています。ただし、これらの内容に限定されているわけではありません。SQL データ ソースの使用、Windows Communication Foundation (WCF) Web サービスの使用、OData の使用、.NET コネクタの使用
  • 承認と認証を実装する
    • このトピックには次の内容が含まれています。ただし、これらの内容に限定されているわけではありません。パススルーの使用、BCS ID とユーザー ID の使用、カスタム モデルの使用
  • カスタム コネクタを作成する
    • このトピックには次の内容が含まれています。ただし、これらの内容に限定されているわけではありません。メソッド (検索など) の実装、セキュリティによるトリミングの実装、構成プロパティの実装、キャッシュの実装、外部イベント レシーバーの実装
  • BCS データにアクセスする
    • このトピックには次の内容が含まれています。ただし、これらの内容に限定されているわけではありません。BCS Web パーツの使用、ワークフローでの BCS データの使用、BCS CSOM の使用、サーバー側オブジェクト モデルの使用、BCS REST の使用
  • クライアント側 BCS を実装する
    • このトピックには次の内容が含まれています。ただし、これらの内容に限定されているわけではありません。キャッシュの使用、Microsoft Office アプリの使用、Microsoft Visual Studio Tools for Office の使用、SQL レプリケーションの使用、承認と認証の実装

準備用リソース

ユーザー プロファイルの実装とソーシャルな作業負荷のカスタマイズ (15 ~ 20%)
  • ユーザー プロファイル プロパティを管理する
    • このトピックには次の内容が含まれています。ただし、これらの内容に限定されているわけではありません。ユーザー プロファイル プロパティの作成と更新、プライバシー フィルターの更新、外部データへのプロパティのマップ、管理されたメタデータ用語セットの使用、プロファイル画像の更新
  • フィードを管理する
    • このトピックには次の内容が含まれています。ただし、これらの内容に限定されているわけではありません。CSOM を使用したドキュメント/ユーザー/サイトのフォロー、フィードの取得、投稿の作成、"いいね!"/返信/メンション/タグ/リンクの管理、画像の追加
  • ユーザー プロファイル データにアクセスする
    • このトピックには次の内容が含まれています。ただし、これらの内容に限定されているわけではありません。CSOM の使用、オブジェクト モデルの使用、REST の使用、Web サービスの使用

準備用リソース

エンタープライズ コンテンツ管理 (ECM) と Web コンテンツ管理 (WCM) の実装 (15 ~ 20%)
  • 多言語サイトを実装する
    • このトピックには次の内容が含まれています。ただし、これらの内容に限定されているわけではありません。翻訳を目的としたページまたはページのバッチの送信、ページの発行、ソース ラベルとターゲット ラベルの作成、チャネルの作成、多言語サイト ナビゲーションの実装
  • 電子情報開示を実装する
    • Exchange Web サービス、コンテンツ ソースと検索条件の指定、情報開示セットのエクスポート、保留リストに対する権限の管理
  • 検索エンジンの最適化 (SEO) を実装する
    • このトピックには次の内容が含まれています。ただし、これらの内容に限定されているわけではありません。サイト マップの作成、サイト マップのカスタマイズ、SEO 構成プロパティの管理、robots.txt ファイルの管理、用語に対する SEO プロパティの管理
  • コンテンツ管理を実装する
    • このトピックには次の内容が含まれています。ただし、これらの内容に限定されているわけではありません。情報管理ポリシーの作成、コンテンツ オーガナイザー ルールの作成、ドキュメント セットの作成、ドキュメント ID プロバイダーの作成
  • 発行ページを実装する
    • このトピックには次の内容が含まれています。ただし、これらの内容に限定されているわけではありません。ページ レイアウトへのフィールド コントロールの追加、ページ レイアウトへの Web パーツの追加、発行ページ レイアウトの作成、コンテンツ タイプの継承

準備用リソース

パフォーマンスとトラブルシューティングを考慮した設計 (15 ~ 20%)
  • トラフィックの多いサイトを処理するソリューションを設計する
    • このトピックには次の内容が含まれています。ただし、これらの内容に限定されているわけではありません。イメージの組み合わせ、キャッシュの実装、クエリ数の最小化、JavaScript 読み込みの最適化、コンテンツ配信ネットワーク (CDN) の使用、スケーラブルな集合表示の作成
  • パフォーマンスを考慮してクライアント アプリケーションを設計する
    • このトピックには次の内容が含まれています。ただし、これらの内容に限定されているわけではありません。正常性スコア ルールの利用、バッチ サーバー要求数の最適化、クライアント側キャッシュの使用、要求されるデータ量の最小化
  • パフォーマンスとスケーラビリティの問題を監視および軽減する
    • このトピックには次の内容が含まれています。ただし、これらの内容に限定されているわけではありません。アプリケーションの安定性に関する問題の診断、サーバー側コードとクライアント側のアプリ コードのデバッグ、アプリケーション診断の作成、アプリケーション パフォーマンスの測定とテスト

準備用リソース

Managed Metadata Service (MMS) の実装 (15 ~ 20%)
  • 用語セットを管理する
    • このトピックには次の内容が含まれています。ただし、これらの内容に限定されているわけではありません。用語セットのインポートとエクスポート、多言語ラベルの作成、用語の再利用、用語プロパティの管理、翻訳、グループの作成と権限の割り当て
  • MMS を使用してソリューションを作成する
    • このトピックには次の内容が含まれています。ただし、これらの内容に限定されているわけではありません。プロファイル ページの使用、製品カタログの使用、クロスサイト発行の使用、検索との統合、メタデータ型ナビゲーションの実装
  • MMS API を使用する
    • このトピックには次の内容が含まれています。ただし、これらの内容に限定されているわけではありません。クライアント アプリケーションでの CSOM の使用、クライアント アプリケーションでの REST の使用、管理されたフィールドの使用、サーバー側オブジェクト モデルの使用

準備用リソース

試験対策

講師によるトレーニング
お近くのマイクロソフト ラーニング パートナーの検索
試験対策用ビデオ

Microsoft Certification PREP Talk: Exam 489

こちらの認定資格エキスパートによる試験対策用ビデオでは、 James Seymour (認定資格プランナー) と Aaron Steele (Microsoft Consulting Services) が、Exam 489 で評価されるスキルの妥当性について説明しています。

自習形式のトレーニング

Developing SharePoint Server Advanced Solutions Jump Start

コミュニティから

@MSLearning をフォロー

受験対象者

この試験は、SharePoint および Web の 4 年以上の開発経験を持つ技術リーダーを対象としています。受験者は、SharePoint 環境への展開または SharePoint 環境との対話を行うプロジェクトのカスタム コードの開発を担当している方を対象としています。この試験は、SharePoint および Web の 4 年以上の開発経験を持つ技術リーダーを対象としています。受験者は、SharePoint 環境への展開または SharePoint 環境との対話を行うプロジェクトのカスタム コードの開発を担当している方を対象としています。通常、次の経験を持つ方が対象となります。

  • 適切なアプローチを選択して、SharePoint でカスタマイズを作成する。
  • ソリューションのパッケージ化、展開、アップグレードを計画して実装する。
  • カスタマイズする SharePoint のデータとコンテンツの構造を識別する。
  • 診断とデバッグを実行する。
  • アプリケーションのスケーラビリティとパフォーマンスを計画し設計を行う。
  • カスタマイズによるパフォーマンス上の問題を識別し、軽減措置を講じる。
  • 認証と承認について理解している。
  • Windows PowerShell の使用経験がある。

また受験者は、SharePoint の機能と、Microsoft Azure や SharePoint Online などのオンライン サービスについても熟知している必要があります。

試験に関する追加情報

試験のための準備

試験のスケジュールを検討する際は、この試験準備ガイド全体を確認し、 Web サイト上のリソースをよく理解することをお勧めします。次の を参照して、 Microsoft Certification exam overview 登録、よくある問題形式の動画、その他の準備リソースをご参照下さい。試験方針や採点については、次を参照 Microsoft Certification exam policies and FAQs

注意

この準備ガイドは、Microsoft の判断に従っていつでも予告なく変更されることがあります。マイクロソフトの試験には、適応型テストの技術およびシミュレーション アイテムが含まれる場合があります。試験の提供形式は特定しません。試験の形式に関係なく、準備にはこの準備ガイドを使用してください。この試験の準備に役立つよう、Microsoft はこの製品に関する実地経験を積むこと、および指定されたトレーニング リソースを使用することをお勧めします。これらのトレーニング リソースは、「スキルの評価」 セクションの一覧に示されたトピックすべてに必ずしも対応しているわけではありません。