で試験日の自信が持てるようにしてください Exam Replay or an Exam Replay with Practice Test

試験
70-490

Windows

  • 配信開始:
    2014 年 8 月 1 日
  • 言語:
    英語、日本語
  • 対象者:
    開発者
  • テクノロジ:
    ASP.NET MVC
  • 対応資格:
    MCP、MCSD

MCSD: Windows Store Apps using HTML5 の再認定

* 価格には、Microsoft Imagine Academy プログラム メンバー、マイクロソフト認定トレーナー、およびマイクロソフト パートナー ネットワーク プログラム メンバー向けのプロモーション内容や価格割引は反映されません。価格は予告なく変更されることがあります。価格には適用される税は含まれていません。試験の予約をする前に、試験提供者に正確な価格をご確認ください。

2017年5月1日より、既存のキャンセポリシーが次のポリシーに全て置き換わります、 ポリシー:登録した試験日より5営業日以内のキャンセルもしくは日程変更には料金がかかりますスケジュールされていたアポイントメント時より24時間以内に現れなかった、もしくはキャンセルしたか日程変更した場合、全額がかかります。

スキルの評価

この試験では、次の一覧に示す技術タスクを遂行する能力を評価します。マイクロソフト試験の variety of question types について、ビデオ チュートリアルを参照してください。

箇条書きテキストで記述されているトピックに関する質問が出題されますが、これらに限定されるものではないことに注意してください。

この試験で評価されるスキルの妥当性に関するフィードバックをご提供いただける方は、マイクロソフトまでコメントをお送りください。すべてのフィードバックは確認されており、認定資格プロセスの有効性および信頼性を依然として維持しながら、必要に応じて反映されます。マイクロソフトからは、皆様のフィードバックに直接返信されないことにご注意ください。マイクロソフト認定資格プログラムの品質確保のために、皆様からのご意見をお待ちしております。

試験に特定の質問がある場合は、提出してください exam challenge

マイクロソフト認定資格試験のフィードバック、その他の認定資格プログラム、登録、プロモーションや質問がある場合は連絡してください Regional Service Center

Windows ストア アプリの設計
  • UI のレイアウトと構造を設計する
    • 概念設計の評価、UI の構成方法の決定、視覚要素の継承と再利用の設計 (スタイル、リソースなど)、アクセシビリティの設計、カスタム コントロールが必要なタイミングの決定、ハブ アプリ テンプレートの使用
Windows ストア アプリの開発
  • 検索を実装する
    • SearchPane と SearchBox コントロール クラスを使用した検索候補の提供、他のアプリの検索と起動、アプリ内の検索の提供と制約 (検索チャームの内部と外部を含む)、検索結果のプレビューの提供、検索内からのアクティブ化の実装、検索コントラクトの構成
  • アプリに共有を実装する
    • DataTransferManager クラスを使用した他のアプリとのデータの共有、共有内からのアクティブ化を実装することによる共有の要求への対応、DataPackage オブジェクトを使用した共有の範囲の制限、共有チャーム外でのアプリ内共有の実装、Web リンクおよびアプリケーション リンクの使用
  • メディア機能を統合する
    • DDS イメージのサポート、ビデオ再生の実装、XVP と DXVA の実装、TTS の実装、HTML5 DRM を使用したオーディオおよびビデオ再生の実装
ユーザー インターフェイスの作成
  • WinJS コントロールを実装する
    • FlipView、フライアウト、グリッド レイアウト、リスト レイアウト、メニュー オブジェクト、WebView、アイテム コンテナー、repeater
  • HTML レイアウト コントロールを実装する
    • レイアウト構成用のレイアウト コントロールの実装、テンプレートとバインドの実装、CSS3 によるスクロールとズームのサポート、テキスト フローとプレゼンテーションの管理 (オーバーフローを含む)
  • レイアウトを認識するアプリを作成してウィンドウ化モードを処理する
    • CSS3 メディア クエリを使用した他のデバイスへの適応、向きの変更への応答、ViewManagement 名前空間を使用した新しいウィンドウ化モードへの適応、アプリ ビュー用の設定の管理
ユーザー操作のプログラミング
  • トーストを使用してユーザーに通知する
    • アプリのトースト通知の有効化、ToastUpdateManager を使用したトースト通知へのイメージとテキストの設定、トースト通知の音声設定、トースト イベントへの応答、トースト期間の制御、Azure Mobile Services によるプッシュ通知の構成と使用
セキュリティとデータの管理
  • データ アクセス戦略を選択する
    • 要件に基づく適切なデータ アクセス戦略の選択 (ファイル ベース、Web サービス、リモート ストレージ (Microsoft Azure ストレージと Azure Mobile Services を含む))
  • データをリモートで取得する
    • XHR または HttpClient を使用した Web サービスの取得、REST の適切な HTTP 動詞の設定、データ要求の進捗の処理、SOAP/WCF サービスの使用、WebSockets を使用した双方向通信
  • Windows 認証および承認を管理する
    • ユーザーのロールまたは要求の取得、PasswordVault クラスを使用した資格情報の格納と取得、CredentialPicker クラスの実装、資格情報保管ボックスを使用した資格情報の存在の確認、アカウントの資格情報のアプリ設定への格納
  • Web 認証を管理する
    • Windows.Security.Authentication.Web 名前空間の使用、認証用の OAuth2 のセットアップ、CredentialPicker、シングル サインオン (SSO) のセットアップ、資格情報の移動の実装、WebAuthenticationBroker クラスの実装、エンタープライズ向けのプロキシ認証のサポート
Windows ストア アプリの開発
  • バックグラウンド タスクを作成する
    • Windows.applicationmodel.background クラスの実装、WebUIBackgroundTaskInstance の実装、バックグラウンド タスクの作成によるリソースの管理と保持、バックグラウンド タスクの作成によるアプリの通知の取得、BackgroundTaskBuilder クラスを使用したバックグラウンド タスクの登録、Scheduler 名前空間を使用したタスクの優先順位付け
デバイスの検出およびデバイスとの対話
  • カメラとマイクを使用してメディアを取り込む
    • CameraCaptureUI を使用した写真とビデオの撮影およびカメラの設定の構成、MediaCapture を使用した写真、ビデオ、およびオーディオのキャプチャ、カメラの設定の構成、メディア形式の設定、メディア キャプチャ イベントの処理、シーケンス モード、サムネイル、フォーカス モードなどの高度なフォト機能の実装
  • センサーからデータを取得する
    • センサーの可用性の判断 (Windows.devices.sensors)、アプリ マニフェストへのセンサー要求の追加、センサー イベントの処理、センサー プロパティの取得、GPS による位置情報の確認、ジオフェンスの有効化
  • デバイスのアクセスを実装する
    • USB、Bluetooth、ヒューマン インターフェイス デバイス (HID)、3D プリンターのサポート、店舗販売時点管理 (PoS) デバイス
ユーザー操作のプログラミング
  • コントラクトとチャームを使用してリモート再生を実装する
    • リモート再生するアプリの登録、PlayToManager ストリーム メディア アセットの使用、PlayToReceiver へのアプリの登録、プログラムを使用した PlayTo 機能の実装
  • Windows プッシュ通知サービス (WNS) を使用してユーザーに通知する
    • WNS による認証、通知チャネルの要求/作成/保存、WNS の呼び出しとポーリング、Azure モバイル サービスを使用したプッシュ通知の構成と実装
ユーザー インターフェイスの強化
  • UI の応答性を設計および実装する
    • Web ワーカーと合意の間の非同期戦略の選択、Web ワーカーの実装、合意の入れ子と組み合わせ、合意の認識するカスタム関数の作成、Scheduler 名前空間を使用したインターフェイスのパフォーマンスの向上
  • アニメーションと切り替えを実装する
    • アニメーション ライブラリからのアニメーションの適用 (WinJS.UI.animation)、CSS を使用したアニメーションと切り替えの作成とカスタマイズ、変換の適用、キーポイントを使用したアニメーションの作成、タイミング関数の適用、HTML5 < canvas > 要素によるアニメーション
データとセキュリティの管理
  • データ キャッシュを設計および実装する
    • 要件に基づいてキャッシュに保持する必要があるアプリ内のアイテムの種類の選択 (ユーザー データ、設定、アプリケーション データ)、アイテムがキャッシュされるタイミングの選択、アイテムがキャッシュされる場所の選択 (Microsoft Azure、Azure Mobile Services、リモート ストレージ)、キャッシング メカニズムの選択、indexDB、LocalStorage、および SessionStorage を使用したデータの格納
  • ファイルを保存および取得する
    • ファイル ストリームの処理、StorageFile クラスと StorageFolder クラスを使用したファイルの保存と取得、ファイルの拡張子と関連付けの設定、ファイル ピッカーとフォルダー ピッカーを使用したファイルの保存と取得、ファイルの圧縮による空き領域の確保、ライブラリと KnownFolders へのアクセス (写真、ドキュメント、ビデオなど)、ファイル ピッカーの外観の管理、Windows インデックスを使用した検索性能の向上、アプリの OneDrive との統合、ファイルの比較、ライブラリの管理
  • アプリケーション データのセキュリティを保護する
    • Windows.Security.Cryptography 名前空間を使用したデータ暗号化、証明書の登録および要求、証明書を使用したデータ暗号化、アクセス許可の削除
ソリューション配置の準備
  • テスト戦略を設計および実装する
    • 機能テスト プランの設計、コード化された UI テストの実装、信頼性テスト プランの計画 (パフォーマンス テスト、ストレス テスト、スケーラビリティ テスト、耐久テストなど)、アプリ内購入のシミュレーション
  • Windows ストア配置のための評価と構成を行う
    • Windows ストアに送信するアプリのオプションの構成 (年齢制限、プライバシーに関する声明、権限、イメージ、連絡先情報など)、アプリケーション ファイル、リソース ファイル、およびアプリケーション バンドルの作成、Windows Application Certification Kit (WACK) を使用したアプリケーションの準備の確認

試験対策

講師によるトレーニング
お近くのマイクロソフト ラーニング パートナーの検索
試験対策用ビデオ

Microsoft Certification PREP Talk: Exam 481

こちらの認定資格エキスパートによる試験対策用ビデオでは、 James Seymour (認定資格プランナー) と Lwin Maung (開発コンサルタント) が、Exam 481 で評価されるスキルの妥当性について説明しています。

Microsoft Certification PREP Talk: Exam 482

こちらの認定資格エキスパートによる試験対策用ビデオでは、 James Seymour (認定資格プランナー) と Jeremy Foster (開発者エバンジェリスト) が、Exam 482 で評価されるスキルの妥当性について説明しています。

自習形式のトレーニング

Windows Store App Development with HTML5 Jump Start

Windows 8 は他とどのような点で異なるのでしょうか。なぜ Windows 8 プラットフォーム向けのアプリを構築することが急務の課題であり、開発者コミュニティで Windows 8 に対して異なるリアクションがあるのでしょうか。この Jump Start で HTML5、CSS3、JavaScript を取り扱うのは 2 回目であり、HTML5/CSS3/JavaScript を使用したプログラミング スキルの習得をサポートします。このコースでは、Web アプリケーションと Windows ストア アプリの導入と、Microsoft Exam 70-481 に向けた準備をサポートします。

Windows Store Apps with HTML5 Refresh Jump Start

このコースは、HTML5 に関するコース「Developing Windows Store Apps with HTML5 Jump Start」および「Advanced Windows Store App Development Using HTML5 and JavaScript Jump Start」でアプリ開発について説明した内容全般に基づいています。実際的なシナリオを多数盛り込んだこのテンポの速い更新版コースでは、Windows 8.1 の新機能を使用してアプリの機能や統合を強化する方法について説明します。このコースは、HTML と JavaScript を使用して Windows 8 プラットフォーム用アプリを作成している方や、そのようなアプリの作成を希望している方を対象としています。

Advanced Windows Store App Development with HTML5 Jump Start

Windows 8 アプリの作成をご検討ですか。この Jump Start では、Windows ストアの他のアプリから一歩抜きんでるための、アプリの最適化に必要な高度なプログラミング スキルとテクニックについて、迅速なペースで深く掘り下げます。設計スキルと開発スキルを組み合わせて、Windows ストアに公開済みのアプリをサポートする方法について解説します。

演習テスト

Exam 481 用マイクロソフト公式演習テストを受験してください

Exam 482 用マイクロソフト公式演習テストを受験してください

コミュニティから

Exam 70-481 Wiki

Exam 70-481 フォーラム

Exam 70-482 Wiki

Exam 70-482 フォーラム

@MSLearning および @visualstudio をフォロー

書籍

Exam Ref 70-481: Essentials of Developing Windows Store Apps Using HTML5 and JavaScript
配信開始: 2013 年 10 月 (予定)

Exam 70-482 に対する準備と、HTML5 と JavaScript を使用した実践的な Windows ストア アプリの開発技術の習得をサポートします。この Exam Ref では、地位向上を目指す経験豊富な開発者向けに、MCSD レベルでの成功に必要な批判的思考法と意思決定能力について重点的に説明しています。

この書籍を購入 (Microsoft Press Store)

Exam Ref 70-482: Advanced Windows Store App Development Using HTML5 and JavaScript
配信開始: 2013 年 10 月 15 日

Exam 70-482 に対する準備と、HTML5 と JavaScript を使用した実践的な Windows ストア アプリの開発技術の習得をサポートします。この Exam Ref では、地位向上を目指す経験豊富な開発者向けに、MCSD レベルでの成功に必要な批判的思考法と意思決定能力について重点的に説明しています。

この書籍を購入 (Microsoft Press Store)

受験対象者

この試験は、取得済みのMCSD: Windows Store Apps 認定を維持したいと考えている個人を対象としていて、試験目標 481 および 482 に基づいています。

試験に関する追加情報

試験のための準備

試験のスケジュールを検討する際は、この試験準備ガイド全体を確認し、 Web サイト上のリソースをよく理解することをお勧めします。次の を参照して、 Microsoft Certification exam overview 登録、よくある問題形式の動画、その他の準備リソースをご参照下さい。試験方針や採点については、次を参照 Microsoft Certification exam policies and FAQs

注意

この準備ガイドは、Microsoft の判断に従っていつでも予告なく変更されることがあります。マイクロソフトの試験には、適応型テストの技術およびシミュレーション アイテムが含まれる場合があります。試験の提供形式は特定しません。試験の形式に関係なく、準備にはこの準備ガイドを使用してください。この試験の準備に役立つよう、Microsoft はこの製品に関する実地経験を積むこと、および指定されたトレーニング リソースを使用することをお勧めします。これらのトレーニング リソースは、「スキルの評価」 セクションの一覧に示されたトピックすべてに必ずしも対応しているわけではありません。