で試験日の自信が持てるようにしてください Exam Replay or an Exam Replay with Practice Test

試験
70-492

Windows

  • 配信開始:
    2013 年 5 月 13 日
  • 言語:
    英語
  • 対象者:
    開発者
  • テクノロジ:
    Visual Studio 2012
  • 対応資格:
    MCP、MCSD

Upgrade your MCPD: Web Developer 4 to MCSD: Web Applications

この試験は終了しました

現在可能なオプションについては、この Microsoft Certification exam list

スキルの評価

この試験では、次の一覧に示す技術タスクを遂行する能力を評価します。マイクロソフト試験の variety of question types について、ビデオ チュートリアルを参照してください。

箇条書きテキストで記述されているトピックに関する質問が出題されますが、これらに限定されるものではないことに注意してください。

この試験で評価されるスキルの妥当性に関するフィードバックをご提供いただける方は、マイクロソフトまでコメントをお送りください。すべてのフィードバックは確認されており、認定資格プロセスの有効性および信頼性を依然として維持しながら、必要に応じて反映されます。マイクロソフトからは、皆様のフィードバックに直接返信されないことにご注意ください。マイクロソフト認定資格プログラムの品質確保のために、皆様からのご意見をお待ちしております。

試験に特定の質問がある場合は、提出してください exam challenge

マイクロソフト認定資格試験のフィードバック、その他の認定資格プログラム、登録、プロモーションや質問がある場合は連絡してください Regional Service Center

アプリケーション アーキテクチャの設計
  • Windows Azure ロールのライフ サイクルを設計して実装する
    • 開始、実行、および停止イベントの特定と実装、スタートアップ タスクの特定 (IIS の構成 (アプリケーション プール)、レジストリの構成、サード パーティ製ツール)

準備用リソース

ユーザー エクスペリエンス (UX) の設計
  • UI の動作を設計して実装する
    • クライアントの検証の実装、JavaScript と DOM を使用したアプリケーションの動作の制御、原型継承を使用したオブジェクトの拡張、AJAX を使用した部分ページの更新、jQuery を使用した UI の実装

準備用リソース

ユーザー エクスペリエンスの開発
  • グローバリゼーションとローカライズを計画および実装する
    • ローカライズ戦略の計画、JavaScript リソースなどのリソースの作成と UI への適用、カルチャの設定、サテライト リソース アセンブリの作成
  • MVC コントローラーとアクションを設計して実装する
    • 承認属性とグローバル フィルターの適用、アクションの動作の実装、アクションの結果の実装、モデル バインドの実装
  • MVC 機能拡張ポイントを使用してアプリケーションの動作を制御する
    • MVC フィルターとコントローラー ファクトリの実装、アクションの結果/ViewEngine/モデル バインダー/ルート ハンドラーを使用したアプリケーションの動作の制御
  • ネットワークの使用帯域幅を削減する
    • スクリプト (CSS と JavaScript) の縮小化とバンドル、データの圧縮化と展開 (gzip/deflate の使用、ストレージ)、Windows Azure CDN などのコンテンツ配信ネットワーク (CDN) 戦略の計画

準備用リソース

Web アプリケーションのトラブルシューティングとデバッグ
  • Azure アプリケーションをデバッグする
    • Windows Azure 診断 API 実装を使用したオンデマンドとスケジュール設定の診断情報収集、ログの種類 (イベント ログ、パフォーマンス カウンター、クラッシュ ダンプなど) の選択、IntelliTrace およびリモート デスクトップ プロトコル (RDP) を使用した Windows Azure アプリケーションのデバッグ

準備用リソース

セキュリティの設計と実装
  • 複数のフェデレーション ID ストアに対してクレーム ベース認証を設計して実装する
    • Azure アクセス制御サービスを使用したフェデレーション認証の実装、Windows Identity Foundation を使用したカスタム セキュリティ トークンの作成、SAML トークンと SWT トークンのトークン形式の処理 (oAuth、OpenID、LiveID、Facebook など)

準備用リソース

データへのアクセス
  • Azure でデータ ストレージを実装する
    • Azure 内のデータ ストレージへのアクセス、Azure のデータ ストレージ メカニズム (Blob、テーブル、キュー、SQL データベース) の選択、コンテンツ配信ネットワーク (CDN) を使用したデータの配布、再試行 (SQL データベース) を使用した例外の処理、Azure のキャッシュの管理
  • Azure で WCF サービスを作成して構成する
    • リソースへのアクセス、フィルター処理の実装、クエリ式の作成、ペイロード形式 (JSON など) へのアクセス、データ サービス インターセプターやサービス演算子の使用

準備用リソース

WCF サービスの設計と実装
  • メッセージングのパターンを実装する
    • 一方向、要求/応答、ストリーミング、双方向の通信の実装、Azure サービス バスおよび Azure キューの実装
  • サービスのホストと管理を行う
    • サービスの同時実行 (単一、複数、再入可能) の管理、サービス ホストの作成、ホスティングのメカニズムの選択、インスタンス化モード (呼び出しごと、セッションごと、単一) の選択、AppFabric を使用したサービスのアクティブ化と管理、トランザクション サービスの実装、Azure worker ロールでのサービスのホスト

準備用リソース

Web アプリケーションおよびサービスの配置
  • Web API を設計する
    • HTTP アクションを使用した HTTP リソースの定義、適切な URI 空間の計画と、ルーティングを使用した URI 空間のマッピング、要件に合った適切な HTTP メソッド (get、put、post、delete) の選択、要件に合った適切な応答形式 (Web API 形式) の選択、どのような場合に HTTP アクションを非同期するのかの計画
  • Web API を実装する
    • JSON 形式でのデータ受け取り (JavaScript、AJAX コールバックで)、コンテンツ ネゴシエーションを使用したクライアントへのさまざまなデータ形式の提供、データ バインドを処理するためのアクションとパラメーターの定義、HttpMessageHandler を使用したクライアント要求とサーバー応答の処理、依存関係の挿入 (および依存関係競合回避モジュール) の実装によるより柔軟なアプリケーション作成、アクション フィルターや例外フィルターの実装によるコントローラーの実行の管理、非同期および同期の操作の実装、ストリーミング アクションの実装
  • Web API をセキュリティで保護する
    • SSL 経由での HTTPBasic 認証の実装、Windows 認証の実装、クロスドメイン要求の有効化、クロスサイト リクエスト フォージェリ (XSRF) の阻止、承認フィルターの実装と拡張によるアプリケーションへのアクセスと制御
  • Web API のホストと管理を行う
    • ASP.NET アプリケーションでの Web API のホスト、自分自身のプロセス (Windows サービス) での Web API の自己ホスト、Azure worker ロールでのサービスのホスト、メッセージ サイズの制限、ストリーミングのためのホスト サーバーの構成
  • Web API の Web サービスを利用する
    • HttpClient の同期的および非同期的使用による Web API サービスの利用、さまざまな形式 (JSON、HTML、その他) での要求の送受信

準備用リソース

Web アプリケーションおよびサービスの配置
  • NuGet を使用してパッケージを管理する
    • NuGet パッケージの作成と構成、既存の NuGet パッケージのインストールと更新、NuGet 用のローカル リポジトリ キャッシュへの接続、独自のパッケージ リポジトリの設定
  • 複数のアプリケーションおよびサーバー間でアセンブリを共有する
    • 複数のサーバーにわたってアセンブリを使用するための環境の準備 (インターン)、厳密な名前を使用したアセンブリへの署名、グローバル アセンブリ キャッシュへのアセンブリの展開、アセンブリのバージョン管理の実装、アセンブリ マニフェストの作成、アセンブリ バインディングのリダイレクトの構成 (たとえば、MVC2 から MVC3 または MVC4 へ)

準備用リソース

試験対策

講師によるトレーニング
お近くのマイクロソフト ラーニング パートナーの検索
コミュニティから

@MSLearning をフォロー

受験対象者

この試験の受験者は、MCPD: Web Developer 4 認定を取得している必要があります。

試験に関する追加情報

試験のための準備

試験のスケジュールを検討する際は、この試験準備ガイド全体を確認し、 Web サイト上のリソースをよく理解することをお勧めします。次の を参照して、 Microsoft Certification exam overview 登録、よくある問題形式の動画、その他の準備リソースをご参照下さい。試験方針や採点については、次を参照 Microsoft Certification exam policies and FAQs

注意

この準備ガイドは、Microsoft の判断に従っていつでも予告なく変更されることがあります。マイクロソフトの試験には、適応型テストの技術およびシミュレーション アイテムが含まれる場合があります。試験の提供形式は特定しません。試験の形式に関係なく、準備にはこの準備ガイドを使用してください。この試験の準備に役立つよう、Microsoft はこの製品に関する実地経験を積むこと、および指定されたトレーニング リソースを使用することをお勧めします。これらのトレーニング リソースは、「スキルの評価」 セクションの一覧に示されたトピックすべてに必ずしも対応しているわけではありません。