Exam Replay または Exam Replay with Practice Test で試験日に自信が持てるようにしてください。

試験
70-496

Windows

  • 配信開始:
    2014 年 6 月 8 日
  • 言語:
    英語、中国語 (簡体字)、フランス語、ドイツ語、日本語、ポルトガル語 (ブラジル)
  • 対象者:
    IT プロフェッショナル、開発者
  • テクノロジ:
    Microsoft Team Foundation Server 2015
  • 対応資格:
    MCP、MCSD

Administering Visual Studio Team Foundation Server

* 学生の方には、学割価格が適用される場合があります (インドまたは中国では利用できません)。詳細については、試験のポリシーと FAQ を参照してください。価格には、Microsoft Imagine Academy プログラム メンバー、マイクロソフト認定トレーナー、およびマイクロソフト パートナー ネットワーク プログラム メンバー向けのプロモーション内容や価格割引は反映されません。価格は予告なく変更されることがあります。価格には適用される税は含まれていません。試験の予約をする前に、試験提供者に正確な価格をご確認ください。

スキルの評価

この試験では、次の一覧に示す技術タスクを遂行する能力を評価します。パーセンテージは、試験の各主要トピック領域の相対的な重みを示します。パーセンテージが高いほど、試験でこのコンテンツ領域に関する質問の数が多くなる可能性があります。マイクロソフト試験のさまざまな質問のタイプについて、ビデオ チュートリアルを参照してください。

箇条書きテキストで記述されているトピックに関する質問が出題されますが、これらに限定されるものではないことに注意してください。

この試験で評価されるスキルの妥当性に関するフィードバックをご提供いただける方は、マイクロソフトまでコメントをお送りください。すべてのフィードバックは確認されており、認定資格プロセスの有効性および信頼性を依然として維持しながら、必要に応じて反映されます。マイクロソフトからは、皆様のフィードバックに直接返信されないことにご注意ください。マイクロソフト認定資格プログラムの品質確保のために、皆様からのご意見をお待ちしております。

この試験の個々の質問に関して懸案がある場合は、試験への異議をご提出ください。

マイクロソフト認定資格試験や認定資格プログラム、登録、またはプロモーションに関するその他の質問やご意見があれば、認定プログラム事務局にご連絡ください。

Team Foundation Server (TFS) のインストールおよび構成 (25 ~ 30%)
  • Team Foundation Server をインストールする
    • SQL Server バージョン サポート、多層または複数コンピューター環境での Team Foundation Server のインストール、負荷分散環境での Team Foundation Server のインストール、バージョン管理プロキシ サーバーの設定、TFS 管理コンソールを使用した自動バックアップおよび復元アクティビティのスケジュール設定
  • アプリケーション層を構成する
    • インストール環境の確認、Team Foundation Server 用の SMTP の構成、 URL の変更 (わかりやすい名前)、既定の SharePoint Web アプリケーションの変更、レポート (SQL Server Analysis Services) の設定
  • Team Foundation Server を移行またはアップグレードする
    • Team Foundation Server へのインプレース アップグレードまたは新しいハードウェアへの移動、非 Team Foundation Server システムからのソース ベースのインポート、チーム プロジェクトのアップグレード
  • Lab Management をインストールおよび構成する
    • 環境テンプレートの設定、テスト エージェントのインストールおよび構成、System Center Virtual Machine Manager のインストールおよび構成 (基本的な Virtual Machine Manager のインストール)、ライブラリ共有またはリソース プールの作成
  • 複数のビルド エージェントおよびコントローラーをインストールして構成する
    • コントローラーのプロジェクト コレクションへのタグ付けおよびバインディング、ビルド エージェントの追加

準備用リソース

Team Foundation Server の管理 (25 ~ 30%)
  • チーム プロジェクト コレクションを管理する
    • プロジェクト コレクションの移動、チーム コレクションおよびプロジェクトの管理、チーム プロジェクト コレクションの作成および構成、SharePoint と SQL Server Reporting Services (SSRS) を使用したチーム プロジェクトの作成、チーム プロジェクト コレクションの分割およびパーティション分割
  • バックアップと回復を構成する
    • Team Foundation Server およびその関連コンポーネントのバックアップおよび回復、障害の発生したアプリケーション層の回復、障害の発生したデータベース層の回復、障害復旧計画の実装
  • サーバーの状態とパフォーマンスを監視する
    • サーバーのパフォーマンスの問題に関する監視 (活動項目ログ データベースおよび Team Foundation Server サーバー マネージャーの監視)、失敗したジョブのジョブ インフラストラクチャの監視 (ウェアハウス アダプターおよびウェアハウス ジョブの監視)、古いワークスペースとシェルブセットのクリーンアップ、バージョン管理プロキシ サーバーを使用するための Team Foundation ビルドの設定
  • Lab Management を操作する
    • ラボ環境の操作および変更、ラボ環境の修復、スナップショットの使用、System Center Virtual Machine Manager 環境の保存
  • セキュリティを管理する
    • 制限付きユーザーの構成、Active Directory グループを使用した Team Foundation Server におけるロールの管理、SharePoint、SSRS、ビルド、ソース管理、作業項目管理に対する Team Foundation Server でのアクセス許可管理、チームの作成および管理、クライアント アクセス ライセンス (CAL) を所有していないユーザーに対するセキュリティの設定
  • Team Foundation Server のレポートを管理する
    • Microsoft Office Excel Services を使用した基本レポートの管理、SharePoint チーム プロジェクト ポータルのカスタマイズ、新しい SSRS Team Foundation Server レポートのアップロード、レポートを SharePoint プロジェクト ポータルで表示するための Team Foundation Server の構成、Team Foundation Server のデータ ウェアハウスのリビルド

準備用リソース

チームで使用するための Team Foundation Server のカスタマイズ (20 ~ 25%)
  • チーム ビルド定義を構成する
    • シンボル サーバーおよびソース サーバーの設定、カスタム ビルド番号の設定、ビルド ログの詳細度の構成、定義プロパティの設定 (テスト影響分析、コード分析、自動化された単体テスト、およびアーキテクチャの検証を含む)、ビルド トリガーの設定 (ゲート チェックイン、継続的インテグレーション、スケジュールされたビルド)、ソース コード管理またはファイル共有となるビルドの格納場所の構成
  • ビルドの実行を管理する
    • パラメーター付きビルドのキュー登録、ゲート チェックイン ワークフローの一部としてのワークスペースの調整、ビルドの品質評価のカスタマイズ、ビルドのクリーンアップ (アイテム保持ポリシーの適用)
  • プロセス テンプレートを変更する
    • プロセス テンプレートのアップロードおよびダウンロード、テンプレート エラーのトラブルシューティング、プロセス テンプレート内の機能区分のカスタマイズ (SSRS、SharePoint、ビルド定義、作業項目、クエリなど)
  • チーム プロジェクトを構成する
    • 区分およびイテレーションの定義、既定のセキュリティ グループを使用したユーザーの管理、ポータル設定の管理 (チーム プロジェクト ポータル サイトの URL、プロセス ガイダンス URL)、プロジェクト レベルの警告の定義
  • 作業項目のカスタマイズを適用する
    • 新しい作業項目の種類を既存の作業項目の子として追加、作業項目のフィールド定義のカスタマイズ、フォーム レイアウトとワークフローのカスタマイズ、グローバル リスト、リンクの種類、およびカテゴリのカスタマイズ
  • 作業項目クエリを作成する
    • クエリ フォルダーおよびアクセス許可の定義、クエリの種類の適用 (ツリー、フラット、ダイレクト)、クエリへのフィールドの追加、チーム エクスプローラーを使用したクエリの作成
  • Team Foundation Server へのクライアント接続を構成する
    • Visual Studio、チーム エクスプローラー、Team Explorer Everywhere、Excel、プロジェクト、およびその他のツールが Team Foundation Server に接続できるようにするための構成、プロキシ サーバー接続に関するクライアントの構成

準備用リソース

バージョン管理の管理 (25 ~ 30%)
  • ワークスペースを作成して管理する
    • ワークスペースのクローク、削除の取り消し、および変更、ワークスペースの削除、ワークスペースの表示/非表示の指定、他のユーザーによるチェックアウト、変更の保留、およびコードのロック解除、コレクション用の既定のワークスペースの種類の選択、シェルブセットの削除
  • バージョン管理プロキシを構成する
    • キャッシュ ヒット率の設定、キャッシュ サイズの設定、複数の Team Foundation Server サーバーの設定
  • チーム プロジェクトのバージョン管理設定を構成する
    • 複数のチェックアウトの有効化、チェックアウト時の最新バージョンの取得の有効化、チーム プロジェクトのチェックイン ポリシーの構成 (作業項目、ビルド、コード分析、テスト ポリシー)

準備用リソース

試験対策

試験対策用ビデオ

Microsoft Certification PREP Talk: Exam 70-496

こちらの認定資格エキスパートによる試験対策用ビデオでは、 James Seymour (認定資格プランナー) と Brian Keller (テクニカル エバンジェリスト) が、Exam 70-496 で評価されるスキルの妥当性について説明しています。

自習形式のトレーニング

Administering Visual Studio TFS Jump Start

コミュニティから

Exam 70-496 Wiki

Exam 70-496 フォーラム

@MSLearning および @visualstudio をフォロー

受験対象者

この試験は、エンタープライズ開発環境で Team Foundation Server を使用してソフトウェア開発を管理する、シニア開発者、サーバー管理者、またはテクニカル プロダクト マネージャーを対象としています。

試験に関する追加情報

試験のための準備

試験のスケジュールを検討する際は、この試験準備ガイド全体を確認し、 Web サイト上のリソースをよく理解することをお勧めします。登録、通常の試験の質問形式のビデオ、およびその他の準備リソースの詳細については、マイクロソフト認定資格試験の概要を参照してください。 試験のポリシーと採点方法の詳細については、マイクロソフト認定資格試験のポリシーと FAQ を参照してください。

注意

この準備ガイドは、Microsoft の判断に従っていつでも予告なく変更されることがあります。マイクロソフトの試験には、適応型テストの技術およびシミュレーション アイテムが含まれる場合があります。試験の提供形式は特定しません。試験の形式に関係なく、準備にはこの準備ガイドを使用してください。この試験の準備に役立つよう、Microsoft はこの製品に関する実地経験を積むこと、および指定されたトレーニング リソースを使用することをお勧めします。これらのトレーニング リソースは、「スキルの評価」 セクションの一覧に示されたトピックすべてに必ずしも対応しているわけではありません。