Exam Replay または Exam Replay with Practice Test で試験日に自信が持てるようにしてください。

試験
70-499

Visual Studio logo

  • 配信開始:
    2014 年 8 月 1 日
  • 言語:
    英語、日本語
  • 対象者:
    開発者
  • テクノロジ:
    Visual Studio
  • 対応資格:
    MCP、MCSD

MCSD: Application Lifecycle Management の再認定

* 学生の方には、学割価格が適用される場合があります (インドまたは中国では利用できません)。詳細については、試験のポリシーと FAQ を参照してください。価格には、Microsoft Imagine Academy プログラム メンバー、マイクロソフト認定トレーナー、およびマイクロソフト パートナー ネットワーク プログラム メンバー向けのプロモーション内容や価格割引は反映されません。価格は予告なく変更されることがあります。価格には適用される税は含まれていません。試験の予約をする前に、試験提供者に正確な価格をご確認ください。

スキルの評価

この試験では、次の一覧に示す技術タスクを遂行する能力を評価します。パーセンテージは、試験の各主要トピック領域の相対的な重みを示します。パーセンテージが高いほど、試験でこのコンテンツ領域に関する質問の数が多くなる可能性があります。マイクロソフト試験のさまざまな質問のタイプについて、ビデオ チュートリアルを参照してください。

箇条書きテキストで記述されているトピックに関する質問が出題されますが、これらに限定されるものではないことに注意してください。

この試験で評価されるスキルの妥当性に関するフィードバックをご提供いただける方は、マイクロソフトまでコメントをお送りください。すべてのフィードバックは確認されており、認定資格プロセスの有効性および信頼性を依然として維持しながら、必要に応じて反映されます。マイクロソフトからは、皆様のフィードバックに直接返信されないことにご注意ください。マイクロソフト認定資格プログラムの品質確保のために、皆様からのご意見をお待ちしております。

この試験の個々の質問に関して懸案がある場合は、試験への異議をご提出ください。

マイクロソフト認定資格試験や認定資格プログラム、登録、またはプロモーションに関するその他の質問やご意見があれば、認定プログラム事務局にご連絡ください。

TFS のインストールと構成
  • Team Foundation Server をインストールする
    • SQL Server バージョン サポート、多層または複数コンピューター環境での Team Foundation Server のインストール、負荷分散環境での Team Foundation Server のインストール、バージョン管理プロキシ サーバーの設定、TFS 管理コンソールを使用した自動バックアップおよび復元アクティビティのスケジュール設定
  • Lab Management をインストールおよび構成する
    • 環境テンプレートの設定、テスト エージェントのインストールおよび構成、System Center Virtual Machine Manager のインストールおよび構成 (基本的な Virtual Machine Manager のインストール)、ライブラリ共有またはリソース プールの作成
Team Foundation Server の管理
  • チーム プロジェクト コレクションを管理する
    • プロジェクト コレクションの移動、チーム コレクションおよびプロジェクトの管理、チーム プロジェクト コレクションの作成および構成、SharePoint と SQL Server Reporting Services (SSRS) を使用したチーム プロジェクトの作成、チーム プロジェクト コレクションの分割およびパーティション分割
チームで使用するための Team Foundation Server のカスタマイズ
  • チーム ビルド定義を構成する
    • シンボル サーバーおよびソース サーバーの設定、カスタム ビルド番号の設定、ビルド ログの詳細度の構成、定義プロパティの設定 (テスト影響分析、コード分析、自動化された単体テスト、およびアーキテクチャの検証を含む)、ビルド トリガーの設定 (ゲート チェックイン、継続的インテグレーション、スケジュールされたビルド)、ソース コード管理またはファイル共有となるビルドの格納場所の構成
バージョン管理の管理
  • ワークスペースを作成して管理する
    • ワークスペースのクローク、削除の取り消し、および変更、ワークスペースの削除、ワークスペースの表示/非表示の指定、他のユーザーによるチェックアウト、変更の保留、およびコードのロック解除、コレクション用の既定のワークスペースの種類の選択、シェルブセットの削除
テスト計画の作成と構成
  • テスト計画のプロパティを作成する
    • テスト設定の選択、構成の選択、名前、説明、区分、パス、およびイテレーションの定義、テスト環境の選択、テスト計画へのビルドの割り当て (計画にビルドを割り当てるタイミングを含む)、割り当てられたビルドと別のビルドの比較、テスト計画とテスト スイートの複製
  • テスト スイートを作成する
    • 階層化クエリを使用したクエリ ベースのテスト スイートの作成、要件ベースのテスト スイートの作成、静的なテスト スイートの作成、テスト スイートのコピー、テスト スイートの階層構造の作成、テスト スイートの状態の割り当て、コマンド ラインから行うテスト スイートの複製、Web ブラウザーで行うテスト スイートの管理
テスト ケースの管理
  • テスト ケースを作成する
    • 明確で測定可能なステップを含むテスト ケースの設計、テスト ケースのプロパティの割り当て (タイトル、区分とイテレーション、状態、優先度、割り当て先、オートメーションの状態)、添付ファイルとリンクの追加、テスト ケースの説明と履歴の追加、テストされる要件の追加、テスト ケースのワークフロー (状態) の管理、グリッド ビューを使用したテスト ケースの一括作成
テストの実行の管理
  • テストを実行する
    • オプションを指定したテストの実行、手動テストの記録のための早送りの作成、早送り再生オプションの選択 (すべてのステップ、複数のステップ)、テストの実行の状態の設定、期待される結果の検証 (コメントの追加、スナップショット)、ブラウザーからのテスト実行、複数のテスト ケースをテスト ランナーで開かずに状態更新する方法、Microsoft Test Manager (MTM)/Web ブラウザーでのテスト結果フィールドのカスタマイズ、MTM/Web ブラウザーでのテストの一時停止と再開、テストの実行中に行うテストのインライン編集、Windows ストア アプリの手動テストとアクション ログのレビュー
  • 分析を実行する
    • レポートの分析 (要件とユーザー ストーリー)、テスト スイートによる分析、構成による分析、品質が低下している区分の特定、テスト計画の状態の特定、MTM でのテスト計画の結果の表示、標準のレポートの操作、標準のレポートのカスタマイズ
ALM プロセスの定義
  • チームのスクラム/アジャイル プロセスを定義する
    • スプリントまたはイテレーションをキャンセルする場合の基準の確立、スクラムまたはアジャイルの成果物のツーリングとプロセスの確立、スクラムの "完了" の定義の確立、スプリントまたはイテレーションの期間の決定、スプリントまたはイテレーションで未完了のバックログ項目またはユーザー ストーリーの処理方法の決定、スプリントまたはイテレーションの進行状況を監視する方法の決定、コラボレーション ツールの使用
ソフトウェアのイテレーションの定義
  • プロジェクト追跡プロセスを定義する
    • 複数のプロジェクトから成るポートフォリオの計画と管理、プロジェクト追跡ツールおよび関連プロセス (トリアージ プロセス、バグ管理) の特定、作業管理方法の定義、チームの予測管理の決定、優先順位決定スキームの定義、プロジェクトの状態を検証する方法の決定
高品質な顧客価値の開発
  • コードを開発する
    • メンテナンスしやすいコードの開発、コーディング標準の定義、アプリケーション アーキテクチャの定義、構成管理プロセスとツーリングの定義 (ソース コントロール ツリー、分岐戦略、ソリューション構造、ソース管理/チェックイン ポリシー)、Git を使用した複数のリポジトリの管理、アーキテクチャ、モデル、およびデザイン ツールの使用、品質および診断ツールの使用
  • 品質を検証する
    • テスト成果物 (テスト ケース、スイート、計画、要件など) の整理、テスト戦略の定義、テストの実行管理、クラウドベースのロード テストの実行、テストの種類および関連ツールの特定、環境の特定および構成、テストの実行の分析
開発と運用の統合
  • 自動展開プロセスを実装する
    • 自動ビルドおよび配置のワークフローの設計、自動テストの統合、テスト環境および運用環境への展開の自動化、ビルドの診断ログのレビュー、リリースの管理

試験対策

試験対策用ビデオ

Microsoft Certification PREP Talk: Exam 70-496

こちらの認定資格エキスパートによる試験対策用ビデオでは、 James Seymour (認定資格プランナー) と Brian Keller (テクニカル エバンジェリスト) が、Exam 70-496 で評価されるスキルの妥当性について説明しています。

Microsoft Certification PREP Talk: Exam 70-497

こちらの認定資格エキスパートによる試験対策用ビデオでは、 James Seymour (認定資格プランナー) と Brian Keller (テクニカル エバンジェリスト) が、Exam 70-497 で評価されるスキルの妥当性について説明しています。

Microsoft Certification PREP Talk: Exam 70-498

こちらの認定資格エキスパートによる試験対策用ビデオでは、 James Seymour (認定資格プランナー) と Richard Hundhausen (ALM MVP) が、Exam 70-498 で評価されるスキルの妥当性について説明しています。

自習形式のトレーニング

Administering Visual Studio TFS 2012 Jump Start

Team Foundation Server (TFS) によるチーム プロセスのサービスとコミュニケーション方法を向上させる方法を学ぶ本コースは、Exam 70-496 の条件に従った、MCSD: Application Lifecycle Management (ALM) 認定の重要な要素です。TFS インフラストラクチャのセットアップとカスタマイズの担当者は、利用可能な作業項目のタイプとその属性を適切に定義して、ALM 用に TFS をフルに活用する方法を学習できます。

Software Testing with Visual Studio 2012 Jump Start

このジャンプ スタートを見て、チームにおけるテスト カバレッジの管理方法を改善し、組織の開発プロセス中に生じる問題を軽減してください。Visual Studio 2012 に組み込まれたツールを利用することで、作業項目やテスト ケースをビジネス目標や測定可能な要件にトラック バックし、アプリケーション ライフサイクル管理 (ALM) におけるテストの有効性を高めることができます。これらのスキルを短時間で身に付けたいと考えている熟練したテスト担当者や開発者を対象とするこの短期型ジャンプ スタートは、Northwest Cadence の共同創立者/営業企画担当である Steven Borgat 氏と、Enhance ALM Pty Ltd のリード ALM コンサルタントである Anthony Borton 氏の案内で進行します。

Applying ALM with Visual Studio 2012 Jump Start

このオンデマンドのジャンプ スタート トレーニングは、アプリケーション ライフサイクル管理 (ALM) を利用して開発プロセスを改善し、Visual Studio 2012 で継続的な価値を提供することに興味があるアプリケーション開発チームを対象としています。この短期型のコースは、これらのスキルを短時間で身に付けたいと考えている熟練した開発者向けに構成されています。

コミュニティから

受験対象者

この試験は、取得済みのMCSD: Application Lifecycle Management 認定を維持したいと考えている個人を対象としていて、試験目標 496497、および 498 に基づいています。

試験に関する追加情報

試験のための準備

試験のスケジュールを検討する際は、この試験準備ガイド全体を確認し、 Web サイト上のリソースをよく理解することをお勧めします。登録、通常の試験の質問形式のビデオ、およびその他の準備リソースの詳細については、マイクロソフト認定資格試験の概要を参照してください。 試験のポリシーと採点方法の詳細については、マイクロソフト認定資格試験のポリシーと FAQ を参照してください。

注意

この準備ガイドは、Microsoft の判断に従っていつでも予告なく変更されることがあります。マイクロソフトの試験には、適応型テストの技術およびシミュレーション アイテムが含まれる場合があります。試験の提供形式は特定しません。試験の形式に関係なく、準備にはこの準備ガイドを使用してください。この試験の準備に役立つよう、Microsoft はこの製品に関する実地経験を積むこと、および指定されたトレーニング リソースを使用することをお勧めします。これらのトレーニング リソースは、「スキルの評価」 セクションの一覧に示されたトピックすべてに必ずしも対応しているわけではありません。