で試験日の自信が持てるようにしてください Exam Replay or an Exam Replay with Practice Test

試験
70-511

Visual Studio logo

  • 配信開始:
    2010 年 7 月 2 日
  • 言語:
    英語
  • 対象者:
    開発者
  • テクノロジ:
    Microsoft Visual Studio 2010
  • 対応資格:
    MCTS

TS: Windows Applications Development with Microsoft .NET Framework 4

この試験は終了しました

現在可能なオプションについては、この Microsoft Certification exam list

スキルの評価

この試験では、次の一覧に示す技術タスクを遂行する能力を評価します。パーセンテージは、試験の各主要トピック領域の相対的な重みを示します。パーセンテージが高いほど、試験でこのコンテンツ領域に関する質問の数が多くなる可能性があります。マイクロソフト試験の variety of question types について、ビデオ チュートリアルを参照してください。

箇条書きテキストで記述されているトピックに関する質問が出題されますが、これらに限定されるものではないことに注意してください。

この試験で評価されるスキルの妥当性に関するフィードバックをご提供いただける方は、マイクロソフトまでコメントをお送りください。すべてのフィードバックは確認されており、認定資格プロセスの有効性および信頼性を依然として維持しながら、必要に応じて反映されます。マイクロソフトからは、皆様のフィードバックに直接返信されないことにご注意ください。マイクロソフト認定資格プログラムの品質確保のために、皆様からのご意見をお待ちしております。

試験に特定の質問がある場合は、提出してください exam challenge

マイクロソフト認定資格試験のフィードバック、その他の認定資格プログラム、登録、プロモーションや質問がある場合は連絡してください Regional Service Center

基本的なテクニックを使用したユーザー インターフェイスの作成 (23%)
  • 最適なコントロール クラスを選択する
    • 設計要件の評価とその要件に基づいた最適なコントロールの選択、標準コントロールが要件を満たしているかどうかの識別、項目コントロール、メニュー コントロール、コンテンツ コントロール
    • 次の内容は含まれません。カスタム コントロールの設計
  • 入れ子になったコントロール階層を使用して画面レイアウトを実装する
    • パネルから派生したコントロールの使用、プロパティの添付
    • 次の内容は含まれません。項目コントロール、コントロールのカスタマイズ
  • スタイルとテーマを作成し、適用する
    • アプリケーション レベルのスタイル、スタイルのオーバーライド、スタイルの継承、Generic.xaml、テーマの属性
    • 次の内容は含まれません。データ グリッド ビュー スタイルの共有
  • 再利用可能なリソースを管理する
    • フォント、スタイル、データ ソース、イメージ、リソース ディクショナリ、リソースのみの DLL
  • WPF でアニメーションを実装する
    • ストーリーボードの作成、タイムラインの制御、アニメーション完了時の動作の制御、Double 型、Color 型、および Point 型のアニメーション、コードおよび XAML からのアニメーションの開始
    • 次の内容は含まれません。ダイレクト レンダリング更新、キー フレーム アニメーションの実装

準備用リソース

高度なテクニックを使用したユーザー インターフェイスの拡張 (21%)
  • WPF でルーティング イベントを管理する
    • トンネリング イベントとバブリング イベント、イベントの処理とキャンセル
    • 次の内容は含まれません。単純なイベント処理、カスタム イベントの作成
  • WPF コマンドを構成する
    • RoutedCommand に基づいた WPF コマンドの定義、コントロールへのコマンドの関連付け、コマンドの処理、コマンド バインド、入力ジェスチャ
    • 次の内容は含まれません。ICommand の実装によるカスタム コマンドの作成
  • 実行時にビジュアル インターフェイスを変更する
    • 実行時のコントロールの追加/削除、ビジュアル ツリーの操作、コントロール ライフ サイクル、テンプレートの動的な生成
    • 次の内容は含まれません。実行時のフォームのインスタンス化とコントロール プロパティの簡単な変更
  • ユーザー定義コントロールを実装する
    • ユーザー/複合、拡張、カスタム コントロールのどれを使用するかの決定、ユーザー/複合コントロールの作成、既存コントロールからの拡張
    • 次の内容は含まれません。Control クラスからの直接的な継承とコードの記述によるカスタム コントロールの作成
  • グラフィックスを作成し、表示する
    • ジオメトリック変換を使用したグラフィックスの作成と表示、ブラシ、図形の描画、クリッピング、ダブル バッファリング、Render (WPF) と OnPaint (WinForms) のオーバーライド、保持されるグラフィックスと保持されないグラフィックスの区別
    • 次の内容は含まれません。3 次元グラフィックスの作成と表示、ヒット テスト、イメージの作成
  • WPF でマルチメディア コンテンツをアプリケーションに追加する
    • メディア プレーヤーとメディア要素、サウンド プレーヤーの追加、イメージ
    • 次の内容は含まれません。バッファリング
  • WPF でコントロール テンプレートを作成し、適用する
    • テンプレートのバインド
    • 次の内容は含まれません。スタイルとテーマ、データ テンプレート
  • WPF でデータ、イベント、およびプロパティのトリガーを作成する

準備用リソース

ユーザー インターフェイス層でのデータ管理 (23%)
  • データ バインディングを実装する
    • バインド オプション、静的リソースと動的リソース、要素のバインド、バインド モードおよび更新モードの設定、null 許容型の値へのバインド
    • 次の内容は含まれません。特定のデータ ソースへのバインド
  • WPF に値コンバーターを実装する
    • カスタム値コンバーターの実装、複数値コンバーターの実装
  • データの入力規則を実装する
    • エラー プロバイダー (WinForms) またはデータ テンプレート (WPF) による検証の処理とユーザー フィードバックの提供、IDataErrorInfo、検証コントロール、フォームの入力規則とコントロールの検証
  • 変更通知インターフェイスを実装し、使用する
    • INotifyPropertyChanged の実装、INotifyCollectionChanged (ObservableCollection) の使用
  • 表示用データのコレクションを準備する
    • データのフィルタリング、並べ替え、およびグループ化、LINQ、CollectionView (WPF)、BindingSource オブジェクト (WinForms)
  • 階層データにバインドする
    • TreeView、MenuControl
  • データ バインドされたコントロールを実装する
    • DataGridView コントロール (WinForms) または DataGrid コントロール (WPF) を使用したデータ ソースに含まれるデータの表示と更新、複雑なデータ バインドの実装による複数ソースからのデータの統合、ItemsControl から派生したコントロール (WPF)
  • WPF でデータ テンプレートを作成する
    • データ テンプレート セレクターの実装、ItemsControl によるテンプレートの使用

準備用リソース

ソリューションの機能とユーザビリティの強化 (17%)
  • アプリケーション内で WinForms と WPF を統合する
    • WinForms 内での ElementHosts の使用と WPF 内での ControlHosts の使用、PropertyMap プロパティの使用
  • 非同期プロセスとスレッドを実装する
    • 非同期プログラミング パターンの実装、スレッド間のマーシャリング、UI 要素の凍結、タイマーの使用、タスク並列ライブラリ (TPL)、並列 LINQ、ディスパッチャーの使用、BackgroundWorker コンポーネント
  • グローバリゼーション機能とローカライズ機能を組み込む
    • ロケール別リソースの読み込み、ローカライズ可能な要素のマーキング、検証コントロールやコンバーターでのカルチャ設定の使用、言語プロパティの使用と方向プロパティのレンダリング、ローカライズのためのリソース ファイルの操作、インストールされているロケールの特定、地域設定
  • アプリケーション内およびアプリケーション間のドラッグ アンド ドロップ操作を実装する
    • この目標に含まれない内容: Dynamic Data Exchange (DDE)
  • アプリケーションのセキュリティ機能を実装する
    • ソフトウェア制限ポリシー (SRP) の構成、完全信頼および部分的に信頼されたセキュリティ、レガシ CAS ポリシーとの相互運用性、ユーザー アカウント制御 (UAC)
  • ユーザーおよびアプリケーション設定を管理する
    • アプリケーション設定の作成、ユーザー設定の作成、設定の読み込みと保存
    • 次の内容は含まれません。データベースへの永続的な書き込み
  • 依存関係プロパティを実装する
    • データ バインドとアニメーションの有効化、プロパティ メタデータ、プロパティ変更コールバック

準備用リソース

ソリューションの安定化とリリース (16%)
  • WPF のテスト方法を実装する
    • Automation Peer、UI オートメーション、intelliTrace
  • WPF ビジュアライザーを使用して XAML をデバッグする
    • ビジュアライザーへのアクセス、ビジュアル ツリーのドリルダウン、プロパティの表示と変更
    • 次の内容は含まれません。ブレークポイントの設定とコードのステップ実行
  • PresentationTraceSources を使用して WPF の問題をデバッグする
    • アニメーション、データ バインド、依存関係プロパティ
  • ClickOnce 配置を構成する
    • ClickOnce テクノロジーによる WinForms、WPF、または XBAP アプリケーションのインストールの構成、アップグレードを管理するのに適した設定の選択
  • Windows インストーラー プロジェクトを作成し、構成する
    • セットアップ時にアイコンを追加するためのセットアップ プロジェクトの構成、配置プロジェクトのプロパティの設定、オペレーティング システムのバージョンに基づいた条件付きインストールの構成、.NET Framework のバージョンに基づいた適切な起動条件の設定、セットアップ プロジェクトへのカスタム アクションの追加、セットアップ プロジェクトへのエラー処理コードの追加
  • 配置のセキュリティ設定を構成する
    • ClickOnce 配置を使用した UAC の構成と統合、アプリケーションを展開するのに適したセキュリティのアクセス許可の設定

準備用リソース

試験対策

講師によるトレーニング
お近くのマイクロソフト ラーニング パートナーの検索
演習テスト
コミュニティから

@MSLearning および @visualstudio をフォロー

書籍
Cover of 'MCTS Self-Paced Training Kit (Exam 70-511): Windows Applications Development with Microsoft® .NET Framework 4'

MCTS Self-Paced Training Kit (Exam 70-511): Windows Applications Development with Microsoft® .NET Framework 4
配信開始: 2011 年 2 月 15 日

MCTS Exam 70-511 で評価されるスキルと業務で使用するスキルの準備に最適です。自分のペースで一連のレッスンおよび復習を実施してください。これらは、各試験の目標に完全に対応しています。次に、知識を実際のケース シナリオと練習問題に応用することにより、学習した内容を強化します。この Microsoft 公式スタディ ガイドは、学習時間を最大限に活用できるように設計されています。

この書籍を購入(Microsoft Press Store)

受験対象者

Microsoft Visual Studio .NET 2010 と Microsoft .NET Framework 4.0 を使用した開発環境で WinForms および Windows Presentation Foundation (WPF) アプリケーションを作成する業務に携わっている方を対象としています。受験者には、Visual Studio を用いた Windows ベースのアプリケーションの開発について、Visual Studio 2010 Professional の 6 か月以上の使用経験を含む、1 年以上の経験が必要です。

さらに、次の条件も満たしている必要があります。

  • WPF および WinForm アプリケーション用の .NET Framework 4.0 ソリューション スタックについて十分理解している
  • WPF および WinForm アプリケーション用のデータドリブン ユーザー インターフェイスの作成の経験がある
  • Extensible Application Markup Language (XAML) を用いたレイアウトの作成の経験がある
  • WPF および WinForm オブジェクト モデルに対するプログラミングの経験がある
  • MSTest を用いたユニット テストの経験がある
  • セットアップおよび配置プロジェクトの経験がある

試験に関する追加情報

試験のための準備

試験のスケジュールを検討する際は、この試験準備ガイド全体を確認し、 Web サイト上のリソースをよく理解することをお勧めします。次の を参照して、 Microsoft Certification exam overview 登録、よくある問題形式の動画、その他の準備リソースをご参照下さい。試験方針や採点については、次を参照 Microsoft Certification exam policies and FAQs

注意

この準備ガイドは、Microsoft の判断に従っていつでも予告なく変更されることがあります。マイクロソフトの試験には、適応型テストの技術およびシミュレーション アイテムが含まれる場合があります。試験の提供形式は特定しません。試験の形式に関係なく、準備にはこの準備ガイドを使用してください。この試験の準備に役立つよう、Microsoft はこの製品に関する実地経験を積むこと、および指定されたトレーニング リソースを使用することをお勧めします。これらのトレーニング リソースは、「スキルの評価」 セクションの一覧に示されたトピックすべてに必ずしも対応しているわけではありません。