で試験日に自信が持てるようにしてください Exam Replay or an Exam Replay with Practice Test

試験
70-532

Visual Studio

  • 配信開始:
    2014 年 9 月 1 日
  • 言語:
    英語、スペイン語、中国語 (簡体字)、中国語 (繁体字)、フランス語、ドイツ語、日本語、ポルトガル語 (ブラジル)、ロシア語
  • 対象者:
    開発者
  • テクノロジ:
    Microsoft Visual Studio、Microsoft Azure
  • 対応資格:
    MCP, MCSA, MCSE, MCSD

Microsoft Azure ソリューションの開発

* 価格には、Microsoft Imagine Academy プログラム メンバー、マイクロソフト認定トレーナー、およびマイクロソフト パートナー ネットワーク プログラム メンバー向けのプロモーション内容や価格割引は反映されません。価格は予告なく変更されることがあります。価格には適用される税は含まれていません。試験の予約をする前に、試験提供者に正確な価格をご確認ください。

2017年5月1日より、既存のキャンセポリシーが次のポリシーに全て置き換わります、 ポリシー:登録した試験日より5営業日以内のキャンセルもしくは日程変更には料金がかかりますスケジュールされていたアポイントメント時より24時間以内に現れなかった、もしくはキャンセルしたか日程変更した場合、全額がかかります。

video

オンライン予習セッションを見ましょう

スキルの評価

この試験では、次の一覧に示す技術タスクを遂行する能力を評価します。パーセンテージは、試験の各主要トピック領域の相対的な重みを示します。パーセンテージが高いほど、試験でこのコンテンツ領域に関する質問の数が多くなる可能性があります。マイクロソフト試験の variety of question types について、ビデオ チュートリアルを参照してください。

箇条書きテキストで記述されているトピックに関する質問が出題されますが、これらに限定されるものではないことに注意してください。

この試験で評価されるスキルの妥当性に関するフィードバックをご提供いただける方は、マイクロソフトまでコメントをお送りください。すべてのフィードバックは確認されており、認定資格プロセスの有効性および信頼性を依然として維持しながら、必要に応じて反映されます。マイクロソフトからは、皆様のフィードバックに直接返信されないことにご注意ください。マイクロソフト認定資格プログラムの品質確保のために、皆様からのご意見をお待ちしております。

試験に特定の質問がある場合は、提出してください exam challenge

マイクロソフト認定資格試験のフィードバック、その他の認定資格プログラム、登録、プロモーションや質問がある場合は連絡してください Regional Service Center

前回の試験の更新以降、Microsoft Azure のテクノロジに大きな変更が加えられました。現在、こうした変更を反映するために、試験の目標の更新作業を行っています。2016 年 11 月 22 日の時点で、これらの変更はこの試験に反映されています。

注意 最新情報を認識していることを確認するために、この試験に登録しているすべての受験者がスケジュールされている試験の前にこのページを複数回確認することをお勧めします。

Azure Resource Manager 仮想マシンの作成と管理 (30 ~ 35%)
  • Azure Resource Manager (ARM) 仮想マシン (VM) にワークロードをデプロイする
    • デプロイ可能なワークロードとデプロイ不可能なワークロードの識別、Microsoft および Linux を含むワークロードの実行、VM の作成
  • 構成管理を実行する
    • PowerShell Desired State Configuration および VM エージェント (カスタム スクリプト拡張) を使用した構成管理の自動化。構成管理ツール (Puppet、Chef など) を使用した VM の構成。リモート デバッグの有効化
  • ARM VM ネットワークを構成する
    • 静的 IP アドレス、ネットワーク セキュリティ グループ (NSG)、DNS、ユーザー定義ルート (UDR)、HTTP および TCP 正常性プローブによる外部および内部負荷分散、パブリック IP、ファイアウォール ルール、および Direct Server Return の構成、アプリケーション ゲートウェイの設計と実装
  • ARM VM をスケールする
    • VM サイズのスケールアップとスケールダウン、ARM VM スケール セット (VMSS) のデプロイ、ARM VMSS 自動スケールの構成
  • ARM VM ストレージを設計および実装する
    • ディスク キャッシュの構成、ストレージ容量の計画、Azure File サービスを使用した共有ストレージの構成、geo レプリケーションの構成、Standard Storage および Premium Storage による ARM VM の実装
  • ARM VM を監視する
    • ARM VM 監視の構成。警告の構成。ストレージ場所の診断および監視の構成
  • ARM VM の可用性を管理する
    • 複数の ARM VM を可用性セットに構成して冗長性を実現。各アプリケーション階層を別個の可用性セットに構成。ロード バランサーを可用性セットに結合
ストレージとデータ戦略の設計と実装 (25 ~ 30%)
  • Azure Storage BLOB および Azure ファイルを実装する
    • データの読み取り、データの変更、コンテナーへのメタデータの設定、ブロックとページの BLOB を使用したデータの格納、BLOB を使用したデータのストリーミング、BLOB セキュリティへのアクセス、非同期 BLOB コピーの実装、コンテンツ配信ネットワーク (CDN) の構成、BLOB 階層の設計、カスタム ドメインの構成、BLOB ストレージの拡張
  • Azure ストレージ テーブルとキューを実装する
    • トランザクションによる (または、よらない) CRUD の実装、パーティションの設計と管理、OData を使用した照会、テーブルとパーティションのスケール、メッセージの追加と処理、メッセージのバッチの取得、キューのスケール
  • アクセスを管理し、ストレージを監視する
    • 共有アクセス署名 (クライアント更新およびデータ検証を含む) の生成、ストアド アクセス ポリシーの作成、ストレージ アカウント キーの再生成、Cross-Origin Resource Sharing (CORS) の構成と使用、アイテム保持ポリシーとログ レベルの設定、ログの分析
  • Azure SQL データベースを実装する
    • 適切なデータベース レベルとパフォーマンス レベルの選択、ポイントインタイム復旧の構成と実行、geo レプリケーションの有効化、データとスキーマのインポートとエクスポート、Azure SQL データベースのスケール
  • Azure DocumentDB を実装する
    • データベースとコレクションの作成、ドキュメントの照会、DocumentDB クエリの実行
  • Redis キャッシュを実装する
    • キャッシュ層の選択、データ永続化の実装、セキュリティとネットワークの分離の実装、クラスター パフォーマンスの調整
  • Azure Search を実装する
    • サービス インデックスの作成、データの追加、インデックスの検索、検索結果の処理
ID、アプリケーション、およびネットワーク サービスの管理 (15 ~ 20%)
  • アプリと Azure Active Directory (Azure AD) を統合する
    • WS-Federation、OAuth、および SAML-P エンドポイントを使用するアプリの開発、Graph API を使用したディレクトリの照会
  • 通信を設計および実装する
    • オンプレミスのデータ ソースにアクセスするためのハイブリッド接続の実装、オンプレミスのインフラストラクチャに接続するためのサイト間 (S2S) VPN と ExpressRoute の利用
  • メッセージング戦略を設計および実装する
    • サービス バス キュー、トピック、リレー、および通知ハブを使用するメッセージング ソリューションの開発とスケール、サービス バス キュー、トピック、リレー、イベント ハブ、および通知ハブの監視
  • Azure AD B2C と Azure AD B2B を使用するアプリを開発する
    • ソーシャル ID プロバイダー認証 (Microsoft アカウント、Facebook、Google+、Amazon、LinkedIn を含む) を利用する .NET MVC、Web API、および Windows デスクトップ アプリの設計と実装、パートナーによって管理される ID をサポートするアプリケーションを設計および実装するための Azure AD B2B の利用
Azure PaaS コンピューティングと Web/モバイル サービスの設計と実装 (25 ~ 30%)
  • Azure App Service Web Apps を設計する
    • App Service プランの定義および管理。Web Apps 設定、証明書、およびカスタム ドメインの構成。API、Azure PowerShell、および Xplat-CLI を使用した Web Apps の管理。診断、監視、および分析の実装。Web ジョブの実装。スケールと回復性を実現する Web Apps の設計および構成
  • Azure Functions を実装する
    • Azure Functions の作成、webhook 関数の実装、イベント処理関数の作成、Azure 接続関数の実装
  • API 管理を実装する
    • マネージ API の作成、API 管理ポリシーの構成、レート制限による API の保護、パフォーマンスを向上するためのキャッシュの追加、API の監視、開発者ポータルのカスタマイズ
  • Azure App Service API アプリを設計する
    • API アプリの作成とデプロイ、Swashbuckle を使用した API 検出の自動化、API アプリのクライアント コードを生成するための Swagger API メタデータの使用、API アプリの監視
  • Azure App Service ロジック アプリを開発する
    • SaaS サービスを接続するロジック アプリの作成、B2B 機能を備えるロジック アプリの作成、XML 機能を備えるロジック アプリの作成、別のアプリからのロジック アプリのトリガー、カスタム アクションおよび長時間実行アクションの作成、ロジック アプリの監視
  • Azure App Service Mobile Apps を開発する
    • モバイル アプリの作成、モバイル アプリへのオフライン同期の追加、モバイル アプリへの認証の追加、モバイル アプリへのプッシュ通知の追加
  • Azure Service Fabric アプリを設計および実装する
    • Service Fabric アプリケーションの作成、アクター ベースのサービスの構築、Service Fabric アプリケーションへの Web フロント エンドの追加、サービスの監視および診断、クラウド サービスからのアプリの移行、Azure での Service Fabric クラスターの作成、セキュリティ保護、アップグレード、およびスケール、Service Fabric アプリのスケール

試験対策

インストラクター指導のトレーニング
お近くのマイクロソフト ラーニング パートナーの検索
試験対策用ビデオ

試験の準備を進めますか70-532? オンライン予習セッションを見ましょうhere

演習テスト

Take a Microsoft Official Practice Test for exam 70-532

2017年4月より順次、スペイン語、中国語(簡字体),中国語(繁字体)、フランス語、ドイツ語、日本語、ポルトガル語(ブラジル)、ロシア語を含む複数の言語にて、実践テストが可能となります。この実践テストにおいて、特定の言語がいつ提供されるのかについては、前のページをチェックしてください。

コミュニティから

フォロー@MSLearning

リソース

受験対象者

この試験は、Microsoft Azure ソリューションの設計、プログラミング、実装、自動化、および監視について経験がある受験者向けです。また、受験者は、スケーラブルで復元性があるソリューションを構築するための開発ツール、方法、およびアプローチに精通していることが求められます。

試験に関する追加情報

試験のための準備

試験のスケジュールを検討する際は、この試験準備ガイド全体を確認し、 Web サイト上のリソースをよく理解することをお勧めします。次の を参照して、 Microsoft Certification exam overview 登録、よくある問題形式の動画、その他の準備リソースをご参照下さい。試験方針や採点については、次を参照 Microsoft Certification exam policies and FAQs

注意

この準備ガイドは、Microsoft の判断に従っていつでも予告なく変更されることがあります。マイクロソフトの試験には、適応型テストの技術およびシミュレーション アイテムが含まれる場合があります。試験の提供形式は特定しません。試験の形式に関係なく、準備にはこの準備ガイドを使用してください。この試験の準備に役立つよう、Microsoft はこの製品に関する実地経験を積むこと、および指定されたトレーニング リソースを使用することをお勧めします。これらのトレーニング リソースは、「スキルの評価」 セクションの一覧に示されたトピックすべてに必ずしも対応しているわけではありません。