で試験日に自信が持てるようにしてください Exam Replay or an Exam Replay with Practice Test

試験
70-573

Micrsoft SharePoint logo

  • 配信開始:
    2010 年 7 月 12 日
  • 言語:
    英語
  • 対象者:
    開発者
  • テクノロジ:
    Microsoft SharePoint Server 2010
  • 対応資格:
    MCTS、MCPD

TS:Microsoft SharePoint 2010 アプリケーション デベロップメント

この試験は終了しました

現在可能なオプションについては、この Microsoft Certification exam list

スキルの評価

この試験では、次の一覧に示す技術タスクを遂行する能力を評価します。パーセンテージは、試験の各主要トピック領域の相対的な重みを示します。パーセンテージが高いほど、試験でこのコンテンツ領域に関する質問の数が多くなる可能性があります。マイクロソフト試験の variety of question types について、ビデオ チュートリアルを参照してください。

箇条書きテキストで記述されているトピックに関する質問が出題されますが、これらに限定されるものではないことに注意してください。

この試験で評価されるスキルの妥当性に関するフィードバックをご提供いただける方は、マイクロソフトまでコメントをお送りください。すべてのフィードバックは確認されており、認定資格プロセスの有効性および信頼性を依然として維持しながら、必要に応じて反映されます。マイクロソフトからは、皆様のフィードバックに直接返信されないことにご注意ください。マイクロソフト認定資格プログラムの品質確保のために、皆様からのご意見をお待ちしております。

試験に特定の質問がある場合は、 exam challenge

マイクロソフト認定資格試験のフィードバック、その他の認定資格プログラム、登録、プロモーションや質問がある場合は Regional Service Center

SharePoint ユーザー インターフェイスの操作 (19%)
  • Visual Studio 2010 を使用して SPSite および SPWeb をプログラムで管理する
    • サブ Web の作成、SPFile の参照、プロパティ バグの操作、Update をコールする状況、SPContext、SPSite、SPWeb、SPSite.OpenWeb, SPWeb.Webs の参照、フィーチャーのアクティブ化と非アクティブ化
    • この目標に含まれない内容: オブジェクトのタイトルやその他の非厳密なプロパティの設定などの単純なケース
  • ダイアログ フレームワークを使用してダイアログを実装する
    • JavaScript またはサーバー側からのダイアログの作成、ダイアログの表示
  • カスタム リボン オブジェクトを作成する
    • リボンへのカスタム アクションの追加、グループのカスタマイズ、タブのカスタマイズ、既存のリボンのカスタマイズ
  • ナビゲーションをプログラムでカスタマイズする
    • TopNav バー、クイック起動、カスタム アクション
    • この目標に含まれない内容: カスタム メニュー コントロール、カスタム サイト マップ プロバイダー
  • ブランドを作成して SharePoint サイトに適用する
    • コンテンツ ページとアプリケーション ページへのカスタム マスター ページの適用、プレースホルダー、ページ レイアウト、プログラムによるテーマの操作、CSS、CSSlink、ScriptLink の配置
    • この目標に含まれない内容: グラフィック設計、CSS の作成

準備用リソース

Web パーツとコントロールの開発 (21%)
  • Web パーツを作成する
    • プロパティ、レンダーを使用したコントロールと CreateChildControl を使用したコントロール、ライフ サイクル、視覚的、標準 Web パーツの挿入
    • この目標に含まれない内容: 開発者が視覚的 Web パーツ プロジェクト テンプレートを使用する単純なケース
  • 接続可能な Web パーツを作成する
    • コンシューマー/プロバイダー インターフェイスの実装
  • Web パーツをデバッグする
    • ULS ログとイベント ログ、debug.log トレース、開発者ダッシュボード
  • 委任コントロールを作成および実装する
    • より小さいシーケンスでの既存のコントロールのオーバーライド、.ascx ファイルの開発と使用

準備用リソース

ビジネス ロジックの開発 (19%)
  • Visual Studio 2010 でカスタム ワークフローを実装する
    • SharePoint タスクを作成するための開始データまたは関連付けデータの操作、SharePoint Designer 2010 からインポートされたワークフローの拡張、HandleExternalEvent および CallExternalMethod を使用したカスタム ローカル サービスとの対話、サイト ワークフロー内の開始データまたは関連付けデータの操作、関連付けトークン
    • この目標に含まれない内容: カスタム アクション、開始データ、関連付けデータのないワークフローなどの単純なケース
  • カスタム ワークフロー アクションを作成する
    • カスタム SPD アクションの作成、カスタム アクティビティの作成と Visual Studio ワークフローへの追加、action.xml ファイルの定義
  • イベント レシーバーを作成および実装する
    • イベント プロパティ、リスト、アイテム、サイト、電子メールへのアクセス、再帰の回避、イベントの取り消し、同期状態の選択
  • エンタープライズ コンテンツ管理 (ECM) をカスタマイズする
    • 適切な親から継承したコンテンツ タイプの作成、ページ モード対応のカスタム公開フィールド コントロールの作成と実装、トークンの使用方法を含むマスター ページのプログラムによるアクティブ化
    • この目標に含まれない内容: ページ レイアウト、書式設定
  • タイマー ジョブを作成、実装、およびデバッグする
    • 構成、プログラムによるスケジューリング、キュー、タイマー サービスへのデバッガーの接続
  • Visual Studio 2010 で Business Connectivity Service モデルを作成および変更する
    • Visual Studio 2010 での BDC モデルの作成、挿入、更新、および削除方法の定義、アイテムの作成と読み取り、データを検索可能にする
  • ユーザー、グループ、権限を管理する
    • SPGroups、SPUser、権限の継承、すべてのセキュリティ保護可能なオブジェクト、SPRoleDefinition、SPRole、SPRoleAssignment

準備用リソース

SharePoint データの操作 (22%)
  • サーバー オブジェクト モデルを使用してリスト データにアクセスする
    • SPQuery、LINQ、SPList、SPSiteDataQuery、スキーマ管理、クエリ ガバナーの操作、JOIN ステートメントを含む LINQ クエリの作成、SPQuery と SPSiteDataQuery
  • WCF データ サービスを使用して SharePoint データにアクセスする
    • WCF ListData.svc、RESTFUL URL 規則、クライアント サービス参照の作成と使用
  • クライアント オブジェクト モデルを使用して (CRUD) データにアクセスする
    • JavaScript、.NET、Silverlight、クライアント オブジェクト モデルを使用した SharePoint の Silverlight ユーザー インターフェイスの構築、Silverlight のクライアント オブジェクト モデルで CAML を使用したデータのクエリ、非データ API (サイト、Web、リスト、アクセス)
  • ドキュメントをプログラムで操作する
    • SPFile、SPFolder、SPVersion、ドキュメントのアップロードとメタ データの設定
  • メタ データを操作する
    • ユーザー プロファイル、分類、フォークソノミーからのデータ アクセス
  • SharePoint 検索を拡張する
    • フル テキスト クエリまたはキーワード クエリを使用したカスタム クエリの作成、XSLT を使用した検索結果の外観のカスタマイズ
  • 代替セキュリティ コンテキストで実行するコードを実装およびデバッグする
    • RunWithElevatedPrivileges 委任 (デバッグを含む) を使用するコードの作成、システム アカウントを使用するコードの作成、別のユーザーを偽装するコードの作成
  • カスタム コンテンツ タイプを作成および変更する
    • Visual Studio 2010 を使用したコンテンツ タイプの宣言およびプログラムによる作成とアップグレード、既存のコンテンツ タイプの変更、サイト列

準備用リソース

SharePoint コンポーネントの安定化と配置 (19%)
  • Visual Studio 2010 でソリューションを管理する
    • ソリューションに含まれるフィーチャーの変更、Visual Studio ソリューションに含まれないアセンブリの追加、ローカリゼーション、サンドボックス、およびファーム ソリューション用のマップされたフォルダーの管理、manifest.xml のカスタマイズ
  • Visual Studio 2010 を使用してフィーチャーを管理する
    • フィーチャーのアップグレード、ローカライズ、バージョン管理、開発、親オブジェクトと対話するフィーチャー レシーバー (アクティブ化とインストール)、feature.xml のカスタマイズ
    • この目標に含まれない内容: 要素のないフィーチャー
  • 構成データを格納および取得する
    • アプリケーション構成、Web 構成、永続的オブジェクト、リスト、xml、ファイル システム、Cookie、プロパティ バッグ
  • Visual Studio 2010 を使用してサイト定義を作成する
    • フィーチャーのアクティブ化、サイト プロビジョニング、ローカリゼーション
    • この目標に含まれない内容: ONET.xml で定義されたリスト定義とモジュール、SharePoint Designer
  • dispose API を使用して SharePoint オブジェクト ライフ サイクルを管理する
    • SPWeb、SPContext、IDisposable、Try…Catch…Finally、ブロックの使用
  • サンドボックス ソリューションを開発、デバッグ、および展開する
    • サンドボックスで許可される API と許可されない API、完全信頼プロキシの使用

準備用リソース

受験対象者

受験者には、Microsoft Visual Studio 2010、SharePoint 2010、および ASP.NET 4 の 1 年以上の使用経験が必要です。受験者は、SharePoint 開発リーダーが設計したソリューションのコーディング、SharePoint 2010 ソリューションを拡張するコードの作成とテスト、あるいはその両方を行える必要もあります。

試験に関する追加情報

試験のための準備

試験のスケジュールを検討する際は、この試験準備ガイド全体を確認し、 Web サイト上のリソースをよく理解することをお勧めします。次の を参照して、 Microsoft Certification exam overview 登録、よくある問題形式の動画、その他の準備リソースをご参照下さい。試験方針や採点については、次を参照 Microsoft Certification exam policies and FAQs

注意

この準備ガイドは、Microsoft の判断に従っていつでも予告なく変更されることがあります。マイクロソフトの試験には、適応型テストの技術およびシミュレーション アイテムが含まれる場合があります。試験の提供形式は特定しません。試験の形式に関係なく、準備にはこの準備ガイドを使用してください。この試験の準備に役立つよう、Microsoft はこの製品に関する実地経験を積むこと、および指定されたトレーニング リソースを使用することをお勧めします。これらのトレーニング リソースは、「スキルの評価」 セクションの一覧に示されたトピックすべてに必ずしも対応しているわけではありません。