で試験日の自信が持てるようにしてください Exam Replay or an Exam Replay with Practice Test

試験
70-640

Microsoft Windows Server logo

  • 配信開始:
    2008 年 3 月 6 日
  • 言語:
    英語、ドイツ語、日本語
  • 対象者:
    IT プロフェッショナル
  • テクノロジ:
    Windows Server 2008
  • 対応資格:
    MCP、MCTS、MCITP、MCSA

Windows Server 2008 Active Directory の構成

この試験は終了しました

現在可能なオプションについては、この Microsoft Certification exam list

スキルの評価

この試験では、次の一覧に示す技術タスクを遂行する能力を評価します。パーセンテージは、試験の各主要トピック領域の相対的な重みを示します。パーセンテージが高いほど、試験でこのコンテンツ領域に関する質問の数が多くなる可能性があります。マイクロソフト試験の variety of question types について、ビデオ チュートリアルを参照してください。

箇条書きテキストで記述されているトピックに関する質問が出題されますが、これらに限定されるものではないことに注意してください。

この試験で評価されるスキルの妥当性に関するフィードバックをご提供いただける方は、マイクロソフトまでコメントをお送りください。すべてのフィードバックは確認されており、認定資格プロセスの有効性および信頼性を依然として維持しながら、必要に応じて反映されます。マイクロソフトからは、皆様のフィードバックに直接返信されないことにご注意ください。マイクロソフト認定資格プログラムの品質確保のために、皆様からのご意見をお待ちしております。

試験に特定の質問がある場合は、提出してください exam challenge

マイクロソフト認定資格試験のフィードバック、その他の認定資格プログラム、登録、プロモーションや質問がある場合は連絡してください Regional Service Center

Active Directory のドメイン ネーム システム (DNS) の構成 (18%)
  • ゾーンを構成する
    • 動的 DNS (DDNS)、非動的 DNS (NDDNS)、およびセキュリティで保護された動的 DNS (SDDNS)。Time to Live (TTL)。GlobalNames。プライマリ、セカンダリ、Active Directory 統合、スタブ。SOA。ゾーン清掃。前方参照。逆引き参照
  • DNS サーバー設定を構成する
    • 転送。ルート ヒント。ゾーン委任の構成。ラウンド ロビン。再帰の無効化。デバッグのログ。サーバー清掃
  • ゾーン転送とレプリケーションを構成する
    • レプリケーション スコープ (forestDNSzone、domainDNSzone) の構成。増分ゾーン転送。DNS 通知。セキュリティで保護されたゾーン転送。ネーム サーバーの構成。アプリケーション ディレクトリ パーティション

準備用リソース

Active Directory インフラストラクチャの構成 (17%)
  • フォレストまたはドメインを構成する
    • ドメインの削除。無人インストールの実行。Active Directory 移行ツール (ADMT)。フォレストおよびドメイン機能レベルの変更。前のバージョンの Active Directory との相互運用性。複数ユーザー プリンシパル名 (UPN) サフィックス。ForestPrep。DomainPrep
  • 信頼関係を構成する
    • フォレストの信頼。選択的認証とフォレスト全体の認証。推移性の信頼。外部の信頼。ショートカットの信頼。SID フィルター
  • サイトを構成する
    • Active Directory サブネットの作成。サイト リンクの構成。サイト リンク原価設定の構成。サイト インフラストラクチャの構成
  • Active Directory レプリケーションを構成する
    • DFSR。1 方向レプリケーション。ブリッジヘッド サーバー。レプリケーション スケジューリング。レプリケーション プロトコルの構成。サイト間レプリケーションの強制
  • グローバル カタログを構成する
    • ユニバーサル グループ メンバーシップのキャッシュ (UGMC)。部分的な属性セット。グローバル カタログへのプロモート
  • 操作マスターを構成する
    • 強制と転送。操作マスターのバックアップ。操作マスターの配置。スキーマ マスター。スキーマの拡張。タイム サービス

準備用リソース

Active Directory ロールとサービスの構成 (14%)
  • Active Directory ライトウェイト ディレクトリ サービス (AD LDS) を構成する
    • AD LDS への移行。AD LDS 内のデータの構成。認証サーバーの構成。サーバー コアのインストール
  • Active Directory Rights Management サービス (AD RMS) を構成する
    • 証明書の要求とインストール。自己登録。委任。RMS テンプレートの作成。RMS 管理ロール。IE の RM アドオン
  • 読み取り専用ドメイン コントローラー (RODC) を構成する
    • レプリケーション。管理者ロールの分離。読み取り専用 DNS。BitLocker。資格情報キャッシング。パスワード レプリケーション。syskey。読み取り専用 SYSVOL。ステージングされたインストール
  • Active Directory フェデレーション サービス (AD FSv2) を構成する
    • AD FS サーバー ロールのインストール。AD FS エージェントとの証明書の交換。信頼ポリシーの構成。ユーザーおよびグループ要求マッピングの構成。信頼ポリシーのインポートとエクスポート

準備用リソース

Active Directory オブジェクトの作成と保守 (18%)
  • Active Directory アカウントの作成を自動化する
    • 一括インポート。UPN の構成。コンピューター、ユーザー、およびグループ アカウントの作成 (スクリプト、インポート、移行)。テンプレート アカウント。連絡先、配布リスト、オフライン ドメイン結合
  • Active Directory アカウントを保守する
    • コンピューター アカウントの管理。グループ メンバーシップの構成。アカウントのリセット。委任。AGDLP/AGGUDLP。ドメイン ローカル グループの拒否。ローカルとドメイン。保護された管理。アカウントの無効化とアカウントの削除。プロビジョニング解除。連絡先。組織単位 (OU) の作成。制御の委任。削除からの AD オブジェクトの保護。管理されたサービス アカウント
  • グループ ポリシー オブジェクト (GPO) を作成および適用する
    • 強制、OU 階層、ブロック継承、およびユーザー オブジェクトの有効化。グループ ポリシー処理の優先順位。WMI。グループ ポリシー フィルタリング。グループ ポリシー ループバック。グループ ポリシーの基本設定 (GPP)
  • GPO テンプレートを構成する
    • ユーザー権限。ADMX セントラル ストア。管理テンプレート。セキュリティ テンプレート。制限されたグループ。セキュリティ オプション。スターター GPO。シェル アクセス ポリシー
  • GPO を使用してソフトウェアを配置および管理する
    • ユーザーへの公開。ユーザーへのソフトウェアの割り当て。コンピューターへの割り当て。ソフトウェアの削除。ソフトウェア制限ポリシー。AppLocker
  • アカウント ポリシーを構成する
    • ドメイン パスワード ポリシー。アカウント ロックアウト ポリシー。細かいパスワード ポリシー
  • GPO を使用して監査ポリシーを構成する
    • ログオン イベントの監査。アカウント ログオン イベントの監査。ポリシー変更の監査。アクセス権限の使用の監査。ディレクトリ サービス アクセスの監査。オブジェクト アクセスの監査。高度な監査ポリシー。グローバル オブジェクト アクセスの監査。「アクセスの理由」レポート

準備用リソース

Active Directory 環境の保守 (18%)
  • バックアップと回復を構成する
    • Windows Server バックアップの使用。ファイルおよびシステム状態データのメディアへのバックアップ。リムーバブル メディアを使用したバックアップとリストア。Authoritative Restore と非 Authoritative Restore の実行。リンクされた値のレプリケーション。ディレクトリ サービス回復モード (DSRM)。GPO のバックアップとリストア。AD ごみ箱の構成
  • オフライン保守を実行する
    • オフライン最適化および圧縮。再起動可能 Active Directory、Active Directory データベース マウント ツール
  • Active Directory を監視する
    • イベント ビューアー サブスクリプション。データ コレクター セット。リアルタイム監視。ログの分析。WMI クエリ。PowerShell

準備用リソース

Active Directory 証明書サービスの構成 (15%)
  • Active Directory 証明書サービスをインストールする
    • スタンドアロン、エンタープライズ、ルート、下位などの認証局 (CA) タイプ。役割サービス。複数フォレスト配置の準備
  • CA サーバー設定を構成する
    • キーのアーカイブ。証明書データベースのバックアップとリストア。管理ロールの割り当て。大量の CA。監査
  • 証明書テンプレートを管理する
    • 証明書テンプレート タイプ。テンプレートのアクセス許可のセキュリティ保護。異なる証明書テンプレート バージョンの管理。キー回復エージェント
  • 登録を管理する
    • ネットワーク デバイス登録サービス (NDES)。自動登録。Web 登録。エクストラネット登録。スマート カード登録。認証メカニズム保証。登録エージェントの作成。複数フォレスト証明書の配置。x.509 証明書マッピング
  • 証明書失効を管理する
    • オンライン レスポンダーの構成。証明書失効リスト (CRL)。CRL 配布ポイント (CDP)。機関情報アクセス (AIA)

準備用リソース

試験対策

講師によるトレーニング
お近くのマイクロソフト ラーニング パートナーの検索
演習テスト
コミュニティから
書籍

MCTS Self-Paced Training Kit (Exam 70-640): Configuring Windows Server 2008 Active Directory (2nd Edition)
配信開始: 2011 年 6 月 15 日

Windows Server 2008 R2 向けに完全に更新されました。Exam 70-640 で評価されるスキルと業務で使用するスキルの準備に最適です。自分のペースで一連のレッスンおよび復習を実施してください。これらは、各試験の目標に完全に対応しています。さらに、知識を補強して現実の状況に適用し、演習を行います。このキットには、マイクロソフトからの 15% の試験割引も含まれます。

この書籍を購入 (Microsoft Press Store)

受験対象者

Windows Server 2008 資格に関するマイクロソフト認定テクノロジー スペシャリスト (MCTS) は、中企業または大企業の複雑なコンピューティング環境で働く IT (情報技術) プロフェッショナルを対象にしています。MCTS の受験者は、次の特徴を備えた環境で、Windows Server 2008 R2 の実装および管理の経験を 1 年以上積んでいることが必要です。

  • 250 ~ 5,000 人を超えるユーザーがいる。
  • 複数の物理的な場所、複数のドメイン コントローラーがある。
  • メッセージング、データベース、ファイルと印刷、ファイアウォール、インターネット アクセス、イントラネット、公開キー インフラストラクチャ、リモート アクセス、リモート デスクトップ、仮想化、クライアント コンピューター管理などのネットワーク サービスとリソースがある。
  • リモートの場所のブランチ オフィスと個々のユーザーの企業リソースへの接続、企業ネットワークの接続などの接続性要件がある。

試験に関する追加情報

試験のための準備

試験のスケジュールを検討する際は、この試験準備ガイド全体を確認し、 Web サイト上のリソースをよく理解することをお勧めします。次の を参照して、 Microsoft Certification exam overview 登録、よくある問題形式の動画、その他の準備リソースをご参照下さい。試験方針や採点については、次を参照 Microsoft Certification exam policies and FAQs

注意

この準備ガイドは、Microsoft の判断に従っていつでも予告なく変更されることがあります。マイクロソフトの試験には、適応型テストの技術およびシミュレーション アイテムが含まれる場合があります。試験の提供形式は特定しません。試験の形式に関係なく、準備にはこの準備ガイドを使用してください。この試験の準備に役立つよう、Microsoft はこの製品に関する実地経験を積むこと、および指定されたトレーニング リソースを使用することをお勧めします。これらのトレーニング リソースは、「スキルの評価」 セクションの一覧に示されたトピックすべてに必ずしも対応しているわけではありません。