Exam Replay または Exam Replay with Practice Test で試験日に自信が持てるようにしてください。

試験
70-642

Microsoft Windows Server logo

  • 配信開始:
    2008 年 3 月 6 日
  • 言語:
    英語、ドイツ語、日本語
  • 対象者:
    IT プロフェッショナル
  • テクノロジ:
    Windows Server 2008
  • 対応資格:
    MCP、MCSA、MCTS

Windows Server 2008 ネットワーク インフラストラクチャの構成

* 学生の方には、学割価格が適用される場合があります (インドまたは中国では利用できません)。詳細については、試験のポリシーと FAQ を参照してください。価格には、Microsoft Imagine Academy プログラム メンバー、マイクロソフト認定トレーナー、およびマイクロソフト パートナー ネットワーク プログラム メンバー向けのプロモーション内容や価格割引は反映されません。価格は予告なく変更されることがあります。価格には適用される税は含まれていません。試験の予約をする前に、試験提供者に正確な価格をご確認ください。

スキルの評価

この試験では、次の一覧に示す技術タスクを遂行する能力を評価します。パーセンテージは、試験の各主要トピック領域の相対的な重みを示します。パーセンテージが高いほど、試験でこのコンテンツ領域に関する質問の数が多くなる可能性があります。マイクロソフト試験のさまざまな質問のタイプについて、ビデオ チュートリアルを参照してください。

箇条書きテキストで記述されているトピックに関する質問が出題されますが、これらに限定されるものではないことに注意してください。

この試験で評価されるスキルの妥当性に関するフィードバックをご提供いただける方は、マイクロソフトまでコメントをお送りください。すべてのフィードバックは確認されており、認定資格プロセスの有効性および信頼性を依然として維持しながら、必要に応じて反映されます。マイクロソフトからは、皆様のフィードバックに直接返信されないことにご注意ください。マイクロソフト認定資格プログラムの品質確保のために、皆様からのご意見をお待ちしております。

この試験の個々の質問に関して懸案がある場合は、試験への異議をご提出ください。

マイクロソフト認定資格試験や認定資格プログラム、登録、またはプロモーションに関するその他の質問やご意見があれば、認定プログラム事務局にご連絡ください。

アドレス指定とサービスの構成 (21%)
  • IPv4 アドレスおよび IPv6 アドレスを構成する
    • IP アドレス オプションの構成。サブネット化。スーパーネット化。マルチホーム。IPv4 と IPv6 間の相互運用性
  • 動的ホスト構成プロトコル (DHCP) を構成する
    • DHCP オプション。新規オプションの作成。PXE ブート。既定のユーザー プロファイル。DHCP リレー エージェント。除外。Active Directory のサーバーの承認。範囲。DHCPv6
  • ルーティングを構成する
    • 静的ルーティング。永続的ルーティング。ルーティング インターネット プロトコル (RIP)。メトリック。既定のゲートウェイの選択。ルーティング テーブルの保守。デマンド ダイヤル ルーティング。IGMP プロキシ
  • セキュリティ詳細で Windows ファイアウォールを構成する
    • インバウンドおよびアウトバウンド ルール。カスタム ルール。承認されたユーザー。承認されたコンピューター。グループ ポリシーを使用したファイアウォールの構成。ネットワークの場所プロファイル。サービス グループ。インポート/エクスポート ポリシー。分離ポリシー。IPsec グループ ポリシー。接続セキュリティ ルール

準備用リソース

名前の解決の構成 (22%)
  • ドメイン ネーム システム (DNS) サーバーを構成する
    • 条件付き転送。外部フォワーダー。ルート ヒント。キャッシュのみ。ソケット プーリング。キャッシュ ロック
  • DNS ゾーンを構成する
    • ゾーン清掃。ゾーン タイプ。Active Directory 統合。動的ドメイン ネーム システム (DDNS)。セキュリティで保護された DDNS。GlobalNames。ゾーン委任。DNS セキュリティ拡張 (DNSSEC)。逆参照ゾーン
  • DNS レコードを構成する
    • レコード タイプ。Time to Live (TTL)。レコードの加重。レコードの登録。ネットマスクの順序。DnsUpdateProxy グループ。ラウンド ロビン。DNS レコード セキュリティ。監査
  • DNS レプリケーションを構成する
    • DNS セカンダリ ゾーン。DNS スタブ ゾーン。Active Directory 統合レプリケーション スコープ。ゾーン転送のセキュリティ保護。SOA リフレッシュ、監査
  • クライアント コンピューターの名前解決を構成する
    • HOSTS ファイルの構成。リンク ローカル マルチキャスト名前解決 (LLMNR)。ブロードキャスト。リゾルバー キャッシュ。DNS サーバー リスト。サフィックス検索順序。DNS のデボルブ

準備用リソース

ネットワーク アクセスの構成 (18%)
  • リモート アクセスを構成する
    • ダイヤルアップ、リモート アクセス ポリシー、ネットワーク アドレス変換 (NAT)、Secure Socket トンネリング プロトコル (SSTP) や IKEv2 などの VPN プロトコル、ルーティングとリモート アクセス サービス (RRAS)、パケット フィルター、接続マネージャー、VPN 再接続、MS-CHAP/MS-CHAP v2/EAP を使用した RAS 認証
  • ネットワーク アクセス保護 (NAP) を構成する
    • ネットワーク レイヤー保護。DHCP の強制。VPN の強制。RDS の強制。NAP 正常性ポリシーの構成。IPsec の強制。802.1x の強制。柔軟なホスト分離。複数構成システム正常性検証ツール (SHV)
  • DirectAccess を構成する
    • IPv6。IPsec。サーバー要件。クライアント要件。境界ネットワーク。名前解決ポリシー テーブル
  • ネットワーク ポリシー サーバー (NPS) を構成する
    • IEEE 802.11 ワイヤレス。IEEE 802.3 ワイヤード。ワイヤレスのグループ ポリシー。RADIUS アカウンティング。接続要求ポリシー。RADIUS プロキシ。NPS テンプレート

準備用リソース

ファイルおよび印刷サービスの構成 (20%)
  • ファイル サーバーを構成する
    • ファイル共有公開。オフライン ファイル。共有アクセス許可。NTFS アクセス許可。暗号化ファイル システム (EFS)。BitLocker。アクセス ベースの列挙 (ABE)。ブランチ キャッシュ。共有およびストレージ管理コンソール
  • 分散ファイル システム (DFS) を構成する
    • DFS 名前空間。DFS 構成とアプリケーション。ターゲットの作成と構成。DFS レプリケーション。読み取り専用レプリケート フォルダー。フェールオーバー クラスター サポート。正常性レポート
  • バックアップとリストアを構成する
    • バックアップ タイプ。バックアップ スケジュール。リモート管理。データのリストア。シャドウ コピー サービス。ボリューム スナップショット サービス (VSS)。ベア メタル回復。リモート ファイル共有へのバックアップ
  • ファイル サーバー リソースを管理する
    • FSRM。ボリューム別クォータまたはユーザー別クォータ。クォータ エントリ。クォータ テンプレート。ファイル分類。SAN 用記憶域マネージャー。ファイル管理タスク。ファイル スクリーニング
  • 印刷サービスを構成および監視する
    • プリンター共有。Active Directory へのプリンターの公開。プリンターのアクセス許可。プリンター接続の配置。プリンター ドライバーのインストール。印刷キューとプリンター設定のエクスポートとインポート。印刷サービスを監視するためのパフォーマンス モニターへのカウンターの追加。印刷プーリング。印刷の優先順位。印刷ドライバーの分離。位置情報認識印刷。印刷管理の委任

準備用リソース

ネットワーク インフラストラクチャの監視と管理 (20%)
  • Windows Server Update Services (WSUS) サーバー設定を構成する
    • タイプ選択の更新。クライアント設定。グループ ポリシー オブジェクト (GPO)。クライアント ターゲット設定。ソフトウェア更新。テストと承認。切断されたネットワーク
  • パフォーマンス監視を構成する
    • データ コレクター セット。パフォーマンス モニター。信頼性モニター。システム安定性インデックスの監視。ページ ファイル。パフォーマンス データの分析
  • イベント ログを構成する
    • カスタム ビュー。アプリケーションおよびサービス ログ。サブスクリプション。イベント検索およびフィルターへのタスクの接続
  • ネットワーク データを収集する
    • 簡易ネットワーク管理プロトコル (SNMP)。ネットワーク モニター。接続セキュリティの規則の監視

準備用リソース

試験対策

講師によるトレーニング
お近くのマイクロソフト ラーニング パートナーの検索
演習テスト
コミュニティから
書籍

MCTS Self-Paced Training Kit (Exam 70-642): Configuring Windows Server 2008 Network Infrastructure (2nd Edition)
配信開始: 2011 年 5 月

Windows Server 2008 R2 向けに完全に更新されました。Exam 70-642 で評価されるスキルと業務で使用するスキルの準備に最適です。自分のペースで一連のレッスンおよび復習を実施してください。これらは、各試験の目標に完全に対応しています。さらに、知識を補強して現実の状況に適用し、演習を行います。このキットには、マイクロソフトからの 15% の試験割引も含まれます。

この書籍を購入 (Microsoft Press Store)

受験対象者

Windows Server 2008 資格に関するマイクロソフト認定テクノロジー スペシャリスト (MCTS) は、中企業または大企業の複雑なコンピューティング環境で働く IT (情報技術) プロフェッショナルを対象にしています。MCTS の受験者は、次の特徴を備えた環境で、Windows Server 2008 R2 の実装および管理の経験を 1 年以上積んでいることが必要です。

  • 250 ~ 5,000 人を超えるユーザーがいる。
  • 複数の物理的な場所がある。
  • 複数のドメイン コントローラーがある。
  • メッセージング、データベース、ファイルと印刷、ファイアウォール、インターネット アクセス、イントラネット、公開キー インフラストラクチャ、リモート アクセス、リモート デスクトップ、仮想化、クライアント コンピューター管理などのネットワーク サービスとリソースがある。
  • リモートの場所のブランチ オフィスと個々のユーザーの企業リソースへの接続、企業ネットワークの接続などの接続性要件がある。

試験に関する追加情報

試験のための準備

試験のスケジュールを検討する際は、この試験準備ガイド全体を確認し、 Web サイト上のリソースをよく理解することをお勧めします。登録、通常の試験の質問形式のビデオ、およびその他の準備リソースの詳細については、マイクロソフト認定資格試験の概要を参照してください。 試験のポリシーと採点方法の詳細については、マイクロソフト認定資格試験のポリシーと FAQ を参照してください。

注意

この準備ガイドは、Microsoft の判断に従っていつでも予告なく変更されることがあります。マイクロソフトの試験には、適応型テストの技術およびシミュレーション アイテムが含まれる場合があります。試験の提供形式は特定しません。試験の形式に関係なく、準備にはこの準備ガイドを使用してください。この試験の準備に役立つよう、Microsoft はこの製品に関する実地経験を積むこと、および指定されたトレーニング リソースを使用することをお勧めします。これらのトレーニング リソースは、「スキルの評価」 セクションの一覧に示されたトピックすべてに必ずしも対応しているわけではありません。