Exam Replay または Exam Replay with Practice Test で試験日に自信が持てるようにしてください。

試験
70-668

SharePoint

  • 配信開始:
    2010 年 7 月 12 日
  • 言語:
    英語
  • 対象者:
    IT プロフェッショナル
  • テクノロジ:
    Microsoft SharePoint Server 2010
  • 対応資格:
    MCITP

PRO:Microsoft SharePoint 2010 の管理者

この試験は終了しました

現在選択できる試験については、マイクロソフト認定資格試験一覧を参照してください。

スキルの評価

この試験では、次の一覧に示す技術タスクを遂行する能力を評価します。パーセンテージは、試験の各主要トピック領域の相対的な重みを示します。パーセンテージが高いほど、試験でこのコンテンツ領域に関する質問の数が多くなる可能性があります。マイクロソフト試験のさまざまな質問のタイプについて、ビデオ チュートリアルを参照してください。

箇条書きテキストで記述されているトピックに関する質問が出題されますが、これらに限定されるものではないことに注意してください。

この試験で評価されるスキルの妥当性に関するフィードバックをご提供いただける方は、マイクロソフトまでコメントをお送りください。すべてのフィードバックは確認されており、認定資格プロセスの有効性および信頼性を依然として維持しながら、必要に応じて反映されます。マイクロソフトからは、皆様のフィードバックに直接返信されないことにご注意ください。マイクロソフト認定資格プログラムの品質確保のために、皆様からのご意見をお待ちしております。

この試験の個々の質問に関して懸案がある場合は、試験への異議をご提出ください。

マイクロソフト認定資格試験や認定資格プログラム、登録、またはプロモーションに関するその他の質問やご意見があれば、認定プログラム事務局にご連絡ください。

SharePoint 2010 ファーム トポロジを設計する (27%)
  • 物理アーキテクチャを設計する
    • 情報アーキテクチャを物理アーキテクチャに変換する、SharePoint ファームの容量を決定する (記憶域、ユーザー数/SharePoint Online ライセンス、帯域幅の使用、イントラネット/エクストラネット、ハードウェア)、Web ファームとサービス インフラストラクチャを拡大縮小する
  • ネットワーク インフラストラクチャと SharePoint の統合を設計する
    • 内部および外部ファーム通信を計画する、ネットワーク境界の構成/ネットワーク/Active Directory ドメイン サービス/Active Directory フェデレーション サービス (AD FS) 2.0/DNS/SQL 記憶域/IIS を確立する、インフラストラクチャ サービスを分析する
  • 論理分類を設計する
    • サイトとサイト コレクションを計画する、グループ作業サイトを計画する、個人用サイトのサイトを計画する、Office 365 ドメインを計画する、ゾーンを計画する、サービス アプリケーション (サービス アプリケーションの関連付け)/Web アプリケーション/コンテンツ データベース/管理パス/サイトとサブサイト対ライブラリ、ライブラリ対フォルダー対ドキュメント セット/セキュリティ境界/ソフトウェア境界/サイト階層/コンテンツ展開パス方式を計画する
  • サンドボックス ソリューションを計画する
    • コンテンツの分離、機能の展開、信頼できるソリューション、リソース クォータ
  • ファーム配置を計画する
    • 順次展開、スタンドアロン展開を計画する (Microsoft SQL Server Express)、単一サーバー ファームを計画する (SQL Server)、ファーム間サービスを計画する、N 層ファームにおけるマルチサーバー展開を計画する、SharePoint 仮想環境を設計する
  • 可用性を計画する
    • SQL Server フェールオーバー クラスタリング戦略/可用性の種類 (高パフォーマンス、許容範囲内のダウンタイム、回復ポイントの目標、回復時刻の目標)/ミラーリングの種類/高可用性/強力な保護/ファーム全体をフェールオーバー クラスターとして設計する、Web フロントエンド NLB 戦略を設計する

準備用リソース

SharePoint 2010 展開を計画する (26%)
  • サービス アプリケーションを計画する
    • Business Connectivity Services (BCS) 戦略を策定する、Microsoft Excel Services 戦略を計画する、BI ソリューションを実装する、サービス アプリケーション サーバーの役割を計画する、Web サーバー フォーム戦略を計画する (InfoPath Forms Services を計画する)、SharePoint Online 用語ストア
  • SharePoint コンポーネント戦略を計画する
    • Web パーツ、Web アプリケーション、Microsoft .NET Framework、Microsoft Silverlight、SharePoint の機能とソリューション、ワークフロー、サイト テンプレート、サイト定義、多言語展開、マスター ページとレイアウト ファイル、電子メール統合
  • アップグレード戦略を計画する
    • ハードウェア アップグレード (32 ビットから 64 ビットなど)/オペレーティング システム アップグレード/一括アップグレード/MOSS アップグレード/SQL Server アップグレードをサポートする
  • 移行戦略を設計する
    • データベース移行、カスタム機能、読み取り専用データベースと接続解除されたデータベース、テストおよび QA 実装計画 (開発から運用など) を設計する、コンテンツ データベースを移行する、ファーム間でコンテンツを移動する、ファームへ、およびファームからコンテンツを移動する、ファーム内でコンテンツを移動する、ロールバックする
  • セキュリティ アーキテクチャを設計する
    • WebApp サイト コレクションのセキュリティを計画する、SharePoint ユーザーとグループ管理/SharePoint セキュリティ グループの分類/管理アカウント/サイト セキュリティ (アクセス許可レベル、リストの権限、個人の権限、既定およびカスタム セキュリティ グループ) を設計する、Secure Sockets Layer (SSL) を計画する、SharePoint Online 外部ユーザー
  • 認証方法を計画および展開する
    • 複数の認証ソース/種類の統合を計画する、NTLM 認証を計画する、Kerberos 認証を計画する、フォーム ベース認証 (FBA) を計画する、クレーム認証を計画する (ID およびアクセス管理)、Secure Store Service を計画する、SharePoint Online のシングル サインオン (SSO) を計画する

準備用リソース

SharePoint 2010 の運用戦略とビジネス継続性を定義する (25%)
  • 保守戦略を設計する
    • 修正プログラムの適用と保守のためにテスト計画を準備する、SharePoint Maintenance Manager、SQL インデックスを再構築する、検索保守 (ランク付け、クエリの多いアイテム)
  • プロビジョニング戦略を推奨する
    • セルフ サービス コンポーネント (個人用サイト、サービス アーキテクチャ管理、外部ユーザーの招待) を管理する、サイト管理を委任する、サイト テンプレートとページ レイアウトを制限する、クォータを割り当てる、Web アプリケーション/パブリック Web サイトのポリシーを定義する
  • エンタープライズ監視計画を立てる
    • パフォーマンスと可用性の監視ポイントを展開する、パフォーマンス モニターを利用する、検索レポート/Web Analytics/診断ログ/利用状況ログを分析する、正常性および利用状況データ (SharePoint Health Analyzer、Office 365 サービス正常性) を分析する、ファーム トポロジのパフォーマンス要件を検証する
  • SharePoint のバックアップと復元を計画する
    • ファーム/ファーム構成/サイト コレクション/Web アプリケーション/サービス アプリケーション/スナップショット/コンテンツ データベース/構成データベース/カスタム機能/ソリューション/サイト/リスト/ドキュメント ライブラリ/リモート BLOB ストレージ (RBS)/ごみ箱、回復戦略と実装計画/サーバー回復/サイト回復/段階的なバックアップと回復戦略を開発およびテストする、サイトまたはリストをエクスポートする、接続されていないコンテンツ データベースからデータを回復する

準備用リソース

検索およびビジネス ソリューションを計画する (22%)
  • 検索要件を定義する
    • データの種類、配布の種類 (インターネット、エクストラネット)、データの分離、インデックス ファイルの場所、インデックスのサイズ、フェデレーションの要件、コンテンツ ソース、検索範囲、検索の分類、サーバー名マッピング、除外を昇格または降格する、類義語および複合語検索処理、検索用ファセットを定義する
  • 検索トポロジを計画する
    • インデックス作成の戦略 (インデックス作成の冗長性)、インデックスのパーティション、クエリ コンポーネント、プロパティ データベース、クローラー コンポーネント、個別のクローラー サーバー (拡大縮小、ホストの割り当てルール)、管理コンポーネント
  • エンタープライズ検索戦略を計画する
    • 情報アクセスおよびエンタープライズ検索戦略を設計する、メタデータと検索を計画する、人の検索、検索レポートの作成、エンタープライズ検索テクノロジ (FAST と SharePoint エンタープライズ検索) を計画する
  • エンタープライズ コンテンツ管理を計画する
    • レコード管理、BPM (レコード展開)、ドキュメント管理、メタデータの計画、情報管理ポリシー、データ分類構造/Web Content Management (WCM)/Information Rights Management (IRM) を実装する
  • ソーシャル コンピューティングとグループ作業を計画する
    • ユーザー プロファイル サービス、ユーザー プロファイル、組織のプロファイル、対象者、個人用サイト、ソーシャル タグ、エンタープライズ Wiki/ブログ/個人用設定サイトを計画する
  • ビジネス インテリジェンス戦略を計画する
    • PerformancePoint サービス (ダッシュボードとスコアカード)、Excel Services Service、Visio Graphics Service、SQL Reporting Services、PowerPivot サービス、グラフ Web パーツ、レポート センター

準備用リソース

受験対象者

この試験では、SharePoint Online および SharePoint 2010 SP1 インフラストラクチャの設計および展開に必要な知識とスキルを検証します。受験者には、SharePoint ソリューションの 2 年以上の管理、展開、監視、アップグレード、移行、および設計経験が必要です。さらに、マルチテナント展開にも精通している必要があります。

試験に関する追加情報

試験のための準備

試験のスケジュールを検討する際は、この試験準備ガイド全体を確認し、 Web サイト上のリソースをよく理解することをお勧めします。登録、通常の試験の質問形式のビデオ、およびその他の準備リソースの詳細については、マイクロソフト認定資格試験の概要を参照してください。 試験のポリシーと採点方法の詳細については、マイクロソフト認定資格試験のポリシーと FAQ を参照してください。

注意

この準備ガイドは、Microsoft の判断に従っていつでも予告なく変更されることがあります。マイクロソフトの試験には、適応型テストの技術およびシミュレーション アイテムが含まれる場合があります。試験の提供形式は特定しません。試験の形式に関係なく、準備にはこの準備ガイドを使用してください。この試験の準備に役立つよう、Microsoft はこの製品に関する実地経験を積むこと、および指定されたトレーニング リソースを使用することをお勧めします。これらのトレーニング リソースは、「スキルの評価」 セクションの一覧に示されたトピックすべてに必ずしも対応しているわけではありません。