で試験日に自信が持てるようにしてください Exam Replay or an Exam Replay with Practice Test

試験
70-680

Windows

  • 配信開始:
    2009 年 4 月 1 日
  • 言語:
    英語、中国語 (簡体字)、フランス語、ドイツ語、日本語、ポルトガル語 (ブラジル)、ロシア語、スペイン語、トルコ語
  • 対象者:
    IT プロフェッショナル
  • テクノロジ:
    Windows 7
  • 対応資格:
    MCP

Windows 7, Configuring

* 価格には、Microsoft Imagine Academy プログラム メンバー、マイクロソフト認定トレーナー、およびマイクロソフト パートナー ネットワーク プログラム メンバー向けのプロモーション内容や価格割引は反映されません。価格は予告なく変更されることがあります。価格には適用される税は含まれていません。試験の予約をする前に、試験提供者に正確な価格をご確認ください。

2017年5月1日より、既存のキャンセポリシーが次のポリシーに全て置き換わります、 ポリシー:登録した試験日より5営業日以内のキャンセルもしくは日程変更には料金がかかりますスケジュールされていたアポイントメント時より24時間以内に現れなかった、もしくはキャンセルしたか日程変更した場合、全額がかかります。

スキルの評価

この試験では、次の一覧に示す技術タスクを遂行する能力を評価します。パーセンテージは、試験の各主要トピック領域の相対的な重みを示します。パーセンテージが高いほど、試験でこのコンテンツ領域に関する質問の数が多くなる可能性があります。マイクロソフト試験の variety of question types について、ビデオ チュートリアルを参照してください。

箇条書きテキストで記述されているトピックに関する質問が出題されますが、これらに限定されるものではないことに注意してください。

この試験で評価されるスキルの妥当性に関するフィードバックをご提供いただける方は、マイクロソフトまでコメントをお送りください。すべてのフィードバックは確認されており、認定資格プロセスの有効性および信頼性を依然として維持しながら、必要に応じて反映されます。マイクロソフトからは、皆様のフィードバックに直接返信されないことにご注意ください。マイクロソフト認定資格プログラムの品質確保のために、皆様からのご意見をお待ちしております。

試験に特定の質問がある場合は、 exam challenge

マイクロソフト認定資格試験のフィードバック、その他の認定資格プログラム、登録、プロモーションや質問がある場合は Regional Service Center

Windows 7 のインストール、アップグレード、移行 (10 - 15%)
  • クリーン インストールを実行する
    • ハードウェア要件の識別、単独のオペレーティング システムとしての設定、デュアル ブートとしての設定、インストール方法、インストール ソースからの起動、インストール ソース (USB、CD、ネットワーク共有、WDS) の準備
  • 以前のバージョンの Windows から Windows 7 にアップグレードする
    • Windows Vista からのアップグレード、Windows XP からの移行、Windows 7 のいずれかのエディションから Windows 7 の別のエディションへのアップグレード
  • ユーザー プロファイルを移行する
    • コンピューター間の移行、以前のバージョンの Windows からの移行、サイド バイ サイドとワイプ アンド ロード

準備用リソース

Windows 7 の展開 (10 - 15%)
  • システム イメージを取得する
    • 取得のためのシステムの準備、WIM ファイルの作成、自動取得、手動取得
  • 展開用にシステム イメージを準備する
    • システム イメージへのアプリケーションの挿入、システム イメージへのドライバーの挿入、システム イメージへの更新の挿入、展開後に実行するタスクの構成
  • システム イメージを展開する
    • 自動展開方法、カスタマイズしたイメージの手動展開
  • VHD を構成する
    • VHD の作成/展開/起動/マウント/更新、オフライン更新、オフライン保守

準備用リソース

ハードウェアとアプリケーションの構成 (10 - 15%)
  • デバイスを構成する
    • ドライバーの更新/無効化/アンインストール、署名済みドライバー、ドライバー間の競合、ドライバーの設定の構成、デバイス ドライバーの問題の解決
  • アプリケーションの互換性を構成する
    • 互換性モードの設定、shim の実装、Internet Explorer との互換性の問題
  • アプリケーションの制限を構成する
    • ソフトウェア制限ポリシーの設定、アプリケーション管理ポリシーの設定、グループ ポリシーまたはローカル セキュリティ ポリシーによる設定
  • Internet Explorer を構成する
    • 互換表示の構成、セキュリティ設定の構成、プロバイダーの構成、アドオンの管理、InPrivate モードの制御、セキュリティで保護された Web サイトの証明書

準備用リソース

ネットワーク接続の構成 (10 - 15%)
  • IPv4 ネットワークの設定を構成する
    • ネットワークへの接続、名前解決の構成、ネットワークに対する接続の設定、ネットワークの場所、接続の問題の解決、APIPA
  • IPv6 ネットワークの設定を構成する
    • 名前解決の構成、ネットワークへの接続、ネットワークに対する接続の設定、ネットワークの場所、接続の問題の解決、リンク ローカル マルチキャスト名の解決
  • ネットワーク設定を構成する
    • 物理接続 (有線) デバイスまたは無線デバイスの追加、無線ネットワークへの接続、クライアントでのセキュリティ設定の構成、優先無線ネットワークの設定、ネットワーク アダプターの構成、位置自動認識印刷の構成
  • Windows ファイアウォールを構成する
    • 複数プロファイルのルールの構成、アプリケーションの許可または拒否、ネットワーク プロファイル固有のルール、通知の構成、認証済み例外の構成
  • リモート管理を構成する
    • リモート管理の方法、リモート管理ツールの構成、PowerShell コマンドの実行

準備用リソース

リソースへのアクセスの構成 (10 - 15%)
  • 共有リソースを構成する
    • フォルダーの仮想化、共有フォルダーのアクセス許可、プリンターとキュー、HomeGroup 設定の構成
  • ファイルとフォルダーへのアクセスを構成する
    • EFS を使用したファイルとフォルダーの暗号化、NTFS のアクセス許可の構成、有効なアクセス許可の問題の解決、ファイルのコピーとファイルの移動
  • ユーザー アカウント制御 (UAC) を構成する
    • ローカル セキュリティ ポリシーの構成、管理 UAC と標準 UAC のプロンプトの動作の構成、セキュリティで保護されたデスクトップの構成
  • 認証と承認の構成
    • 認証の問題の解決、権限の構成、資格情報の管理、証明書の管理、PIV のあるスマート カード、昇格されたユーザー特権、多要素認証
  • BranchCache を構成する
    • 分散キャッシュ モードとホスト型モード、ネットワーク インフラストラクチャの要件、設定の構成、証明書の管理

準備用リソース

モバイル コンピューティングの構成 (10 - 15%)
  • BitLocker および BitLocker To Go を構成する
    • BitLocker および BitLocker To Go のポリシーの構成、トラステッド プラットフォーム モジュール (TPM) PIN の管理、スタートアップ キー ストレージの構成、データ回復エージェントのサポート
  • DirectAccess を構成する
    • クライアント側の構成、認証の構成、ネットワーク インフラストラクチャの要件
  • モビリティ オプションを構成する
    • オフライン ファイル ポリシーの構成、透過型キャッシュ、電源ポリシーの作成と移行
  • リモート接続を構成する
    • VPN の接続と認証の確立、VPN 再接続の有効化、高度なセキュリティ監査、NAP 検疫の修復、ダイヤルアップ接続、リモート デスクトップ、公開されたアプリ

準備用リソース

Windows 7 を実行するシステムの監視と管理 (10 - 15%)
  • Windows 7 に対する更新を構成する
    • 更新の設定の構成、更新のソースの決定、Windows Update ポリシーの構成、更新履歴のレビュー、新しい更新の確認、更新のロールバック
  • ディスクの管理
    • ディスク ボリュームの管理、ファイル システムの断片化の管理、RAID、リムーバブル デバイスのポリシー
  • システムを監視する
    • イベント ログの構成、イベント ログのフィルター、イベントのサブスクリプション、データ コレクターの設定、システム診断レポートの生成
  • パフォーマンスの設定を構成する
    • ページ ファイルの構成、ハード ドライブ キャッシュの構成、更新されたドライバー、ネットワーク パフォーマンスの構成、電源プランの構成、プロセッサ スケジューリングの構成、デスクトップ環境の構成、パフォーマンスの問題を解決するためのサービスとプログラムの構成、モバイル コンピューティングのパフォーマンスの問題、電源の構成

準備用リソース

バックアップおよび回復オプションの構成 (10 - 15%)
  • バックアップを構成する
    • システム回復ディスクの作成、ファイル/フォルダー/フル システムのバックアップ、バックアップのスケジュール
  • システム回復オプションを構成する
    • システム復元ポイントの構成、システム設定の復元、前回正常起動時の構成、復元の完了、ドライバーのロールバック
  • ファイル回復オプションを構成する
    • ファイル復元ポイントの構成、以前のバージョンのファイルおよびフォルダーの復元、破損したファイルまたは削除されたファイルのシャドウ コピーを使用した復元、ユーザー プロファイルの復元

準備用リソース

試験対策

講師によるトレーニング
お近くのマイクロソフト ラーニング パートナーの検索
演習テスト

Take a Microsoft Official Practice Test for Exam 680

コミュニティから

フォロー@MSLearning および@windows

書籍

MCTS Self-Paced Training Kit (Exam 70-680): Configuring Microsoft Windows 7
公開日: 2009年10月

この自習形式のトレーニング キットは、マイクロソフト認定テクノロジ スペシャリスト (MCTS): Windows 7, Configuration 認定の必須試験である 70-680 において可能な限り高い成績を得るのに役立つように作られています。この 2-in-1 キットには、Microsoft 公式スタディ ガイドと、スキルの評価に役立つ模擬テストが収録された CD が含まれています。最終的な試験内容に基づく綿密な自習形式のトレーニング、目的に応じた徹底的な復習、認定を受けたエキスパートの著者による試験のヒント、カスタマイズ可能なテスト オプションなど、受験者が最も必要としているツールと機能が満載されています。また、業務に役立つスキルと専門知識が得られる実際のシナリオ、ケース スタディの例、トラブルシューティングの実習も含まれています。レッスンと実習を自分に合ったペースで進めてください。

Microsoft Press Store で、この書籍を購入

MCTS 70-680 Rapid Review: Configuring Windows 7
公開日: 2012年3月

MCTS Exam 70-680 に対する準備状況を評価し、集中して演習する必要がある箇所を簡単に識別できます。この実践的で簡潔なガイドでは、各試験の目的が示され、"必修事項" チェックリスト、確認の質問、ヒント、詳細な学習のためのリンクが提供されます。すべては、受験者の準備に役立つことを目的として作られています。

Microsoft Press Store で、この書籍を購入

受験対象者

この試験の受験者は、エンタープライズ環境のデスクトップ オペレーティング システムとして Microsoft Windows 7 を使用するコンピューティング環境で働いている人です。受験者は、IT 分野での 1 年以上の経験、およびネットワーク環境で何らかの Windows クライアント オペレーティング システムを実装および管理した経験を持っている必要があります。

試験に関する追加情報

試験のための準備

試験のスケジュールを検討する際は、この試験準備ガイド全体を確認し、 Web サイト上のリソースをよく理解することをお勧めします。次の を参照して、 Microsoft Certification exam overview 登録、よくある問題形式の動画、その他の準備リソースをご参照下さい。試験方針や採点については、次を参照 Microsoft Certification exam policies and FAQs

注意

この準備ガイドは、Microsoft の判断に従っていつでも予告なく変更されることがあります。マイクロソフトの試験には、適応型テストの技術およびシミュレーション アイテムが含まれる場合があります。試験の提供形式は特定しません。試験の形式に関係なく、準備にはこの準備ガイドを使用してください。この試験の準備に役立つよう、Microsoft はこの製品に関する実地経験を積むこと、および指定されたトレーニング リソースを使用することをお勧めします。これらのトレーニング リソースは、「スキルの評価」 セクションの一覧に示されたトピックすべてに必ずしも対応しているわけではありません。