試験
70-686

Windows

Windows 7, エンタープライズデスクトップ管理者

この試験は終了しました

現在可能なオプションについては、この Microsoft Certification exam list

スキルの評価

この試験では、次の一覧に示す技術タスクを遂行する能力を評価します。パーセンテージは、試験の各主要トピック領域の相対的な重みを示します。パーセンテージが高いほど、試験でこのコンテンツ領域に関する質問の数が多くなる可能性があります。Microsoft の試験のさまざまな種類の質問 さまざまな種類の質問に関するビデオチュートリアルをご覧ください。

箇条書きテキストで記述されているトピックに関する質問が出題されますが、これらに限定されるものではないことに注意してください。

この試験で評価されるスキルの妥当性に関するフィードバックをご提供いただける方は、マイクロソフトまでコメントをお送りください。すべてのフィードバックは確認されており、認定資格プロセスの有効性および信頼性を依然として維持しながら、必要に応じて反映されます。マイクロソフトからは、皆様のフィードバックに直接返信されないことにご注意ください。マイクロソフト認定資格プログラムの品質確保のために、皆様からのご意見をお待ちしております。

この試験に関する特定の質問への懸念があれば、提出してください。試験チャレンジ.

マイクロソフト認定資格試験のフィードバック、その他の認定資格プログラム、登録、プロモーションや質問がある場合は連絡してください Regional Service Center

クライアントのライフサイクル戦略の計画と管理 (16%)

クライアントのライセンスとライセンス認証を計画および管理する

  • アプリケーションとオペレーティングシステム。 活性化方法; KMS対MAK; 前提条件; SKUの選択。 ライセンスストラクチャ。 ライセンスコンプライアンスの監査。 在庫検査。仮想化ライセンスの考慮事項。 ライセンス戦略とコンプライアンスに関する推奨事項の作成

ソフトウェアの更新を計画および管理する

  • アプリケーションの更新とオペレーティング システムの更新、ソフトウェア更新の評価と承認、エンタープライズ アプリケーション、更新戦略の設計、更新ツールの選択、サービス パックの計画と展開、考慮事項のスケジュール、考慮事項のネットワーク、更新のテスト、セキュリティ コンプライアンスの監査

物理ハードウェアと仮想化戦略を計画および管理する

  • 既存のハードウェア環境の分析る。 最小要件を満たしているシステムの判断る。 物理対VDI環境のトレードオフ。 ネットワーク負荷の考慮事項。 ディスクスペース。 直接接続対仲介型接続。 VHD戦略の決定。32ビット対64ビットのの選択

準備用リソース

標準イメージの設計 (17%)

イメージ作成戦略を設計する

  • 標準イメージに組み込むオペレーティングシステムとエンタープライズアプリケーションの識別る。 シック、シンまたはハイブリッド。 役割ベースまたは地理ベースのイメージ対シングルコアイメージ。 画像のローカライゼーション

カスタム イメージを設計する

  • インストールするアプリケーションの識別、有効または無効にする機能およびコンポーネントの識別、カスタマイズしたイメージのテスト

イメージ更新戦略を定義する

  • パフォーマンスの最適化。 セキュリティの考慮事項。 効率。 オフラインサービスとオンラインまたはポストイメージのアップデート。 再作成。 再取得

準備用リソース

クライアント構成の設計 (17%)

標準システムの設定を設計する

  • 方法の選択 (ログオン スクリプト、スタートアップ スクリプト、グループ ポリシーを含む)、プロファイルの設計、エラー レポートの設計、監査ポリシーの設計

クライアント セキュリティ標準を定義する

  • アプリケーション制御ポリシー、暗号化、不必要なサービスの停止、ファイアウォール ルールの設計、マルウェア対策の設定の定義、Kerberos および NTLM の変更、ユーザー権利の構成、UAC ポリシーの定義、システム ロックダウンに対するセキュリティ テンプレートの設計、アカウント ポリシーの定義、リムーバブル ストレージのセキュリティ標準の設計

Windows Internet Explorer の設定を定義する

  • セキュリティ ゾーンの定義、キャッシュの場所、ブランド、in-private モード、プラグインの制限または許可、アドオン、プライバシー ポリシー、ブラウザー保護モード

準備用リソース

Windows 7 クライアント展開の設計 (15%)

環境を分析して適切な展開方法を選択する

  • インフラストラクチャの構築。 ライトタッチ対ゼロタッチの利点とローカルインストールの利点。 容量とスケールに関する考慮事項。 インフラストラクチャで必要な変更の決定

ライトタッチ展開戦略を設計する

  • ユニキャスト対マルチキャスト。 自動キャスト対スケジュールキャスト。 交互展開。 スケジューリングの考慮事項。 ネットワーク負荷に関する考慮事項。 展開でのクライアント起動方法の選択。 無人応答ファイル。 画像を受け取ることができるユーザーの制限。 配信メカニズムの選択

ゼロタッチ展開戦略を設計する

  • タスク シーケンスの設計と構成、無人応答ファイル、スケジュールに関する考慮事項、交互展開、ネットワーク負荷に関する考慮事項、イメージを受け取ることができるユーザーの制限

ユーザー状態移行戦略を設計する

  • 保存するユーザーデータと設定の決定。 ローカルとリモートのストレージに関する考慮事項。 移行されていないアプリケーションの軽減計画を決定する。 移行されたデータの保護。 設計された戦略のテスト。 ワイプアンドロード移行とサイドバイサイド移行

準備用リソース

展開用のアプリケーション パッケージの設計 (17%)

配信戦略または展開戦略を設計する

  • 前提条件および最小要件の監査、仮想化/リモート デスクトップ サービス/グループ ポリシー/ソフトウェア配布などの展開方法の選択、サーバー ベースまたはクライアント ベースのインストール、スケジュールに関する考慮事項、交互展開、ネットワークに関する考慮事項、パッケージ作成標準

アプリケーションの互換性を管理する

  • 非互換性のテスト、非互換性の解決方法の選択 (アップグレード、リモート デスクトップ サービス、shim、VDI など)、互換性のないソフトウェアの監査

準備用リソース

展開およびクライアント構成の問題の識別と解決 (19%)

Internet Explorer の問題を識別して解決する

  • セキュリティ ゾーン、Web アプリケーション、高度な設定、グループ ポリシーの制限、証明書

グループ ポリシーの問題を識別して解決する

  • 委任。 継承。 ポリシーは有効ではありません。 ブロッキング。 権限。 ループバック処理; ユーザー対コンピュータの設定。 フィルタリング。 パフォーマンス

ネットワークの問題を識別して解決する

  • 無線、リモート アクセス、VPN、証明書、パフォーマンス、IP 通信、Windows ファイアウォール

認証と承認の問題を識別して解決する

  • ユーザー権利、クライアントによる問題とサーバーによる問題の区別、時刻の同期 (Kerberos)

準備用リソース

試験対策

インストラクター指導のトレーニング
演習テスト

Take a Microsoft Official Practice Test for Exam 686

書籍
70-686 Training Kit

MCITP自習形式のトレーニングキット(試験70-686):Windows 7デスクトップ管理者
公開日:2010年1月

この自習形式のトレーニングキットは、MCITPの必須試験である70-686でのパフォーマンスを最大限に引き出すために設計されています。Windows 7、デスクトップ管理者の認証この 2-in-1 キットには、Microsoft 公式スタディ ガイドと、目的に応じた徹底的な復習、認定を受けたエキスパートの著者による試験のヒント、カスタマイズ可能なテスト オプションなどの、スキルの評価に役立つ模擬テストが収録された CD が含まれています。また、実際のシナリオ、ケーススタディの例、およびラボを使用して、職場で使用できるスキルと専門知識を構築します。

Microsoft Press Store で、この書籍を購入

受験対象者

この試験の受験者は、Windows ネットワーク環境でのクライアントのインストール、構成、管理に関する 3 年以上の経験、およびオペレーティング システムとアプリケーションの展開に関する経験を持つ必要があります。受験者は、Windows Server のクライアント管理機能および製品の System Center スイートなどの管理ツールに関して精通している必要があります。

試験に関する追加情報

試験のための準備

試験のスケジュールを検討する際は、この試験準備ガイド全体を確認し、 Web サイト上のリソースをよく理解することをお勧めします。次の を参照して、 Microsoft Certification exam overview 登録、よくある問題形式の動画、その他の準備リソースをご参照下さい。試験方針や採点については、次を参照 Microsoft Certification exam policies and FAQs

注意

この準備ガイドは、Microsoft の判断に従っていつでも予告なく変更されることがあります。マイクロソフトの試験には、適応型テストの技術およびシミュレーション アイテムが含まれる場合があります。試験の提供形式は特定しません。試験の形式に関係なく、準備にはこの準備ガイドを使用してください。この試験の準備に役立つよう、Microsoft はこの製品に関する実地経験を積むこと、および指定されたトレーニング リソースを使用することをお勧めします。これらのトレーニング リソースは、「スキルの評価」 セクションの一覧に示されたトピックすべてに必ずしも対応しているわけではありません。