で試験日に自信が持てるようにしてください Exam Replay or an Exam Replay with Practice Test

試験
70-696

Windows

  • 配信開始:
    2015 年 1 月 23 日
  • 言語:
    英語、スペイン語、中国語(簡字体),中国語(繁字体)、フランス語、ドイツ語、日本語、ポルトガル語(ブラジル)
  • 対象者:
    IT プロフェッショナル
  • テクノロジ:
    Windows 8.1、Windows Server 2012 R2、Microsoft Intune
  • 対応資格:
    MCP、MCSE

Administering System Center Configuration Manager and Intune

* 価格には、Microsoft Imagine Academy プログラム メンバー、マイクロソフト認定トレーナー、およびマイクロソフト パートナー ネットワーク プログラム メンバー向けのプロモーション内容や価格割引は反映されません。価格は予告なく変更されることがあります。価格には適用される税は含まれていません。試験の予約をする前に、試験提供者に正確な価格をご確認ください。

2017年5月1日より、既存のキャンセポリシーが次のポリシーに全て置き換わります、 ポリシー:登録した試験日より5営業日以内のキャンセルもしくは日程変更には料金がかかりますスケジュールされていたアポイントメント時より24時間以内に現れなかった、もしくはキャンセルしたか日程変更した場合、全額がかかります。

スキルの評価

この試験では、次の一覧に示す技術タスクを遂行する能力を評価します。パーセンテージは、試験の各主要トピック領域の相対的な重みを示します。パーセンテージが高いほど、試験でこのコンテンツ領域に関する質問の数が多くなる可能性があります。マイクロソフト試験の variety of question types について、ビデオ チュートリアルを参照してください。

箇条書きテキストで記述されているトピックに関する質問が出題されますが、これらに限定されるものではないことに注意してください。

この試験で評価されるスキルの妥当性に関するフィードバックをご提供いただける方は、マイクロソフトまでコメントをお送りください。すべてのフィードバックは確認されており、認定資格プロセスの有効性および信頼性を依然として維持しながら、必要に応じて反映されます。マイクロソフトからは、皆様のフィードバックに直接返信されないことにご注意ください。マイクロソフト認定資格プログラムの品質確保のために、皆様からのご意見をお待ちしております。

試験に特定の質問がある場合は、 exam challenge

マイクロソフト認定資格試験のフィードバック、その他の認定資格プログラム、登録、プロモーションや質問がある場合は Regional Service Center

2016 年 2 月の時点で、この試験は、Windows 10 のシナリオ、要件、および関連する Service Pack の更新を反映して更新されました。これらの変更の詳細および測定されるスキルにどのように影響するかについては、 download and review the Exam 70-696 change document

仮想アプリケーションの展開と管理 (10 ~ 15%)
  • 仮想アプリケーションを準備する
    • アプリケーションの配列、シーケンサー環境のインストールと構成、さまざまな環境でのアプリケーション展開の準備、仮想アプリケーションの対話と共有の構成
  • アプリケーション仮想化環境を管理する
    • App-V の構成、アプリケーション キャッシュの管理、システム トレイ/SFTTray.exe スイッチの構成、仮想化アプリケーションを使ったアプリケーション拡張の構成、グループ ポリシーを使ったアプリケーション設定の構成
  • RemoteApp の展開と管理
    • RemoteApp とデスクトップ接続設定の構成、署名済みパッケージのグループ ポリシー オブジェクト (GPO) の構成、RemoteApp とデスクトップ接続フィードのサブスクライブ、iOS と Android のサポート、RemoteApp の配布用のリモート デスクトップ Web アクセスの構成、Azure RemoteApp の構成と展開
デスクトップ アプリケーションとモバイル アプリケーションの展開と管理 (15 ~ 20%)
  • アプリケーション配布戦略の計画
    • 考慮事項 (オフライン アクセス、展開インフラストラクチャ、リモート ロケーションによるクライアントへの影響など)、適切なアプリケーション配布方法の選択、Microsoft Intune を使ったモバイル デバイス (Windows Phone、iOS、Android など) へのアプリケーション配布の計画、Windows ストア アプリを含むアプリケーションのデバイスへの配布の計画
  • Microsoft System Center Configuration Manager を使ったアプリケーションの展開
    • 展開の種類の選択と構成、ユーザー デバイス アフィニティの構成、要件の構成、ソフトウェア ライブラリとアプリケーション カタログの管理
  • Microsoft Intune を使ったアプリケーションの展開
    • 自動展開と手動展開の選択、アプリケーション展開ポリシーの構成、ソフトウェア パッケージの追加、会社ポータルの構成
  • アプリケーション アップグレードの計画
    • 考慮事項 (アプリケーション バージョンの共存、互換性の問題、アプリケーションの設定と構成の移行など)、アプリケーションの再配列/再展開
  • アプリケーションを監視する
    • オフライン アプリケーションの使用状況の監視、リアルタイム セッションの監視、アプリケーション ライセンスの使用状況の監視、Configuration Manager での資産インテリジェンスの構成、ソフトウェア センターを使ったアプリケーションの監視
  • コンテンツ配布の管理
    • 配布ポイント、配布ポイント グループ、コンテンツ ライブラリの管理、ログ ファイルの監視
ソフトウェア更新プログラムの計画と実装 (15 ~ 20%)
  • サード パーティの更新プログラムの計画と実装
    • サード パーティ サポートの計画、System Center Updates Publisher と Configuration Manager の統合
  • Configuration Manager と Windows Server Update Services (WSUS) を使ったソフトウェア更新プログラムの配布
    • ソフトウェア更新ポイントと Windows Update の同期の構成、レポートとコンソール監視を使った必要な更新プログラムの特定、更新グループの作成、展開の作成と監視、ログ ファイルの分析、自動展開規則 (ADR) の構成、Windows Update へのセカンダリ アクセスの提供、GPO 設定の構成
  • Microsoft Intune と Windows as a Service モデルを使用した Windows の提供
    • レポートとコンソール監視を使った必要な更新プログラムの特定、更新プログラムの承認または却下、自動承認設定の構成、更新のインストール期限の構成、Microsoft および Microsoft 以外の更新プログラムの展開、サービス ブランチの計画
コンプライアンスと Endpoint Protection の設定の管理 (15 ~ 20%)
  • 構成項目 (CI) をビルドする
    • CI の作成、CI のインポート、CI のバージョン管理の設定、修復ルール
  • 基準計画を作成および監視する
    • 基準計画の展開、構成パックのインポート、カスタム基準計画の構築
  • Endpoint Protection の構成
    • Endpoint Protection ポリシーの作成と管理、クライアント ポリシーでの定義の構成、ポリシーのエクスポート、使用するテンプレートの選択、除外の選択、Microsoft Intune を使った Endpoint Protection の構成、コンソール監視を使ったクライアント コンプライアンスの監視
Configuration Manager クライアントの管理 (15 ~ 20%)
  • クライアント エージェントの展開と管理
    • 展開方法の特定、クライアント エージェント設定の管理
  • コレクションの管理
    • コレクション構造の計画、コレクションのルールの計画、コレクション固有の設定のカスタマイズ (メンテナンス ウィンドウや電源管理など)
  • クライアントの状態の構成と監視
    • クライアントの状態設定の構成、コンソール監視を使ったクライアントの正常性の特定、警告のしきい値の構成、クライアントの正常性の自動修復の構成
Configuration Manager を使ったインベントリの管理 (10 ~ 15%)
  • ハードウェアとソフトウェアのインベントリの管理
    • ハードウェア インベントリの WMI クラスの拡張、WMI クラス設定のエクスポートとインポート、標準化されたベンダー名の構成、特定されたインベントリの分析とレポートの生成
  • ソフトウェア メータリングの管理
    • ソフトウェア メータリング ルールの作成、自動生成されたルールの有効化または無効化、ソフトウェア メータリング結果のレポート
  • レポートの作成
    • レポートの複製と変更、カスタム レポートの作成、レポートのインポートとエクスポート、資産インテリジェンスの管理、資産インテリジェンス同期ポイントのインストール、WMI クラスの有効化、カテゴリとラベルの変更、レポートの分析
モバイル デバイスのプロビジョニングと管理 (10 ~ 15%)
  • Configuration Manager と Exchange ActiveSync Connector の統合
    • ActiveSync ポリシーの構成と適用、モバイル デバイスでのインベントリの表示、内部設置型またはホストされている Exchange Server 環境との接続の構成、Exchange コネクタのログ ファイルの監視
  • Microsoft Intune を使ったデバイスの管理
    • ユーザー アカウントのプロビジョニング、デバイスの登録、Microsoft Intune と Configuration Manager の統合、すべての管理対象デバイスの表示と管理、Microsoft Intune サブスクリプションの構成、Microsoft Intune コネクタ サイト システムの役割の構成、Microsoft Intune を使用したプロファイルと条件付きアクセスの管理
  • Configuration Manager を使った接続プロファイルの管理
    • リモート デスクトップ プロファイル、証明書プロファイル、メール プロファイル、Wi-Fi プロファイルの構成

受験対象者

この試験は、中規模から大規模のエンタープライズ組織全体の PC、デバイス、アプリケーションの管理と保守を行う IT プロフェッショナルを対象としています。対象者の大部分は、System Center 2012 R2 Configuration Manager を使って PC、デバイス、アプリケーションを管理、展開しているか、その予定があります。Enterprise Desktop Administrator は、ドメイン結合または非ドメイン結合の Bring Your Own Device (BYOD) シナリオ、モバイル デバイス管理、Windows 8.x、Windows Phone 8.x、iOS、Android などの一般的なプラットフォームでのセキュリティで保護されたデータ アクセスもサポートしています。

試験に関する追加情報

試験のための準備

試験のスケジュールを検討する際は、この試験準備ガイド全体を確認し、 Web サイト上のリソースをよく理解することをお勧めします。次の を参照して、 Microsoft Certification exam overview 登録、よくある問題形式の動画、その他の準備リソースをご参照下さい。試験方針や採点については、次を参照 Microsoft Certification exam policies and FAQs

注意

この準備ガイドは、Microsoft の判断に従っていつでも予告なく変更されることがあります。マイクロソフトの試験には、適応型テストの技術およびシミュレーション アイテムが含まれる場合があります。試験の提供形式は特定しません。試験の形式に関係なく、準備にはこの準備ガイドを使用してください。この試験の準備に役立つよう、Microsoft はこの製品に関する実地経験を積むこと、および指定されたトレーニング リソースを使用することをお勧めします。これらのトレーニング リソースは、「スキルの評価」 セクションの一覧に示されたトピックすべてに必ずしも対応しているわけではありません。