「再受験無料のExam ReplayバウチャーとPractice Testの購入はこちら」

試験
70-698

Windows

  • 配信開始:
    2016年6月7日
  • 言語:
    英語、スペイン語、中国語(簡字体)、中国語(繁字体)、フランス語、ドイツ語、日本語、ポルトガル語(ブラジル)
  • 対象者:
    IT プロフェッショナル
  • テクノロジ:
    Windows 10
  • 対応資格:
    MCP、MCSA

Windows 10 のインストールと構成

* 価格には、Microsoft Imagine Academy プログラム メンバー、マイクロソフト認定トレーナー、およびマイクロソフト パートナー ネットワーク プログラム メンバー向けのプロモーション内容や価格割引は反映されません。価格は予告なく変更されることがあります。価格には適用される税は含まれていません。試験の予約をする前に、試験提供者に正確な価格をご確認ください。

2017年5月1日より、既存のキャンセポリシーが次のポリシーに全て置き換わります、 ポリシー:登録した試験日より5営業日以内のキャンセルもしくは日程変更には料金がかかりますスケジュールされていたアポイントメント時より24時間以内に現れなかった、もしくはキャンセルしたか日程変更した場合、全額がかかります。

Microsoft Ignite 2017から試験準備セッションを見る

スキルの評価

この試験では、次の一覧に示す技術タスクを遂行する能力を評価します。パーセンテージは、試験の各主要トピック領域の相対的な重みを示します。パーセンテージが高いほど、試験でこのコンテンツ領域に関する質問の数が多くなる可能性があります。Microsoft の試験のさまざまな種類の質問 さまざまな種類の質問に関するビデオチュートリアルをご覧ください。

箇条書きテキストで記述されているトピックに関する質問が出題されますが、これらに限定されるものではないことに注意してください。

この試験で評価されるスキルの妥当性に関するフィードバックをご提供いただける方は、マイクロソフトまでコメントをお送りください。すべてのフィードバックは確認されており、認定資格プロセスの有効性および信頼性を依然として維持しながら、必要に応じて反映されます。マイクロソフトからは、皆様のフィードバックに直接返信されないことにご注意ください。マイクロソフト認定資格プログラムの品質確保のために、皆様からのご意見をお待ちしております。

この試験に関する特定の質問への懸念があれば、提出してください。試験チャレンジ.

マイクロソフト認定資格試験のフィードバック、その他の認定資格プログラム、登録、プロモーションや質問がある場合は連絡してください Regional Service Center

注意:2017年11月30日現在の試験の更新があります。これらの変更の詳細と測定されたスキルの影響については、これをダウンロードしてレビューしてください Exam 698 change document

Windows の実装 (30-35%)
  • インストール要件の準備
    • ハードウェア要件と互換性を決定する。アップグレードとクリーンインストールのいずれかを選択する。デバイスタイプに応じて適切なエディションを決定する。Hyper-V、Cortana、Miracast、Virtual Smart Cards、Secure Bootなどの特定の機能の要件を決定する。適切なインストールメディアを決定して作成する。アップグレード準備を構成する。
  • Windows のインストール
    • クリーンインストールを実行する。インストールメディアを使用してアップグレードする。ネイティブブートシナリオを設定する。有効なアップグレードパスを特定する。以前のバージョンのWindowsから移行する。仮想ハードディスク(VHD)にインストールする。VHDから起動する。起動可能なUSBにインストールする。追加のWindows機能をインストールする。 追加の地域および言語サポートのためにWindowsを構成する。
  • デバイスおよびデバイス ドライバーを構成する
    • ドライバのインストール、更新、無効化、およびロールバック。ドライバの問題を解決する。署名付きドライバと署名なしドライバを含むドライバ設定を構成する。ドライバパッケージを管理する。ドライバパッケージをダウンロードしてインポートする。展開イメージサービスと管理(DISM)ツールを使用してパッケージを追加する。
  • インストール後の構成の実行
    • デバイスのタイプに応じて、スタートメニュー、デスクトップ、タスクバー、および通知設定を構成およびカスタマイズする。アクセシビリティオプションを設定する。Cortanaを設定する。Microsoft Edgeを設定する。Internet Explorerを設定する。 クライアントHyper-Vを設定する。電源設定を行う。
  • エンタープライズ環境での Windows の実装
    • Windows Configuration Designerツールを使用してプロビジョニングする。Active Directoryベースのアクティベーションを実装する。キー管理サービス(KMS)を使用してボリュームアクティベーションを実装する。コマンドラインを使用して起動状態を照会と設定する。グループポリシーを含むActive Directoryを設定する。ユーザーアカウント制御(UAC)の設定と最適化
コアサービスの設定とサポート(30〜35%)
  • ネットワークの構成
    • IPv4とIPv6のネットワーク設定を構成とサポートする。名前解決を設定する。ネットワークに接続する。ネットワークの場所を設定する。Windowsファイアウォールを設定する。高度なセキュリティでWindowsファイアウォールを設定する。ネットワーク探索を設定する。Wi-Fi設定を設定する。Wi-Fi Directを設定する。ネットワークの問題をトラブルシューティングする。アプリ起動型VPN、トラフィックフィルタ、ロックダウンVPNなどのVPNの設定する。IPsecを設定する。ダイレクトアクセスを設定する。
  • 記憶域を構成する
    • ディスク管理、Windows PowerShellを使用してディスク、ボリューム、ファイルシステムオプションを設定する。VHDの作成と設定する。リムーバブルデバイスを設定する。 ストレージスペースの作成と設定する。ストレージとリムーバブルデバイスの問題のトラブルシューティングする。
  • データ アクセスと使用法の構成
    • ファイルとプリンタの共有とホームグループの接続を設定する。フォルダ共有、パブリックフォルダ、およびOneDriveを設定する。ファイルシステムのアクセス許可を設定する。オンデマンドファイルを含むOneDriveの使用方法を設定する。データのアクセスと使用に関するトラブルシューティングする。
  • アプリを実装する
    • デスクトップアプリケーションを設定する。スタートアップオプションを設定する。 Windowsの機能を設定する。Windowsストアを設定する。Windowsストアアプリを実装する。ビジネスのためにWindows Storeを実装する。Windows Store for Educationを実装する。プロビジョニングパッケージ。 パッケージを作成する。デプロイメントツールを使用する。Windowsアセスメントおよび展開キット(ADK)を使用する。
  • リモート管理を構成
    • 適切なリモート管理ツールを選択する。リモート管理設定を設定する。Microsoft管理コンソール(MMC)またはWindows PowerShellを使用してリモートで設定を変更します。Easy Connectを含むリモートアシスタンスを設定する。リモートデスクトップを設定する。リモートPowerShellを設定する。
Windowsの管理とメンテナンス(30〜35%)
  • 更新プログラムの構成
    • Insider Preview、Current Branch (CB)、Current Branch for Business (CBB)、および Long Term Servicing Branch (LTSB) のシナリオの実装、更新履歴の管理、更新のロールバック、Windows ストア アプリの更新
  • Windows の監視
    • イベントビューアのログを設定と分析する。イベント購読を設定する。タスクマネージャを使用してパフォーマンスを監視する。リソースモニタを使用してパフォーマンスを監視する。パフォーマンスモニタとデータコレクタセットを使用してパフォーマンスを監視する。システムリソースを監視する。プリンタの監視と管理。インデックス作成オプションを設定する。Windows Defenderを使用してクライアントのセキュリティを管理する。信頼性モニタを使用してシステムの安定性を評価する。パフォーマンスの問題をトラブルシューティングする。Windows Defenderセキュリティセンターを使用してセキュリティを管理する。Windows Defenderの高度な脅威検出を設定する。
  • システムとデータ回復の構成
    • リカバリドライブを設定する。システムの復元を設定する。リフレッシュまたはリサイクルを実行する。 ドライバのロールバックを実行する。復元ポイントを設定する。ハードウェアとデバイスの問題を解決する。デバイスマネージャからデータを解釈する。以前のバージョンのファイルとフォルダを復元する。ファイル履歴を設定する。OneDriveからファイルを回復する。Windowsのバックアップと復元を使用する。WBAdminを使用してバックアップと復元を実行します。Windows回復を使用して回復操作を実行する
  • 承認と認証の構成
    • Microsoft Passportを設定する。画像パスワードとバイオメトリックを設定する。ワークグループを設定する。ドメイン設定を設定する。Azure ADドメインの参加を設定するす。ホームグループ設定を設定する。クレデンシャルマネージャを設定する。ローカルアカウントを設定する。Microsoftアカウントを設定する。デバイス登録を設定する。ビジネス用にWindows Helloを設定する。デバイスガードを設定する。資格情報ガードを設定する。デバイス健全性証明を設定する。UACの動作を設定する。動的ロックを設定する
  • 高度な管理ツールの構成
    • サービスを設定する。デバイスマネージャを設定するす。MMCを構成して使用する。 タスクスケジューラを設定する。Windows PowerShellを使用して管理タスクの自動化を設定する。MDM移行分析ツールを使用してグループポリシーオブジェクトをMDMポリシーに変換する。

試験対策

インストラクター指導のトレーニング
オンライントレーニング
演習テスト

Take a Microsoft Official Practice Test for exam 698

書籍

試験参照 70-698 Windows 10、Second Editionのインストールと構成
公開:2018年4月13日

Microsoft試験 70-698 の準備用であり、Windows 10 のインストールと構成に関する実際の知識を確認するのに役立ちます。この 試験 参考資料 では、地位向上を目指す経験豊富な IT プロフェッショナル向けに、MCSA レベルでの成功に必要な批判的思考法と意思決定能力について重点的に説明しています。

Microsoft Press Store で、この書籍を購入

Microsoftプレスの書籍および電子書籍は、書籍の発行日の90日以内に予約注文することができます。

受験対象者

この試験の候補者は、Windows 10コアサービスのインストール、構成、一般的なローカル管理、およびメンテナンスを実行するITプロフェッショナルです。候補者は、一部の企業シナリオやクラウド統合サービスにさらされることもあります。

試験に関する追加情報

試験のための準備

試験のスケジュールを検討する際は、この試験準備ガイド全体を確認し、 Web サイト上のリソースをよく理解することをお勧めします。次の を参照して、 Microsoft Certification exam overview 登録、よくある問題形式の動画、その他の準備リソースをご参照下さい。試験方針や採点については、次を参照 Microsoft Certification exam policies and FAQs

注意

この準備ガイドは、Microsoft の判断に従っていつでも予告なく変更されることがあります。マイクロソフトの試験には、適応型テストの技術およびシミュレーション アイテムが含まれる場合があります。試験の提供形式は特定しません。試験の形式に関係なく、準備にはこの準備ガイドを使用してください。この試験の準備に役立つよう、Microsoft はこの製品に関する実地経験を積むこと、および指定されたトレーニング リソースを使用することをお勧めします。これらのトレーニング リソースは、「スキルの評価」 セクションの一覧に示されたトピックすべてに必ずしも対応しているわけではありません。