役割ベースの認証資格でさらなる道を切り開きます。 Certify with Confidence 合格のチャンスを与えます。

試験
70-741

Windows Server

  • 配信開始:
    2016年11月3日
  • 言語:
    英語、スペイン語、中国語(簡字体)、中国語(繁字体)、フランス語、ドイツ語、日本語、ポルトガル語(ブラジル)
  • 対象者:
    IT プロフェッショナル
  • テクノロジ:
    Windows Server 2016
  • 対応資格:
    MCSA

Windows Server 2016 とのネットワーク

* 価格には、Microsoft Imagine Academy プログラム メンバー、マイクロソフト認定トレーナー、およびマイクロソフト パートナー ネットワーク プログラム メンバー向けのプロモーション内容や価格割引は反映されません。価格は予告なく変更されることがあります。価格には適用される税は含まれていません。試験の予約をする前に、試験提供者に正確な価格をご確認ください。

2017年5月1日より、既存のキャンセポリシーが次のポリシーに全て置き換わります、 ポリシー:登録した試験日より5営業日以内のキャンセルもしくは日程変更には料金がかかりますスケジュールされていたアポイントメント時より24時間以内に現れなかった、もしくはキャンセルしたか日程変更した場合、全額がかかります。

Microsoft Ignite 2017から試験準備セッションを見る

スキルの評価

この試験では、次の一覧に示す技術タスクを遂行する能力を評価します。パーセンテージは、試験の各主要トピック領域の相対的な重みを示します。パーセンテージが高いほど、試験でこのコンテンツ領域に関する質問の数が多くなる可能性があります。Microsoft の試験のさまざまな種類の質問 さまざまな種類の質問に関するビデオチュートリアルをご覧ください。

箇条書きテキストで記述されているトピックに関する質問が出題されますが、これらに限定されるものではないことに注意してください。

この試験で評価されるスキルの妥当性に関するフィードバックをご提供いただける方は、マイクロソフトまでコメントをお送りください。すべてのフィードバックは確認されており、認定資格プロセスの有効性および信頼性を依然として維持しながら、必要に応じて反映されます。マイクロソフトからは、皆様のフィードバックに直接返信されないことにご注意ください。マイクロソフト認定資格プログラムの品質確保のために、皆様からのご意見をお待ちしております。

この試験に関する特定の質問への懸念があれば、提出してください。試験チャレンジ.

マイクロソフト認定資格試験のフィードバック、その他の認定資格プログラム、登録、プロモーションや質問がある場合は連絡してください Regional Service Center

注意:2019 年 3 月 13 日現在、試験の更新があります。これらの変更の詳細と測定されたスキルの影響については、Exam 741 change documentこちら をダウンロードして確認してください。

ドメイン ネーム システム (DNS) の実装 (15 - 20%)
  • DNS サーバーのインストールと構成
    • この目的には以下が含まれますが、これらに限定されません。DNS インストール要件を決定する。 DNS をインストールする。 フォワーダーを構成する。 ルート ヒントを構成する。 委任を構成する。 DNS ポリシーを実装する。 Windows PowerShell を使用して DNS グローバル設定を実装する。 ドメイン ネーム システム セキュリティ拡張機能 (DNSSEC) を構成する。 DNS ソケット プールを構成する。 キャッシュ ロックを構成する。 応答速度制限を有効化する。 構成 DNS ベース認証の名前付きエンティティ (DANE) を構成する。 DNS ログを構成する。 代理管理を構成する。 再帰設定を構成する。 DNS パフォーマンス調整を実装する。 。グローバル設定を構成する
  • DNS ゾーン/レコードの作成と構成
    • この目的には以下が含まれますが、これらに限定されません。プライマリ ゾーンの作成、プライマリ ゾーンの Active Directory 統合の構成、セカンダリ ゾーンの作成と構成、スタブ ゾーンの作成と構成、GlobalNames ゾーンの構成、ゾーン レベルの統計の分析、A/AAAA/PTR/SOA/NS/SRV/CNAME/MX レコードを含む DNS リソース レコード (RR) の作成と構成、ゾーン清掃の構成、Time To Live (TTL) と重みを含むレコード オプションの構成、ラウンド ロビンの構成、セキュア動的更新の構成、不明レコードのサポートの構成、監査とトラブルシューティングのための DNS 監査イベントと分析 (クエリ) イベントの使用、ゾーン スコープの構成、ゾーン スコープでのレコードの構成、ゾーン用のポリシーの構成
DHCPとIPAMを実装する(25〜30%)
  • DHCP のインストールと構成
    • この目的には以下が含まれますが、これらに限定されません。DHCP サーバーのインストールと構成、DHCP サーバーの承認、スコープの作成と構成、スーパースコープとマルチキャスト スコープの作成と構成、DHCP 予約の構成、DHCP オプションの構成、DHCP 内からの DNS オプションの構成、ポリシーの構成、PXE ブート用のクライアントとサーバーの構成、DHCP リレー エージェントの構成、DHCPv6 を使用した IPv6 アドレス指定の実装、DHCP サーバーのエクスポートとインポートの実行、DHCP サーバーの移行の実行
  • DHCP の管理と保守
    • この目的には以下が含まれますが、これらに限定されません。リース期間の構成、DHCP データベースのバックアップと復元、DHCP フェールオーバーを使用した高可用性の構成、DHCP 名前保護の構成、DHCP のトラブルシューティング
  • IPアドレス管理(IPAM)の実装と維持
    • この目的には以下が含まれますが、これらに限定されません。手動またはグループポリシーを使用して IPAM を提供する。 サーバーディスカバリを構成する。 IP ブロックと範囲の作成と管理 IP アドレス空間の利用状況を監視する。 既存のワークロードを IPAM に移行する。 SQL Server を使用して IPAM データベースストレージを構成する。 物理的および仮想的な IP アドレス空間管理のために System Center Virtual Machine Manager で IPAM を使用するためのシナリオを決定する。 IPAM を使用して DHCP サーバーのプロパティを管理する。 DHCP スコープとオプションを設定する。 DHCP ポリシーとフェイルオーバーを構成する。 IPAM を使用して DNS サーバーのプロパティを管理する。 DNS ゾーンとレコードを管理する。 複数の Active Directory フォレスト内の DNS および DHCP サーバーを管理する。 ロールベースのアクセス制御(RBAC)を使用した DNS および DHCP の管理を委任する。 DNS および DHCP サーバーで実行された変更を監査する。 IPAM アドレスの使用状況を監査する。 DHCP リース イベントとユーザー ログオン イベントを監査する
ネットワーク接続およびリモート アクセス ソリューションの実装 (20 - 25%)
  • ネットワーク接続ソリューションの実装
    • この目的には以下が含まれますが、これらに限定されません。ネットワーク アドレス変換 (NAT) の実装、ルーティングの構成
  • 仮想プライベート ネットワーク (VPN) および DirectAccess ソリューションの実装
    • この目的には以下が含まれますが、これらに限定されません。リモート アクセス ゲートウェイを使用したリモート アクセスおよびサイト間 (S2S) VPN ソリューションの実装、さまざまな VPN プロトコル オプションの構成、認証オプションの構成、VPN 再接続の構成、接続プロファイルの作成と構成、リモート アクセス VPN とサイト間 VPN を使用する状況の特定と適切なプロトコルの構成、DirectAccess のインストールと構成、サーバー要件の実装、クライアント構成の実装、DirectAccess のトラブルシューティング
  • ネットワーク ポリシー サーバー (NPS) の実装
    • この目的には以下が含まれますが、これらに限定されません。RADIUS プロキシを含む RADIUS サーバーの構成、RADIUS クライアントの構成、NPS テンプレートの構成、RADIUS アカウンティングの構成、証明書の構成、接続要求ポリシーの構成、VPN/ワイヤレス/有線クライアント用のネットワーク ポリシーの構成、NPS ポリシーのインポートとエクスポート
コアおよび分散ネットワーク ソリューションの実装 (15 - 20%)
  • IPv4 および IPv6 アドレス指定の実装
    • この目的には以下が含まれますが、これらに限定されません。IPv4 アドレスおよびオプションの構成、適切な IPv6 アドレスの特定と構成、IPv4 および IPv6 サブネット化の構成、IPv6 ステートレス アドレス指定の実装、ISATAP/6to4/Teredo のシナリオを使用した IPv4 と IPv6 の間の相互運用性の構成、ボーダー ゲートウェイ プロトコル (BGP) の構成、IPv4 および IPv6 ルーティングの構成
  • 分散ファイル システム (DFS) およびブランチ オフィス ソリューションの実装
    • この目的には以下が含まれますが、これらに限定されません。DFS 名前空間のインストールと構成、DFS レプリケーション ターゲットの構成、レプリケーション スケジュールの構成、Remote Differential Compression (RDC) 設定の構成、ステージングの構成、フォールト トレランスの構成、分散ファイル システム レプリケーション (DFSR) データベースの複製、DFSR データベースの回復、DFS レプリケーションの最適化、BranchCache のインストールと構成、分散/ホスト キャッシュ モードの実装、Web/ファイル/アプリケーション サーバーに対応する BranchCache の実装、BranchCache のトラブルシューティング
高度なネットワーク インフラストラクチャの実装 (15 - 20%)
  • ハイ パフォーマンスのネットワーク ソリューションの実装
    • この目的には以下が含まれますが、これらに限定されません。NIC Teaming または Switch Embedded Teaming (SET) ソリューションの実装およびそれぞれを使用する状況の特定、Receive Side Scaling (RSS) の有効化と構成、データ センター ブリッジング (DCB) によるネットワーク サービス品質 (QoS) の有効化と構成、リモート ダイレクト メモリ アクセス (RDMA) 対応ネットワーク アダプター上の SMB ダイレクトの有効化と構成、SMB マルチチャネルの有効化と構成、仮想マシンキュー (VMQ) 対応ネットワーク アダプター上の仮想 Receive Side Scaling (vRSS) の有効化と構成、Virtual Machine Multi-Queue (VMMQ) の有効化と構成、サポートされているネットワーク アダプター上のシングル ルート I/O 仮想化 (SR-IOV) の有効化と構成
  • ソフトウェア定義ネットワーク(SDN)を実装するためのシナリオと要件を決定する
    • この目的には以下が含まれますが、これらに限定されません。SDN を展開するための展開シナリオとネットワーク要件の特定、Network Virtualization Generic Route Encapsulation (NVGRE) カプセル化または Virtual Extensible LAN (VXLAN) カプセル化を使用した Hyper-V ネットワーク仮想化 (HNV) を実装するための要件とシナリオの特定、North-South/East-West 負荷分散に対応するソフトウェア ロード バランサー (SLB) の実装シナリオの特定、L3/GRE/S2S を含むさまざまなタイプの Windows Server Gateway とその使用に対応する実装シナリオの特定、分散ファイアウォール ポリシーとネットワーク セキュリティ グループの要件とシナリオの特定

試験対策

インストラクター指導のトレーニング
オンライントレーニング
書籍

試験 参照分 70-741 Windows Server 2016のネットワーキング
発行:2016 年 12 月

マイクロソフト認定試験70-741の公認試験参考資料。簡潔な目標ごとのレビュー、戦略的なケースシナリオ、及び”思考試験”により、試験志願者は試験に対してプロレベルの準備を行う事が出来ます。この Exam Ref は志願者の試験中のパフォーマンスを最大限に引出し、担当業務のスキルを磨く事が出来ます。

Microsoft Press Store で、この書籍を購入

演習テスト

Take a Microsoft Official Practice Test for Exam 741

受験対象者

この試験の受験者は、Windows Server 2016で使用可能なネットワークの特性および機能に関連するタスクを実行します。受験者は、DNS、DHCP、IPAM の実装と管理、VPN や RADIUS などのリモート アクセス ソリューションの導入に精通している必要があります。

また、DFS およびブランチ キャッシュ ソリューションの管理、高性能なネットワーク特性と機能の構成、Hyper-V ネットワーク仮想化 (HNV) やネットワーク コントローラなどの SDN (Software Defined Networking) ソリューションの導入経験もある必要があります。

試験に関する追加情報

試験のための準備

試験のスケジュールを検討する際は、この試験準備ガイド全体を確認し、 Web サイト上のリソースをよく理解することをお勧めします。次の を参照して、 Microsoft Certification exam overview 登録、よくある問題形式の動画、その他の準備リソースをご参照下さい。試験方針や採点については、次を参照 Microsoft Certification exam policies and FAQs

注意

この準備ガイドは、Microsoft の判断に従っていつでも予告なく変更されることがあります。マイクロソフトの試験には、適応型テストの技術およびシミュレーション アイテムが含まれる場合があります。試験の提供形式は特定しません。試験の形式に関係なく、準備にはこの準備ガイドを使用してください。この試験の準備に役立つよう、Microsoft はこの製品に関する実地経験を積むこと、および指定されたトレーニング リソースを使用することをお勧めします。これらのトレーニング リソースは、「スキルの評価」 セクションの一覧に示されたトピックすべてに必ずしも対応しているわけではありません。