試験
74-335

Windows

  • 配信開始:
    2013 年 9 月 24 日
  • 言語:
    英語、中国語 (簡体字)、フランス語、ドイツ語、日本語、ポルトガル語 (ブラジル)
  • 対象者:
    IT プロフェッショナル
  • テクノロジ:
    Microsoft Lync Server 2013
  • 対応資格:
    MCP、Microsoft スペシャリスト

Lync ネットワーク準備の評価

この試験は終了しました

現在選択できる試験については、マイクロソフト認定資格試験一覧を参照してください。

スキルの評価

この試験では、次の一覧に示す技術タスクを遂行する能力を評価します。マイクロソフト試験のさまざまな質問のタイプについて、ビデオ チュートリアルを参照してください。

箇条書きテキストで記述されているトピックに関する質問が出題されますが、これらに限定されるものではないことに注意してください。

この試験で評価されるスキルの妥当性に関するフィードバックをご提供いただける方は、マイクロソフトまでコメントをお送りください。すべてのフィードバックは確認されており、認定資格プロセスの有効性および信頼性を依然として維持しながら、必要に応じて反映されます。マイクロソフトからは、皆様のフィードバックに直接返信されないことにご注意ください。マイクロソフト認定資格プログラムの品質確保のために、皆様からのご意見をお待ちしております。

この試験の個々の質問に関して懸案がある場合は、試験への異議をご提出ください。

マイクロソフト認定資格試験や認定資格プログラム、登録、またはプロモーションに関するその他の質問やご意見があれば、認定プログラム事務局にご連絡ください。

Lync ネットワークの準備状況評価方式の実装
  • 評価方式の各フェーズを識別する
    • 各フェーズ (探索、モデル化、シミュレーション、および推奨) の順序付け、フェーズの入口と出口の基準の識別
  • 評価方式の各フェーズの期間とスコープを定義する
    • 顧客の地理的プロファイル、顧客のテスト済みサイトの数、顧客の内部処理、および顧客の要件
  • 成果物を識別する
    • 帯域幅計算、最終プレゼンテーション、および最終レポート
  • トラフィック シミュレーションを準備する
    • 代理トランザクション ツールの技術要件の評価、シミュレーションの適切なタイミングの判断、およびシミュレーションの潜在的阻害要因の収集
ネットワーク環境の分析
  • WAN トポロジを確認する
    • MPLS (Multiprotocol Label Switching)、仮想プライベート ネットワーク (VPN)、マルチ MPLS プロバイダー、非対称リンク、ポイント ツー ポイント ワイヤレス、内部 NAT、TCP 対 UDP、および信号トラフィック対メディア トラフィック
  • Wi-Fi インフラストラクチャを確認する
    • アクセス ポイント ローミング、不良 AP、コントローラー配置、およびチャネル オーバーラップ
  • QoS アプローチを確認する
    • RTC、DSCP、およびポート ベース、スカベンジャ クラスとベスト エフォート トラフィック クラス、および分離/集中ネットワークに対する、トラフィック ポリシー管理およびトラフィック成形の影響
  • メディア フロー シナリオを分析する
    • 会議、ピア ツー ピア、PSTN、およびトレース取得
  • 最適なパフォーマンスを実現するためにネットワークを分析する
    • jitter の最大値と平均値、連続パケット ロスのピーク、平均パケット ロス、1 方向ネットワーク遅延
  • ネットワークを監視および管理する
    • 使用状況、ポリシー施行の管理、監視ツール、ネットワーク可用性の評価、および SNMP トラップの解釈
使用率モデル化の実行
  • RTC トラフィック メディア フローをモデル化する
    • ピア ツー ピア、会議、および PSTN
  • 場所ごとの Lync トラフィックをモデル化する
    • サービスの要件と成長の予測、ネットワーク要件に対するさまざまな関係者からの影響の比較、顧客の使用状況とビジネスの要件 (音声会議、PSTN、Web 会議など) に基づいた使用モデルの調整
  • Lync 帯域幅計算を使用してトラフィック量を計算する
    • ピア ツー ピア、PSTN、会議、分岐トラフィック、セントラル サイト トラフィック、およびリモート ユーザー トラフィック
  • 予測されたトラフィックによるネットワークへの影響を分析する
    • ビジネス要件の調整、ネットワーク コンポーネント (トポロジ、容量) の調整、およびトラフィック量の制限またはソリューション設計の変更
カスタマー データおよび測定値の分析
  • 探索フェーズで収集したポリシーを分析する
    • ファイアウォール、VPN トンネル、リモート アクセス、直接アクセス、NAT、プライベート VLAN など、ネットワーク インフラストラクチャの既存のサービス レベル契約 (SLA) およびセキュリティ ポリシーの影響の分析、および現在の Lync の QoS ポリシーの評価
  • ネットワーク使用率の履歴データを分析する
    • 平均使用率、ピーク使用率、平均ドロップ率、およびピークのパケット ロス
  • トラフィックのシミュレーションを計画する
    • 代理トランザクション エンドポイント配置/場所の設計、代理トランザクション パスの設計、およびパスごとの代理トランザクション量の設計
  • トラフィック シミュレーション結果を分析する
    • 基準になるネットワーク特性とすべてのバリエーションの解釈 (ネットワークのコンテキストでのシミュレーション結果の分析 (トポロジ、QoS) を含む)
  • 推奨事項を生成する
    • ネットワークの再構成の推奨、QoS アプローチに対する変更の推奨、および観察されたネットワーク損傷の影響の説明

試験対策

講師によるトレーニング
お近くのマイクロソフト ラーニング パートナーの検索
コミュニティから

@MSLearning をフォロー

受験対象者

この試験の受験者としては、企業において Lync を使用した統合コミュニケーション (UC) ソリューションの計画、設計、および展開に参加している、データ ネットワーキングの経験を持つプロフェッショナルを対象としています。受験者は、データ ネットワーキングについての十分な知識と、業界またはベンダーの認定を持ち、ビジネスの要件を UC ソリューションの技術的、およびネットワークの要件に変換できる必要があります。また、受験者は、ネットワークの準備状況評価方式と関連ツール (Lync 帯域幅計算) の使用に必要な知識を持っている必要があります。

試験に関する追加情報

試験のための準備

試験のスケジュールを検討する際は、この試験準備ガイド全体を確認し、 Web サイト上のリソースをよく理解することをお勧めします。登録、通常の試験の質問形式のビデオ、およびその他の準備リソースの詳細については、マイクロソフト認定資格試験の概要を参照してください。 試験のポリシーと採点方法の詳細については、マイクロソフト認定資格試験のポリシーと FAQ を参照してください。

注意

この準備ガイドは、Microsoft の判断に従っていつでも予告なく変更されることがあります。マイクロソフトの試験には、適応型テストの技術およびシミュレーション アイテムが含まれる場合があります。試験の提供形式は特定しません。試験の形式に関係なく、準備にはこの準備ガイドを使用してください。この試験の準備に役立つよう、Microsoft はこの製品に関する実地経験を積むこと、および指定されたトレーニング リソースを使用することをお勧めします。これらのトレーニング リソースは、「スキルの評価」 セクションの一覧に示されたトピックすべてに必ずしも対応しているわけではありません。