「再受験無料のExam ReplayバウチャーとPractice Testの購入はこちら」

試験
74-409

Windows

  • 配信開始:
    2013 年 11 月 5 日
  • 言語:
    英語、日本語
  • 対象者:
    IT プロフェッショナル
  • テクノロジ:
    Windows Server 2012
  • 対応資格:
    MCP

Windows Server Hyper-VおよびSystem Centerを使用したサーバー仮想化

* 価格には、Microsoft Imagine Academy プログラム メンバー、マイクロソフト認定トレーナー、およびマイクロソフト パートナー ネットワーク プログラム メンバー向けのプロモーション内容や価格割引は反映されません。価格は予告なく変更されることがあります。価格には適用される税は含まれていません。試験の予約をする前に、試験提供者に正確な価格をご確認ください。

2017年5月1日より、既存のキャンセポリシーが次のポリシーに全て置き換わります、 ポリシー:登録した試験日より5営業日以内のキャンセルもしくは日程変更には料金がかかりますスケジュールされていたアポイントメント時より24時間以内に現れなかった、もしくはキャンセルしたか日程変更した場合、全額がかかります。

video

Windows Server Hyper-VおよびSystem Centerを使用したサーバー仮想化

スキルの評価

この試験では、次の一覧に示す技術タスクを遂行する能力を評価します。パーセンテージは、試験の各主要トピック領域の相対的な重みを示します。パーセンテージが高いほど、試験でこのコンテンツ領域に関する質問の数が多くなる可能性があります。Microsoft の試験のさまざまな種類の質問 さまざまな種類の質問に関するビデオチュートリアルをご覧ください。

箇条書きテキストで記述されているトピックに関する質問が出題されますが、これらに限定されるものではないことに注意してください。

この試験で評価されるスキルの妥当性に関するフィードバックをご提供いただける方は、マイクロソフトまでコメントをお送りください。すべてのフィードバックは確認されており、認定資格プロセスの有効性および信頼性を依然として維持しながら、必要に応じて反映されます。マイクロソフトからは、皆様のフィードバックに直接返信されないことにご注意ください。マイクロソフト認定資格プログラムの品質確保のために、皆様からのご意見をお待ちしております。

この試験に関する特定の質問への懸念があれば、提出してください。試験チャレンジ.

マイクロソフト認定資格試験のフィードバック、その他の認定資格プログラム、登録、プロモーションや質問がある場合は連絡してください Regional Service Center

Hyper-V の構成 (35~40%)
  • 仮想マシン (VM) の設定を作成および構成する
    • 動的メモリの構成、スマート ページングの構成、リソース計測の構成、ゲスト統合サービスの構成、第 1 世代および第 2 世代のバーチャル マシンの作成と構成、拡張セッション モードの構成と使用、RemoteFX の構成
  • 仮想マシンの記憶域を作成および構成する
    • VHD および VHDx の作成、差分ドライブの構成、VHD の変更、パススルー ディスクの構成、チェックポイントの管理、仮想ファイバー チャネル アダプターの実装、記憶域のサービス品質の構成
  • 仮想ネットワークを作成および構成する
    • Hyper-V 仮想スイッチの構成、ネットワーク パフォーマンスの最適化、MAC アドレスの構成、ネットワーク分離の構成、統合およびレガシ仮想ネットワーク アダプターの構成、仮想マシンでの NIC チーミングの構成
仮想マシンの高可用性の構成と管理 (15-20%)
  • Hyper-V でフェールオーバー クラスタリングを構成する
    • 共有ストレージの構成、クォーラムの構成、クラスター ネットワークの構成、単一ノードまたはクラスター構成の復元、クラスター対応更新の実装、クラスターのアップグレード、クラスター化共有ボリュームの構成と最適化、ネットワーク名なしでのクラスターの構成
  • フェールオーバー クラスタリングの役割を管理する
    • 役割固有の設定の構成 (継続的に利用可能な共有を含む)、VM モニタリングの構成、フェールオーバーと優先設定の構成、ゲスト クラスター化の構成
  • 仮想マシンの移行を管理する
    • ライブ マイグレーションの実行、クイック マイグレーションの実行、記憶域移行の実行、VM のインポート/エクスポート/コピー、仮想マシン ネットワークの正常性保護の構成、シャットダウン時ドレインの構成、バーチャル-バーチャル (V2V) 移行の管理、クラウド間仮想マシン移行の実装
サーバー仮想化インフラストラクチャの実装 (35-40%)
  • 仮想化ホストを実装する
    • 仮想化環境 (ホスト、サービス、仮想マシン) の委任の実装 (セルフサービス機能を含む)、マルチホスト ライブラリの実装 (同等のオブジェクトを含む)、ホスト リソース最適化の実装、サードパーティ仮想化プラットフォームの統合、ベア メタルへの Hyper-V ホストの展開
  • 仮想マシンを実装する
    • 高可用 VM の実装、ゲスト リソース最適化の実装 (共有 VHDx を含む)、配置ルールの構成、Virtual Machine Manager テンプレートの作成
  • 仮想化ネットワークを実装する
    • Virtual Machine Manager 論理ネットワークの構成 (想スイッチ拡張機能、論理スイッチを含む)、複数の Hyper-V ホストへの IP アドレスおよび MAC アドレスの設定の構成 (ネットワーク仮想化を含む)、仮想ネットワーク最適化の構成、Windows Server ゲートウェイの計画と実装、VLAN と pVLAN の実装、仮想マシン ネットワークの計画と実装、Converged Network の実装
  • 仮想化記憶域を実装する
    • Hyper-V ホスト クラスター化記憶域の構成、Hyper-V 仮想マシン記憶域の構成 (仮想ファイバー チャネル、インターネット SCSI (iSCSI)、共有 VHDx を含む)、記憶域の最適化の計画、SMB 3.0 ファイル共有を使用した記憶域の計画と実装
  • サーバー仮想化インフラストラクチャを管理および保守する
    • 動的最適化およびリソース最適化の管理、Operations Manager と System Center Virtual Machine Manager および System Center Service Manager の統合、ライブラリ内の仮想マシン イメージの更新、System Center Data Protection Manager (DPM) を使用した仮想化インフラストラクチャのバックアップと回復の実装
サーバー仮想化インフラストラクチャの監視とメンテナンス (15-20%)
  • 監視戦略を計画および実装する
    • 考慮事項の計画 (監査コレクション サービス (ACS) および System Center グローバル サービス モニターを使用したサーバーの監視を含む)、パフォーマンスの監視、アプリケーションの監視、一元的監視、一元的レポートを含む)、System Center 2012 Operations Manager 管理パックの実装と最適化、Active Directory の監視の計画
  • ビジネス継続性と障害復旧ソリューションを計画および実装する
    • バックアップと回復の戦略の計画、考慮事項の計画 (Active Directory のドメインとフォレストの回復を含む)、Hyper-V レプリカ (Windows Azure Hyper-V Recovery Manager の使用、ドメイン コントローラーの回復とクローニング、Authoritative Restore とごみ箱を使用した Active Directory のオブジェクトとコンテナーの回復を含む)、System Center DPM を使用したバックアップと回復の計画および実装

受験対象者

この試験の受験者は、仮想化インフラストラクチャの設計、実装、管理、保守を担当する IT プロフェッショナル、および/または現在のマイクロソフト仮想化テクノロジーについてのスキルの検証に関心がある IT プロフェッショナルです。

試験に関する追加情報

試験のための準備

試験のスケジュールを検討する際は、この試験準備ガイド全体を確認し、 Web サイト上のリソースをよく理解することをお勧めします。次の を参照して、 Microsoft Certification exam overview 登録、よくある問題形式の動画、その他の準備リソースをご参照下さい。試験方針や採点については、次を参照 Microsoft Certification exam policies and FAQs

注意

この準備ガイドは、Microsoft の判断に従っていつでも予告なく変更されることがあります。マイクロソフトの試験には、適応型テストの技術およびシミュレーション アイテムが含まれる場合があります。試験の提供形式は特定しません。試験の形式に関係なく、準備にはこの準備ガイドを使用してください。この試験の準備に役立つよう、Microsoft はこの製品に関する実地経験を積むこと、および指定されたトレーニング リソースを使用することをお勧めします。これらのトレーニング リソースは、「スキルの評価」 セクションの一覧に示されたトピックすべてに必ずしも対応しているわけではありません。