試験
74-697

Windows

OEM Preinstallation

この試験は終了しました

現在可能なオプションについては、この Microsoft Certification exam list

スキルの評価

この試験では、次の一覧に示す技術タスクを遂行する能力を評価します。パーセンテージは、試験の各主要トピック領域の相対的な重みを示します。パーセンテージが高いほど、試験でこのコンテンツ領域に関する質問の数が多くなる可能性があります。マイクロソフト試験の variety of question types について、ビデオ チュートリアルを参照してください。

箇条書きテキストで記述されているトピックに関する質問が出題されますが、これらに限定されるものではないことに注意してください。

この試験で評価されるスキルの妥当性に関するフィードバックをご提供いただける方は、マイクロソフトまでコメントをお送りください。すべてのフィードバックは確認されており、認定資格プロセスの有効性および信頼性を依然として維持しながら、必要に応じて反映されます。マイクロソフトからは、皆様のフィードバックに直接返信されないことにご注意ください。マイクロソフト認定資格プログラムの品質確保のために、皆様からのご意見をお待ちしております。

試験に特定の質問がある場合は、提出してください exam challenge

マイクロソフト認定資格試験のフィードバック、その他の認定資格プログラム、登録、プロモーションや質問がある場合は連絡してください Regional Service Center

展開の準備
  • 環境を準備する
    • NTFS のアクセス許可の設定、共有のアクセス許可の設定、展開環境のサーバー ロールの設定、アカウントとネットワーク共有の準備、Windows 展開サービスを使用した Windows の展開
  • オペレーティング システム イメージの展開に関するビジネス戦略を特定する
    • BTO または BTP アプローチの特定、展開方法の選択、エンド ユーザーのアップグレード パスとダウンロード権の導入
  • ハードウェア構成を決定する
    • Unified Extensible Firmware Interface (UEFI) の要件の決定、ネットワーク ドライバーとストレージ ドライバーの構成、起動デバイスの構成
  • Windows プレインストール環境 (Windows PE または WinPE) を構築する
    • WinPE でのインストールの問題のトラブルシューティング、WinPE のインストールのカスタマイズ、32 または 64 ビット WinPE 環境の構築、Windows PE パッケージの管理

準備用リソース

イメージの作成、キャプチャ、展開
  • リファレンス インストールを作成する
    • リファレンス PC の設定およびキャプチャ、Microsoft およびサード パーティのデスクトップ アプリケーションのプレインストール、PC のリカバリの設定、展開ログの評価、Out-of-Box Experience (OOBE) の準備およびテスト
  • 再配布ライセンスの要件を決定する
    • 再配布の権限および技術要件の決定、ライセンスで許可される回復の種類の選択、OEM プレインストールの要件の決定
  • リファレンス インストールを利用する
    • ドライブのパーティション分割の実行、リファレンス イメージと回復イメージの展開、ReagentC コマンドおよび BCD コマンドを使用した PC のリカバリの設定
  • 応答ファイルを構成する
    • 応答ファイルの設計、既定のユーザー プロファイルの作成、プレインストールされる OEM ドライバーの保持

準備用リソース

展開の管理
  • イメージを管理する
    • Windows のエディションのアップグレード、オンライン/オフライン サービスの実行、猶予期間タイマーの有効化、Windows イメージング ファイル形式 (WIMS) 内に入れ子になったイメージの管理、パッケージの追加と削除、ドライバーの追加と削除、オペレーティング システムの多言語展開の設定、アプリケーションの更新の管理
  • Windows PE のブート構成を管理する
    • 起動に必要なデバイス ドライバーの保守と更新、ネットワーク スクリプトの更新、Windows PE の更新、WDS ブート イメージの管理、ブート WIMS のエクスポート
  • イメージを検証する
    • 監査モードでのイメージの検証、PC のリカバリの検証、OOBE に対するイメージの sysprep、ドライバー エラーの原因の特定、インストールの完了、ライセンス要件とコンポーネントの検証

準備用リソース

受験対象者

この試験の受験者は、Microsoft アセスメント & デプロイメント キット (ADK) を使用した Windows の管理と展開に精通している IT プロフェッショナルを対象としています。 受験者は、正規の Windows 8、Windows Server 2012、その他のサポート対象 Microsoft オペレーティング システム、または Microsoft Office、Skype、サードパーティ アプリケーションなどの追加アプリケーション (あるいはその両方) がプレインストールされたハードウェアのインストールやアセンブルを担当しています。 また、デスクトップ、ラップトップ、タブレット、サーバーなどのカスタマー デバイスに展開するためのイメージ全体の作成も担当しています。

この試験の受験者は、デスクトップまたはサーバー (あるいはその両方) の展開に関する日常的な問題への対処経験が 1 年以上ある必要があります。 受験者は、Microsoft プラットフォーム向けに最適化されたハードウェア ソリューションの展開用に設計された各種ツールに精通している必要があります。

受験者は、通常、少なくとも次の要件を満たしている必要があります。

  • OEM リセラー、システム ビルダー、システム インテグレーターに勤務している
  • 1 年間の実地経験がある
  • ネットワークおよびオペレーティング システムの基本的な管理スキルがある
  • 基本的な OEM ライセンス要件に精通している
  • 基本的なハードウェア構成スキルがある

試験に関する追加情報

試験のための準備

試験のスケジュールを検討する際は、この試験準備ガイド全体を確認し、 Web サイト上のリソースをよく理解することをお勧めします。次の を参照して、 Microsoft Certification exam overview 登録、よくある問題形式の動画、その他の準備リソースをご参照下さい。試験方針や採点については、次を参照 Microsoft Certification exam policies and FAQs

注意

この準備ガイドは、Microsoft の判断に従っていつでも予告なく変更されることがあります。マイクロソフトの試験には、適応型テストの技術およびシミュレーション アイテムが含まれる場合があります。試験の提供形式は特定しません。試験の形式に関係なく、準備にはこの準備ガイドを使用してください。この試験の準備に役立つよう、Microsoft はこの製品に関する実地経験を積むこと、および指定されたトレーニング リソースを使用することをお勧めします。これらのトレーニング リソースは、「スキルの評価」 セクションの一覧に示されたトピックすべてに必ずしも対応しているわけではありません。