試験
77-424

Microsoft SharePoint 2013 logo

Access 2013

スキルの評価

この試験では、次の一覧に示す技術タスクを遂行する能力を評価します。パーセンテージは、試験の各主要トピック領域の相対的な重みを示します。パーセンテージが高いほど、試験でこのコンテンツ領域に関する質問の数が多くなる可能性があります。マイクロソフト試験のさまざまな質問のタイプについて、ビデオ チュートリアルを参照してください。

箇条書きテキストで記述されているトピックに関する質問が出題されますが、これらに限定されるものではないことに注意してください。

この試験で評価されるスキルの妥当性に関するフィードバックをご提供いただける方は、マイクロソフトまでコメントをお送りください。すべてのフィードバックは確認されており、認定資格プロセスの有効性および信頼性を依然として維持しながら、必要に応じて反映されます。マイクロソフトからは、皆様のフィードバックに直接返信されないことにご注意ください。マイクロソフト認定資格プログラムの品質確保のために、皆様からのご意見をお待ちしております。

この試験の個々の質問に関して懸案がある場合は、試験への異議をご提出ください。

マイクロソフト認定資格試験や認定資格プログラム、登録、またはプロモーションに関するその他の質問やご意見があれば、認定プログラム事務局にご連絡ください。

データベースの作成と管理 (20-25%)
  • 新しいデータベースを作成する
    • 新しいデータベースの作成、テンプレートを使用したデータベースの作成、以前の形式のデータベースの作成、ウィザードを使用したデータベースの作成
  • リレーションシップとキーを管理する
    • テーブル間の参照の編集、リレーションシップの作成と変更、主キー フィールドの設定、参照整合性の強制、外部キー/ビュー/リレーションシップの設定
  • データベース内で移動する
    • 特定のレコードへの移動、フォームをスタートアップ オプションとして設定、ナビゲーション フォームの使用、ナビゲーション オプションの設定、ビューの変更
  • データベースを保護および保守する
    • データベースの圧縮、データベースの修復、データベースのバックアップ、データベースの分割、パスワードによるデータベースの暗号化、データベースの結合、バックアップからのデータの回復
  • データベースを印刷およびエクスポートする
    • レポートの印刷、レコードの印刷、下位互換性の維持、データベースをテンプレートとして保存、外部の場所へのデータベース保存、別の形式へのエクスポート

準備用リソース

テーブルの作成 (25-30%)
  • テーブルを作成する
    • 新しいテーブルの作成、テーブルへの外部データのインポート、外部ソースからのリンク テーブルの作成、他のデータベースからのテーブルのインポート、テンプレートやアプリケーション パーツを使用したテーブルの作成
  • テーブルの書式を設定する
    • テーブル内のフィールドの非表示、データ形式の変更、集計行の追加、テーブルの説明の追加、テーブルの名前変更
  • レコードを管理する
    • レコードの更新、新しいレコードの追加、レコードの削除、外部データからのレコードの追加、レコードの検索と置換、レコードの並べ替え、レコードのフィルター処理、レコードのグループ化
  • フィールドを作成および変更する
    • テーブルへのフィールドの追加、フィールドへの入力規則の追加、フィールドの標題の変更、フィールドのサイズの変更、フィールドのデータ型の変更、フィールドの自動インクリメントの構成、既定値の設定、入力マスクの使用、フィールドの削除

準備用リソース

クエリの作成 (15-20%)
  • クエリを作成する
    • クエリの実行、クロス集計クエリの作成、パラメーター クエリの作成、アクション クエリの作成、複数テーブルのクエリの作成、クエリの保存、クエリの削除
  • クエリを変更する
    • クエリの名前変更、新しいフィールドの追加、フィールドの削除、フィールドの非表示、クエリ内のデータの並べ替え、クエリ内のフィールドの書式設定
  • クエリで集計フィールドとグループ化を使用する
    • 集計フィールドの追加、条件ロジックの追加、データのグループ化と集計、比較演算子の使用、基本的な演算子の使用

準備用リソース

フォームの作成 (15-20%)
  • フォームを作成する
    • 新しいフォームの作成、アプリケーション パーツを使用したフォームの作成、フォームの保存、フォームの削除
  • フォーム コントロールを設定する
    • フォーム コントロールの移動、フォーム コントロールの追加、データ ソースの変更、フォーム コントロールの削除、フォーム コントロールのプロパティの設定、ラベルの管理
  • フォームの書式を設定する
    • フォーム内のタブの順序の変更、印刷レイアウトの書式設定、レコードの並べ替え、テーマの適用、余白の変更、背景の挿入、自動フォーム、ヘッダーとフッターの挿入、画像の挿入、既存のフォームの変更

準備用リソース

レポートの作成 (15-20%)
  • レポートを作成する
    • 新しいレポートの作成、アプリケーション パーツを使用したレポートの作成、レポートの削除
  • レポート コントロールを設定する
    • フィールドによるデータのグループ化、データの並べ替え、サブフォームの追加、データ ソースの変更、レポート コントロールの追加、ラベルの管理
  • レポートの書式を設定する
    • レポートの複数列への書式設定、集計フィールドの追加、余白の設定、背景の追加、レポートの向きの変更、並べ替え順の変更、ヘッダーとフッターの挿入、画像の挿入、ページ番号の挿入、テーマの適用、既存のレポートの変更

準備用リソース

試験対策

コミュニティから

@MSLearning をフォロー

書籍

MOS 2013 Study Guide for Microsoft Access
配信開始: 2013 年 6 月

Office に関する専門知識を実証します。このオールインワン ガイドは 2013 Access Microsoft Office Specialist (MOS) 試験の演習および準備に役立つように設計されており、目的に応じた完全な試験対策を行い、わかりやすい手順と図解によって必須スキルを確認演習できます。さらに、学習した内容に適応するタスクの実地演習を行うことができます。このガイドにはダウンロード可能な演習ファイルが含まれています。

この書籍を購入 (Microsoft Press Store)

受験対象者

この試験の受験者は、Access 2013 環境に関する基礎知識を持ち、独力でタスクを完了できる方を対象としています。対象者は Access 2013 の主な機能の正しい使い方を理解しており、デモンストレーションを実行できる必要があります。

試験に関する追加情報

試験のための準備

試験のスケジュールを検討する際は、この試験準備ガイド全体を確認し、 Web サイト上のリソースをよく理解することをお勧めします。登録、通常の試験の質問形式のビデオ、およびその他の準備リソースの詳細については、マイクロソフト認定資格試験の概要を参照してください。 試験のポリシーと採点方法の詳細については、マイクロソフト認定資格試験のポリシーと FAQ を参照してください。

注意

この準備ガイドは、Microsoft の判断に従っていつでも予告なく変更されることがあります。マイクロソフトの試験には、適応型テストの技術およびシミュレーション アイテムが含まれる場合があります。試験の提供形式は特定しません。試験の形式に関係なく、準備にはこの準備ガイドを使用してください。この試験の準備に役立つよう、Microsoft はこの製品に関する実地経験を積むこと、および指定されたトレーニング リソースを使用することをお勧めします。これらのトレーニング リソースは、「スキルの評価」 セクションの一覧に示されたトピックすべてに必ずしも対応しているわけではありません。