試験
77-881

Microsoft Office logo

  • 配信開始:
    2010 年 6 月 30 日
  • 言語:
    英語、日本語
  • 対象者:
    インフォメーション ワーカー
  • テクノロジ:
    Microsoft Office 2010 スイート
  • 対応資格:
    マイクロソフト オフィス スペシャリスト

Word 2010

スキルの評価

この試験では、次の一覧に示す技術タスクを遂行する能力を評価します。パーセンテージは、試験の各主要トピック領域の相対的な重みを示します。パーセンテージが高いほど、試験でこのコンテンツ領域に関する質問の数が多くなる可能性があります。マイクロソフト試験の variety of question types について、ビデオ チュートリアルを参照してください。

箇条書きテキストで記述されているトピックに関する質問が出題されますが、これらに限定されるものではないことに注意してください。

この試験で評価されるスキルの妥当性に関するフィードバックをご提供いただける方は、マイクロソフトまでコメントをお送りください。すべてのフィードバックは確認されており、認定資格プロセスの有効性および信頼性を依然として維持しながら、必要に応じて反映されます。マイクロソフトからは、皆様のフィードバックに直接返信されないことにご注意ください。マイクロソフト認定資格プログラムの品質確保のために、皆様からのご意見をお待ちしております。

試験に特定の質問がある場合は、提出してください exam challenge

マイクロソフト認定資格試験のフィードバック、その他の認定資格プログラム、登録、プロモーションや質問がある場合は連絡してください Regional Service Center

ドキュメントの共有および管理
  • ドキュメントへの異なるビューの適用
    • ズーム オプションの選択、ウィンドウの分割および配置 (並行表示、同期スクロール)、ドキュメント ビュー (ドキュメント アウトラインの再構成、マスター ドキュメント、サブドキュメント、Web レイアウト、ドラフト)、ウィンドウの切り替え、新しいウィンドウでのドキュメントの表示
  • ドキュメントへの保護の適用
    • Microsoft Office Backstage ビュー コマンドを使用した保護の適用 (ドキュメント アクセスへのコントロールと制限の適用、パスワードでのドキュメントの保護、最終としてのマーク)、リボン コマンドを使用した保護の適用
  • ドキュメント バージョンの管理
    • ドラフト バージョンの回復、すべてのドラフト バージョンの削除
  • ドキュメントの共有
    • 電子メール、OneDrive、またはインターネット Fax によるドキュメントの送信、ファイル タイプの変更、PDF ドキュメントの作成、ブログの投稿の作成および公開、ブログ アカウントの登録
  • ドキュメントの保存
    • 互換モード、保護モード、および [名前を付けて保存] オプションの使用
  • ドキュメントへのテンプレートの適用
    • テンプレートの検索 (ディスク上のテンプレートの検索、Web 上のテンプレートの検索)

準備用リソース

コンテンツの書式設定
  • フォントおよびパラグラフ属性の適用
    • 文字属性の適用、スタイルの適用、[書式のコピー/貼り付け] の使用
  • ドキュメント内のナビゲートおよび検索
    • ナビゲーション ウィンドウ (見出し、ページ、結果)、[ジャンプ]、ボタンによる参照、および強調表示機能の使用、[検索と置換] オプション (書式、特殊) の設定
  • パラグラフへのインデントおよびタブ設定の適用
    • インデントの適用 (最初の行、ぶら下げ)、タブの設定、[タブとリーダー] ダイアログ ボックスの使用、ルーラーでのタブの設定、タブのクリア、タブ位置の設定、タブ位置の移動
  • テキストとパラグラフへの間隔設定の適用
    • 行間、段落の間隔
  • 表の作成
    • [表の挿入] ダイアログ ボックスの使用、[罫線を引く] の使用、クイック表の挿入、テキストの表への変換、表を使用したページ レイアウトのコントロール
  • ドキュメントでの表の操作
    • コンテンツの並べ替え、表への行の追加、表への列の追加、行または列の分割、結合、移動、サイズ変更、および削除、ヘッダー行の定義、テキストへの表の変換、グリッド線の表示
  • ドキュメントへの箇条書きの適用
    • 箇条書きの適用、シンボル書式の選択、箇条書きとして使用する図の選択、[オートフォーマット] の使用、箇条書きレベルのレベル上げまたはレベル下げ

準備用リソース

ページ レイアウトおよび再利用可能なコンテンツの適用
  • ページ設定の適用および操作
    • 余白、改行しないスペース、ハイフネーション、および列の設定、改ページの使用、改ページの強制、セクション区切りの挿入 (連続、次のページ、次の奇数、次の偶数)、ドキュメントへの空白ページの挿入
  • テーマの適用
    • テーマを使用した書式設定の適用、テーマのカスタマイズ
  • クイック パーツ ツールを使用したドキュメントのコンテンツの構成
    • 組み込み文書パーツの追加 (引用符、テキスト ボックス、ヘッダー、フッター、表紙、透かし、数式)
  • ページ背景の作成および操作
    • ドキュメントの背景の書式設定、色付きの背景の設定、透かしの追加、ページ罫線の配置
  • ヘッダーとフッターの作成および変更
    • ページ番号の挿入および書式設定、現在日時の挿入、組み込みヘッダーまたはフッターの挿入、ヘッダーまたはフッターへのコンテンツの追加 (カスタム ダイアログ ボックス、手動入力)、ヘッダーまたはフッターの削除、余白の変更、異なる 1 ページ目の属性の適用

準備用リソース

ドキュメントへの図とグラフィックの組み込み
  • ドキュメントへの図の挿入および書式設定
    • 図表番号の追加、アート効果および図のスタイルの適用、図の圧縮、図形の変更、位置とサイズの調整、スクリーンショットの挿入
  • 図形、ワードアート、SmartArt の挿入および書式設定
    • 図形へのテキストの追加、図形上のテキストの変更、図表番号の追加、図形スタイルの設定 (罫線、テキスト)、位置とサイズの調整
  • クリップ アートの挿入および書式設定
    • クリップアートの編成、図表番号、アート効果、図の圧縮、修正、図形の変更、リセット、図のスタイル、配置オプション、サイズ
  • テキスト ボックスの適用および操作
    • 書式設定、テキスト ボックス ギャラリーへの選択の保存、テキスト ボックスのスタイル、縦書きと横書き、影の設定、3-D 効果、配置オプション

準備用リソース

ドキュメントの校正
  • スペル チェックおよび文書校正オプションを使用したコンテンツの検証
    • 文書校正およびスタイル オプション
  • オートコレクト設定の構成
    • [オートコレクト] ダイアログの追加、削除、例外
  • ドキュメントへのコメントの挿入および変更
    • コメントの挿入、コメントの編集、コメントの削除、コメントの表示 (別のユーザーからのコメントの表示、コメントのインライン表示、コメントの吹き出しとしての表示)

準備用リソース

参照およびハイパーリンクの適用
  • ハイパーリンクの適用
    • テキストを使用したハイパーリンク、グラフィック、見出し、およびブックマークを使用したハイパーリンク、新しいドキュメントの作成、電子メール アドレス
  • ドキュメントの文末脚注と脚注の作成
    • 脚注と文末脚注の場所の管理、脚注と文末脚注の書式設定、表記、および番号付けの構成
  • ドキュメントの目次の作成
    • 既定の書式設定、表示レベル、配置、タブ リーダー、書式設定、オプション、スタイルの変更、表の更新

準備用リソース

差し込み印刷操作の実行
  • 差し込み印刷の設定
    • 差し込み印刷ウィザードを使用した差し込み印刷の実行、差し込み印刷の手動実行、エラーの自動チェック
  • 差し込み印刷の実行
    • 印刷、プレビュー

準備用リソース

試験対策

コミュニティから

@MSLearning および @office をフォロー

書籍
Cover of 'MOS 2010 Study Guide for Microsoft Word, Excel, PowerPoint, and Outlook'

『MOS 2010 Study Guide for Microsoft Word, Excel, PowerPoint, and Outlook』
配信開始: 2011 年 3 月

Microsoft Office 2010 に関する専門知識を実証します。このオールインワン ガイドは、4 つのコアのマイクロソフト オフィス スペシャリスト (MOS) 試験の演習および準備を支援することを目的としています。この書籍のわかりやすい手順と図を使用して、MOS 試験で評価される重要なスキルを確認してください。また、書籍のすべての演習タスクのダウンロード可能ファイルを使用して、実地で学習した内容を適用できます。

この書籍を購入 (Microsoft Press Store)

受験対象者

Microsoft Office Word 2010 のコア レベルのユーザーは、Microsoft Office Word 2010 ソフトウェアを機能レベルでナビゲートできる必要があります。これらのユーザーは、Microsoft Office Word 2010 の機能に精通し、80% 以上の使用方法を知っている必要があります。コア レベルのユーザーは、Microsoft Office Word 2010 を使用して、さまざまな目的と状況でプロフェッショナルなドキュメントを作成および編集できる必要があります。ユーザーには、プロフェッショナル、学生、個人のほぼあらゆる領域のさまざまな役割を持つ人が含まれます。

試験に関する追加情報

試験のための準備

試験のスケジュールを検討する際は、この試験準備ガイド全体を確認し、 Web サイト上のリソースをよく理解することをお勧めします。次の を参照して、 Microsoft Certification exam overview 登録、よくある問題形式の動画、その他の準備リソースをご参照下さい。試験方針や採点については、次を参照 Microsoft Certification exam policies and FAQs

注意

この準備ガイドは、Microsoft の判断に従っていつでも予告なく変更されることがあります。マイクロソフトの試験には、適応型テストの技術およびシミュレーション アイテムが含まれる場合があります。試験の提供形式は特定しません。試験の形式に関係なく、準備にはこの準備ガイドを使用してください。この試験の準備に役立つよう、Microsoft はこの製品に関する実地経験を積むこと、および指定されたトレーニング リソースを使用することをお勧めします。これらのトレーニング リソースは、「スキルの評価」 セクションの一覧に示されたトピックすべてに必ずしも対応しているわけではありません。