試験
77-883

Microsoft Office logo

  • 配信開始:
    2010 年 11 月 3 日
  • 言語:
    英語、日本語
  • 対象者:
    インフォメーション ワーカー
  • テクノロジ:
    Microsoft Office 2010 スイート
  • 対応資格:
    MOS: PowerPoint 2010

MOS: PowerPoint 2010

スキルの評価

この試験では、次の一覧に示す技術タスクを遂行する能力を評価します。マイクロソフト試験の variety of question types について、ビデオ チュートリアルを参照してください。

箇条書きテキストで記述されているトピックに関する質問が出題されますが、これらに限定されるものではないことに注意してください。

この試験で評価されるスキルの妥当性に関するフィードバックをご提供いただける方は、マイクロソフトまでコメントをお送りください。すべてのフィードバックは確認されており、認定資格プロセスの有効性および信頼性を依然として維持しながら、必要に応じて反映されます。マイクロソフトからは、皆様のフィードバックに直接返信されないことにご注意ください。マイクロソフト認定資格プログラムの品質確保のために、皆様からのご意見をお待ちしております。

試験に特定の質問がある場合は、 exam challenge

マイクロソフト認定資格試験のフィードバック、その他の認定資格プログラム、登録、プロモーションや質問がある場合は Regional Service Center

PowerPoint 環境の管理
  • ビューの調整
    • リボン コマンドまたはステータス バー コマンドを使用したビューの調整
  • PowerPoint ウィンドウの操作
    • 複数のプレゼンテーション ウィンドウの同時使用
  • [クイック アクセス] ツール バー (QAT) の構成
    • リボンの下での QAT の表示
  • PowerPoint ファイル オプションの構成
    • PowerPoint、文書校正、および保存オプションの使用

準備用リソース

スライド プレゼンテーションの作成
  • フォト アルバムの構築および編集
    • 図へのキャプションの追加、テキストの挿入、白黒の画像の挿入、アルバム内の画像の並べ替え、画像の回転、明るさ、およびコントラストの調整
  • スライド サイズおよび向きの設定の適用
    • カスタム サイズの設定、および向きの変更
  • スライドの追加と削除
    • アウトラインの挿入、保存したプレゼンテーションからのスライドの再利用、スライド ライブラリからのスライドの再利用、選択したスライドの複製、複数のスライドの一括削除、連続していないスライドのプレゼンテーションへの組み込み
  • スライドの書式設定
    • セクションの書式設定、テーマの変更、異なるスライド レイアウトへの切り替え、塗りつぶしの色、グラデーション、図、テクスチャ、またはパターンのスライドへの適用、スライドのフッターの設定
  • テキストの入力と書式設定
    • 文字の効果の使用、インデント、配置、行間、および文字列の方向の変更、箇条書きおよび番号付きリストの書式設定の変更、プレースホルダー テキスト ボックスへのテキストの入力、テキストの SmartArt への変換、テキストのコピーと貼り付け、[形式を選択して貼り付け] の使用と [書式のコピー/貼り付け] の使用
  • テキスト ボックスの書式設定
    • 塗りつぶしの色、グラデーション、図、テクスチャ、またはパターンのテキスト ボックスへの適用、アウトラインの色、重み、またはスタイルの変更、テキスト ボックスの形の変更、効果の適用、配置の設定、テキスト ボックス内での列の作成、内部の余白の設定、現在のテキスト ボックスの書式設定の新しいテキスト ボックスの既定としての設定、テキストの折り返しの調整、テキスト ボックスのサイズと位置の設定、および自動調整の使用

準備用リソース

グラフィカル要素とマルチメディア要素の操作
  • グラフィカル要素の操作
    • グラフィカル要素の配置、位置設定、およびサイズ変更、効果、スタイル、および境界線の適用、ハイパーリンクの追加
  • 画像の操作
    • 色の調整および画像修正の適用 (鮮明にする、ぼかす、明るさ、コントラスト)、画像へのアート効果の追加、背景の削除、図のトリミング、選択した図またはすべての図の圧縮、図の変更、および図のリセット
  • ワードアートおよび図形の変更
    • 現在の図形の書式設定の将来の図形の既定としての設定、塗りつぶしの色またはテクスチャの変更、ワードアートの変更、SmartArt への変換
  • SmartArt の操作
    • 図形の追加および削除、SmartArt スタイルの変更、SmartArt レイアウトの変更、図形の並べ替え、SmartArt グラフィックのテキストへの変換、SmartArt の図形への変換、図形の拡大または縮小、および箇条書きレベルのレベル上げまたはレベル下げ
  • ビデオおよびオーディオ コンテンツの編集
    • ビデオまたはオーディオ コンテンツへのスタイルの適用、ビデオまたはオーディオ コンテンツの調整、配置、サイズ設定、再生オプションの調整

準備用リソース

グラフおよび表の作成
  • 表の作成および変更
    • 表の作成、Excel スプレッドシートの挿入、表スタイルのオプションの設定、シェーディング、境界線、および効果の追加、配置の変更、列および行のサイズ変更、結合、または分割、列および行の均等配置および配置
  • グラフの挿入および変更
    • グラフ タイプの選択、グラフ データの入力、グラフ タイプの変更、グラフ レイアウトの変更、行および列の切り替え、データの選択および編集
  • グラフ要素の適用
    • グラフ ラベル、軸、グリッド線、および背景の使用
  • グラフ レイアウトの操作
    • グラフ要素の選択、書式の選択
  • グラフ要素の操作
    • グラフ要素の配置、正確な位置の指定、効果の適用、グラフ要素のサイズ変更、クイック スタイルの適用、境界線の適用、ハイパーリンクの適用

準備用リソース

切り替えとアニメーション
  • 組み込みおよびカスタム アニメーションの適用
    • より大きい開始効果、より大きい強調効果、およびより大きい終了効果の使用、より多くのアニメーションの軌跡の使用
  • 効果およびパス オプションの適用
    • タイミングおよび開始オプションの設定
  • スライド間の切り替えの適用と変更
    • 切り替え効果の変更、切り替えへのサウンドの追加、切り替え期間の変更、手動または自動で時間が設定される高度なオプションの設定
  • アニメーションの操作
    • アニメーションの方向の変更、アニメーションへのサウンドの追加、[アニメーションのコピー/貼り付け] の使用、アニメーションの並べ替え、およびテキスト オプションの選択

準備用リソース

プレゼンテーションでの共同作業
  • プレゼンテーションのコメントの管理
    • コメントの挿入および編集、マークアップの表示または非表示、前のコメントまたは次のコメントへの移動、およびコメントの削除
  • 校正ツールの適用
    • スペル チェック機能と類義語辞典機能の使用、プレゼンテーションの比較および結合

準備用リソース

配信するプレゼンテーションの準備
  • プレゼンテーションの保存
    • 画像化プレゼンテーション、Portable Document Format (PDF) ファイル、XML Paper Specification (XPS)、アウトライン、または OpenDocument プレゼンテーションとしてのプレゼンテーションの保存、スライドまたはオブジェクトの画像ファイルとしての保存、およびプレゼンテーションのショー (.ppsx) としての保存
  • プレゼンテーションの共有
    • CD 配布用のプレゼンテーションのパッケージ化、ビデオの作成、配布資料の作成 (Word に送信)、およびメディアの圧縮
  • プレゼンテーションの印刷
    • 印刷設定の調整
  • プレゼンテーションの保護
    • パスワードの設定、パスワードの変更、およびプレゼンテーションの最終としてのマーク

準備用リソース

プレゼンテーションの配信
  • プレゼンテーション ツールの適用
    • ペンまたは蛍光ペンの注釈の追加、インク色の変更、注釈の消去、終了時における注釈の破棄または保持
  • スライド ショーの設定
    • スライド ショーの設定、ナレーションの再生、発表者ビューの設定、タイミングの使用、メディア コントロールの表示、プレゼンテーションのブロードキャスト、および目的別スライド ショーの作成
  • プレゼンテーションのタイミングの設定
    • タイミングのリハーサルおよび維持、スライドのタイミングの調整
  • プレゼンテーションの記録
    • スライド ショーの最初からの記録の開始、スライド ショーの現在のスライドからの記録の開始

準備用リソース

試験対策

コミュニティから

@MSLearning をフォロー

受験対象者

この試験の一般的な受験者は、PowerPoint 2010 を機能レベルでナビゲートする必要がある学生、オフィス ワーカー、および講師を対象としています。

PowerPoint 2010 のコア ユーザーは、生産性ツールに習熟し、プロジェクトで他の人と頻繁に共同作業を行い、効率性を高めるために作業環境をカスタマイズします。受験者は効果的で実践的なスライド ショーの作成方法を理解および実証できる必要があります。

試験に関する追加情報

試験のための準備

試験のスケジュールを検討する際は、この試験準備ガイド全体を確認し、 Web サイト上のリソースをよく理解することをお勧めします。次の を参照して、 Microsoft Certification exam overview 登録、よくある問題形式の動画、その他の準備リソースをご参照下さい。試験方針や採点については、次を参照 Microsoft Certification exam policies and FAQs

注意

この準備ガイドは、Microsoft の判断に従っていつでも予告なく変更されることがあります。マイクロソフトの試験には、適応型テストの技術およびシミュレーション アイテムが含まれる場合があります。試験の提供形式は特定しません。試験の形式に関係なく、準備にはこの準備ガイドを使用してください。この試験の準備に役立つよう、Microsoft はこの製品に関する実地経験を積むこと、および指定されたトレーニング リソースを使用することをお勧めします。これらのトレーニング リソースは、「スキルの評価」 セクションの一覧に示されたトピックすべてに必ずしも対応しているわけではありません。