試験
77-888

Microsoft Office logo

  • 配信開始:
    2011 年 2 月 22 日
  • 言語:
    英語、日本語
  • 対象者:
    インフォメーション ワーカー
  • テクノロジ:
    Microsoft Office 2010 スイート
  • 対応資格:
    マイクロソフト オフィス スペシャリスト

Excel 2010 Expert

スキルの評価

この試験では、次の一覧に示す技術タスクを遂行する能力を評価します。マイクロソフト試験の variety of question types について、ビデオ チュートリアルを参照してください。

箇条書きテキストで記述されているトピックに関する質問が出題されますが、これらに限定されるものではないことに注意してください。

この試験で評価されるスキルの妥当性に関するフィードバックをご提供いただける方は、マイクロソフトまでコメントをお送りください。すべてのフィードバックは確認されており、認定資格プロセスの有効性および信頼性を依然として維持しながら、必要に応じて反映されます。マイクロソフトからは、皆様のフィードバックに直接返信されないことにご注意ください。マイクロソフト認定資格プログラムの品質確保のために、皆様からのご意見をお待ちしております。

試験に特定の質問がある場合は、提出してください exam challenge

マイクロソフト認定資格試験のフィードバック、その他の認定資格プログラム、登録、プロモーションや質問がある場合は連絡してください Regional Service Center

ワークブックの共有および管理
  • ワークブック設定、プロパティ、およびデータ オプションの適用
    • 高度のプロパティの設定、ワークブックのテンプレートとしての保存、XML データのインポートおよびエクスポート
  • ワークブックとワークシートへの保護および共有プロパティの適用
    • 現在のシートの保護、ワークブック構造の保護、権限の制限、ワークブックを開くためのパスワードの要求
  • 共有ワークブックの管理
    • ワークブックの結合、変更履歴オプションの設定

準備用リソース

数式と関数の適用
  • 数式の監査
    • 数式の参照元、参照先、およびエラーの追跡、無効なデータまたは数式の検索、数式のエラーの修正
  • 数式オプションの操作
    • 反復計算オプションの設定、自動ワークブック計算の有効化または無効化
  • データ要約タスクの実行
    • 配列数式の使用、SUMIFS 関数の使用
  • 数式で関数を適用する
    • 関数のエラーの検索と修正、関数への配列の適用、統計、日付と時刻、財務、テキスト、およびキューブ関数の使用

準備用リソース

データのビジュアル表示
  • 高度なグラフ機能の適用
    • 傾向線、2 本の軸、グラフ テンプレート、およびスパークラインの使用
  • データ分析の適用
    • 自動分析ツールの使用、What-If 分析の実行
  • ピボットテーブルの適用および操作
    • ピボットテーブルのデータの操作、スライサーを使用したピボットテーブルのデータのフィルターと複数のレイヤーへの分割
  • ピボットグラフの適用および操作
    • ピボットグラフのデータの作成、操作、および分析
  • スライサーの使用方法の実証
    • 外部データ接続からのデータ セットの選択

準備用リソース

マクロおよびフォームの操作
  • マクロの作成および操作
    • マクロを実行する、ブックを開いたときにマクロを実行する、ボタンをクリックしたときにマクロを実行する、アクション マクロを記録する、コマンド ボタンにマクロを割り当てる、ユーザー設定のマクロ ボタンをクイック アクセス ツール バーに作成する、マクロに変更を適用する
  • フォーム コントロールの挿入および操作
    • フォーム コントロールを挿入する、フォーム プロパティを設定する

準備用リソース

試験対策

コミュニティから

@MSLearning および @office をフォロー

書籍
MOS 2013 Study Guide for Microsoft Excel Expert

『MOS 2013 Study Guide for Microsoft Excel Expert』
配信開始: 2013 年 9 月

Microsoft Office に関する専門知識を実証します。このオールインワン ガイドは 2013 Excel Expert Microsoft Office Specialist (MOS) 試験の演習および準備に役立つように設計されており、次のような特長を備えています。

  • 試験範囲を目的別に完全に網羅
  • わかりやすい手順と図解による必須スキルの確認
  • 演習タスク (ファイルを含む) による学習内容の応用
  • オンライン プレテストによる準備状況の評価

徹底的な試験準備、演習、復習により、Microsoft Office の操作能力の向上と、それを実証する資格の取得をサポートします。

この書籍を購入 (Microsoft Press Store)

受験対象者

Microsoft Office Excel 2010 の上級ユーザーは、Excel 2010 ソフトウェアを機能レベルで確信を持って効率的に使用できます。上級ユーザーは、高度な数式、機能、およびデータ分析ツールに精通しています。上級ユーザーは、分析、プレゼンテーション、および共同作業のためにデータを操作できます。また、上級ユーザーは Excel オプションを操作して、変化し続けるニーズに合わせて環境をカスタマイズし、生産性を高めることもできます。

試験に関する追加情報

試験のための準備

試験のスケジュールを検討する際は、この試験準備ガイド全体を確認し、 Web サイト上のリソースをよく理解することをお勧めします。次の を参照して、 Microsoft Certification exam overview 登録、よくある問題形式の動画、その他の準備リソースをご参照下さい。試験方針や採点については、次を参照 Microsoft Certification exam policies and FAQs

注意

この準備ガイドは、Microsoft の判断に従っていつでも予告なく変更されることがあります。マイクロソフトの試験には、適応型テストの技術およびシミュレーション アイテムが含まれる場合があります。試験の提供形式は特定しません。試験の形式に関係なく、準備にはこの準備ガイドを使用してください。この試験の準備に役立つよう、Microsoft はこの製品に関する実地経験を積むこと、および指定されたトレーニング リソースを使用することをお勧めします。これらのトレーニング リソースは、「スキルの評価」 セクションの一覧に示されたトピックすべてに必ずしも対応しているわけではありません。