試験
98-349

Windows

Windowsオペレーティングシステムの基礎

Microsoft Certified Professional 試験は、サード パーティ ベンダーにより提供されています。

スキルの評価

この試験では、次の一覧に示す技術タスクを遂行する能力を評価します。パーセンテージは、試験の各主要トピック領域の相対的な重みを示します。パーセンテージが高いほど、試験でこのコンテンツ領域に関する質問の数が多くなる可能性があります。Microsoft の試験のさまざまな種類の質問 さまざまな種類の質問に関するビデオチュートリアルをご覧ください。

箇条書きテキストで記述されているトピックに関する質問が出題されますが、これらに限定されるものではないことに注意してください。

この試験で評価されるスキルの妥当性に関するフィードバックをご提供いただける方は、マイクロソフトまでコメントをお送りください。すべてのフィードバックは確認されており、認定資格プロセスの有効性および信頼性を依然として維持しながら、必要に応じて反映されます。マイクロソフトからは、皆様のフィードバックに直接返信されないことにご注意ください。マイクロソフト認定資格プログラムの品質確保のために、皆様からのご意見をお待ちしております。

この試験に関する特定の質問への懸念があれば、提出してください。試験チャレンジ.

マイクロソフト認定資格試験のフィードバック、その他の認定資格プログラム、登録、プロモーションや質問がある場合は連絡してください Regional Service Center

2016年8月31日現在、この試験は、Windows 10でサポートされていないツールの削除など、Windows 10のアップデート内容が含まれる。これらの変更の詳細と測定されたスキルにどのように影響するかを知るために、ダウンロードしてくださいdownload and review the exam 98-349 change document

オペレーティングシステム構成の理解(15-20%)
  • コントロールパネルのオプションを構成する
    • 管理ツールを構成し、アクセシビリティオプションを構成し、電源設定を構成し、ファイルエクスプローラ設定を構成する
  • デスクトップ設定を構成する
    • プロファイル、表示設定、およびショートカットを設定する。 スタートメニューを構成しカスタマイズする。 タスクバーの設定を構成する。 ツールバーを構成する。 通知を設定する
  • ネイティブアプリケーションとツールを設定する
    • Microsoft Edgeを設定し、Cortanaを設定し、Hyper-Vを設定し、MSCONFIGを使用した設定を構成し、タスクマネージャを使用してプロセスとアプリケーションを設定し、コンピュータ管理を設定する
  • モビリティ設定を構成する
    • 同期センター、Windowsモビリティセンター、およびリモートデスクトップを構成する
  • 管理ツールを設定し使用する
    • MMCを構成し、Windows PowerShellコンソールとWindows PowerShell ISEを構成する

準備用リソース

クライアントシステムのインストールとアップグレード(15〜20%)
  • Windowsオペレーティングシステムのエディションを識別する
    • ハードウェアと互換性の要件を特定し、デバイスの種類ごとに適切なエディションを決定する
  • アップグレードパスを特定する
    • 以前のWindowsバージョンからのアップグレードパスを特定し、アプリケーションの互換性を特定する
  • インストールタイプを理解する
    • クリーンインストールを実行し、Windows Updateによるアップグレードし、以前のWindowsバージョンからの移行をし、リムーバブルメディアインストールを実行し、ネットワークインストールを実行する
  • オペレーティングシステムのアーキテクチャを理解する
    • カーネルモードを理解する。 ユーザモードを理解する。 メモリ、IRQ、ドライバ、CPU、UIを理解する。 32ビットアーキテクチャと64ビットアーキテクチャを理解する

準備用リソース

アプリケーションの管理(15-20%)
  • アプリケーションを構成する
    • ローカル対ネットワークアプリケーションを理解し、デスクトップアプリケーションを設定し、アプリケーションの起動オプションを設定し、Windowsの機能を設定し、Windows SmartScreenを設定し、アプリケーションの削除を設定し、Windows Storeのアプリケーションを設定する
  • ユーザーアカウント制御(UAC)を構成する
    • 標準ユーザー対管理ユーザーを理解し、UACのプロンプトとレベルの種類を理解する
  • ウイルス対策設定を構成する
    • Windows Defenderと悪意のあるソフトウェアの削除ツールを構成する
  • サービスについて
    • サービスの開始タイプ、サービスアカウント、およびサービスの依存関係を理解する

準備用リソース

ファイルとフォルダの管理(15-20%)
  • ファイルシステムの理解
    • FAT32、NTFS、およびReFSを理解する
  • ファイルとプリントの共有を理解する
    • ファイルシステムのアクセス許可を構成し、共有アクセス許可を構成し、ホームグループ設定を構成し、印刷ドライバを構成し、有効なアクセス許可を構成し、共有を作成し、マップされたドライブを作成する
  • 暗号化の理解
    • BitLockerと暗号化ファイルシステム(EFS)を理解する
  • ライブラリの理解
    • オフラインファイルの理解し、ライブラリの構成し、複数のローカルロケーションのライブラリへの追加し、ネットワーク化されたロケーションの追加する

準備用リソース

デバイスの管理(15〜20%)
  • デバイスを接続する
    • プラグアンドプレイとBluetoothデバイスを接続、有効化、無効化する。 プリンタの接続と切断をする。デバイス用のサードパーティ製ソフトウェアをインストールする。 デバイスドライバをインストールする
  • ストレージの理解
    • ディスクタイプ、セキュリティ(暗号化)、ストレージデバイスタイプ(eSATA、USB、IEEE 1394、iSCSI、InfiniBand)、およびストレージドライブタイプ(基本、プライマリ、拡張、論理、ダイナミックディスク、VHD)を理解する。OneDriveの使用を構成する。 ドライブを最適化する
  • 印刷装置の理解
    • ローカルプリンタ、ネットワークプリンタ、プリントキュー、ファイルへのプリント、インターネット印刷を理解する
  • システムデバイスの理解
    • ビデオ、オーディオ、赤外線入力デバイスを理解する。 デバイスマネージャーを理解する

準備用リソース

オペレーティングシステムのメンテナンスの理解(15-20%)
  • バックアップと復旧の方法を理解する
    • システムの復元を構成する。 リカバリドライブを設定する。 Last Known Goodやさまざまなセーフモードオプションなどの回復ブートオプションを設定する。 OneDriveからファイルを回復する
  • メンテナンスツールの理解
    • ディスクデフラグツール、ディスククリーンアップ、タスクスケジューラ、およびシステム情報を理解する
  • 更新プログラムの構成
    • Windows Updateオプションを設定する。 インサイダープレビュー、現在の支店、および現支店のビジネスシナリオを実装する。 更新履歴を管理する。 更新をロールバックする

準備用リソース

受験対象者

この試験の受験者は、Windows 10環境での基本的なWindowsオペレーティングシステムの概念を理解している必要があります。

試験に関する追加情報

試験のための準備

試験のスケジュールを検討する際は、この試験準備ガイド全体を確認し、 Web サイト上のリソースをよく理解することをお勧めします。次の を参照して、 Microsoft Certification exam overview 登録、よくある問題形式の動画、その他の準備リソースをご参照下さい。試験方針や採点については、次を参照 Microsoft Certification exam policies and FAQs

注意

この準備ガイドは、Microsoft の判断に従っていつでも予告なく変更されることがあります。マイクロソフトの試験には、適応型テストの技術およびシミュレーション アイテムが含まれる場合があります。試験の提供形式は特定しません。試験の形式に関係なく、準備にはこの準備ガイドを使用してください。この試験の準備に役立つよう、Microsoft はこの製品に関する実地経験を積むこと、および指定されたトレーニング リソースを使用することをお勧めします。これらのトレーニング リソースは、「スキルの評価」 セクションの一覧に示されたトピックすべてに必ずしも対応しているわけではありません。