試験
98-361

Visual Studio logo

  • 配信開始:
    2010年8月2日
  • 言語:
    英語、中国語 (簡体字)、中国語 (繁体字)、フランス語、ドイツ語、イタリア語、日本語、韓国語、ポルトガル語 (ブラジル)、ロシア語、スペイン語、スペイン語 (ラテン アメリカ)
  • 対象者:
    教育機関
  • テクノロジ:
    Visual Studio
  • 対応資格:
    MTA

ソフトウェア開発に関する基本事項

Microsoft Certified Professional 試験は、サード パーティ ベンダーにより提供されています。

* 価格には、Microsoft Imagine Academy プログラム メンバー、マイクロソフト認定トレーナー、およびマイクロソフト パートナー ネットワーク プログラム メンバー向けのプロモーション内容や価格割引は反映されません。価格は予告なく変更されることがあります。価格には適用される税は含まれていません。試験の予約をする前に、試験提供者に正確な価格をご確認ください。

2017年5月1日より、既存のキャンセポリシーが次のポリシーに全て置き換わります、 ポリシー:登録した試験日より5営業日以内のキャンセルもしくは日程変更には料金がかかりますスケジュールされていたアポイントメント時より24時間以内に現れなかった、もしくはキャンセルしたか日程変更した場合、全額がかかります。

video

ソフトウェア開発に関する基本事項

スキルの評価

この試験では、次の一覧に示す技術タスクを遂行する能力を評価します。パーセンテージは、試験の各主要トピック領域の相対的な重みを示します。パーセンテージが高いほど、試験でこのコンテンツ領域に関する質問の数が多くなる可能性があります。Microsoft の試験のさまざまな種類の質問 さまざまな種類の質問に関するビデオチュートリアルをご覧ください。

箇条書きテキストで記述されているトピックに関する質問が出題されますが、これらに限定されるものではないことに注意してください。

この試験で評価されるスキルの妥当性に関するフィードバックをご提供いただける方は、マイクロソフトまでコメントをお送りください。すべてのフィードバックは確認されており、認定資格プロセスの有効性および信頼性を依然として維持しながら、必要に応じて反映されます。マイクロソフトからは、皆様のフィードバックに直接返信されないことにご注意ください。マイクロソフト認定資格プログラムの品質確保のために、皆様からのご意見をお待ちしております。

この試験に関する特定の質問への懸念があれば、提出してください。試験チャレンジ.

マイクロソフト認定資格試験のフィードバック、その他の認定資格プログラム、登録、プロモーションや質問がある場合は連絡してください Regional Service Center

コアプログラミングの理解(15~20%)
  • コンピュータの記憶域とデータタイプを理解する
    • コンピュータがプログラムおよび命令をコンピュータメモリ、メモリスタックおよびヒープ、様々なデータ記憶タイプのメモリサイズ要件、数値データおよびテキストデータにどのように記憶するか
  • コンピュータの決定構造を理解する
    • すべてのコンピュータプログラミング言語で使用される様々な決定構造。 決定構造; If ... Elseやswitch/Select Caseなどの複数の決定構造。 フローチャートの読取り。 決定テーブル。 式の評価
  • 反復処理の適切な方法を特定する
    • Forループ、Whileループ、Do ... Whileループ、および再帰
  • エラー処理の理解
    • 構造化された例外処理

準備用リソース

オブジェクト指向プログラミング(20~25%)の理解
  • クラスの基礎を理解する
    • プロパティ、メソッド、イベント、およびコンストラクタ。 どのようにクラスを作成するか。 コードでクラスを使用する方法
  • 継承を理解する
    • 派生クラスに基本クラスの機能を継承する
  • 多型を理解する
    • ベースクラスから継承した後にクラスの機能を拡張し、派生クラスのメソッドをオーバーライドする
  • カプセル化を理解する
    • インターフェイス、アクセス修飾子を介して必要な機能にアクセスできるようにしながら、実装の詳細を隠すクラスを作成する

準備用リソース

一般的なソフトウェア開発の理解(15~20%)
  • アプリケーションライフサイクル管理の理解
    • アプリケーションのライフサイクル管理、ソフトウェアテストのフェーズ
  • アプリケーション仕様の解釈
    • アプリケーション仕様書を読み、プロトタイプに変換し、コード化し、適切なアプリケーションタイプとコンポーネントを選択する
  • アルゴリズムとデータ構造を理解する
    • 配列、スタック、キュー、リンクリスト、ソートアルゴリズム さまざまなデータ構造のパフォーマンスへの影響。 適切なデータ構造の選択

準備用リソース

Webアプリケーションの理解(15~20%)
  • ウェブページの開発を理解する
    • HTML、カスケードスタイルシート(CSS)、JavaScript
  • Microsoft ASP.NET Webアプリケーション開発の理解
    • ページライフサイクル、イベントモデル、状態管理、クライアント側プログラミングとサーバー側プログラミング
  • ウェブホスティングを理解する
    • 仮想ディレクトリとWebサイトの作成、Webアプリケーションの展開、インターネットインフォメーションサービスの役割の理解
  • Webサービスを理解する
    • クライアントアプリケーションから消費されるWebサービス、クライアントアプリケーションからWebサービスにアクセスする、SOAPおよびWebサービス定義言語(WSDL)

準備用リソース

デスクトップアプリケーションの理解(15~20%)
  • Windowsアプリケーションを理解する
    • UIデザインのガイドラインカテゴリ、Store Appsの特性と機能、ジェスチャーの識別
  • コンソールベースのアプリケーションを理解する
    • コンソールベースのアプリケーションの特性と機能
  • Windowsサービスを理解する
    • Windowsサービスの特性と機能

準備用リソース

データベースの理解(15-20%)
  • リレーショナルデータベース管理システムについて理解する
    • データベース製品の特性と機能、データベース設計、エンティティ関係のダイアグラム(ERD)、正規化の概念
  • データベースクエリメソッドの理解
    • 構造化クエリ言語(SQL)、ストアド プロシージャの作成とアクセス、データの更新とデータの選択
  • データベースの接続方法を理解する
    • フラットファイルなどのさまざまなタイプのデータストアに接続する。 XMLファイル。 メモリ内オブジェクト。 リソースの最適化

準備用リソース

受験対象者

この試験の受験者は、ソフトウェア開発のコア スキルを証明しようとしている個人を対象としています。受験者には、関連するトレーニング コースを受講するか、MSDN と Microsoft Visual Studio で利用可能なチュートリアルとサンプルを利用して、ここで説明するテクノロジの概念を理解し、実地経験を積むことをお勧めします。受験者には、C# や Microsoft Visual Basic .NET における一定の経験が求められます。

試験に関する追加情報

試験のための準備

試験のスケジュールを検討する際は、この試験準備ガイド全体を確認し、 Web サイト上のリソースをよく理解することをお勧めします。次の を参照して、 Microsoft Certification exam overview 登録、よくある問題形式の動画、その他の準備リソースをご参照下さい。試験方針や採点については、次を参照 Microsoft Certification exam policies and FAQs

注意

この準備ガイドは、Microsoft の判断に従っていつでも予告なく変更されることがあります。マイクロソフトの試験には、適応型テストの技術およびシミュレーション アイテムが含まれる場合があります。試験の提供形式は特定しません。試験の形式に関係なく、準備にはこの準備ガイドを使用してください。この試験の準備に役立つよう、Microsoft はこの製品に関する実地経験を積むこと、および指定されたトレーニング リソースを使用することをお勧めします。これらのトレーニング リソースは、「スキルの評価」 セクションの一覧に示されたトピックすべてに必ずしも対応しているわけではありません。