試験
98-375

Microsoft Visual Studio 2010 logo

  • 配信開始:
    2012年2月23日
  • 言語:
    英語、中国語 (簡体字)、中国語 (繁体字)、フランス語、ドイツ語、イタリア語、日本語、韓国語、ポルトガル語 (ブラジル)、ロシア語、スペイン語、スペイン語 (ラテン アメリカ)
  • 対象者:
    学術、学生開発者、開発者
  • テクノロジ:
    Microsoft Visual Studio 2010
  • 対応資格:
    MTA:HTML5 アプリケーション開発に関する基本事項

HTML5 アプリケーション開発に関する基本事項

Microsoft Certified Professional 試験は、サード パーティ ベンダーにより提供されています。

* 価格には、Microsoft Imagine Academy プログラム メンバー、マイクロソフト認定トレーナー、およびマイクロソフト パートナー ネットワーク プログラム メンバー向けのプロモーション内容や価格割引は反映されません。価格は予告なく変更されることがあります。価格には適用される税は含まれていません。試験の予約をする前に、試験提供者に正確な価格をご確認ください。

2017年5月1日より、既存のキャンセポリシーが次のポリシーに全て置き換わります、 ポリシー:登録した試験日より5営業日以内のキャンセルもしくは日程変更には料金がかかりますスケジュールされていたアポイントメント時より24時間以内に現れなかった、もしくはキャンセルしたか日程変更した場合、全額がかかります。

video

Exam MTA 98-375 HTML5アプリケーション開発の基礎

スキルの評価

この試験では、次の一覧に示す技術タスクを遂行する能力を評価します。パーセンテージは、試験の各主要トピック領域の相対的な重みを示します。パーセンテージが高いほど、試験でこのコンテンツ領域に関する質問の数が多くなる可能性があります。Microsoft の試験のさまざまな種類の質問 さまざまな種類の質問に関するビデオチュートリアルをご覧ください。

箇条書きテキストで記述されているトピックに関する質問が出題されますが、これらに限定されるものではないことに注意してください。

この試験で評価されるスキルの妥当性に関するフィードバックをご提供いただける方は、マイクロソフトまでコメントをお送りください。すべてのフィードバックは確認されており、認定資格プロセスの有効性および信頼性を依然として維持しながら、必要に応じて反映されます。マイクロソフトからは、皆様のフィードバックに直接返信されないことにご注意ください。マイクロソフト認定資格プログラムの品質確保のために、皆様からのご意見をお待ちしております。

この試験に関する特定の質問への懸念があれば、提出してください。試験チャレンジ.

マイクロソフト認定資格試験のフィードバック、その他の認定資格プログラム、登録、プロモーションや質問がある場合は連絡してください Regional Service Center

アプリケーションのライフサイクルを管理する(20〜25%)
  • プラットフォームの基礎を理解する
    • パッケージとランタイム環境:アプリパッケージ、アプリコンテナ、資格/権限セット、ホストプロセス、スレート/タブレットアプリケーションの既存のHTML5スキルとコンテンツを活用する
  • アプリケーションの状態を管理する
    • セッション状態、アプリ状態、および持続状態情報を管理する。 アプリケーションの状態を理解する。 ローカルストレージとセッションストレージの違いを理解する
  • HTML5ベースのタッチ対応アプリケーションのデバッグとテスト
    • タッチジェスチャー。 デバイス上でテストするジェスチャーを理解する

準備用リソース

HTML5を使用してユーザーインターフェイス(UI)を構築する(25〜30%)
  • HTML5タグを選択して設定し、テキストコンテンツを表示する
  • HTML5タグを選択して設定し、グラフィックを表示する
    • いつ、なぜ、どのようにCanvasを使うか。 スケーラブルベクターグラフィックス(SVG)をいつ、なぜ、どのように使用するか
  • メディアを再生するHTML5タグを選択して設定する
    • ビデオおよびオーディオタグ
  • コンテンツとフォームを整理するためのHTML5タグの選択と設定
    • テーブル、リスト、セクション。 セマンティックHTML
  • 入力と検証にHTML5タグを選択して設定する

準備用リソース

カスケードスタイルシート(CSS)を使用してユーザーインターフェイスをフォーマットする(20〜25%)
  • コアとなるCSSの概念を理解する
    • コンテンツとのプレゼンテーションを分離する(HTMLでコンテンツを、CSSでスタイルコンテンツを作成する)。 コンテンツフローを管理する(インライン対ブロックフロー)。 個々の要素の配置を管理する(浮動小数点数と絶対配置数)。 コンテンツのオーバーフローを管理する(スクロール、表示、非表示)。 基本的なCSSスタイル
  • CSSを使用してUIコンテンツを配置する
    • 柔軟なボックスとグリッドのレイアウトを使用して、コンテンツの配置、方向、および方向を設定する。 フレキシブルボックスまたはグリッド内の要素に比例スケーリングおよび「フリースケール」の使用する。 コンテンツの注文および手配する。 単純なレイアウトにはフレックスボックスを、複雑なレイアウトにはグリッドを使用するためのコンセプトする。 行と列のグリッドコンテンツプロパティ。 アプリケーションテンプレートの使用
  • CSSを使用してテキストコンテンツの流れを管理する
    • 領域と、複数のセクション(コンテンツソース、コンテンツコンテナ、ダイナミックフロー、フローイン、フローソース、msRegionUpdate、msRegionOverflow、msGetRegionContent)間でテキストコンテンツを流す領域の使用。 これらのCSS設定を使用してテキストの可読性を最適化する。 浮動オブジェクトの周囲にテキストフローを作成するには、「配置された浮動体」を使用する
  • CSSを使用してグラフィカルインターフェイスを管理する
    • グラフィックスエフェクト(角、丸み、透明度、背景グラデーション、タイポグラフィ、Web Open Font Format) 2次元および3次元(3次元変換)(変換、スケール、回転、スキュー、3次元パースペクティブトランジションおよびアニメーション) SVGフィルター効果。 キャンバス

準備用リソース

JavaScriptを使用したコード(30〜35%)
  • JavaScriptの管理と保守
    • 関数を作成して使用する。 jQueryとその他のサードパーティライブラリ
  • JavaScriptを使用してUIを更新する
    • エレメントの検索/アクセス。 イベントに耳を傾けて応答する。 要素を表示したり隠したりする。 要素の内容を更新する。 要素を追加する
  • JavaScriptを使用したアニメーションのコード作成
    • アニメーションを使用する。 キャンバスを操作する。 画像、図形、その他のグラフィックを使用して作業する
  • JavaScriptを使用したデータアクセスへのアクセス
    • データの送受信。 複雑なオブジェクトを送信し、解析する。 ファイルをロードして保存する。 アプリケーションキャッシュ。 データ型。 フォーム。 クッキー。; ローカルストレージ
  • タッチインターフェースに応答する
    • ジェスチャー、ジェスチャーをキャプチャーして応答する方法
  • 追加のHTML5 APIをコーディングする
    • GeoLocation、Web Workers、WebSocket; ファイルAPI
  • デバイスとオペレーティングシステムのリソースにアクセスする
    • 連絡先リストやカレンダーなどのメモリー内リソース。 GPS、加速度計、カメラなどのハードウェア機能

準備用リソース

受験対象者

この試験の受験者は、今日のタッチ対応デバイス (PC、タブレット、携帯電話) で動作する HTML5 クライアント アプリケーションの開発のコア スキルを証明しようとしている個人を対象としています。HTML はブラウザーでレンダリングして UI を生成する Web テクノロジと考えられがちですが、この試験は HTML5、CSS3、および JavaScript を使用してクライアント アプリケーションを開発する方法に焦点を当てています。この試験を受ける前に、受験者はこの準備ガイドで概説したトピック (CSS や JavaScript など) に関する強固な基礎知識が必要です。受験者には、関連するトレーニング コースを受講するか、MSDN と Microsoft Visual Studio で利用可能なチュートリアルとサンプルを利用して、関連テクノロジの概念を理解し、実地経験を積むことをお勧めします。

試験に関する追加情報

試験のための準備

試験のスケジュールを検討する際は、この試験準備ガイド全体を確認し、 Web サイト上のリソースをよく理解することをお勧めします。次の を参照して、 Microsoft Certification exam overview 登録、よくある問題形式の動画、その他の準備リソースをご参照下さい。試験方針や採点については、次を参照 Microsoft Certification exam policies and FAQs

注意

この準備ガイドは、Microsoft の判断に従っていつでも予告なく変更されることがあります。マイクロソフトの試験には、適応型テストの技術およびシミュレーション アイテムが含まれる場合があります。試験の提供形式は特定しません。試験の形式に関係なく、準備にはこの準備ガイドを使用してください。この試験の準備に役立つよう、Microsoft はこの製品に関する実地経験を積むこと、および指定されたトレーニング リソースを使用することをお勧めします。これらのトレーニング リソースは、「スキルの評価」 セクションの一覧に示されたトピックすべてに必ずしも対応しているわけではありません。