試験
98-379

Microsoft Visual Studio 2012 logo

  • 配信開始:
    2013 年 9 月 20 日
  • 言語:
    英語
  • 対象者:
    教育機関
  • テクノロジ:
    Microsoft Visual Studio 2012
  • 対応資格:
    マイクロソフト テクノロジー アソシエイト (MTA)

Software Testing Fundamentals

この試験は終了しました

現在可能なオプションについては、この Microsoft Certification exam list

スキルの評価

この試験では、次の一覧に示す技術タスクを遂行する能力を評価します。パーセンテージは、試験の各主要トピック領域の相対的な重みを示します。パーセンテージが高いほど、試験でこのコンテンツ領域に関する質問の数が多くなる可能性があります。マイクロソフト試験の variety of question types について、ビデオ チュートリアルを参照してください。

箇条書きテキストで記述されているトピックに関する質問が出題されますが、これらに限定されるものではないことに注意してください。

この試験で評価されるスキルの妥当性に関するフィードバックをご提供いただける方は、マイクロソフトまでコメントをお送りください。すべてのフィードバックは確認されており、認定資格プロセスの有効性および信頼性を依然として維持しながら、必要に応じて反映されます。マイクロソフトからは、皆様のフィードバックに直接返信されないことにご注意ください。マイクロソフト認定資格プログラムの品質確保のために、皆様からのご意見をお待ちしております。

試験に特定の質問がある場合は、提出してください exam challenge

マイクロソフト認定資格試験のフィードバック、その他の認定資格プログラム、登録、プロモーションや質問がある場合は連絡してください Regional Service Center

テストの基本事項の説明 (15 ~ 20%)
  • ソフトウェア テストの説明
    • ソフトウェア品質とテストのメリットの評価
  • ソフトウェア コンポーネントおよびハードウェア コンポーネントの説明
    • オペレーティング システム、ネットワーク、データ、ハードウェアとソフトウェアおよびその相互作用と依存関係
  • プログラミングの基本事項の説明
    • データ型、プログラミング言語 (コンパイラ型またはインタープリター型) の区別、単純なアルゴリズムの分析
  • アプリケーション ライフサイクル管理の説明
    • アジャイル、ウォーターフォール、スパイラル、製品とプロジェクトのライフサイクル
テストの方法論の説明 (10 ~ 15%)
  • テスト手法の説明
    • 手動テスト、自動テスト、ブラック ボックス テストとホワイト ボックス テストの区別
  • テスト レベルの説明
    • ユニット テスト、コンポーネント テスト、および統合テスト
  • テストの種類の説明
    • 機能テスト、パフォーマンス構造テスト、回帰テスト、セキュリティ テスト、負荷テスト、アクセシビリティ テスト、ユーザビリティ テスト、およびローカリゼーション テスト
ソフトウェア テストの作成 (20 ~ 25%)
  • ユーザー中心のテストの説明
    • ビジネス ニーズと問題、顧客要件、およびシナリオ
  • ソフトウェアのテスト容易性の説明
    • テスト駆動開発とテスト フック
  • テスト計画コンポーネントの作成
    • テスト スケジュール、スコープ、方法論、シナリオ、およびツール
  • 機能テストの説明
    • 該当する機能テストの対象機能の区別
  • スコープ指定が適切なテスト ケースの定義
    • 境界条件、詳細レベル、および有効性
ソフトウェア テスト プロジェクトの管理 (15 ~ 20%)
  • テストのマイルストーンの説明
    • プロセスの基本事項、終了基準、およびサインオフ
  • アジャイル プロセスの説明
    • スクラム、かんばん、およびスプリント管理
  • 分散チームとの協力
    • コミュニケーション、リスク管理、スケジュール管理、および出荷プロセス
  • テスト レポートの定義
    • 適切な状態およびプロジェクト レポート コンポーネントの定義、プロジェクトのマイルストーンを達成するための周期的なレポートの定義、各種レポートの適切な受取人の識別
バグの処理 (15 ~ 20%)
  • ソフトウェアの欠陥の検出
    • テスト ケースの実行、自動化スクリプトの実行
  • バグのログ記録
    • 優先度、重大度、依存関係、および再現手順
  • バグの管理
    • トリアージ、解決方法、終了、監視、および概要レポート
ソフトウェア テストの自動化 (10 ~ 15%)
  • テストの自動化の説明
    • メリット、自動化の候補、および自動化プロセス
  • テストの自動化戦略の定義
    • コード カバレッジ、ログ記録、および自動化の優先度
  • 自動化テストの記述
    • ロジック、エラー処理、コメント、および仮想マシン
  • テスト スクリプトの管理
    • スモーク テスト、ビルド検証テスト、およびラボ管理

受験対象者

この試験の受験者は、テストのコア スキルを証明しようとしている個人を対象としています。この試験を受ける前に、受験者はこの試験詳細ページで概説したトピックに関する強固な基礎知識が必要です。受験者には、関連するトレーニング コースを受講するか、MSDN と Microsoft Visual Studio で利用可能なチュートリアルとサンプルを利用して、ここで説明するテクノロジまたは演習の概念を理解し、実地経験を積むことをお勧めします。

試験に関する追加情報

試験のための準備

試験のスケジュールを検討する際は、この試験準備ガイド全体を確認し、 Web サイト上のリソースをよく理解することをお勧めします。次の を参照して、 Microsoft Certification exam overview 登録、よくある問題形式の動画、その他の準備リソースをご参照下さい。試験方針や採点については、次を参照 Microsoft Certification exam policies and FAQs

注意

この準備ガイドは、Microsoft の判断に従っていつでも予告なく変更されることがあります。マイクロソフトの試験には、適応型テストの技術およびシミュレーション アイテムが含まれる場合があります。試験の提供形式は特定しません。試験の形式に関係なく、準備にはこの準備ガイドを使用してください。この試験の準備に役立つよう、Microsoft はこの製品に関する実地経験を積むこと、および指定されたトレーニング リソースを使用することをお勧めします。これらのトレーニング リソースは、「スキルの評価」 セクションの一覧に示されたトピックすべてに必ずしも対応しているわけではありません。