役割ベースの認証資格でさらなる道を切り開きます。 Certify with Confidence 合格のチャンスを与えます。

試験
AZ-200

Microsoft Azure

  • 言語:
    英語
  • 対象者:
    開発者
  • テクノロジ:
    Microsoft Azure

Microsoft Azure Developer Core Solutions (ベータ)

この試験は終了しました

現在可能なオプションについては、この Microsoft Certification exam list

スキルの評価

この試験では、次の一覧に示す技術タスクを遂行する能力を評価します。パーセンテージは、試験の各主要トピック領域の相対的な重みを示します。パーセンテージが高いほど、試験でこのコンテンツ領域に関する質問の数が多くなる可能性があります。Microsoft の試験のさまざまな種類の質問 さまざまな種類の質問に関するビデオチュートリアルをご覧ください。

この試験で評価されるスキルの妥当性に関するフィードバックをご提供いただける方は、Microsoftまでコメントをお送りください。。すべてのフィードバックは確認されており、認定資格プロセスの有効性および信頼性を依然として維持しながら、必要に応じて反映されます。Microsoftからは、皆様のフィードバックに直接返信されないことにご注意ください。Microsoft Certificationプログラムの品質確保のために、皆様からのご意見をお待ちしております。

この試験に関する特定の質問への懸念があれば、提出してください。試験チャレンジ.

Microsoft認定資格試験のフィードバック、その他の認定資格プログラム、登録、プロモーションや質問がある場合は連絡してください Regional Service Center

最適なCloudテクノロジーソリューションを選択(15-20%)
  • 最適な計算ソリューションの選定
    • 以下が含まれますが、これらに限定されません。最適なデザインパターンのレバレッジ;最適なネットワーク接続オプションの選択;ハイブリッドトポロジーのデザイン
  • 最適な統合ソリューションの選択
    • 以下が含まれますが、これらに限定されません。計算上のボトルネック、状態管理、OS要件の特定;当てはまる場合はウェブホスティングを行う;ノードの最小数を見積もる
  • 適切なストレージ ソリューションの選択
    • 以下が含まれますが、これらに限定されません。データストレージ技術キャパシティ限界の見積もり;データ耐久性の見積もり;最適なデータアクセスのスループットを提供;データストレージの構造を評価;データのアーカイブ化、保存、コンプライアンスを提供
Cloudストレージの開発(30-35%)
  • ストレージテーブルを使用する開発ソリューション
    • 以下が含まれますが、これらに限定されません。ストレージに接続 テーブルへのポリシーの設計と実装 コードを使用してテーブルストラテジーを検索
  • Cosmos DB ストレージを使用する開発ソリューション
    • 以下が含まれますが、これらに限定されません。一貫性レベルを選択 Cosmos DB Storageに最適なAPIを選択 コードを使ってCosmos上のテーブルの作成、読み込み、更新、削除 Cosmos DBストレージ上のドキュメントとコレクションを管理
  • ファイルストレージを使う開発ソリューション
    • 以下が含まれますが、これらに限定されません。ストレージアカウントのファイル共有のクォートの実装;コンテナ間で共有されているアイテムの非同期な移動;メタデータでファイルストレージコンテナプロパティをセット
  • リレーショナル DB を使用する開発ソリューション
    • 以下が含まれますが、これらに限定されません。コードを使用したデータベーステーブルの作成、読込、更新、削除 ダイナミックデータマスキングの実装
  • ブロブストレージを利用する開発ソリューション
    • 以下が含まれますが、これらに限定されません。ブロッブ用の共有アクセスシグネチャの作成;コンテナ間のブロッブストレージのアイテムの非同期な移動;メタデータでブロッブストレージコンテナプロパティをセット
  • キャッシュとコンテンツデリバリーソリューションの開発
    • 以下が含まれますが、これらに限定されません。Azure Redis キャッシュ, Content Delivery Networks (CDNs)上のストレージの開発; セッション状態とキャッシュ非バリデーションを特定するコードの開発
サービスとしてのプラットフォーム(PaaS) ソリューションの作成(35-40%)
  • PaaSを使用したウェブアプリケーションの作成
    • 以下が含まれますが、これらに限定されません。Azure CLI, PowerShell, 等のツールを使ったAzureアプリサービスwebアプリの作成;オープンソースや他のツールを使ってAPIのドキュメント化を作成;コンテナ用のアプリサービスウェブアプリを作成;WebJobsを使ってアプリサービスバックグラウンドタスクを作成
  • PaaSを使ってのモバイルアプリの作成
    • 以下が含まれますが、これらに限定されません。モバイルアプリのプッシュ通信の追加;モバイルアプリのオフライン同期を有効にする;モバイルデバイス用のリモートインストロメーション戦略の実装
  • アプリサービスLogic Appの作成
    • 以下が含まれますが、これらに限定されません。Logic App用カスタムコネクタ、Ligic App用カスタムテンプレートの作成;Logic Appを作成;Azure App Service ロジック アプリをパッケージングする;
  • Service Fabricで実行できるアプリかサービスを作成する
    • 以下が含まれますが、これらに限定されません。ステートフルなReliable Service とステートレスなReliable Serviceを開発する アクターベースのReliable Serviceを開発する あなたのサービス中でReliable Collections を消費するコードを書く
  • サーバーレス関数を作成する
    • 以下が含まれますが、これらに限定されません。関数のバインディングを実装する(入力および出力) データ操作、タイマー、webhook、他のツールを使って関数トリガーを実装する Azure Portal, CLI, ほかのツールを使ってコンテナ用Azure Functionアプリを開発する Azure Service Fabric Mesh Appを開発する
  • 一括操作をスケジュール
    • 以下が含まれますが、これらに限定されません。Batch Service APIを使ってバッチ出力と条件を定義 バッチジョブを実行させるコードを書く Azure CLI, Azure Portal,他のツールを使ってバッチジョブを実行
  • Azure Kubernetes Serviceを使用するソリューションを作成
    • 以下が含まれますが、これらに限定されません。リソースの統計設定を設定 Dockerファイルを使用してコンテナイメージを作成 Azure CLI と Azure Portalを使ってAzure Container Service (ACS/AKS)クラスターを作成 Azure Container Registryにイメージを公開 Azure Container Instanceで実行されるアプリケーションを実装 Azure Container Service (ACS/AKS), Azure Service Fabric,他のツールを使ってコンテナインスタンスを実装 コードを使ってコンテナ設定を管理
  • メディアサービスを使う開発アプリケーションを設計
    • 以下が含まれますが、これらに限定されません。Video Indexer, Video API, Preview,他メディア関連のサービスを使うアプリケーションを実装 ファイルベースのエンコーディングとAzure Media Analyticsを実装 AIサービスを使用するメディアソリューションを開発(例:コンテンツモデレーション、光学文字認識、映像要約化、顔認証など)
セキュアCloudソリューション(15-20%)
  • 認証を実装
    • 以下が含まれますが、これらに限定されません。証明書、フォームベースの認証、トークン、Windows組み込み認証を利用した認証を実装 Azure AD,オプションを使ったマルチファクタ認証を実装
  • アクセスコントロールを実装する
    • 以下が含まれますが、これらに限定されません。クレームベースアクセスコントロール (CBAC) およびロールベースアクセスコントロール(RBAC) 認証を実装
  • セキュアデータソリューションの実装
    • 以下が含まれますが、これらに限定されません。静止したデータ暗号化と複合化 常時暗号化によるデータ暗号化 Azureコンフィデンシャル計算とSSL/TLSコミュニケーションの実装 Azure Key Vaultでの暗号キーの管理

受験対象者

この試験の受験者はアプリケーションやサービスといった Cloudソリューションを設計してビルドした Azure デベロッパーですこれらの対象者は、ソリューション設計から開発やデプロイ、テストやメンテナンスまでの開発のすべてのフェーズに関わります。また、ソリューションの実装にあたって、 Cloudソリューションアーキテクト、 Cloud DBA、 Cloudアドミニストレータ、クライアントと連携を取ります。

受験者はストレージ、セキュリティ、計算、コミュニケーションを含む Azure ツールとテクノロジを利用したアプリとサービス開発に精通している必要があります。

受験者は最低一年のソフトウェア開発の全フェーズにわたるスケーラブルなソリューションの開発の経験を持ち、最低1種類の Cloudをサポートしたプログラム言語のスキルを保有している必要があります。

試験に関する追加情報


試験のための準備

試験のスケジュールを検討する際は、この試験準備ガイド全体を確認し、 Web サイト上のリソースをよく理解することをお勧めします。次の を参照して、 Microsoft Certification exam overview 登録、よくある問題形式の動画、その他の準備リソースをご参照下さい。試験方針や採点については、次を参照 Microsoft Certification exam policies and FAQs


注意

この準備ガイドは、Microsoft の判断に従っていつでも予告なく変更されることがあります。マイクロソフトの試験には、適応型テストの技術およびシミュレーション アイテムが含まれる場合があります。試験の提供形式は特定しません。試験の形式に関係なく、準備にはこの準備ガイドを使用してください。この試験の準備に役立つよう、Microsoft はこの製品に関する実地経験を積むこと、および指定されたトレーニング リソースを使用することをお勧めします。それらのトレーニングリソースは、「計測されたスキル」のセクションにリストアップされている必要はありません。