役割ベースの認証資格でさらなる道を切り開きます。 Certify with Confidence 合格のチャンスを与えます。

試験
AZ-201

Microsoft Azure

  • 言語:
    英語
  • 対象者:
    開発者
  • テクノロジ:
    Microsoft Azure

Microsoft Azure Developer Advanced Solutions (ベータ)

この試験は終了しました

現在可能なオプションについては、この Microsoft Certification exam list

スキルの評価

この試験では、次の一覧に示す技術タスクを遂行する能力を評価します。パーセンテージは、試験の各主要トピック領域の相対的な重みを示します。パーセンテージが高いほど、試験でこのコンテンツ領域に関する質問の数が多くなる可能性があります。Microsoft の試験のさまざまな種類の質問 さまざまな種類の質問に関するビデオチュートリアルをご覧ください。

この試験で評価されるスキルの妥当性に関するフィードバックをご提供いただける方は、Microsoftまでコメントをお送りください。。すべてのフィードバックは確認されており、認定資格プロセスの有効性および信頼性を依然として維持しながら、必要に応じて反映されます。Microsoftからは、皆様のフィードバックに直接返信されないことにご注意ください。Microsoft Certificationプログラムの品質確保のために、皆様からのご意見をお待ちしております。

この試験に関する特定の質問への懸念があれば、提出してください。試験チャレンジ.

Microsoft認定資格試験のフィードバック、その他の認定資格プログラム、登録、プロモーションや質問がある場合は連絡してください Regional Service Center

Azure Cloudモデルの開発(50-55%)
  • 非同期プロセッシングの開発
    • 以下が含まれますが、これらに限定されません。同期主義、マルチスレッド読込、プロセッシング、デュラブル関数、Azureロジックアプリ、ストレージのインターフェース、インターフェースからデータアクセス、最適な非同期計算モデルの実装
  • オートスケーリングの開発
    • 以下が含まれますが、これらに限定されません。オートスケーリングのルールとパターンの実装(スケジュール、操作/システムメトリクス、シングルトンアプリケーションインスタンスを読呈するコード、トランジエント状態を特定するコード)
  • 長期にわたって実行されるタスクの開発
    • 以下が含まれますが、これらに限定されません。バッチを利用して、大きなスケールで並列で高パフォーマンスなアプリの実装 クエリを使用した弾力性のあるアプリの実装 Web hookを利用したコードからアドレスへのアプリケーションの実装 web jobを思料した継続処理中のタスクの特定
  • 分配済みトランザクションを実装する
    • 以下が含まれますが、これらに限定されません。分配済みトランザクションを実装するツールの特定(例: ADO.NET、エラスティックトランザクション、マルチデータベーストランザクション) トランザクションスコープの管理 複数のデータベースとサーバーにまたがるトランザクションの管理
  • 本文のコンテキストの検索の有効化
    • 以下が含まれますが、これらに限定されません。コード、Azure Portal等を使ったAzure Searchインデックスの作成 コード、Azure Portal等を使った検索可能データのインポート コードを使ったAzure Searchインデックスのクエリ
  • アプリかサービスの取り付けとロギングの実装
    • 以下が含まれますが、これらに限定されません。Application Insights や他のツールを使ったアプリやサービスの取り付け設定 Application Insights, Azure Alerts, Azure Dashboards, Metrics Explorer,や他のツール (例: ELK)を使ったロギングサービスの設定
クラウド統合ソリューションの実装(25-30%)
  • API Management (APIM)を使用したAPIの管理
    • 以下が含まれますが、これらに限定されません。セキュリティセンターでの推奨の分析 APIMインスタンスの作成 API用の認証の設定 APIゲートウェイの作成 APIのポリシーの定義
  • メッセージベースの統合アーキテクチャの設定
    • 以下が含まれますが、これらに限定されません。メール送信、Event Grid, Azure Relay Service用のアプリかサービスの設定 Notification Hub, Event Hub, Service Busの作成と設定 複数の製品にまたがるクエリの設定 Microsoft Graphでのアプリかサービスの設定
  • アプリケーションメッセージモデルの開発
    • 以下が含まれますが、これらに限定されません。メッセージスキーマとメッセージエクスチェンジの作成 イベントモデルの作成;トピックとサブスクリプションの作成
Azure Cognitive Services, Bot, IoT ソリューションの開発 (20-25%)
  • アプリケーション内でのAzure Cognitive Servicesの統合
    • 以下が含まれますが、これらに限定されません。画像や映像からの識別アイテムを認識するインテリジェントアルゴリズムを使用したソリューションの開発 会話、自然言語、Bing検索、おすすめに関連するインテリジェントアルゴリズムを使用したソリューションの開発および決定の作成
  • 統合されたbotの作成
    • 以下が含まれますが、これらに限定されません。Bot Frameworkを使用したbotの作成 自然言語会話フローの作成 Azure Portalを使用したbotの管理 Bot Frameworkを使用したbotの登録
  • IoTソリューションを作成して実装
    • 以下が含まれますが、これらに限定されません。Azure Time Series Insightsの設定 入出力用のStream Analytics サービスの設定 IoTハブを利用したIoTデバイスとの双方向コミュニケーションの確立 IoTハブデバイスでのデバイスの登録

受験対象者

この試験の受験者はアプリケーションやサービスといった Cloudソリューションを設計してビルドした Azure デベロッパーですこれらの対象者は、ソリューション設計から開発やデプロイ、テストやメンテナンスまでの開発のすべてのフェーズに関わります。また、ソリューションの実装にあたって、 Cloudソリューションアーキテクト、 Cloud DBA、 Cloudアドミニストレータ、クライアントと連携を取ります。

受験者はストレージ、セキュリティ、計算、コミュニケーションを含む Azure ツールとテクノロジを利用したアプリとサービス開発に精通している必要があります。

受験者は最低一年のソフトウェア開発の全フェーズにわたるスケーラブルなソリューションの開発の経験を持ち、最低1種類の Cloudをサポートしたプログラム言語のスキルを保有している必要があります。

試験に関する追加情報


試験のための準備

試験のスケジュールを検討する際は、この試験準備ガイド全体を確認し、 Web サイト上のリソースをよく理解することをお勧めします。次の を参照して、 Microsoft Certification exam overview 登録、よくある問題形式の動画、その他の準備リソースをご参照下さい。試験方針や採点については、次を参照 Microsoft Certification exam policies and FAQs


注意

この準備ガイドは、Microsoft の判断に従っていつでも予告なく変更されることがあります。マイクロソフトの試験には、適応型テストの技術およびシミュレーション アイテムが含まれる場合があります。試験の提供形式は特定しません。試験の形式に関係なく、準備にはこの準備ガイドを使用してください。この試験の準備に役立つよう、Microsoft はこの製品に関する実地経験を積むこと、および指定されたトレーニング リソースを使用することをお勧めします。それらのトレーニングリソースは、「計測されたスキル」のセクションにリストアップされている必要はありません。