試験
AZ-202

Microsoft Azure

  • 言語:
    英語
  • 対象者:
    開発者
  • テクノロジ:
    Microsoft Azure

Microsoft Azure Developer Certification Transition

  • Azureバッジのイメージ

    次のものの必須要件:Azure Developer

    Microsoft認証により、テクノロジーの専門家は雇用されやすくなり、明白なビジネス上の影響を表してキャリアの向上に役立ちます。

    認証について

この試験は 2019 年 3 月 31 日に廃止されます。代替試験を受けることができます。詳細については、当社のブログをご覧ください。https://www.microsoft.com/en-us/learning/community.aspx そして試験の廃止に関する投稿を確認ください。

* 値段はUSドル表記値段は国により異なる。値段には、Microsoft Imagine Academyプログラムメンバー、Microsoft Certified Trainers、Microsoft Partner Networkプログラムメンバーのための値引きやプロモーションを反映していない価格は予告なく変更されることがあります。価格には適用されう税は含まれていません。試験の予約をする前に、試験提供者で正確な価格をご確認ください。

スキルの評価

この試験では、次の一覧に示す技術タスクを遂行する能力を評価します。パーセンテージは、試験の各主要トピック領域の相対的な重みを示します。パーセンテージが高いほど、試験でこのコンテンツ領域に関する質問の数が多くなる可能性があります。Microsoft の試験のさまざまな種類の質問 さまざまな種類の質問に関するビデオチュートリアルをご覧ください。

この試験で評価されるスキルの妥当性に関するフィードバックをご提供いただける方は、Microsoftまでコメントをお送りください。。すべてのフィードバックは確認されており、認定資格プロセスの有効性および信頼性を依然として維持しながら、必要に応じて反映されます。Microsoftからは、皆様のフィードバックに直接返信されないことにご注意ください。Microsoft Certificationプログラムの品質確保のために、皆様からのご意見をお待ちしております。

この試験に関する特定の質問への懸念があれば、提出してください。試験チャレンジ.

Microsoft認定資格試験のフィードバック、その他の認定資格プログラム、登録、プロモーションや質問がある場合は連絡してくださいRegional Service Center

注意: 2019 年 1 月現在、試験の更新があります。これらの変更の詳細と測定されたスキルの影響について、これをダウンロードしてレビューしてください。Exam AZ-202 change document

Cloudストレージの開発(15-20%)
  • ファイルストレージを使う開発ソリューション
    • 以下が含まれますが、これらに限定されません。ストレージアカウントのファイル共有のクォートの実装;コンテナ間で共有されているアイテムの非同期な移動;メタデータでファイルストレージコンテナプロパティをセット
  • リレーショナル DB を使用する開発ソリューション
    • 以下が含まれますが、これらに限定されません。コードを使用したデータベーステーブルの作成、読込、更新、削除 ダイナミックデータマスキングの実装
サービスとしてのプラットフォーム(PaaS) ソリューションの作成(30-35%)
  • アプリサービスLogic Appの作成
    • 以下が含まれますが、これらに限定されません。Logic App用カスタムコネクタ、Ligic App用カスタムテンプレートの作成;Logic Appを作成;Azure App Service ロジック アプリをパッケージングする;
  • Service Fabricで実行できるアプリかサービスを作成する
    • 以下が含まれますが、これらに限定されません。ステートフルなReliable Service とステートレスなReliable Serviceを開発する アクターベースのReliable Serviceを開発する あなたのサービス中でReliable Collections を消費するコードを書く
  • 一括操作をスケジュール
    • 以下が含まれますが、これらに限定されません。Batch Service APIを使ってバッチ出力と条件を定義 バッチジョブを実行させるコードを書く Azure CLI, Azure Portal,他のツールを使ってバッチジョブを実行
  • コンテナ上で動作するアプリケーションを設計して開発
    • 以下が含まれますが、これらに限定されません。リソースの統計設定を設定 Dockerファイルを使用してコンテナイメージを作成 Azure CLI と Azure Portalを使ってAzure Container Service (ACS/AKS)クラスターを作成 Azure Container Registryにイメージを公開 Azure Container Instanceで実行されるアプリケーションを実装 Azure Container Service (ACS/AKS), Azure Service Fabric,他のツールを使ってコンテナインスタンスを実装 コードを使ってコンテナ設定を管理
セキュア Cloudソリューション(5-10%)
  • アクセスコントロールを実装する
    • 以下が含まれますが、これらに限定されません。クレームベースアクセスコントロール (CBAC) およびロールベースアクセスコントロール(RBAC) 認証を実装
Azure Cloudモデルの開発(25-30%)
  • オートスケーリングの開発
    • 以下が含まれますが、これらに限定されません。オートスケーリングのルールとパターンの実装(スケジュール、操作/システムメトリクス、シングルトンアプリケーションインスタンスを読呈するコード、トランジエント状態を特定するコード)
Cloud統合ソリューションの実装(15-20%)
  • メッセージベースの統合アーキテクチャの設定
    • 以下が含まれますが、これらに限定されません。メール送信、Event Grid, Azure Relay Service用のアプリかサービスの設定 Notification Hub, Event Hub, Service Busの作成と設定 複数の製品にまたがるクエリの設定 Microsoft Graphでのアプリかサービスの設定
  • アプリケーションメッセージモデルの開発
    • 以下が含まれますが、これらに限定されません。メッセージスキーマとメッセージエクスチェンジの作成 イベントモデルの作成;トピックとサブスクリプションの作成

受験対象者

この試験は、試験番号532を受験した方のために用意されています。DEVELOPING MICROSOFT AZURE SOLUTIONS。試験番号532を受験していない場合は、この試験による認証資格を受け取ることはできません。この試験は限られた期間のみ提供され2019年3月31日に廃止されます。

トランジション試験は、すでにコンテンツドメインにおいてのスキルを証明している人たちが既存の試験をバイパスすることを念頭に置いているものであり、新規のロールベースの認証によって置き換えられる予定です。現在の認証と私たちが新たに資格を得る人々に期待するものの間にある三角地帯を埋めるものです。私たちとしては同様なコンテンツにいる人々がその適正をこの試験のバイパスによって証明することを望みません。

トランジション試験は新コンテンツと、十分な深さにおいてカバーされていなかったコンテンツや誰かが試験を受けてからの変更により技術の方針が変わったもののコンテンツを網羅しています。その結果、トランジション試験は通常の試験より短いということはなくなりましたが、置き換え対象である既存の試験や資格が評価しないキーとなるタスクとスキルによりフォーカスしたものになっています。

この試験の受験者はアプリケーションやサービスといった Cloudソリューションを設計してビルドした Azure デベロッパーですこれらの対象者は、ソリューション設計から開発やデプロイ、テストやメンテナンスまでの開発のすべてのフェーズに関わります。また、ソリューションの実装にあたって、 Cloudソリューションアーキテクト、 Cloud DBA、 Cloudアドミニストレータ、クライアントと連携を取ります。

受験者はストレージ、セキュリティ、計算、コミュニケーションを含む Azure ツールとテクノロジを利用したアプリとサービス開発に精通している必要があります。

受験者は最低一年のソフトウェア開発の全フェーズにわたるスケーラブルなソリューションの開発の経験を持ち、最低1種類の Cloudをサポートしたプログラム言語のスキルを保有している必要があります。

試験に関する追加情報


試験のための準備

試験のスケジュールを検討する際は、この試験準備ガイド全体を確認し、 Web サイト上のリソースをよく理解することをお勧めします。次の を参照して、 Microsoft Certification exam overview 登録、よくある問題形式の動画、その他の準備リソースをご参照下さい。試験方針や採点については、次を参照 Microsoft Certification exam policies and FAQs


注意

この準備ガイドは、Microsoft の判断に従っていつでも予告なく変更されることがあります。マイクロソフトの試験には、適応型テストの技術およびシミュレーション アイテムが含まれる場合があります。試験の提供形式は特定しません。試験の形式に関係なく、準備にはこの準備ガイドを使用してください。この試験の準備に役立つよう、Microsoft はこの製品に関する実地経験を積むこと、および指定されたトレーニング リソースを使用することをお勧めします。それらのトレーニングリソースは、「計測されたスキル」のセクションにリストアップされている必要はありません。