Exam Replay または Exam Replay with Practice Test で試験日に自信が持てるようにしてください。

試験
MB5-705

Dynamics

  • 配信開始:
    2013 年 9 月 21 日
  • 言語:
    英語、中国語 (簡体字)、フランス語、ドイツ語、イタリア語、日本語、ポルトガル語 (ブラジル)、ロシア語、スペイン語
  • 対象者:
    IT プロフェッショナル
  • テクノロジ:
    Microsoft Dynamics Sure Step
  • 対応資格:
    MCP、Microsoft Dynamics 認定テクノロジー スペシャリスト

Microsoft Dynamics の導入の管理

* 学生の方には、学割価格が適用される場合があります (インドまたは中国では利用できません)。詳細については、試験のポリシーと FAQ を参照してください。価格には、Microsoft Imagine Academy プログラム メンバー、マイクロソフト認定トレーナー、およびマイクロソフト パートナー ネットワーク プログラム メンバー向けのプロモーション内容や価格割引は反映されません。価格は予告なく変更されることがあります。価格には適用される税は含まれていません。試験の予約をする前に、試験提供者に正確な価格をご確認ください。

スキルの評価

この試験では、次の一覧に示す技術タスクを遂行する能力を評価します。パーセンテージは、試験の各主要トピック領域の相対的な重みを示します。パーセンテージが高いほど、試験でこのコンテンツ領域に関する質問の数が多くなる可能性があります。マイクロソフト試験のさまざまな質問のタイプについて、ビデオ チュートリアルを参照してください。

箇条書きテキストで記述されているトピックに関する質問が出題されますが、これらに限定されるものではないことに注意してください。

この試験で評価されるスキルの妥当性に関するフィードバックをご提供いただける方は、マイクロソフトまでコメントをお送りください。すべてのフィードバックは確認されており、認定資格プロセスの有効性および信頼性を依然として維持しながら、必要に応じて反映されます。マイクロソフトからは、皆様のフィードバックに直接返信されないことにご注意ください。マイクロソフト認定資格プログラムの品質確保のために、皆様からのご意見をお待ちしております。

この試験の個々の質問に関して懸案がある場合は、試験への異議をご提出ください。

マイクロソフト認定資格試験や認定資格プログラム、登録、またはプロモーションに関するその他の質問やご意見があれば、認定プログラム事務局にご連絡ください。

プロジェクトおよびプロジェクト管理の説明 (10 ~ 15%)
  • プロジェクトの定義
    • プロジェクト特性の定義、プロジェクト定義の説明、プロジェクトと運用作業の区別、3 つの制約の説明
  • プロジェクト ライフサイクル計画および落とし穴の説明
    • プロジェクト管理ダイヤモンドの説明、プロジェクトで繰り返し発生する課題の認識、プロジェクト ライフサイクル計画の説明
  • プロジェクト管理の定義
    • プロジェクト管理の定義の識別、プロジェクト管理の作業分野の説明、プロジェクト管理プロセスの識別
  • アジャイル モデルとウォーターフォール モデルの説明
    • アジャイル開発とウォーターフォール開発の違いの説明、さまざまなアジャイル方法論の説明、スクラム方法論の説明
Microsoft Dynamics Sure Step の定義 (10 ~ 15%)
  • Sure Step のツールおよびテンプレートの説明
    • Microsoft Dynamics Sure Step の目的および価値の定義、Microsoft Dynamics Sure Step クライアントの機能説明、使用可能なプロジェクトのタイプおよびフェーズの識別、Sure Step のコンポーネントの特定、ドキュメント ビューの使用方法の説明、リファレンス ビューの使用方法の説明、活動およびタスクのページに関するコンポーネントの識別、Microsoft Dynamics Sure Step Online の機能の識別
  • プロジェクト リポジトリの作成
    • Sure Step プロジェクトを作成、複製、エクスポート、インポート、および削除する方法の説明
プロジェクトの開始および診断フェーズの準備 (10 ~ 15%)
  • ソリューション予測の使用および診断フェーズの説明
    • ソリューション予測の説明、診断フェーズの成果物の特定、診断フェーズの目的および目標の説明、診断フェーズにおける活動フローの説明、診断フェーズの準備の説明、診断フェーズの計画の説明
  • Decision Accelerator の使用方法の説明
    • Decision Accelerator オファリング内のステップの識別、配信ガイドを使用した Decision Accelerator のベスト プラクティスの説明、Decision Accelerator の活動および成果物の特定、適切な Decision Accelerator オファリングの選択、提案生成に関与するコンポーネントの識別、関与に基づく適切なプロジェクト タイプの選択
Decision Accelerator の提供 (10 ~ 15%)
  • 要件とプロセスのレビューの完了
    • 関与するロールの特定、要件とプロセスのレビューの目的の説明、要件とプロセスのレビューでの活動の特定、要件とプロセスのレビューの事前条件の識別
  • フィット ギャップとソリューションの青写真の完成
    • 関与するロールの特定、フィット ギャップとソリューションの青写真の目的の説明、フィット ギャップとソリューションの青写真での活動の特定、フィット ギャップとソリューションの青写真の事前条件の識別
提案と最終的なライセンス契約およびサービス契約の生成 (10 ~ 15%)
  • 提案生成プロセスの説明
    • 最終的なライセンス契約およびサービス契約での活動の特定、提案生成プロセスに関連する成果物の特定、プロジェクト タイプによる違いの説明、プロジェクト タイプの推奨条件の識別、RACI マトリックスを使用したロールと責任の定義、プロジェクト憲章に関するコンポーネントの特定
  • 提案生成後の手順の説明
    • 提案管理の目的の説明、提案生成後の適切な手順の選択、提案提供後の手順の説明
プロジェクト管理作業分野の説明 (10 ~ 15%)
  • リスクの管理
    • リスク管理の説明、リスク管理に含まれる活動の特定、リスク管理の目的の識別、リスク管理の事前条件の識別、活動の特定およびプロジェクト管理プロセスによる分類
  • 品質の管理
    • 品質管理の説明、品質管理に含まれる活動の特定、品質管理の目的の識別、品質管理の事前条件の識別、活動の特定およびプロジェクト管理プロセスによる分類
  • コミュニケーションの管理
    • コミュニケーション管理の説明、コミュニケーション管理に含まれる活動の特定、コミュニケーション管理の目的の識別、コミュニケーション管理の事前条件の識別、活動の特定およびプロジェクト管理プロセスによる分類
  • スコープの管理
    • スコープ管理の説明、スコープ管理に含まれる活動の特定、スコープ管理の目的の識別、スコープ管理の事前条件の識別、活動の特定およびプロジェクト管理プロセスによる分類
  • リソースの管理
    • リソース管理の説明、リソース管理に含まれる活動の特定、リソース管理の目的の識別、リソース管理の事前条件の識別、活動の特定およびプロジェクト管理プロセスによる分類
ウォーターフォール配信の利用 (10 ~ 15%)
  • 分析フェーズの管理
    • 分析フェーズの説明、分析フェーズの主要目的の識別、分析フェーズの活動および成果物の特定、キックオフ活動の目的の説明、ソリューション概要トレーニングの説明、詳細な業務プロセス分析プロセスの説明、機能要件ドキュメントの目的の特定
  • 設計フェーズの管理
    • 設計フェーズの説明、設計フェーズの主要目的の識別、設計フェーズの活動および成果物の特定、フェーズにまたがるプロセスの特定および説明、ソリューション設計プロセスの説明、ソリューション設計による成果物の特定および説明
  • 開発フェーズの管理
    • 開発フェーズの説明、開発フェーズの主要目的の識別、開発フェーズの活動および成果物の特定、ソリューションのテストで行われる活動の特定
アジャイル配信の利用 (10 ~ 15%)
  • アジャイル配信の準備
    • Sure Step のアジャイル プロジェクト タイプの説明、アジャイル プロジェクト タイプに関する条件の説明、アジャイル プロジェクト タイプの活動の特定、アジャイル プロジェクト タイプの推奨条件の識別、アジャイル型の準備で行われる活動フローの説明、アジャイル型の準備で行われる活動の説明
  • アジャイル プロジェクトの実行
    • アジャイル プロジェクト タイプで行われる活動フローの説明、アジャイル プロジェクト タイプで行われる活動の説明、スプリント サイクルの構成要素の説明
展開および運用フェーズの管理 (10 ~ 15%)
  • 展開活動の管理
    • 展開フェーズの説明、展開フェーズの主要目的の識別、展開フェーズの活動および成果物の特定、展開フェーズで行われるトレーニング活動の説明
  • テストの実行
    • 展開フェーズにおけるテスト活動の説明、本番監査の構成要素の特定、展開フェーズにおけるデータ移行活動の特定
  • プロジェクトの実稼働
    • 実稼働のための活動の説明、実稼働のカットオーバー計画の構成要素の特定
  • 運用活動の管理
    • 運用フェーズの説明、運用フェーズの主要目的の識別、運用フェーズの活動および成果物の特定、運用フェーズにおける品質管理の目的の特定
  • プロジェクトのクローズ
    • プロジェクト終了の目的の説明、プロジェクト終了に関連する活動の説明

受験対象者

この試験は、Microsoft Dynamics の実装を管理する予定のある個人を対象にしています。一般に、プロジェクト マネージャー、部門コンサルタント、システム開発者、および実装コンサルタントが対象となります。

試験に関する追加情報

試験のための準備

試験のスケジュールを検討する際は、この試験準備ガイド全体を確認し、 Web サイト上のリソースをよく理解することをお勧めします。登録、通常の試験の質問形式のビデオ、およびその他の準備リソースの詳細については、マイクロソフト認定資格試験の概要を参照してください。 試験のポリシーと採点方法の詳細については、マイクロソフト認定資格試験のポリシーと FAQ を参照してください。

注意

この準備ガイドは、Microsoft の判断に従っていつでも予告なく変更されることがあります。マイクロソフトの試験には、適応型テストの技術およびシミュレーション アイテムが含まれる場合があります。試験の提供形式は特定しません。試験の形式に関係なく、準備にはこの準備ガイドを使用してください。この試験の準備に役立つよう、Microsoft はこの製品に関する実地経験を積むこと、および指定されたトレーニング リソースを使用することをお勧めします。これらのトレーニング リソースは、「スキルの評価」 セクションの一覧に示されたトピックすべてに必ずしも対応しているわけではありません。