試験
MS-202

Microsoft logo

Microsoft 365 メッセージング管理者認証移行 (ベータ)

  • Azure アソシエイトバッジのイメージ

    Microsoft 365 資格の必要条件:管理者アソシエイツの管理

    Microsoft認証により、テクノロジーの専門家は雇用されやすくなり、明白なビジネス上の影響を表してキャリアの向上に役立ちます。

    認証について
* 価格には、Microsoft Imagine Academy プログラム メンバー、マイクロソフト認定トレーナー、およびマイクロソフト パートナー ネットワーク プログラム メンバー向けのプロモーション内容や価格割引は反映されません。価格は予告なく変更されることがあります。価格には適用される税は含まれていません。試験の予約をする前に、試験提供者に正確な価格をご確認ください。

MS-200により測定される技能:メッセージングプラットフォームの設計と設定


この試験では、次の一覧に示す技術タスクを遂行する能力を評価します。パーセンテージは、試験の各主要トピック領域の相対的な重みを示します。パーセンテージが高いほど、試験でこのコンテンツ領域に関する質問の数が多くなる可能性があります。Microsoft の試験のさまざまな種類の質問 さまざまな種類の質問に関するビデオチュートリアルをご覧ください。

この試験で評価されるスキルの妥当性に関するフィードバックをご提供いただける方は、Microsoftまでコメントをお送りください。。すべてのフィードバックは確認されており、認定資格プロセスの有効性および信頼性を依然として維持しながら、必要に応じて反映されます。Microsoftからは、皆様のフィードバックに直接返信されないことにご注意ください。Microsoft Certificationプログラムの品質確保のために、皆様からのご意見をお待ちしております。

この試験に関する特定の質問への懸念があれば、提出してください。試験チャレンジ.

Microsoft認定資格試験のフィードバック、その他の認定資格プログラム、登録、プロモーションや質問がある場合は連絡してください Regional Service Center

モダンメッセージインフラストラクチャの管理 (20-25%)
  • データベースの管理
    • 以下が含まれますが、これらに限定されません。メールボックスデータベース必須要件のプランニング、メールボックスデータベースの作成、メールボックスデータベースの設定、メールボックスデータベースのトラブルシューティング
  • メッセージを行うインフラストラクチャライフサイクルの管理
    • 以下が含まれますが、これらに限定されません。Exchange Serverインストールの計画。ExchangeにActive Directory(AD)を用意する。Exchangeサービスのインストールとアップデート
メールフローテクノロジーの管理(5-10%)
  • 通信パイプラインの計画
    • 以下が含まれますが、これらに限定されません。通信アーキテクチャの計画、マルチサイトメールフローの設計、高可用性メールフローソリューションの計画
メッセージの受信者とデバイスの管理 (10 - 15%)
  • 受信者リソースの管理
    • 以下が含まれますが、これらに限定されません。メールボックスのアーカイブの管理。リソースメールボックスの管理。グループの管理。メールボックスの管理。メールボックスパーミッションの管理。メールボックスポリシーの管理。共用メールボックスの管理。ライセンスオプションの評価。

MS-201により測定される技能:ハイブリッドおよびセキュアなメッセージングプラットフォームの実装


この試験では、次の一覧に示す技術タスクを遂行する能力を評価します。パーセンテージは、試験の各主要トピック領域の相対的な重みを示します。パーセンテージが高いほど、試験でこのコンテンツ領域に関する質問の数が多くなる可能性があります。Microsoft の試験のさまざまな種類の質問 さまざまな種類の質問に関するビデオチュートリアルをご覧ください。

箇条書きテキストで記述されているトピックに関する質問が出題されますが、これらに限定されるものではないことに注意してください。

この試験で評価されるスキルの妥当性に関するフィードバックをご提供いただける方は、マイクロソフトまでコメントをお送りください。すべてのフィードバックは確認されており、認定資格プロセスの有効性および信頼性を依然として維持しながら、必要に応じて反映されます。マイクロソフトからは、皆様のフィードバックに直接返信されないことにご注意ください。マイクロソフト認定資格プログラムの品質確保のために、皆様からのご意見をお待ちしております。

この試験に関する特定の質問への懸念があれば、提出してください。試験チャレンジ.

マイクロソフト認定資格試験のフィードバック、その他の認定資格プログラム、登録、プロモーションや質問がある場合は連絡してください Regional Service Center

ハイブリッド設定と移行の計画と実装(20-25%)
  • ハイブリッド環境の計画
    • 以下が含まれますが、これらに限定されません。ハイブリッド共存の連合を評価。ハイブリッドなし/ビジーアクセスの評価。Exchange Classic Hybrid か Exchange Modern Hybridのどちらかを選ぶ。
  • ハイブリッド環境のデプロイ
    • 以下が含まれますが、これらに限定されません。ハイブリッドデプロイのためにOAuthをデプロイして検証。Edgeサーバーロールのインストールと設定。ハイブリッドメールフローの設定。ハイブリッド共存の連合を設定。rganization Configuration Transfer (OCT)の設定。1つ以上のExchangeサーバーにExchange Hybrid Agentをデプロイ。オンプレミス、OneDriveアクセス、Outlook for iOSを含む高度なハイブリッド機能を実装。
メッセージング環境のセキュリティ強化(35-40%)
  • メッセージの健全性を管理
    • 以下が含まれますが、これらに限定されません。メッセージ健全化を計画。接続フィルタの管理。マルウェアフィルターの管理。スパムフィルターの管理。アクションセンターの管理。隔離アイテムの監視。フィッシング保護の管理。スパム機密レベル(SCL)の管理と計画。
  • メッセージ送信の高度脅威保護(ATP)の管理
    • 以下が含まれますが、これらに限定されません。ATPセーフな添付ファイルの設定と管理。ATPセーフなリンクの設定と管理。ATPアンチフィッシングの設定と管理。ATPアンチスパムの管理。脅威保護ステータスの監視
  • コンプライアンスの管理
    • 以下が含まれますが、これらに限定されません。リテンションポリシーの管理。データ消失回避ポリシーの設定。監査ログのレビューと分析。ジャーナルルールの管理。コンテンツサーチの管理。訴訟保持の管理。

受験対象者

この試験の受験者は、オンプレミスと Cloudエンタープライズ環境における受信者、パーミッション、メール保護、メールフロー、パブリックフォルダをデプロイし、設定し、管理し、トラブルシューティングし、監視するメッセージング管理者です。

メッセージング管理者は、清潔さ、メッセージングのインフラストラクチャ、ハイブリッド設定、移行、障害復旧、高可用性、クライアントアクセスについて責任を持ちます。

メッセージング管理者は、現代的な組織のビジネスニーズに合致するセキュアハイブリッドトポロジーを、セキュリティ管理者とMicrosoft 365 エンタープライズ管理者とともに協調して実装します。

メッセージング管理者は認証タイプ、ライセンス契約、Microsoft 365アプリケーションとの統合についての実務知識を持っている必要があります。

試験に関する追加情報


試験のための準備

試験のスケジュールを検討する際は、この試験準備ガイド全体を確認し、 Web サイト上のリソースをよく理解することをお勧めします。次の を参照して、 Microsoft Certification exam overview 登録、よくある問題形式の動画、その他の準備リソースをご参照下さい。試験方針や採点については、次を参照 Microsoft Certification exam policies and FAQs


注意

この準備ガイドは、Microsoft の判断に従っていつでも予告なく変更されることがあります。マイクロソフトの試験には、適応型テストの技術およびシミュレーション アイテムが含まれる場合があります。試験の提供形式は特定しません。試験の形式に関係なく、準備にはこの準備ガイドを使用してください。この試験の準備に役立つよう、Microsoft はこの製品に関する実地経験を積むこと、および指定されたトレーニング リソースを使用することをお勧めします。それらのトレーニングリソースは、「計測されたスキル」のセクションにリストアップされている必要はありません。