役割ベースの認証資格でさらなる道を切り開きます。 Certify with Confidence 合格のチャンスを与えます。
バッジ

試験 AZ-301:Microsoft Azure Architect Design

この試験の受験者は、ビジネス上の要求をセキュアで拡張可能な信頼できるソリューションに置き換えて関係者へアドバイスを行う Azure ソリューションアーキテクトです。受験者は... およびネットワーキング、仮想化、アイデンティティ、セキュリティ、ビジネス継続性、災害復旧、データ管理、予算管理、ガバナンスを含むIT操作のさまざまな観点における卓越した経験を保つ必要があります。このロールには、各エリアがソリューション全体にどのように影響するかの判断の管理が求められます。受験者は Azure 管理、Azure 開発、DevOps の卓越性の内の少なくとも一つのドメインでのエキスパート レベルのスキルを持っている必要があります。
多くの
 少なく

次のものの必須要件の一部:Microsoft 資格:Azure Solutions Architect Expert

関連する試験:試験 AZ-300 もしくは トランジション試験 AZ-302

この試験の受験予約をする

試験 AZ-301:Microsoft Azure Architect Design

試験更新:2019年5月22日に有効 | 更新の詳細を見る

言語:英語、日本語、中国語 (簡体字)、韓国語

この試験では、負荷分散必須要件の特定、アイデンティティとセキュリティの設計、データプラットフォームソリューションの設計、ビジネス継続性戦略の設計、デプロイメント・マイグレーション・インテグレーションの設計、インフラストラクチャ戦略の設計、という技術的なタスクを遂行する能力を測定します。

この試験の受験予約をする

試験AZ-301 の公式模試

試験の全ての目標は深くカバーされているので、試験の全質問への準備ができているでしょう。

スキルの評価

負荷分散必須要件の特定 (10-15%)

情報と必須要件の収集

  • コンプライアンス要件の特定、管理インフラの特定とアクセス、サービス志向なアーキテクチャ(例:統合パターン、サービスデザイン、サービス発見可能性)
  • アクセシビリティの特定 (例: Web Content Accessibility Guidelines)、可用性 (例 Service Level Agreement)、サイズ設計とスケーラビリティー、デプロイ可能性 (例、リポジトリ、フェールバック、スロットベースデプロイ)、設定可能性、ガバナンス、メンテナンス性 (例 ログ、デバッグ、トラブルシューティング、リカバリ、トレーニング)、セキュリティ (例 authentication、authorization、attacks)、サイジング (例 support costs、optimization) の要件
  • プロジェクト実行 (実行中) の推奨変更
  • 製品とサービスをソリューションに合わせるために評価
  • テストシナリオの作成

消費ストラテジーの最適化

  • アプリサービス、計算、アイデンティティ、ネットワーク、ストレージコストの最適化

監査と監視ストラテジーのデザイン

  • モニター用のリソースのロジカルグルーピング(タグ)の定義
  • ログ用のレベルとストレージ場所の選定
  • モニタリングツールとの統合の計画
  • ソリューションに最適な推奨モニタリングツール
  • イベントルーティングとエスカレーションのための仕組みを特定
  • コンプライアンス要件のための監査を設計する
  • 監査ポリシーとトレース可能性要件を設計する

アイデンティティとセキュリティの設計 (20-25%)

アイデンティティ管理の設計

  • アイデンティティ管理アプローチを選ぶ
  • アイデンティティ管理ストラテジー、アイデンティティリポジトリ(含むディレクトリ、アプリケーション、システム等)のデザイン
  • セルフサービスアイデンティティ管理とユーザーおよびペルソナプロビジョニングの設計
  • ペルソナとロールの定義
  • アクセスコントロールストラテジーの最適解の推奨(例:属性ベース、ディスクレショナリーなアクセス、履歴ベース、アイデンティティベース、必須、組織ベース、ロールベース、ルールベース、役割ベース)

認証のデザイン

  • 認証アプローチを選ぶ
  • シングルサインオンアプローチの設計
  • IPSec、ログオン、マルチファクタ、ネットワークアクセス、リモート認証をデザイン

認証デザイン

  • 承認アプローチを選択する
  • アクセスパーミッションと特権を選ぶ
  • セキュアなアクセスをデザイン(例: oAuth、OpenID 等)
  • API キーをいつどのようにつかうかを推奨する

アイデンティティのリスク防止を設計

  • リスク評価ストラテジーをデザイン (例: アクセスレビュー、RBAC ポリシー、物理アクセス)
  • ベンダーや契約者からのサービスや製品の使用条件を評価
  • 既存のセキュリティポリシー、標準、ガイドラインやプロシージャへのへこうを特定し足り和らげたりするソリューションデザイン更新

アイデンティティとセキュリティの監視ストラテジーのデザイン

  • アラート通知のデザイン
  • アラートとメトリクスストラテジーのデザイン
  • 推奨される認証監視

データプラットフォームソリューションの設計 (15-20%)

データ管理ストラテジーの設計

  • 管理されたのと管理されていないデータストアのどちらかを選択
  • 関係があるのと関係のないデータベースどちらかを選択
  • データオーディッティングとキャッシングストラテジーを設計
  • データ属性を識別 (例: 関係、構造、使用頻度、サイズ、重複性など)
  • お勧めするデータベーストランザクション (DTU) サイズ決定
  • データリテンションポリシーの設計
  • データ可用性、継続性、デュラビリティの設計
  • データウェアハウスストラテジーの設計

データ保護ストラテジーの設計

  • グラフィカルデータストレージの推奨
  • データ同時、移動中のデータ、使用中のデータの暗号化ストラテジーの設計
  • データのスケーラビリティーストラテジーの設計
  • データへの安全なアクセスの設計
  • データ喪失予防策 (DLP) ポリシーのデザイン

データフローのデザインとドキュメント

  • データフロー要件の特定
  • データフローダイアグラムの作成
  • ビジネス要件に合うようにデータフローをデザインする
  • データのインポートとエクスポートストラテジーのデザイン

データプラットフォームの監視ストラテジーのデザイン

  • アラート通知のデザイン
  • アラートとメトリクスストラテジーのデザイン

ビジネス継続性戦略の設計 (15-20%)

サイトリカバリーストラテジーのデザイン

  • リカバリーソリューションのデザイン
  • サイトリカバリー置き換えポリシーのデザイン
  • サイトリカバリーキャパシティとストレージ置き換えのためのデザイン
  • サイトフレーバーとフェールバック(計画済み・計画にない)のデザイン
  • サイトリカバリーネットワークのデザイン
  • 推奨リカバリーオプション (例: Azure、オンプレミス、ハイブリッド、Recovery Time Objective (RTO)、Recovery Level Objective (RLO)、Recovery Point Objective (RPO))
  • サイトリカバリーを必要とするリソースの特定
  • サポートする、サポートしないワークロードの特定
  • 物理的な物流ストラテジーの推奨

高可用性のための設計

  • アプリケーション冗長性、オートスケーリング、データセンターとフォールトドメイン冗長性、ネットワーク冗長性のデザイン
  • 高可用性を必要とするリソースの特定
  • 高可用性のストレージタイプ

データアーカイビングストラテジーのデザイン

  • ストレージタイプとデータアーカイビングの手法の推奨
  • データのアーカイブ化と、データのアーカイブ化のビジネスコンプライアンス要件の達成を特定
  • データのアーカイブ化の SLA を特定

デプロイメント・マイグレーション・インテグレーションの設計 (10-15%)

デプロイメントの設計

  • 計算、コンテナ、データプラットフォーム、メッセージングソリューション、ストレージ、webアプリとサービスデプロイメントストラテジーのデザイン

マイグレーションのデザイン

  • マイグレーションストラテジーの推奨
  • 移行中のインポートとエクスポート戦略の設計
  • 最適なアプリマイグレーション、データ転送、ネットワーク接続方法の調査
  • 冗長性、関連、マイナーなトピック、古くなったデータを含むマイグレーションスコープの特定
  • アプリケーションとデータ互換性の特定

API 統合ストラテジーのデザイン

  • API ゲートウェイ ストラテジーの設計
  • API の内部及び外部消費のポリシーの特定
  • API 管理のホスティング構造の推奨

インフラストラクチャ戦略の設計 (15-20%)

ストレージストラテジーのデザイン

  • ストレージ予測ストラテジーのデザイン
  • ストレージアクセスストラテジーのデザイン
  • ストレージ要件の特定
  • ストレージソリューションとストレージ管理ツールの推奨

計算ストラテジーのデザイン

  • 計算予測と安全な計算ストラテジーのデザイン
  • 最適な計算テクノロジ(例:仮想マシン、機能、サービス ファブリック、コンテナ インスタンスなど)の特定
  • Azure HPC 環境のデザイン
  • 計算要件の特定
  • 計算の管理ツールの推奨

ネットワーキングストラテジーのデザイン

  • ネットワーク予測とネットワークセキュリティストレージのデザイン
  • 最適なネットワーク接続テクノロジの特定
  • ネットワーク要件の特定
  • 推奨するネットワーク管理ツール

インフラストラクチャの管理ストラテジーのデザイン

  • アラート通知のデザイン
  • アラートとメトリクスストラテジーのデザイン

資格に備える

自分のペースで

無料
マイクロラーニング
インタラクティブ
ブラウザ内アクセス
学習を開始

インストラクター指導

有料
個別
対面
オンデマンド
コースの検索

トレーニングのガイド

1つの包括的ガイドの中にあるすべての自己ペースおよびインストラクター指導のコース。

ダウンロード

関連する資格

Microsoft 資格:Azure Solutions Architect Expert

Microsoft Azure Solutions Architect は、Azure 上で実行されるソリューションを設計できるように、コンピューティング、ネットワーク、ストレージ、およびセキュリティに関する専門知識を持っている必要があります。

*値段には、Microsoft Imagine Academyプログラムメンバー、Microsoft Certified Trainers、Microsoft Partner Networkプログラムメンバーのための値引きやプロモーションを反映していません価格は予告なく変更されることがあります。価格には適用されう税は含まれていません。試験の予約をする前に、試験提供者で正確な価格をご確認ください。

追加リソース

ロールベースの認定資格のガイド

全ての資格を次の内から検索してください 簡易資格ガイド もしくは ロールベース資格ロードマップポスター.

トレーニングガイド

Microsoft 認定資格のトレーニングリソースを探す:Azure Solutions Architect Expert。

試験 AZ-301で更新されたトピック

この試験は2019年5月22日に更新されます。どのような更新がなされたのかを知ることでスキルの計測に役立ちます、更新されたトピックをダウンロードして見てみてください。