役割ベースの認証資格でさらなる道を切り開きます。 Certify with Confidence 合格のチャンスを与えます。

試験
AZ-400

Microsoft Azure Administrator Certification Transition

Microsoft Azure DevOps Solutions (ベータ)

私たちはベータ期間中、この試験に関するとても有益なフィードバックを数えきれないくらい多く受け取りました。これは私たちにとって非常に多くのオープンソースツールに触れ合える新しいコンテンツ分野なので、私たちはこの試験範囲におけるこのフィードバックとそれが持つ意味、そして測定されるスキルをどのように表現するのかということを正確に理解するのに時間をかけたいと思っています。私たちはライブ試験に向けた準備のためにフィードバックを組み込むので、約3週間ほど登録ができなくなる予定です。私たちのコミュニティブログを見て更新を確認してください

スキルの評価

この試験では、次の一覧に示す技術タスクを遂行する能力を評価します。パーセンテージは、試験の各主要トピック領域の相対的な重みを示します。パーセンテージが高いほど、試験でこのコンテンツ領域に関する質問の数が多くなる可能性があります。Microsoft の試験のさまざまな種類の質問 さまざまな種類の質問に関するビデオチュートリアルをご覧ください。

この試験で評価されるスキルの妥当性に関するフィードバックをご提供いただける方は、Microsoftまでコメントをお送りください。。すべてのフィードバックは確認されており、認定資格プロセスの有効性および信頼性を依然として維持しながら、必要に応じて反映されます。Microsoftからは、皆様のフィードバックに直接返信されないことにご注意ください。Microsoft Certificationプログラムの品質確保のために、皆様からのご意見をお待ちしております。

この試験に関する特定の質問への懸念があれば、提出してください。試験チャレンジ.

Microsoft認定資格試験のフィードバック、その他の認定資格プログラム、登録、プロモーションや質問がある場合は連絡してください Regional Service Center

DevOpsストラテジーのデザイン (20-25%)
  • DevOpsツールの移行および統合戦略を推奨する
    • 既存の成果物(展開パッケージ、NuGetなど)およびコンテナリポジトリを分析する
    • 既存のテスト管理ツールを分析する
    • 既存の作業管理ツールを分析する
    • 成果物リポジトリー、ソース管理、テスト管理、および作業管理のための移行および統合戦略を推奨する
  • アジャイル作業管理アプローチを設計して実装する
    • プロジェクトメトリックス、KPI、DevOps測定値(サイクルタイム、リードタイム、Azure Kubernetesサービス、WIP制限など)を特定して推奨する
    • アジャイル作業管理をサポートするためのツールとプロセスを実装する
    • アジャイルのテクニックとプラクティスに関するチームメンバーを指導する
    • アジャイルプラクティスの拡張をサポートする組織構造を推奨する
    • チーム内およびチーム間のコラボレーションメカニズムを推奨する
  • 品質戦略を設計する
    • 既存の品質環境を分析する
    • 品質指標を特定し、推奨する
    • 機能フラグのライフサイクルに関する戦略を推奨する
    • 技術的負債を測定および管理するための戦略を推奨する
    • 品質を最適化するためにチーム構造の変更を推奨する
    • パフォーマンステスト戦略を推奨する
  • 安全な開発プロセスを設計する
    • コードベースのコンプライアンスを検査し、検証する
    • インフラストラクチャのコンプライアンスを検査し、検証する
    • 安全な開発戦略を推奨する
    • コードセキュリティの検証を統合するためのツールや手法を推奨する(静的コード分析など)
    • インフラストラクチャセキュリティ検証を統合するためのツールと演習を推奨する
  • ツール統合戦略を設計する
    • ライセンス管理戦略(Azure DevOpsユーザー、並行パイプライン、テスト環境、オープンソースソフトウェアライセンス、DevOpsツールとサービス、パッケージ管理ライセンスなど)を設計する
    • 作業項目から作業ソフトウェアまでのエンドツーエンドのトレーサビリティのための戦略を設計する
    • 開発チームへの監視とフィードバックを統合するための戦略を設計する
    • 認証およびアクセス戦略を設計する
    • オンプレミスとクラウドリソースを統合するための戦略を設計する
DevOps開発プロセスの実装 (20-25%)
  • バージョン管理戦略を設計する
    • ブランチモデルを推奨する
    • バージョン管理システムを推奨する
    • コードフロー戦略を推奨する
  • ソース管理を実装し、統合する
    • 外部ソース管理を統合する
    • ソース管理をサードパーティの継続的インテグレーションおよび継続的デプロイメント(CI / CD)システムに統合する
  • ビルドインフラストラクチャを実装し、管理する
    • プライベートエージェントとホステッドエージェントを実装する
    • サードパーティのビルドシステムを統合する
    • 並行パイプラインの戦略を推奨する
    • VSTSパイプライン設定を管理する(例:エージェントキュー、サービスエンドポイント、プール、Webフック)
  • コードフローを実装する
    • プルリクエスト戦略を実装する
    • ブランチ戦略とフォーク戦略を実装する
    • ブランチポリシーを設定する
  • モバイルDevOps戦略を実装する
    • モバイルターゲットデバイスセットとディストリビューショングループを管理する
    • ターゲットUIテストデバイスセットを管理する
    • デプロイ用にテスターデバイスをプロビジョニングする
    • パブリックおよびプライベートディストリビューショングループを作成する
  • アプリケーション構成と機密事項を管理する
    • 安全でコンプライアンスに準拠した開発プロセスを実施する
    • 一般(非機密)構成データを実装する
    • 秘密、トークン、および証明書を管理する
    • アプリケーション構成を実装する(Webアプリ、Azure Kubernetesサービス、コンテナなど)
    • 機密管理を実装する(例:Webアプリ、Azure Kubernetesサービス、コンテナー、Azure Key Vault)
    • パイプラインでセキュリティとコンプライアンスを管理するためのツールを実装する
継続的インテグレーションの実装 (10-15%)
  • コード品質とセキュリティポリシーを管理する
    • コード品質を監視する
    • コードカバレッジに関するレポートをするようにビルドを構成する
    • 自動テスト品質を管理する
    • テストスイートとカテゴリを管理する
    • テストの質を監視する
    • セキュリティ分析ツール(SonarQube、WhiteSource Bolt、Open Web Application Security Projectなど)を統合する
  • コンテナビルド戦略を実装する
    • 展開可能なイメージを作成する(Docker、Azure Container Registryなど)
    • Dockerマルチステージビルドを分析し、統合する
  • ビルド戦略を実装する
    • ビルドトリガー、ツール、統合、およびワークフローを設計する
    • ハイブリッドビルドプロセスを実装する
    • マルチエージェントビルドを実装する
    • ビルドツールと設定を推奨する
    • 自動ビルドワークフローを設定する
継続的デリバリーの実装 (10-15%)
  • リリース戦略を設計する
    • リリースツールを推奨する
    • リリース承認とゲートを確認し、推奨する
    • リリース品質およびリリース過程を測定するための戦略を推奨する
    • リリースノートとドキュメントのための戦略を推奨
    • 適切なデプロイメントパターンを選択する
  • リリース管理ワークフローを設定する
    • リリースゲートを使用することで、リリース承認のためのヘルスシグナルの検査を自動化する
    • 自動統合と機能テストの実行を設定する
    • リリースパイプラインを作成する(Azure Kubernetesサービス、Service Fabric、WebAppなど)
    • 多相リリースパイプラインを作成する
    • 機密事項をリリースパイプラインと統合する
    • 環境をプロビジョニングし、設定する
    • タスクとテンプレート(タスクグループと変数グループなど)の管理とモジュール化
  • 適切なデプロイメントパターンを実装する
    • blue-greenデプロイメントを実装する
    • canaryデプロイメントを実装する
    • progressive exposureデプロイメントを実装する
    • リリースパイプラインを拡張して複数のエンドポイントに展開する(デプロイグループ、Azure Kubernetesサービス、Service Fabricなど)
依存性管理の実装 (5 - 10%)
  • 依存性管理戦略を設計する
    • 中間生成物管理ツールとプラクティスを推奨する
    • 共有と再利用を可能にする共通パッケージを抽象化する
    • コードベースを検査し、パッケージに変換できるコード依存関係を識別する
    • ソリューション全体で標準化されたパッケージタイプとバージョンを識別し、推奨する
    • 既存のビルドパイプラインをリファクタリングし、パッケージを公開するバージョン戦略を実装する
  • セキュリティとコンプライアンスを管理する
    • オープンソースソフトウェアパッケージのセキュリティとライセンスの遵守状況を調べて、企業標準(GPLv3など)に合わせる
    • パッケージのセキュリティとライセンスの評価にアクセスするためのビルドパイプラインを設定する(例:Black Duck、White Source)
    • パッケージフィードへの安全なアクセスを設定する
アプリケーションインフラストラクチャの実装 (15-20%)
  • インフラストラクチャおよび構成管理戦略を設計する
    • 既存および将来のホスティングインフラストラクチャを分析する
    • 既存のインフラストラクチャをコードテクノロジとして分析する
    • テンプレートの技術的負債を管理するための戦略を設計する
    • デリバリーライフサイクルの一部に一時的なインフラストラクチャを使用するための戦略を設計する
    • インフラストラクチャの状態の変動を軽減するための戦略を設計する
  • コードとしてインフラストラクチャを実装する
    • ネストしたリソーステンプレートを作成する
    • リソーステンプレートで機密事項を管理する
    • Azureリソースをプロビジョニングする
    • コードとしてのインフラストラクチャ(IaC)戦略を推奨する
    • 構成管理に適切なテクノロジを推奨する
  • Azure Kubernetesサービスのインフラストラクチャを管理する
    • Azure Kubernetesサービスをプロビジョニングする(例:ARMテンプレート、CLIを使用)
    • Azure Kubernetesサービスに公開するための展開ファイル(kubectl、Helmなど)を作成する
    • スケーリング計画を立てる
  • インフラストラクチャのコンプライアンスとセキュリティを実装する
    • コンプライアンスとセキュリティスキャンを実施する
    • 構成管理ツールを使用して変動を防ぐ
    • セキュリティとコンプライアンスを検証するための自動化されたパイプラインを設定する
継続的フィードバックの実装 (10-15%)
  • システムフィードバックメカニズムを推奨し、設計する
    • エンドユーザーの満足度を測定するための手法を設計する(例:Send a Smile、アプリ分析)
    • 外部の情報源(Twitter、Reddit、Help Deskなど)からのユーザーのフィードバックを収集して分析するためのプロセスを設計する
    • クライアントアプリケーションのクラッシュレポートデータ(HockeyAppなど)のルーティングを設計する
    • 監視ツールと技術を推奨する
    • システムと機能の使用状況追跡ツールを推奨する
  • 開発チームへのシステムフィードバックのルーティングプロセスを実装する
    • クライアントアプリケーションのクラッシュレポート統合を設定する
    • 監視ダッシュボードとステータスダッシュボードを開発する
    • クライアントアプリケーションのクラッシュレポートデータ(HockeyAppなど)のルーティングを実装する
    • システムの使用状況、機能の使用状況、およびフローを追跡するためのツールを実装する
    • 発券システムと開発チームの作業管理システム(ITサービス管理コネクタ、ServiceNowクラウド管理、App Insights作業項目など)を統合し、設定する
  • フィードバックメカニズムを最適化する
    • ベースラインを確立するためにアラートを分析する
    • テレメトリを分析してベースラインを確立する
    • 実際のサイトレビューを実装し、システム停止に対するフィードバックを取得する
    • 無意味な、または対処不可能なアラートを減らすために継続的な調整を実行する

受験対象者

この試験の受験者は、人、プロセス、およびテクノロジを組み合わせて、エンドユーザーのニーズとビジネス目標を満たす貴重な製品とサービスを継続的に提供するDevOpsの専門家です。DevOpsの専門家は、プラクティスを最適化し、コミュニケーションとコラボレーションを改善し、そして自動化を作成することによって、デリバリーを合理化します。継続的な統合、継続的なテスト、継続的なデリバリー、継続的な監視とフィードバックを可能にするアプリケーションコードとインフラストラクチャのための戦略を設計および実装します。

受験者はアジャイルの実践に精通している必要があります。彼らは、Azureの管理とAzureの開発、およびこれらの分野の少なくとも1つに精通している必要があります。Azure DevOpsのプロフェッショナルは、Azureテクノロジを使用して、バージョン管理、コンプライアンス、コードとしてのインフラストラクチャ、構成管理、ビルド、リリース、およびテストのためのDevOpsプラクティスを設計および実装できなければなりません。

試験に関する追加情報


試験のための準備

試験のスケジュールを検討する際は、この試験準備ガイド全体を確認し、 Web サイト上のリソースをよく理解することをお勧めします。次の を参照して、 Microsoft Certification exam overview 登録、よくある問題形式の動画、その他の準備リソースをご参照下さい。試験方針や採点については、次を参照 Microsoft Certification exam policies and FAQs


注意

この準備ガイドは、Microsoft の判断に従っていつでも予告なく変更されることがあります。マイクロソフトの試験には、適応型テストの技術およびシミュレーション アイテムが含まれる場合があります。試験の提供形式は特定しません。試験の形式に関係なく、準備にはこの準備ガイドを使用してください。この試験の準備に役立つよう、Microsoft はこの製品に関する実地経験を積むこと、および指定されたトレーニング リソースを使用することをお勧めします。それらのトレーニングリソースは、「計測されたスキル」のセクションにリストアップされている必要はありません。